イメージ画像

🏃 諦めるのは早すぎませんか?

予備校は大手予備校だけではありません。

 やり方を変えてみませんか?  

あなたは〝少人数制〟なら、伸びる人かもしれません。

第107回 薬剤師国家試験対策 半年コース 受講生募集中!

 

 『 予備校にいったけど…ダメだったから… 』といって薬剤師を諦めてしまう人。中には自信喪失に陥って、やる気を失せてしまっている方も少なくないでしょう。しかし…それは少々、早すぎはしませんか?

 

i

あなたの知らない予備校があります。

予備校に行ったとは言いますが…

 では、少人数制で学んだことはありますか?

  マンツーマンで、時間が許す限り学習指導を受けたこと

 はありますか?

  熟練した講師の、基礎から理解していく、暗記に頼らない講義を受けたことが

 ありますか?

  分からないことが自由に質問でき、マンツーマンで答えてもらえる環境で学んだ

 ことはありますか?

  イヤな顔をされずに、質問に答えてもらったことがありますか? 

  講師・職員に気兼ねなく接することができる環境で、試験対策を行ったことが

 ありますか?

  休み時間中にトイレを終えることができる環境でしたか(大事なことです)?

  周りの学生さんの目を気にすることなく、試験対策に集中できる環境でしたか?

 薬進塾には、それらが全てあるのですが…。

今や試験対策は、大人数で講義する〝十把一絡げ〟の時代ではありません。

これからは、一人ひとりを指導する〝少人数制〟の時代です。

i

やり方が異なれば、違う結果が手に入ります。

 もし、上記したような経験がないというのなら、まだまだ薬剤師を諦めるには早すぎますよ。あなたの知らない、経験したことのない予備校があるのですから。そして、そこで学べば、違う結果を得ることができるのです。ホームページでも何度も書かせていただいていますが、違う結果が欲しいのなら、違う方法でやらなければなりません。違う方法でやれば、違う成果を手にすることができるのです。なのに…違うやり方を知らないから、諦めてしまう…。勿体ない話とは思いませんか?

 予備校を変えても、やっていることが同じならば、結局は同じやり方をやっていることになります。多くの学生が教室にひしめきあって講義を受け、人数の多さに質問もままならない…。参考書の大事な所に線を引くだけ、語呂合わせの講義…。試験、試験で復習する暇もない。どうしていいのか相談したいが、相談にものってもらえない…。どこに行っても、このやり方では結果を出すのは難しいでしょう。しかし、薬進塾には、前述の『 あなたの知らない予備校があります 』にも書かせていただいた、他とは違うやり方があります。

 

同じやり方を何度もやって、同じ結果しか出せず、薬剤師を諦めるのか?

違うやり方を試みて、違う結果を出して、薬剤師になるのか?

どちらを選ぶかは、その人次第です。

i

色眼鏡で見ると、見えなくなるモノがあります。

 『 色眼鏡(で見る) 』とは…

『 偏った物の見方。先入観にとらわれた物の見方(デジタル大辞泉より) 』

という意味です。『 小さいから… 』『 聞いたことがないから… 』等で予備校を判断することも、立派に色眼鏡で見ていることになります。小さいからということと、良い講義ではないということは、何か関係ありますか? 聞いたことがないということと、一人ひとりのケアをしないということが関係ありますか?そう、どちらも全く関係の無いことです。そういった色眼鏡で判断してしまうと、自分の可能性の幅も狭めてしまうことになり兼ねません。せっかく、既存の予備校とは違うやり方でやっている予備校があるのに、そしてそのやり方でやれば、違う成果を手に入れることができるのに、色眼鏡で判断して、その成果を手にする可能性を捨ててしまうというのは…やはり、勿体なくはありませんか?。

 もちろん、色眼鏡で〝見えなくなるモノ〟は、いいモノばかりではありません。悪いものも見えなくなってしまいます。『 大きいから… 』『 聞いたことがあるから… 』等で予備校を判断して、成果を得られなかった人も大勢いるのです。

i

薬進塾には、あなたが知らない試験対策があります。

 おそらく、ほとんどの薬学生が薬進塾の試験対策を知らないのが現状だと思います。何故なら、塾生さん達は、皆、『 こんな講義初めて 』『 初めて勉強のやり方を教えてもらいました 』『 質問にいくと、すぐに答えてもらえました 』『 マンツーマンで答えてくれるんですね 』『 (塾に)来るのが辛くないです 』なんていう、試験対策としての当たり前のことを、笑顔で口にしていますから。『 当たり前のことを、口にする 』ということは、皆、それを経験したことがない、つまり当たり前のことを経験したことが無いからです。薬進塾には、あなたが知らない、あなたが経験したことの無い試験対策があるのです。あなたが〝違う成果を手にすることができる試験対策があるのです。まだまだ諦めるのは早すぎますよ。

 

勉強のやり方が分からなければ、学力は身に付きませんよ。

 だから、薬進塾では学習指導、すなわち勉強のやり方から指導するのです。一年コース、半年コースでは1日かけて学習指導を行います(正確には1日では終わりませんので、別に時間を設けて指導を行っています)。もちろん、この1日で終わりではありません。学習指導は、試験対策における勉強のやり方を指導するわけですから、国家試験のその日まで学習指導は行います。さらに、塾生さん全員を目の前に行う学習指導もありますし、マンツーマンで個人的に行う学習指導もあります。勉強のやり方に関する内容や悩みは、一人ひとり違うわけですから、塾生さんと向かい合って、一人ひとりの学習状況を把握して、指導していかなければならないからです。当然ながら、勉強に関する相談に応対して指導するのも学習指導の一環です。塾生さん一人ひとり、勉強のはかどり具合や問題点が異なる訳ですから、指導を受けたい時期や問題点が出てくる時間も異なって当然。ですから、相談に来るたびに、指導していかなければならないのです。

 当たり前の話ですが…実際に勉強をしていくための学習指導ですから、具体的でなければなりません。実際に説明しながら、『 こういう風に進めていってください 』というやり方も指導します。学習指導と称して、勉強本のノウハウを話したところで、『 では実際に日々、どうやって勉強を進めていいのか分からない  』では、全く意味がないからです。誰もが知っているような内容(復習は早めにやるべき 等)を話してもらうことも、『 そんなことは知っています。では、どうやって勉強していけばいいのですか? 』と、結果は同じです。

 1、2回皆の前で話して終わりでは、学習指導ではありません。前述させていただきましたように、試験対策というものは国家試験のその日まで続くからです。国家試験のその日まで続けて、初めて学習指導と言えるのです。もちろん、一人ひとりに対して…。

 こういった学習指導を、してもらったことがありますか?ここまで勉強のやり方を、サポートしてもらったことがありますか?もし、無いというのなら…こういった指導を受ければ、学力の付き方や成績の伸びは、当然、変わってくるはずです。なぜなら、こういった学習指導を受けた経験がないということは、勉強のやり方を知らないまま試験対策を行ってきたということだからです。やり方を知らずにやっても、成果が出るはずはありません。何事も成果を上げるのならば、まずやり方をしっかりと指導してもらうことが大切なのです。こういった指導を受けたことが無いというのなら…まだまだ、諦めるのは早すぎると思いませんか?

i

諦めず薬進塾に来て合格していった人達の声

 

◎ 第97回薬剤師国家試験 旧4年制課程 既卒者 合格インタビュー

  旧4年制課程の既卒者。6回目の受験で、一回目の新国家試験

 (345題の国家試験)で合格したU君(D大学卒)。

i

◎ 第98回薬剤師国家試験 旧4年制課程 既卒者 合格インタビュー

  旧4年制課程の既卒者。ブランク4年、初の国家試験受験で合格した

  Wさん(N大学卒)。

i

◎ 第99回薬剤師国家試験 旧4年制課程既卒者 合格の声!

  働きながら一年コースに通って合格したM君(K大学卒)

i

◎ 第100 薬剤師国家試験 合格者 体験記!

  98回、99回(宅浪)を受験。薬進塾に通い、最後の模試から国家試験で

 40点以上点数が伸びたT君(J大学卒)。

i

◎ 第101回薬剤師国家試験 旧4年制課程既卒者 合格の声!

  旧4年制大学を卒業し、9回目の受験となる時に薬進塾に入塾。見事、

 合格したKさん(T大学卒)。

i

◎ 第101回薬剤師国家試験 合格インタビュー

 社会人としての豊富な就業経験があったが、仕事を辞めて薬学部に入り直し、卒業。その後、他の予備校に通い99回、100回を受験。101回対策で薬進塾に通い、見事合格したTさん(T大学卒)。

i

◎ 第102回薬剤師国家試験 合格インタビュー

  大学を卒業して4年目、長年勤めた仕事を辞め、薬進塾に入塾。

 5回目の受験となる102回の国家試験で合格したO君(Y大学卒)。

i

◎ 第103回薬剤師国家試験 合格インタビュー

 入塾した時は、毎日のように試験成績は最下位ばかりだったが、後半は順位が3位を下ることはなく、試験前は毎日のように成績が1位だった、103回国家試験合格者のTさん(T大学卒)。

i

◎ 第104回薬剤師国家試験 合格インタビュー

 新卒で101回国家試験を受験し、他の予備校に通い102、103回国家試験を受験し、4回目の国家試験で薬進塾に来て合格したKさん(T大学卒)。

 

◎ 第105回薬剤師国家試験 合格インタビュー

 卒業延期となり103、104回国家試験を受験し、3回目の国家試験で薬進塾に来て合格したBさん(S大学卒)。

【 主な合格者の声(抜粋)】

2009年9月(卒業)です。卒業延期、半年したんで…。

(ブランクは)3年…4年かな?(国家試験受験は)初めてです。

A・Wさん:N大学卒

i

今回で5回目・・・イヤ、6回目ですね。宅浪も1回あったんで。

Y・Uさん:D大学卒

i

 ようやく国家試験に合格する事が出来ました。ひとえに、家族や薬進塾の先生方のサポートがあったからだと感謝しています。

S・Mさん:D大学卒

i

 何年も合格できなかった日々から、解放されました。

先生のアドバイスが良かったです。

T・Tさん:H大学卒

i

 私には数年のブランクがありましたので、国家試験には受からないと決めつけていました。4年制最後だから記念に…というようなつもりでした。ですが薬進塾での日々は、「どうせ受からない」という気持ちを「絶対受かってやる」という気持ちに変えてくれました。そして、その気持ち通り、国家試験に合格することが出来ました。

Y・Aさん:N大学卒

※ 薬剤師になることを諦めきれず、12月からのコースを受講して合格された塾生さんです。12月からでも、まだまだ間に合うということを証明してくれた塾生さんでもあります。

 i

 どうでしょうか?諦めずに、薬進塾に来て合格していった人がたくさんいるのです。もちろん、ここに掲載したのは、ほんの一例です(本HPの〝合格者の声のページをご参照ください)。いくつもの予備校に行った〟〝ブランクがある〟〝何度も国家試験を受けている〟…そういった人達も諦めることなく薬進塾に来て、合格を掴み取っているのです。諦めるのは、まだまだ早いですよ!

 さらに、現在106回国家試験対策に通っている塾生さんからはこんな声が…。

 

 薬進塾には、卒業延期が決まってからすぐに入塾を決めました。決めた理由としては、講座が始まるまでの間も、学習指導(講座前アプローチ)を受けられることや、講義に関しても基礎の基礎から学べること(これに関しては、正直ここからやるのかと、はじめは少し驚きましたが、基礎の基礎が分かることでこんなにも違うんだということを、今の段階で感じています)などが決め手でした。そもそも基礎の基礎が何かというのをきちんと理解していませんでした。

 学習指導は1月末から始まり、卒業試験に向けて、自分専用の勉強計画を作成してもらい、2月から勉強を始めていきました。はじめはそれ通りにやるのが大変でしたが、教えてもらった勉強法を行うことで、少しずつ慣れていきました。授業が始まってからは、卒業試験の勉強と並行して授業の復習もやっていくようにしました。分からなかったことや疑問に感じたことは、授業後に質問して解決するようにしています。

 やはり、現在学んでいる塾生さんも、すでに違う結果を手にしていることが、お分かりいただけることと思います。違う方法でやれば、違う結果が、違う成果が早く手に入ることもあるのです。こんな予備校があることを、果たして何人の人が知っているのでしょう?そして、そんな予備校で今までとは違う試験対策を行えば、十分に合格を掴み取ることが可能だということ。まだまだ、薬剤師をあきらめるのは早すぎるという事が、十分お分かりいただけたことと思います。

ii

『 知らないから… 』ならば聞きに来ては如何ですか?

 『 知らないから… 』『 聞いたことがないから… 』なんていう色眼鏡で判断しては、勿体ないとは思いませんか?『 でも、分からないから… 』という人。だったら、見学に来てみてはいかがですか?昨今の学生さん達は、少々フットワークが重いような気がします。合格する人達は、何気にフットワークが軽い人であることも確かです。自分がお金を払って試験対策を行う所ですから、やはり噂や表面的な評判だけに捕らわれず『 どういった所なんだろう? 』と、見学に来て話を聞くことは重要なこと。『 皆がいっているから… 』『 ○○だって聞いたから… 』で済ませてしまうようでは、チョット試験対策に対する意欲が、足りないような気がしなくもありません。薬進塾では、見学・相談は随時受け付けています。色眼鏡で判断して、合格へのきっかけを失い、薬剤師への夢も諦めてしまうのは、勿体ない話。ぜひ、見学・相談に来てください。あなたの知らなかった予備校を発見することができると思いますよ。そして、その発見があなたの一生を変えるものになるかもしれないのです。

i

※ 見学・相談がいくつか入っています。電話等での予約・確認をお勧めします。


見学・ご相談は

  フリーダイヤル 0120970894

          急(9)な(7)お(0)願い、薬進塾(894)

  〔 受付時間 〕 月 金曜日(祝祭日除く)  10:00 ~ 17:00

 お問い合わせ から、メールでの受け付けも行っております。

 ※ アクセスは『浅草橋』のページにある『アクセスマップ』をご参照ください。

◎ 相談のお問い合わせ、面接予約が相次いでいます。できる限り、ご相談の希望
 の日程を取れるよう調整していますが、大変立て込んでいるため、希望の日時が
 取れない場合もございます。早めに、ご連絡いただけましたら希望日時への調整
 も可能となりますので、よろしくお願いいたします。

 

 

試験対策サポートの新着記事

このページの先頭へ