イメージ画像

🏋 夏に基礎を身につける!

夏は基礎力をつける最後のチャンス!

今まで受けたことが無い〝基礎〟がここにあります。

『 基礎と言われて受けてみたけれど、今一つ… 』という人。諦める必要なありません。それは本当の意味での〝基礎〟を受講したことが無いからです。

この講座で行われる〝基礎〟こそが、本当の〝基礎〟であり、薬剤師国家試験対策の〝基礎〟なのです。過去問題をやっている限り、身に付けることができない本当の〝基礎〟…そして、誰も知らない、経験したことが無い、本当の〝基礎〟がここにはあるのです!

 

基礎が不安定だと、試験対策はうまく進まない…。

 国家試験対策、すなわち国家試験の勉強は、『 夏から始めました 』という人が多いようです。夏が終わると、卒業試験に向けて本格的に動き始めますし、模擬試験の予定も組まれていきます。さらに、次の休みは冬休みということになりますから、夏休みに入るといよいよ国家試験が目標として見えてくる頃、という訳でしょう。

 中には、卒業試験対策も含め、そろそろ国家試験の内容に触れている方も少なくはないと思います。しかし、国家試験の内容に触れてみたはいいけれど、どうも今一つ内容がハッキリ分からない…。過去問題等も、解説を見ながらやってはみるのだけれど…やはり今一つ分からない…。早い話、思っていたように試験対策が進まない…そういった方も少なくはないのではないでしょうか?

 それは、何故でしょう?答は簡単。基礎ができていないからです。基礎が分かっていない、理解できていない。だから、国家試験の内容に触れても今一つハッキリしないのです。それを勉強しようとしたところで、どうやって進めていけばいいのか分からないし、やってみたところで思うように進まないということになってしまうのです。

 

理解するためには、基礎が必要。

 特に過去問題を中心に勉強している場合、基礎ができていないための勉強の遅滞傾向は強くなります。現在、多くの人が過去問集を見ながら、過去問勉強をしていることと思いますが…過去問の解説を見ても、今一つ分からない。そういった人は、少なくないのではないでしょうか?

 過去問集の解説は、ページ数や文字数の関係があるため、その内容はある程度端折って(はしょって)書かれているのが現状です。選択肢の一つ一つに、基礎から説明するような内容が書かれていたら、膨大なページ数になってしまいます。ですから、問題一題につき、1~2ページ程度でまとまるような内容や文字数で書かれているのです。選択肢で問われている内容を、基礎からある程度理解している人なら、そういった解説を読んでも、そこそこ理解することはできるでしょう。しかし…基礎ができていない人が、そういった解説を読んだところで、『 ああ、そうなのか 』と分かるかと言えば、それは無理な話。過去問題とはいえ、仮にも国家試験で問われている内容ですから、それ相応の難易度の問題です。それ相応の難易度である問題内容を、数行の解説で理解できるのかというと…そう簡単にいかないことは、お分かりいただけることと思います

 解説を読んでも分からない。どうしていいのか分からない。その結果…『 よく分からないけれど、覚えちゃえ… 』と、昨今、多くの人がやっている理解無き暗記主流の〝誤った国家試験対策〟になってしまうことになります。残念ながら〝誤った国家試験対策〟ですから、これをやっている限り、国家試験合格に手が届くことはないでしょう。何度やろうとも、どんなに時間をかけようとも、〝誤った国家試験対策〟ですから、成果は出ないのです。意味も分からず、何でもかんでも覚えよう、暗記しようでは、頭がパンクしてしまうのは当たり前の話です。

 基礎を怠って試験対策をやろうとしても、試験対策自体が頓挫してしまうのは当たり前の話。基礎ができてから、初めて国家試験に出題されている内容が理解でき、そして自分の知識として身に着けていくことができるようになるのです。

 

国家試験対策の参考書も基礎から書かれているわけではない。

 先ほどの過去問題集と同じですが…国家試験対策の参考書も、基礎的な部分から書かれているものは皆無と言っていいでしょう。基礎から説明して書いていった場合、やはり膨大なページ数となってしまうからです。すなわち過去問題の解説集と同じように、国家試験対策の参考書も、基礎は省かれて作成されているということ。『 ある程度は理解していますよね 』ということが前提で書かれているのです。過去問集の場合と同じように、基礎からある程度理解している人なら、そういった参考書を読んでも、ある程度理解していくことはできるでしょう。

 しかし、基礎ができていない人が、国家試験対策の参考書を読んでも、『 ああ、そうなのか 』と理解できるのかと言えば…やはりそれは難しいことと言わざるを得ません。『 なんで、こうなるの? 』と疑問に思ってしまうが、関の山でしょう。基礎を理解していることが前提で書かれている参考書なのですから、基礎ができていない人が読んでも分からないのは、当然の話なのです。

 

実は基礎から理解していった方が、試験対策の進みは早い。

 先日、ある塾生さんが『 この科目が苦手なんですが…どうやって勉強していったらいいでしょう? 』と、苦手科目の担当講師に質問していました。質問に対し、その講師は『 僕らが勉強していたころは、何故そうなるかっていう基礎から勉強していったんだよ。でも今は、とにかく覚えろ、覚えろだからね…。やっぱり、基礎から内容理解してやっていくのがいいよ、僕らがやっていたみたく… 』と答えていました。普段から私が指導している内容と、同じ内容の返答です。薬進塾はベテラン講師ぞろいですが、どの講師も言うことは同じです。『 基礎から理解してやっていくのがいい 』と…。これが、正答なる試験対策であり、一番効率のいい、そして近道の試験対策でもあるのです。一見、『 理解なんかしていくよりも、覚えた方が早いから… 』と思ってしまいそうですが、それは大間違い。理解もしないで、ただ覚えていく方が効率は悪いですし、第一、意味も分からず膨大な量を覚えきれるわけがありません。さらに昨今の国家試験で多く出題されている〝考えて解かせる問題〟には、全くと言っていいほど対抗することができないやり方でもあります。『 急がば回れ 』のことわざにもあるように、一見時間がかかってしまうようには思えてしまうことでも、実はそれが一番効率がいいやり方であるというのは、良くある話。試験対策においても、ただ覚える方が楽で速いと思ってしまいそうですが…少々時間はかかっても、結局は基礎から理解してやっていった方が、最終的には効率よく、そして早く試験対策は進むことになるのです。

 

夏は基礎力をつける最後のチャンス!

 やはり、基礎から理解していくことが主流の〝正しい国家試験対策〟が、国家試験合格への一番の近道なのです。まずは、基礎から始めなければなりません。しかし…では、いつ基礎を身に付ければいいのでしょうか?夏休みが終われば、卒業試験や模擬試験、その他のことが怒涛のように押し寄せてきます。そんなさ中、基礎の勉強をと思っても、正直無理な話です。

 そう、夏休みが基礎を勉強する最後のチャンスなのです。ここを逃してしまうと、国家試験まで基礎を勉強する時間を取ることはできないでしょう。前述しましたように、夏が終わると試験対策も本腰を入れて取り組むことになってきます。さらに、試験対策の講座や模擬試験等も行われるようになり、忙しさも一入です。そんなさ中に『 基礎を… 』といったところで、それどころではないというのが現状。次から次へとやるべきことが目の前に迫ってくるわけですから、『 この時期に基礎を勉強と言っても… 』となってしまうのは必定です。

 先ほど『 少々時間はかかっても… 』と書かせていただきましたが…夏のうちなら、少々時間がかかってしまっても、そう焦る必要はありません。むしろ、少々時間がかかってしまうからこそ、夏のうちに基礎を理解するような勉強をしておいた方がいいのです。そういったことから考えても、基礎的な勉強ができるのは、夏までということになってしまうのです。夏が最後のチャンス。このチャンスを逃してしまうと、国家試験までの間、基礎に触れることはないといっていいでしょう。そう、夏は基礎力をつける最後のチャンスなのです!

 

必須問題は基礎ではありません。

 私が、学習指導等でよく話している内容がコレ。よく『 基礎を… 』という話をすると『 必須問題ですよね 』と答える方がいらっしゃるのですが、それは間違いです。必須問題は『 国家試験に出題されている基礎的内容の問題 』であって、『 国家試験(範囲)の基礎 』ではありません。ここを勘違いされている方が多いのが現状です。そのため、ここの所を学習指導や講演等で、力説しているのですが…。『 国家試験(範囲)の基礎的部分 』は、国家試験に出題されることは少ない内容です(もちろん、出題されている内容もありますが…)。基礎的過ぎるゆえ、その内容が直接試験で問われることが、まず無い内容なのです。ですから『 こんなの国家試験に出ていない 』と、勉強する人がほとんどいない部分なのです。その結果、いつまで経っても基礎が勉強できない、身につかないという結果になってしまうのです。

 過去問ばかりを勉強している人に、基礎力不足の人が多い理由がここにあります。前述したように、『 国家試験(範囲)の基礎的部分 』は、国家試験にほとんど出題されていない内容です。ですから、過去問ばかり勉強していると基礎の部分には、ほとんど触れていないということになるのです。

 『 必須問題を勉強すれば、基礎は… 』と思っている人も多いのですが、必須問題も本当の意味での基礎、すなわち『 国家試験(範囲)の基礎的部分 』ではありません。『 必須問題を勉強しているから、基礎は勉強しています 』というのは誤った考え方であり、同時にとても危険な考え方なのです。

 『 でも…試験が迫ってきているのに、国家試験にほとんど出題されないような内容を勉強するのは不安で… 』という人。だからこそ早めに、つまり夏までに基礎を勉強しておくことが必要なのです。

 

基礎を理解するだけで成績は飛躍的に伸びます!

 どうも昨今の学生さんは、基礎を軽んじる傾向があります。『 そんな基礎的なことは知っている 』『 そんな基礎をやったところで…国家試験に出題される訳でもないし… 』『 基礎なんかいいから、国家試験に出る内容を… 』といった学生さんは少なくありません。しかし…『 そんな基礎的なことは知っている 』と言う割には、基礎的知識や理解力が乏しい学生さんが多いのも事実です。そして…『 国家試験に出る内容を… 』と、過去問を勉強している割には成績が上がらない、点数が伸びない。そういった学生さんが多いのも、また事実です。

 『 勉強しているのだけれど、今一つ理解できていないような… 』『 成績が思っているより伸びない… 』という人は、往々にして基礎が不足しているのが事実です。『 国家試験に出る内容を… 』と勉強したところで、基礎が堅固でなければ、知識自体は揺らいでしまいます。勉強しているのだけれど…あと一つの所で、成績が伸びない。それは、基礎的知識・理解力が不足しているのが原因なのです。

 逆に、ある程度知識のある人が、基礎を勉強することにより、成績がスムーズに伸びることも事実です。ただ知っていただけの知識が、基礎を勉強することにより『 何故、そうなるのか? 』と理解出来るようになるからです。実際、薬進塾の塾生さんの中にも、基礎的な部分から理解していくことにより、飛躍的にに成績が伸びた人が何人もいます。

 『 国家試験の問題を… 』と逸る気持ちも分からなくはありませんが、やはり試験対策というものは、堅固なる基礎があってこそ成り立つものだということを、しっかりと認識することが重要です。今一つ成績が上がらない、点数が伸びないという人は、『 自分の基礎的知識・理解力は、どれほどのものなのか? 』ということを、しっかりと見つめ直すことが大切です。

 

薬進塾の基礎力養成講座 コンセプト ~基礎力は大丈夫ですか?~

 基礎力養成講座は、化学・物理・生物の基礎、そして計算の基礎を学ぶ講座です。何気に苦手な人が多い化学・物理・生物。高校の時に履修していなかった人も、少なくありませんが、薬剤師国家試験の基礎の基礎となる部分であることも確かです。この講座では『 原子の中の電子配置 』、『 細胞の仕組み 』、『 分子間力 』といった化学・物理・生物の基礎、そして『 指数や対数の計算が苦手 』という人のための、指数・対数計算の基礎を時間をかけて、しっかりと学んでいく講座です。講義後も教室を開放していますので、自習したり、学習指導を受けることもできます。国家試験受験を考えている人はもちろんのこと、在学生(1~6年生)の基礎力固めにも大いに役立つ講座です。

化学の基礎、物理化学の基礎、生物の基礎、計算の基礎… あなたはできていますか?

それができていなければ、試験対策は〝砂上の楼閣〟です。

砂上の楼閣:基礎がしっかりしていないために崩れやすい物事のたとえ。(大辞林より)

 

【  期 間  】 20218月2日(月)~8月6日(金)

【  定 員  40

【 受 講 料 】 48,600円 ( 全コース受講 )

      ※ 受講料は税込です。テキスト代も含まれています

☆ 詳細は〝基礎力養成講座〔 化学・物理・生物・計算の基礎 〕〟のページをご参照ください。

 

半年コースや要点集中コースとセット受講する方も少なくありません!

 基礎力養成講座は、化学・物理・生物の基礎、そして計算の基礎を学ぶ講座です。何気に苦手な人が多い化学・物理・生物。高校の時に履修していなかった人も、少なくありませんが、薬剤師国家試験の基礎の基礎となる部分であることも確かです。この講座では『 原子の中の電子配置 』、『 細胞の仕組み 』、『 分子間力 』といった化学・物理・生物の基礎、そして『 指数や対数の計算が苦手 』という人のための、指数・対数計算の基礎を時間をかけて、しっかりと学んでいく講座です。

 最近多いのが、基礎力養成講座と半年コースや要点集中コースをセットで申し込む塾生さん。半年コースや要点集中コースに通おうと思ったそうですが…『 講義が始まる前に、少しでも基礎をつけておきたい 』 『 (要点集中コースが)始まるまで間があるので、少しでも学力を取り戻しておきたい 』 『 出来る限り、勉強量は増やしておきたい 』等の理由から申し込む人が増えているようです。

 もちろん、薬進塾では半年コースも要点集中コースも基礎的な部分から講義していきますが、それでも『 一度、しっかりと基礎を勉強しておいた方がいい 』と思っている学生さんは少なくないようです。

『 基礎の部分が苦手なんだけど、ついていけるかな… 』 『 他のコースの人との差が不安… 』 『 少しでも早く勉強したい… 』という方は、基礎力養成講座とのセット受講をお勧めします。もちろん、セット受講の場合、受講料は割引料金になります。

詳細は〝💕 セット受講割引!〔 基礎力セット受講 〕〟のページをご参照ください。

 

基礎力のことでお悩みの方、遠慮なくご相談ください。

 ◎ やっぱり、自分は基礎ができていないから…。

 ◎ 試験対策を始めているけれど、さっぱり進まなくて…。

 ◎ 成績が伸びないのは、やっぱり基礎ができていないからだと思う。

 ◎ どうやって基礎を身につけていいのか分からない…。

 ◎ 基礎を教えてくれる所がないから…。

 ◎ 『 基礎ができていない 』って言われても、どうしていいのか分からない…。

 ◎ 質問にいっても『 こんな所、国家試験に出ない 』と応対してもらえない。

 ◎ 基礎が分からないから聞きに行っても、『 こんなことも分からないの 』と

  相手にしてくれない。


 こういった方は少なくありません。こういったことでお悩みの方、遠慮なくご相談ください。もちろん、これ以外の基礎に関することでのご相談も受け付けております(ご家族の方のご相談も受け付けております)。『 基礎のことなんか、相談できなくて… 』という人。薬進塾は、試験対策に関することは何でも相談受け付けております。ましてや、今まで書いてきたように、基礎は試験対策において非常に重要なこと。いつでも、遠慮なくご相談ください。学習指導歴ン十年の塾長自ら、マンツーマンでご相談に応対させていただきます。

お申し込み・ご相談は…

フリーダイヤル 0120-970-894

急(9)な(7)お(0)願い、薬進塾(894)

  〔 受付時間 〕 月 ~ 金曜日(祝祭日除く)  10:00 ~ 17:00

 お問い合わせ から、メールでの受付けも行っております。

※ アクセスは『浅草橋』のページにある『アクセスマップ』をご参照ください。 

 

 

トピックスの新着記事

このページの先頭へ