イメージ画像

🪑 一人で勉強したい人。歓迎です!

予備校は大手予備校だけではありません。

 やり方を変えてみませんか?  

あなたは〝少人数制〟なら、伸びる人かもしれません。

第107回 薬剤師国家試験対策 一年コース 受講生募集中!

第107回 薬剤師国家試験対策 半年コース 受講生募集中!


誰からも影響を受けずに勉強したい。

 『 自分一人で勉強していきたい 』  『 友達を作りに来ているのではない。試験対策に来ている。だから、一人にしておいてほしい 』 『 面倒くさい人間関係はこりごり。自分のペースで勉強していきたい 』…そういった人は少なくありません。しかし、そういった試験対策の環境が少ないのは事実です。

 見学に来られる方や塾生さんと話していると、『 友達とか作るつもりはないんです。自分は一人で勉強していきたいんです 』という言葉をよく耳にします。その度に 『 それで全然構わないよ。第一、勉強というものは一人で行うものだから 』と話すと、皆、笑顔で『 良かったです 』 と答えてくれます。やはり、一人で勉強できる試験対策の環境は少ないのでしょう。

i

皆で一緒に勉強しなければダメなのか?

 最近は『 皆で一緒に合格… 』みたいな、チョット本筋から逸れている試験対策が横行しているようです。もちろん『 皆で一緒に… 』 という考え方の人も、中にはいるでしょう。実際、皆で一緒に勉強をして合格された塾生さんも何人もいます。ですから、『 皆で一緒に… 』 という考え方自体を否定するつもりはありません。そうしたい人は、そうすればいいでしょう。

 しかし、それと同じくらい『 自分一人でやっていきたい 』 という人がいることも事実です。ですが…前述のような『 皆で一緒に… 』 という声が高まり、『 自分一人で… 』 という声がかき消されてしまっているのが、今の試験対策の現状のようです。しかし、『 自分一人でやっていきたい 』  という声も、同じくらい尊重されなければならないはずです。そして…試験というものは、最後は自分一人であることをしっかりと認識してもらいたいと思っています。

i

試験の点数は自分一人の物です!

 よく聞かれるのが『 試験の成績を掲示されるのですか? 』といった内容。『 しないけど、どうして? 』と聞くと…『 前にいた予備校では、試験の成績が掲示されていたから… 』 とのこと。中には『 自分の成績が掲示されると、悪い点だと恥ずかしいと思うだろ?だから「 恥ずかしいのは嫌だから、勉強しよう」という気になるだろう  』と指導されたなんていう声も…。

 ウチの塾生さんだけに行う学習指導でしか伝えない内容なので、あまり言いたくないのですが(笑)…。試験の成績は、その人だけのものです。他の人には全く関係ありません。他の人が何点取ろうが、他の人の成績がどうであろうか、全く関係のないことです。その人の点数は、その人だけのもの。その点数をしっかりと分析(まあ、分析のメインは我々が行いますが…)して、自分なりにフィードバックしていくことが重要になります。そう、他の人は全く関係ありません。むしろ、他人の点数や成績を気にしすぎることは、自分の試験対策の足を引っ張ってしまうことになるから注意が必要です。

 『 他の人の点数と比べると、やる気が出る 』 『 悪い点数だと恥ずかしいから勉強するようになる 』といった声もよく聞きますが…ハッキリ言います。試験対策における、全くのデマといってもいいでしょう。他の人の点数よりも悪い点数が掲示されて、はたして『 恥ずかしいから、恥ずかしくないように次はいい点数を取ってやる 』と、勉強するようになりますか?そんな人はまずいません。落ち込むか、不愉快になるか、いじけるかのどれかで、試験対策には全く役に立っていないのが現状です。中には、試験内容が過去問題とわかっているので、内容はそっちのけで『 この文章は○ 』と暗記しては、いい成績ばかり取ってはいたものの…国家試験では点数が取れなかったなんていう人も。『 イヤな思いをしたくない 』『 恥ずかしい思いをしたくない 』という事が先行してしまってのことですが…点数を掲示するやり方は、マイナスの結果を生むことの方が多いのが現状です。

 

フルネームや出身大学等は公表・掲示しません。

 薬進塾では、塾生さんの成績はもちろんのこと、フルネーム、出身大学等の情報は一切、公表・掲示しません。前述の『 試験の点数は自分だけのもの 』という考え方も、理由の一つです。あえて、氏名を出して点数を公表・掲示する意味はないと、考えているからです。

 フルネームも、当然ながら公表・掲示していません。このご時世、フルネームを公表・掲示することは、益よりも害になる場合の方が多いという考えからです。塾生さん同士の交流にも、名字だけ分かれば事足りる場合がほとんどです。ですから、あえてフルネームを公表・掲示する必要はないと考えています(苗字に関しては掲示しています)。

 出身大学に関して公表・掲示しないことは、言わずもがな。誰がどこの大学出身であろうが、塾生さん一人ひとりの試験対策においては、全く関係がないからです。公表・掲示する意味はありませんし、出身大学を知られることを嫌がる塾生さんも中にはいます。公表・掲示する意味もなく、塾生さんさんが嫌がるとなれば、あえて公表・掲示する理由がありません。ですから、出身大学も、公表・掲示しません。

 こういった『 個人に関する情報を公表・掲示しない 』ということも、煩わしい人間関係を断つことができる条件の一つでもあります。自分に関することを、余り周りに知ってほしくない。自分一人で、静かに試験対策に臨みたい。こういった環境があることも、一人で勉強していくことの負担を軽減してくれる上では、大切な事なのです。

i

最後は一人ですよ!

 『 国家試験は一人で受験するんですよ。私が横に座っている訳にはいかないんですからね(笑) 』これも塾生さんには、よく言う話。そう、一人で解かなければなりません。試験対策も、佳境に入ってくれば、基本的に一人で勉強を進めていかなければなりません。国家試験も間近に迫っている中で、『 皆で集まって勉強を… 』などという訳にはいかないのが現状。私はン十年と学生さんを見てきましたが、合格していった人たちは、皆、一人で勉強していっていました。一人でも、勉強を進めていく力。そして、一人きりで試験に立ち向かう力。これが、試験対策にとっては無くてはならない力なのです。試験対策は最後は一人。試験を受けるのも一人。このことをしっかりと肝に銘じておいてください。そして、そのためにも一人でも勉強していく、一人で行動していくということができるよう、日ごろから心がけてください。『 一人じゃ勉強できない 』では、試験対策は成り立ちません。

i

基本、勉強は一人で行うものです。

 試験対策においては、受講した内容を復習することが非常に重要になってきます。自分が講義で重要と捉えた所、講師が大事と示唆してくれた所、自分が間違えて覚えていた所、講義を聞くことにより自分が初めて理解できた所…。そういった箇所を、自分なりに改めて見直し、理解し、まとめて、覚えてモノにしていかなければなりません。『 自分が 』『 自分なりに 』という言葉を使いましたが…100人いれば〝100人の自分〟がいることになります。そう、人によって復習する内容は千差万別ということ。間違えて覚えていた所も、講義を聞くことにより初めて理解できた所も、人によって違えば、改めて見直すことも違うし、調べることも違うし、理解する内容も違う。覚えてモノにしていくことも、人によって違うのです。もちろん、勉強のペースも進め方も異なります。だからこそ勉強は、自分のやり方、自分のペース…すなわち一人で進めていかなければならないのです。まあ、チョット分からないことを聞くといった程度は構いませんが、やはり勉強、特に試験対策は自分ベースで進めていくものなのです。

i

薬進塾には一人になれる環境があります。

 薬進塾は、一人で勉強することを推奨しています。薬進塾が『 個を大切に 』『 一人一人を大切に 』をコンセプトに進めているのも『 〝皆〟に惑わされない、一人一人の意志を大切に 』という思いがあるからです。薬進塾は〝一人になることができる〟予備校です。一人で行動しているからといって『 あの人は… 』と後ろ指を指されることはありません。大手予備校によくある、講師と仲よくしている集団が仕切るようなこともありません。人目を気にして、皆と仲良くする必要はありません。『 一人でやりたいのに… 』と悩んでいる方には、しっかりとアドバイスをして、フォローしていきます。だから100%国家試験対策に集中してください。『 周りの人とあまり関わらず、一人で試験勉強を行っていきたい 』『 人間関係を気にせず、マイペースでやっていきたい 』そういった方は大歓迎です。自分一人で勉強できる環境。一人でも落ち着いて勉強に取り組める環境。それが薬進塾にはあります。安心して、試験対策に取り組んでください!

i

一人で勉強できますが、一人にはさせません。

 『 でも、一人だと不安で… 』といった方。ご安心ください。講師・職員が、一人ひとりをしっかりサポートしていきます!薬進塾は少人数制。常日頃から、講師・職員が一人ひとりをしっかりと見つめています。講師・職員は、毎日、塾生さん一人ひとりに声を掛けていますので、1日誰とも話をしなかったなどと言うことはありません。休み時間などは、講師・職員に気軽に声を掛け、談笑している塾生さんも一人や二人ではありません。そして、当然ながらどの塾生さんにも、分け隔てなく接しています。

 もちろん、一人で試験対策を進めていくことに関しても、しっかりと指導をしています。一人取り残される心配もなければ、『 誰も相談する人がいなくて…  』『 話をすることが無くて… 』なんていうこともありません。一人でやりたい人は一人でやる。そして、その一人を講師職員がしっかりとマンツーマンでサポートしていく。それが、少人数制の薬進塾のやり方です。一人ひとりに目が行き届いた接し方も、試験対策にとっては重要な事なのです。

i

面倒くさい人間関係がありません。

* 仕切る集団がいて、思い通りに行動できない。

* 一部の人たちに目をつけられ、嫌がらせをされている。

* 不平・不満、愚痴ばかりの人と懇意になってしまい、いつも聞き役にされ疲れてしまう。

* 仲が良くなった人たちから、ご飯等に誘われてしまい、断ることも出来ず思うように

 勉強できない。

* マイペース過ぎる人に付きまとわれ、いいように振り回されてしまう。

* 講義をサボる、学校に行かないといったことを誘ってくる人がいる。

* やる気を削ぐような言動(講義中に無関係な事をしている、不平・不満を大声で話して

 いる等)をする人がいて、集中できない。

* 付きまとってくる人がいる。

 よく聞く話ですが…。そんな状態では、試験対策もままなりません。薬進塾ではそういったことはありません。そういう困った人がいたこともありますが、すぐに誰からも相手にされなくなってしまいました。少人数制では、そういう困った人たちは浮いてしまい、居難くなってしまうのが現状です。もちろん、そういう困った人たちに対しては、講師・職員も目を光らせています。当たり前の話ですが、塾生さんからの声を受け、呼び出して、直接注意したこともあります。ですから、上記のような困った人たちに振り回されることはありませんので、ご安心ください。面倒くさい人間関係を無くすことも、試験対策にとっては重要な事なのです。

i

一人で勉強する力をつける。

 当薬進塾のカリキュラムは〝一人で勉強する力〟を育むカリキュラムとなっています。普段の指導も〝一人で勉強する力〟にウエイトを置いたものとなっています。ここで勘違いされては困るのですが、『 手は貸しません、全部一人でやりなさい 』と言っている訳ではありません。〝一人で勉強する力〟が身につくように、サポートしていくということです。前述したように、最後は一人です。勉強する時、いつどこでも四六時中講師が横に付いている訳ではありません。国家試験を受ける時も、講師が横に付いていることなど出来ません。自分一人の力で、歩んで進めていくしかないのです。だからこそ、その力がしっかりと身に付くようサポートしてあげなければなりません。そして、それが薬進塾のやり方なのです。

 薬進塾の塾生さん達から『 生まれてから、こんなに勉強したのは初めてです 』という言葉を、よく聞かされます。講義が終わってから残って勉強する、ウチに帰ってからも勉強する、休みの日も勉強する…今まで、こんに勉強したことが無いと…。何も、横に講師がいて、鞭打って勉強させている訳ではありません。皆、自ら進んで勉強しているのです。自分一人で『 勉強しよう 』と思って勉強しているのです。これが、一人で勉強していく力なのです。そして、この力が如何に国家試験合格にとって必要な力なのかは、言うまでもないと思います。

 ぜひ、薬進塾に来て、一人で勉強する力を身に付けてみてください。そして、『 一人でやっていきたい 』という方、大歓迎です!遠慮なく、一人で試験対策に取り組んでみてください。きっと、いい結果が出ることになりますから!

i

 お問い合わせ・お申し込み 

  フリーダイヤル 0120970894

          急(9)な(7)お(0)願い、薬進塾(894)

  〔 受付時間 〕 月 金曜日(祝祭日除く) 上記時間

    ページ右上の お問い合わせ から、メールでの受け付けも

  行っております。

試験対策サポートの新着記事

このページの先頭へ