イメージ画像

👑 106回対策一年コース 卒業試験合格体験記 !

 💮 速報! 合格体験記を書いてくれたF君。

見事、106回薬剤師国家試験に合格しました💮!

現在、『 💖 第106回薬剤師国家試験 合格者 ロングインタビュー !! 🌸 前編 🌸 』

でF君の合格インタビューを掲載しています!

 

卒業試験合格おめでとうございます!

 今回、卒業試験の合格体験記を書いてくれたのは、106回対策一年コースのF君(男性)。F君が、初めて薬進塾に来たのは、今年の1月。卒業延期になってしまったという事で、卒業試験対策も踏まえ、薬進塾への入塾を考えていると、お母さんと一緒に面談に来てくれました。特に講座前アプローチによる、勉強の指導に関心があったようで、その講座前アプローチを利用して、すぐにでも個人指導による卒業試験対策をしてもらいたいとのことでしたでした。面談後、すぐに入塾してくれたのですが、同時に講座前アプローチの学習指導を申し込むことに。F君の学習状況はもちろんのこと、大学の卒業試験に関する情報も聞き、そこからF君用の卒業試験対策を立て、早速、F君に学習指導を始めることになったのですが…どんなに、しっかりとした対策を立てたり、学習指導をしても、それに従ってもらわなければ、その効力は発揮されません。F君は、私が立てた対策や学習指導に基づき、しっかりと勉強を続けていました。

 講座前アプローチでは、講座が始まる前から(正確には入塾が完了した日から)、学習指導を受けることができるのですが、ほかにも『 分からないこがあったら質問し、その解答を受けることができる 』というアプローチもあります。一年コースを申し込んだF君ですが、アプローチを利用して講座が始まるはるか前の1月から私の学習指導を受け、分からないことを質問しながら、その解答解説を基に卒業試験対策を行っていました。コロナの影響で、大学での卒業延期生の指導もままならない状態でしたが、しっかりと指導通りに勉強し、質問していたことが印象的です。

 もちろん、講座が始まってからの成績も良好でした。各科目とも、平均点を下回ったことは一度もなく、学力がついてきているのも、目に見えて分かる状況。講義後に、先生方に質問に行っていたのも印象的でした。

 そんなF君の〝卒業試験合格体験記〟ですが…やはり、合格していった人ならではの〝良い部分〟がたくさんあります。ではF君の〝卒業試験合格体験記〟をご一読ください。

i

卒業試験 合格体験記

 今年はコロナ禍で、4月に行う予定だった大学の授業が中止になり、大学に行くことが出来なかったので卒試などの情報も何もないに等しく、何もかもが異例だったので不安だらけでしたが、無事に卒業試験に合格することが出来ました。

 僕は1月に卒業延期が決まり、そこから親との話し合いで、予備校に通うことに決めました。落ちた原因としては、基礎力がなかったのもそうですが、圧倒的な勉強不足が原因でした。卒業試験間近では時間がなかったため、ダメな勉強法と分かっていながら過去問を暗記しながら勉強していました(本来、これを勉強とは言いませんが…)。こんな勉強法だったので、結果は不合格で卒業延期が決定しました。

 薬進塾には、卒業延期が決まってからすぐに入塾を決めました。決めた理由としては、講座が始まるまでの間も、学習指導(講座前アプローチ)を受けられることや、講義に関しても基礎の基礎から学べること(これに関しては、正直ここからやるのかと、はじめは少し驚きましたが、基礎の基礎が分かることでこんなにも違うんだということを、今の段階で感じています)などが決め手でした。そもそも基礎の基礎が何かというのをきちんと理解していませんでした。

 学習指導は1月末から始まり、卒業試験に向けて、自分専用の勉強計画を作成してもらい、2月から勉強を始めていきました。はじめはそれ通りにやるのが大変でしたが、教えてもらった勉強法を行うことで、少しずつ慣れていきました。授業が始まってからは、卒業試験の勉強と並行して授業の復習もやっていくようにしました。分からなかったことや疑問に感じたことは、授業後に質問して解決するようにしています。

 僕は、卒業試験ギリギリまで授業には出席しました。1週間前からは卒業試験に備えるため欠席することも考えましたが、今の生活リズムが乱れると思ったのと、授業を休みたくなかったので、欠席はしませんでした(少し大変でしたが:笑)。そのおかげか、卒業試験では授業でやった問題と同じ問題が出題され、もちろん解くことが出来ました(びっくりしました:笑)。

 これから先、さらに大変になっていくと思うのですが、国家試験合格に向けて、気を抜かず今以上に勉強を頑張っていきたいと思います。

F君(男性)

F君のココがスゴイ!

1.ダメな事と気づいている。そしてその轍を踏まない。

 『 ダメな勉強法と分かっていながら過去問を暗記しながら勉強していました 』と書いていますが…確かに過去問を暗記する方法は、やり方としては芳しくありません。しかし、これに気が付く人は少ないのが現状です。F君は『 本来、これを勉強とは言いませんが… 』『 こんな勉強法だったので、結果は不合格で卒業延期が決定しました 』と、しっかりとやり方の間違いに気が付いたようです。では、正しいやり方が分からなければどうすればいいのか?答は簡単。F君のように、学習指導を受け、正しい勉強の仕方を指導してらえばいいだけの話です。そして、ここから、試験対策の第一歩は始まるのです。残念ながら…正しいやり方が分からないがために、例えダメな勉強方法と分かっていながらも、それを続けるしかないという人が多いのも現状です。

i

 2.講座前アプローチをうまく利用している。

 講座前アプローチは、入塾が決まったその日から利用することができます。F君は一年コースですから、本来、講座は5月から始まるのですが、入塾が決まった1月から講座前アプローチを利用していました。そう、卒業試験に向けて、とにかく少しでも早く、そして長く勉強したい。その思いから、1月に申し込んだのでしょう。つまり、F君は8月の卒業試験まで、約半年間にかけて卒業試験対策の個人学習指導を受けていたことになります。少しでも早く、そして長く勉強したいからこそ、早めに卒業試験対策のことを考え、講座前アプローチを利用した。しっかりとした計画性の基、うまく講座前アプローチを利用したと思います。

 せっかくの講座前アプローチなのですから利用しない手はありません。卒業試験合格、国家試験合格のためにも、F君のように講座前アプローチを、上手く利用してもらいたいと思っています。

i

 3.『 基礎の基礎 』がいかに大事なのかを理解している。

 これは、ものすごく重要な事です。昨今の学生さんは、基礎を蔑ろにする傾向が強くなっています。国家試験に直接出題された内容でなければ、見向きもしません。これが、基礎力不足を招く結果に、そしていつまで経っても基礎力が付かない大きな原因になっているのですが…このことを理解している人は、ほとんどいないのが現状です。実際、F君も『 正直ここからやるのかと、はじめは少し驚きました 』と書いています。しかし…知識はぶつ切りではありません。基礎は基礎で終わるのではなく、そこを出発点として国家試験に出題される内容へとつながっていくのです。実際、F君も『 基礎の基礎が分かることでこんなにも違うんだということを、今の段階で感じています 』と書いています。そう、基礎を身に付けることで、自分が今持っている知識、そして試験対策の視野が広がることは間違いありません。

 さらにポイントになるのが…F君が『 基礎の基礎から学べること 』『 基礎の基礎が分かること 』と言っている〝基礎の基礎〟ということ。実は、これが基礎力をつける上で書かせないモノになっています。基礎的内容を講義すると『 知っていますよ 』おいう学生さんは多いのですが…チョット質問をしてみる と。答えに詰まってしまう人が多いのも事実です。何故か?『 基礎を知ってはいるが、内容的に理解していない 』という事が原因です。基礎的事項を内容から理解していくためには…そう、基礎の基礎を学ばなければなりません。もちろん、基礎の基礎ですから直接国家試験に出題されることはほとんどありません。しかし、この部分をマスターしなければ、『 国家試験の問題を考えて解く 』という行為までたどり着けないことになります。その結果…何でもかんでも暗記してしまおうという、嘆かわしい状況になってしまうのですが…こんな状況になっている人は決して少なくはないのです。

 基礎の基礎がいかに重要かが分かったF君だからこそ、卒業試験もクリアしたことはもちろん、普段お成績も良好な状況へと導くことができるのです。

 


i 如何でしたでしょうか?F君の〝卒業試験 合格体験記〟の中には、試験対策にとって、非常に重要なことが、たくさんちりばめられていることが、お分かり頂けたことと思います。そして、それはF君自身が自ら掴み取ったモノ。だからこそ、卒業試験もクリアすることができたのだと思っています。今も講義に出席して、日々色々なモノを掴み取っているようです。F君の成績を見る限り、それを十分伺い知ることはできます。そういった、F君の真摯な試験対策を見ることも、我々にとっては嬉しい限りです。

 最後にF君は…

これから先、さらに大変になっていくと思うのですが、国家試験合格に向けて、気を抜かず今以上に勉強を頑張っていきたいと思います。

と書いています。そう、卒業試験合格が目標ではないのです!それを、しっかりと認識して、これからも試験対策に切磋琢磨していってもらいたいと思っています。

  『 国家試験対策、どうしようかな… 』『 卒業試験が終わったけど、試験対策をどうしよう 』『 やっぱり国家試験を受験しよう 』そういった思いの方。薬進塾は、そんな人達を心よりお待ちしています。そして、そういった人達が、F君のように指導に従いながら、確固たる学力を身に付けていって欲しい。そして…最終目標である薬剤師として活躍するという未来を、その手で掴み取ってもらいたい。そう願っている次第です。

i

こんな不安を抱えている方。大歓迎です。

『 受からない 』と言われた。 何度も試験対策をやっているのに結果が…。
講義に付いていけない。 分からないことばかり…。
どんどん追い越されてしまう。 成績が伸びない。
予備校生活が長くて…。 点数が上がらない。
何度やっても忘れてしまう…。 どうやって勉強していいのか分からない。

 こういった不安を抱えている方。薬進塾では、そんな方を歓迎しています!薬進塾のやり方は、大手予備校とは全く違ったやり方。やり方を変えれば、当然ながら結果も変わってきます。その証拠に、上のような不安を抱えて入塾した塾生さんが、何人も合格していっていることが、合格体験記から読み取れることと思います。上記のような不安をお持ちの方。遠慮なく、薬進塾にご相談ください!マンツーマンで、しっかりと対応させていただきます!

 

予備校は大手予備校だけではありません。

 やり方を変えてみませんか?  

あなたは〝少人数制〟なら、伸びる人かもしれません。

第107回 薬剤師国家試験対策 半年コース 受講生募集中!


 

― お問い合わせ・申し込み ―

  フリーダイヤル 0120970894

          急(9)な(7)お(0)願い、薬進塾(894)

  〔 受付時間 〕 月 金曜日(祝祭日除く)  10:00 ~ 17:00

    ページ右上の お問い合わせ から、メールでの受け付けも

   行っております。

◎ Faxでのお申し込みも受け付けています。

 

☆ 学校見学・個別相談:随時、受付中! ☆

フリーダイヤル:0120-970894

 ◎  ホームページ〔申し込みフォーム〕からのお申し込み、

  資料請求も受け付けています。

合格者の声の新着記事

このページの先頭へ