イメージ画像

🌅 第107回 国試対策 夏の無料体験講座 & 学習指導・レクチャー

予備校は大手予備校だけではありません。

やり方を変えてみませんか?

あなたは〝少人数制〟なら、伸びる人かもしれません!

 

第107回対策 夏の無料体験講座 & 学習指導・ガイダンスは、終了いたしました。

たくさんのご参加ありがとうございました!

◎ 臨時の無料体験講座およびガイダンスも予定しております。

詳細はお問い合わせください。

 

◎ 通常講義と同じように、無料体験講座でもジアグリーンシステムを採用した噴霧器
 プランシェ(据置型)を稼働させています。プランシェは、老人ホーム、幼稚園、
 病院はもちろんのこと、ホテルや飲食店等でも、感染予防対策として導入・稼働され
 ています。もちろん、安全性もお墨付きです。

  薬進塾は、一年間、このシステムをフル稼働させて講義していました!

 ※ ジアグリーンとは『 非電離型次亜塩素酸 』のこと。
  詳細は『 🩺 新型コロナウイルス感染症への取り組み 』のページをご参照ください。

 

1.夏の無料体験講座 & 学習指導 概要

 i

☆ 薬進塾は、無料体験講座も少人数制です!

これからの試験対策は、一人ひとりを指導していく〝少人数制〟の時代です。

 

【 内容 】

 1.無料体験講座:化学、生物の基礎講義

  〔 オリジナルプリント配布

 2.国家試験対策レクチャー:今後の国家試験対策

 3.学習指導:試験対策の勉強のやり方

 4.おかげさまで12周年! 薬進塾&コース 紹介

【 募集定員 】 毎回20名

      (定員になりましたら、その回の募集は終了させていただきます)

 場所 】 薬進塾教室

        個別の机で、前後左右の座席とも離れていますので、
       感染症対策も万全!落ち着いて講義に参加することが
       できます。
        写真でもお分かりいただけますように、座席間に十分
       なスペースありますので『 隣の人が気になって… 』
       なんていうこともありません。少人数制のゆとりある

       教室での講義を、この機会にぜひ体験してみてください。

 

 ◎ 薬用ハンドソープ、ウイルスにも
  効果のある消毒用ハンドジェルも
  完備してあり、衛生面でも

  安心です。

i

 

 

【 時間 】

時  間

内  容

10:00 ~ 11:00

無料体験講義:1限目

11:10 ~ 12:10

無料体験講義:2限目

13:00 ~ 14:00

無料体験講義:3限目

14:10 ~ 15:10

国家試験対策レクチャー & 学習指導:第1部

15:20 ~ 16:30

国家試験対策レクチャー & 学習指導:第2部

【 詳細 】

2.無料体験講座詳細 : 基礎を学ぶ講義

  いきなり国家試験の問題を解くのではなく、基礎から学んでいく講義です。
 基礎から始め、最終的には、国家試験の問題解法へと繋げていきます。もちろん、講義中に国家
 試験問題にも触れますので、ご安心ください。

 基礎を学んでから、国家試験問題に触れる。これが国家試験対策のあるべき姿です。

i

科 目 紹 介

 

化学の基礎 : 原子の中の電子配置の理解が有機や物化を制する!

お忙しい中、ご参加いただきありがとうございました!

  電子殻、電子軌道、軌道への電子の入り方、混成軌道といった化学の基礎を講義します。
 ここを基礎から理解するかどうかで、有機化学の理解が左右されることになります。もちろん、
 無機化学の問題にも十分対応出来るようになり、さらに物理化学へとつながることになります。

i

  逆にこの部分の基礎力が不足すると、有機化学が今一つ理解できないという状況になってしま
 います理解し難いものになってしまいます(昨今の学生さんの有機化学が苦手というのは、ここに
 原因があります)。当然ながら、無機化学も今一つ理解できないという状況になり、物理化学にも

 悪影響を及ぼすことになります。

i

〔日程〕  7月24日(土)

〔教材〕  無料体験講座用 薬進塾オリジナルプリント(担当講師作成)

 i

生物の基礎 : 『 生物系が苦手 』の解決策がここにある!

   生物の基本用語と細胞内器官の構造、仕組みといった、細胞の基礎を講義します。ここを基礎
 から理解することにより、細胞の仕組みやタンパク質合成について、理解することができるように
 なります。さらに、ここから派生する生化学、分子生物学、微生物学等の理解が、格段に深まる
 ようになります。

i

  逆にこの部分の基礎力が不足すると、細胞の働きやタンパク質の合成が理解できず、意味も
 分からずただ暗記するだけの状況になってしまいます。暗記する内容が多すぎて、投げ出して
 しまう人も少なくありません。さらに、生化学、分子生物学、微生物学等の理解も今一つ…
 といった状況となるため、得点へとつなげることが難しくなってしまいます。さらに、機能形態、

 薬理学、薬物治療等にも影響が出ることになります。

i

〔日程〕  7月25日(日)

〔教材〕  無料体験講座用 薬進塾オリジナルプリント(担当講師作成)

 

3.国家試験対策レクチャー 概要 : 今後の国家試験対策

i

☆ 他の予備校さんが、引用してガイダンスを行うほどの内容

 それ程、信頼性の高い、そして充実した内容であることが、伺えることと思います。

  もちろん、夏の無料体験講座用に作成された最新資料です

 106回薬剤師国家試験から見る、今後の試験対策の展望

Ⅱ 106回薬剤師国家試験から見る、今後の試験対策と薬進塾の講義スタイル

  これからの国家試験対策は、如何に進めていかなければならないのか?

  『 今まで通りの試験対策 』 を覆さなければならないポイント

i

4.学習指導:試験対策の勉強のやり方

 (1) 勉強ができない、成績が上がらない。勉強はしているのに…何故か?

   〝学習指導もどき〟にも注意!それは学習指導ではありません!

 (2) 基礎ができていないのに、国家試験対策を行うのは〝砂上の楼閣〟

   『 基礎が… 』という声は多いが、果たして基礎とは何か分かっているのか?

 (3) 基礎もできていないのに、いきなり〝国家試験 解答・解説 講義〟を聞くのは
    如何なものか?これを間違えると、今後の過去問題勉強が上手く進まなくなる

    可能性が…。

 (4 ) 試験対策に必要な事とは何か?
    『 ウチは情報が… 』『 あそこには情報が… 』 といった〝情報詐欺〟に注意!

    情報とは口にするが…誰もその情報が、どう役立つのか分かっていない。

 (5) オンライン講義で国家試験対策は可能なのか?

 (6) こんな試験対策はご法度:誤った試験対策に注意!
    誤った試験対策が蔓延しているのが現状。やり方が誤っていれば…成績が伸びる

    はずもありません。

 i

5.おかげさまで12年目! 薬進塾&コース 紹介

(1)薬進塾とは、どういった予備校なのか?

(2)第107回薬剤師国家試験対策のコース紹介

i

 

無料体験講座に関して

◎ 参加ご希望の方は、フリーダイヤル及びホームページより、お申し込み下さい。当日のご参加も

 受け付けておりますが、定員の関係がありますので、予約することをお勧めいたします。

・ 各回とも申し込み先着順で、定員(20名)になり次第、締め切らせていただきます。

・ 当日はカバン、筆記用具をお持ち下さい。

・ ガイダンス終了後、薬進塾に関する質問や個別相談を受付けています。

 気軽にご相談下さい。

・ ガイダンス・学習指導は、各回共通になります。

 2回受講なさる方は、講義のみの出席も受け付けています。

・ 既に講座を申し込んだ方も、参加することが可能です。

 印刷物の関係がありますので、参加する場合はご連絡下さい。

i

◎ 当日は、コース申し込みの受付も行っています!

◎ 個別相談に関しましては、常時受け付けています。

 お気軽にご連絡下さい。

i

 ⭐ 個別相談等につきましては、随時行っておりますので、遠慮なくご連絡ください!

 

 

もちろん、個別相談は随時受付中です!

・ 無料体験講座以外の日も、個別相談は随時受付ています。少人数制の
 薬進塾は、学校見学・相談等も全て個別対応です。塾長自ら、お話し
 させていただきますので、ご安心ください。『 チョット話を聞いて
 みたい 』『 受講料の件で相談したい 』『 どんな感じなのか見て

みたい 』といった方。遠慮なくご相談ください。

 

・ 学校見学、個別相談では、色々な声にお答えします。もちろん、国家
 試験対策だではなく『 これからやっていけるかどうか不安で… 』
 『 人間関係が心配 』といった声にも、しっかり対応させていただき
 ます。お気軽にご相談ください
  友達と一緒、ご家族の方と一緒といった複数での参加も受付けて

 います。

 

・ 薬進塾では、ご家族の方のご相談や見学も、常時承っています
 卒業延期という、薬学特有のシステムに戸惑われている保護者の
 方も多いことかと存じます。実際『 耳慣れない言葉で、不安だけれ
 ども、どうしたら… 』と思っている保護者の方は、沢山いらっしゃい
 ます。薬進塾にはそういったご家族の方が、何人も個別相談に訪れ
 ていますので、遠慮なく御相談下さい。もちろん、入塾される
 ご本人がいらっしゃらなくても、ご相談に応対させていただきます。
 卒業延期以外にも、体調のこと、成績のこと、試験のシステム等で、
 色々と不安に思われることも多いと思います。塾の環境やアパート・マンションの情報、通学に
 関する諸事情等の相談も少なくありません。そういったご相談にも、しっかりと応対させて

 頂きます。

 

・ 『 子供を預けるのだから、どのような所なのか分からないと… 』と、
 見学に来られるご家族の方も増えています。確かにそうでしょう。
 受講料を払って、試験対策を一任するのですから、単なるネット上の
 評判や宣伝だけでは、一抹の不安を生じるのも確かなことです。
 一年近くも通うことになるわけですから、環境はもちろんのこと、シス

 テムや職員のことが気になるのは当たり前の話。

  薬進塾では、来訪者が誰であれ、全て塾長自らが責任をもって応対させて頂きますので、遠慮

 なくご相談いただけましたらと思います。

※ 予約が入っている場合が増えてきています。事前に相談予約を入れて頂く

 ことを、お勧めいたします。

 

現在〝 特別サマー割引〟セット割引実施中!

 

半年コース 特別サマー割引〔 7月1日 ~ 8月10日 〕

 837,000円  →  813,000円

基礎力養成講座+半年コース セット受講

 885,600円  →  845,000円

 

 ◎  詳細は〝🥰 薬進塾 特別 サマー割引!〟のページをご参照ください。

 ◎ もちろん、どのコース・講座も、教材費は全て受講料に含まれています。受講料は全て

  税込みで、入塾金や試験料も全て含まれています。受講料以外にかかる費用はありません!

 


☆ お申し込み・ご相談は…

  フリーダイヤル 0120-970-894

急(9)な(7)お(0)願い、薬進塾(894)

  〔 受付時間 〕 月 ~ 金曜日(祝祭日除く)  10:00 ~ 17:00

 お問い合わせ から、メールでの受付けも行っております。

※ アクセスは『浅草橋』のページにある『アクセスマップ』をご参照ください。

 

タグ

2017年12月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:薬進塾 未分類

辛い過去から去ぬ年

 毎年、この時期、誰もが発する言葉である『 早いもので、今年ももう終わり 』。確かに時代は変わろうとも、誰もが使える言葉であることは間違いない。第一…人それぞれあろうが、一年があっという間というのは、現実のこと。つい口にしてしまう言葉であるのも頷ける。

 今年も色々あった…というのも、これまた、この時期お約束の言葉。いいニュースもあり、悪いニュースもあり…というのも、ある意味お約束と言えばお約束の話。

 来年は戌年(いぬ年)である。一説には、人間に一番忠実な動物は犬と言われている。そんな犬を色々と調べてみると…。犬は、人間と暮らし始めた最も古い動物とも言われており、当然、ペットとしての歴史も最も長い動物とされている。その歴史は1万5千年以上前まで遡るとのことであるから、相当長い間、人間と共に暮らしてきた動物ということになる。縄文時代の遺跡からも、ペットとして飼われていたと思われる犬の骨が出土しているそうであるから、日本でも古くからペットとしての地位を確立していたようだ。

 『 ペットを飼っている 』と言われると『 犬? 』と第一に出てくる動物名であるからして、現在、日本でのペットとしての犬の地位は、完全に確立されたものになっていることは間違いないだろう。ペットとして飼われている動物としてのランキングでは、3位以内には確実に入っているようである。このランキングに関しては『 犬が一位だ 』『 イヤ、猫が一位だ 』と諸説あるようだが、まあランキング的に3位以内は確実ではないだろうか。

 昔からペットとしての地位を確立しているせいか、犬に関しての悪い話はあまり耳にしない。おとぎ話の中でも、犬は良い動物として扱われている場合が圧倒的に多い。代表的なのは『 裏の畑でポチが鳴く… 』でおなじみ〝花咲かじいさん〟のポチであろう。拾われて大切に育てられたポチが、ある日『 ここ掘れワンワン 』と鳴きながら畑の土を掘り始める。そこを、お爺さんが掘ったところ、大判・小判がザックザクである。言っておくが、大判・小判である。Goldである。一枚二枚でも相当である。それが一枚二枚ではない。ザックザクである。非常に優秀というか、恩を大切にするというか、夢のような素晴らしい犬であることは間違いない。

 飼い主に恩返しをする犬もいれば、鬼退治に助太刀してくれる犬もいる。弘法大師を道案内する犬もいれば、その身を挺して人身御供を喰う化け物と戦い、退治してくれた犬もいる。戦で攻め込まれ難儀している時に『 敵方の大将の首を取ってこい 』との命に従い、その首を取って来た犬もいる。飼い主が先立ったことを知らず、ずっと帰りを待ち続け、最後には銅像にまでなった犬もいる。南極に取り残されながらも、1年間もの間、昭和基地で、人間を待ち続けた犬もいる。その活躍は日本だけではない。大聖堂で飾られているルーベンスの絵を前にして、飼い主と共に天国へと旅立っていった、日本では相当名だたる涙腺崩壊犬もいる。自分を助けてくれた飼い主を、盗賊から助け、さらにはその盗賊を捕まえた義犬もいる。こうやって挙げてみると、人間でもおいそれとは出来ないことを、勇敢にやってのけている。そして…非常に義理堅く、恩に報いていることも、十分伺い知ることが出来る。なんとも、素晴らしい動物ではないか?見習わなければ…と思ってしまうのは、私だけではないだろう。

 〝去ぬ〟と書いて〝いぬ〟と読む。〝去ぬ〟には『 行ってしまう、去る(大辞林より) 』『 時が過ぎ去る(デジタル大辞泉より) 』という意味がある。そういえば、以前年末のブログで、申年(さる年)にちなんで『 悪いことは去る 』と書かせて頂いたことがあった。そう、申年は『 悪いことは去る 』。そして、次の酉年に関しては『 幸せを取りにいく 』と、やはり酉年にちなんで書かせて頂いた。ご存じのように、十二支の並びは 申→酉→戌 『 去る 』→『 取り 』→『 去ぬ 』 という順番である。つまり、来年は『 悪い過去から去ぬ 』、つまり『 悪いことは、どこかへ行ってしまう 』『 嫌な時が過ぎる 』年ということになる。前述のように、悪いニュースもあった一年であるが、その嫌なニュースも『 どこかへ行ってしまう 』。そんな、一年になるのではないか?

 申年で悪いことが去る、酉年で良いことを取り、そして戌年で嫌なことが去ぬ…なんとも縁起のいい三年間ではないか!イヤイヤ、来年のことを言うと鬼が笑うと言うが、再来年のことを言わせて頂ければ、再来年は亥年の『 いー年=良い年 』である。こんな縁起のいい並びは、そうあるモノではない(まあ、何年かおきには必ず来るのではあるが…)。そんな縁起のいい4年間の中で生きているのだから、来年は幸運な年となることは間違いないはずである。

 

 薬進塾も例年通り、ベテラン講師陣が腕をふるい、塾生たちも必死に試験対策に取り組み、教室には活気が溢れる一年でした。少人数ということもあり、講師・職員と塾生さん達との距離も近く、塾内にはいつも笑顔があふれ、和気あいあいと、それでいて真剣に試験対策に臨むことが出来た一年だと思います。

 2017年も残すところ、あとわずかとなりました。皆様におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。本年は格別のご愛顧を賜り、誠に有難く厚く御礼申し上げます。来年も誠心誠意努力して参りますので、より一層のご支援を賜りますよう、薬進塾一同心よりお願い申し上げます。

 

では、皆さま、よいお年を!

タグ

2017年12月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

👨‍🏫 第107回 国試対策 無料体験講座 & 学習指導・レクチャー

第107回対策 無料体験講座 & 学習指導・ガイダンス前半部は、終了いたしました。

たくさんのご参加ありがとうございました!

◎ 臨時の無料体験講座および後半のガイダンスも予定しております。

詳細はお問い合わせください。

予備校は大手予備校だけではありません。

やり方を変えてみませんか?

あなたは〝少人数制〟なら、伸びる人かもしれません!

第107回 薬剤師国家試験対策 半年コース 受講生募集中!

☆ 化学、物理、生物 3つの無料体験講座があります。
  好きな科目を選んで受講してみてください。もちろん、全部受講することも、何回受講する

 ことも可能です!😄

◎ 通常講義と同じように、無料体験講座でもジアグリーンシステムを採用した噴霧器
 プランシェ(据置型)を稼働させています。プランシェは、老人ホーム、幼稚園、
 病院はもちろんのこと、ホテルや飲食店等でも、感染予防対策として導入・稼働され
 ています。もちろん、安全性もお墨付きです。

  薬進塾は、一年間、このシステムをフル稼働させて講義していました!

 ※ ジアグリーンとは『 非電離型次亜塩素酸 』のこと。
  詳細は『 🩺 新型コロナウイルス感染症への取り組み 』のページをご参照ください。

 

無料体験講座&学習指導 概要

 i

☆ 薬進塾は、無料体験講座も少人数制です!

これからの試験対策は、一人ひとりを指導していく〝少人数制〟の時代です。

 

【 内容 】

 1.無料体験講座:化学、物理、生物の基礎講義

  〔 オリジナルプリント配布

 2.国家試験対策レクチャー:今後の国家試験対策

 3.学習指導:試験対策の勉強のやり方

 4.おかげさまで12周年! 薬進塾&コース 紹介

【 募集定員 】 毎回20名

      (定員になりましたら、その回の募集は終了させていただきます)

 場所 】 薬進塾教室

        個別の机で、前後左右の座席とも離れていますので、
       落ち着いて講義に参加することができます。
       写真でもお分かりいただけますように、座席間に十分な
       スペースありますので『 隣の人が気になって… 』
       なんていうこともありません。少人数制のゆとりある

       教室での講義を、この機会にぜひ体験してみてください。

 

 ◎ 薬用ハンドソープ、ウイルスにも
  効果のある次亜塩素酸ナトリウム水
  (ほぼ全ての細菌、真菌、ウイルス
  に効果がありますが、赤ちゃんや
  ペットにも使用されるほど安全性が
  高く、クリニック等でも使用されてい
  ます)も完備してあり、衛生面でも

  安心です。

i

【 時間 】

時  間

内  容

10:00 ~ 11:00

無料体験講義:1限目

11:10 ~ 12:10

無料体験講義:2限目

13:00 ~ 14:00

無料体験講義:3限目

14:10 ~ 15:10

国家試験対策レクチャー & 学習指導:第1部

15:20 ~ 16:30

国家試験対策レクチャー & 学習指導:第2部

【 詳細 】

1.無料体験講座:基礎を学ぶ講義

  いきなり国家試験の問題を解くのではなく、基礎から学んでいく講義です。
 基礎から始め、最終的には、国家試験の問題解法へと繋げていきます。

 これが国家試験対策のあるべき姿です。

i

科 目 紹 介

 

【 化学の基礎

  電子殻、電子軌道、軌道への電子の入り方、混成軌道といった化学の基礎を講義
 します。ここを基礎から理解することで、有機化学が格段に理解出来るようになり
 ます。もちろん、無機化学の問題にも十分対応出来るようになり、さらに物理化学
 へもつながることになります。
  逆にこの部分の基礎力が不足すると、有機化学が非常に難解なものになってしまい
 ます(昨今の学生さんの有機化学が苦手というのは、ここに原因があります)。さらに、

 無機化学の理解も今一つの状況となり、物理化学にも影響を及ぼすことになります。

〔日程〕

 2月23日(火)

 3月6日(土)、14日(日)、25日(木)

 4月3日(土)7日(水)

i

【 物理の基礎 】

  水素結合、ファンデルワールス力、分子の極性といった物理化学の基礎を講義
 します。ここを基礎から理解することで、物質の沸点・融点や固相・液相・気相
 が理解出来るようになり、熱力学や相図への足がかりとなっていきます。分子の
 構造やその特性が理解できることにより、化学を理解することの足掛かりにもな
 ります。
  逆にこの部分の基礎力が不足すると、物質の沸点・融点や固相・液相・気相が
 理解出来ず、それにつながる熱力学や相図等の理解も、浅いものとなってしまい
 ます。分子の構造やその特性が理解できず、化学にも影響が出てくること

 なります。

〔日程〕

 2月27日(土)

 3月7日(日)10日(水)、20日(土)、28日(日)

 4月10日(土)、11日(日)

i

生物の基礎

   生物の基本用語と細胞内器官の構造、仕組みといった、細胞の基礎を講義し
 ます。ここを基礎から理解することで、細胞の仕組みやタンパク質合成に付いて
 理解出来るようになります。さらに、ここから派生する生化学、分子生物学、微
 生物学等の理解が、格段に深まるようになります。
  逆にこの部分の基礎力が不足すると、細胞の働きやタンパク質の合成が理解
 できず、ただ覚えるだけとなってしまいます。もちろん、生化学、分子生物学、
 微生物学等の理解も今一つ浅いものとなり、得点へとつなげることはもちろん、
 講義自体も分からないものになってしまいます。さらに、機能形態、薬理学、薬物

 治療にも影響が出ることになります。

〔日程〕

 2月28日(日)

 3月2日(火)、13日(土)※21日(日)、27日(土)、31日(水)

 4月4日(日)

 ※ 3月13日(土)の講座は、定員締め切りとなりました。ご了承ください。

 

2.国家試験対策レクチャー 概要 : 今後の国家試験対策

☆ 他の予備校さんが、薬進塾のガイダンス資料を引用して、ガイダンスを行っています!

 それ程、信頼性の高い、そして充実した内容であることが、伺えることと思います。

 (1) 薬学教育モデル・コアカリキュラムが改訂されたことを受けて策定
    された、新たな薬剤師国家試験出題基準(第106回薬剤師国家試験より

    適用)について:どのような知識と対策が必要なのか?

   ◎ 薬進塾の講義が、如何に新しい出題基準に適しているのか。

 (2)禁忌肢について:禁忌肢とは、どういったものなのか?

 (3)今の薬学部の問題点〝山二つ化現象〟。これによって試験対策が変わる。

 (4)これからの薬剤師国家試験

   * どんな知識が必要なのか?

   * どのように出題されるのか?

   * どういうタイプの問題が増えるのか?

   * どういった学習が必要なのか?

 ⭐ 106回薬剤師国家試験から見るこれからの試験対策:何が求められるのかとその対応

  & 106回薬剤師国家試験から見る今後の試験対策と薬進塾の講義スタイルの一致

  これからの国家試験対策は、如何に進めていかなければならないのか?

  『 今まで通りの試験対策 』 を覆さなければならない〝4つのポイント〟。

i

3.学習指導:試験対策の勉強のやり方

 (1) 勉強ができない、成績が上がらない。勉強はしているのに…何故か?

   〝学習指導もどき〟にも注意!それは学習指導ではありません!

 (2) 基礎ができていないのに、国家試験対策を行うのは〝砂上の楼閣〟

   『 基礎が… 』という声は多いが、果たして基礎とは何か分かっているのか?

 (3) 基礎もできていないのに、いきなり〝国家試験 解答・解説 講義〟を聞くのは
    如何なものか?これを間違えると、今後の過去問題勉強が上手く進まなくなる

    可能性が…。

 (4 ) 試験対策に必要な事とは何か?
    『 ウチは情報が… 』『 あそこには情報が… 』 といった〝情報詐欺〟に注意!

    情報とは口にするが…誰もその情報が、どう役立つのか分かっていない。

 (5) オンライン講義で国家試験対策は可能なのか?

 (6) こんな試験対策はご法度:誤った試験対策に注意!
    誤った試験対策が蔓延しているのが現状。やり方が誤っていれば…成績が伸びる

    はずもありません。

 i

4.おかげさまで12年目! 薬進塾&コース 紹介

(1)薬進塾とは、どういった予備校なのか?

(2)第107回薬剤師国家試験対策のコース紹介

i

無料体験講座に関して

・ 各回とも申し込み先着順で、定員(20名)になり次第締め切らせていただ

 きます。

・ 参加ご希望の方は、フリーダイヤル及びホームページより、お申し込み
 下さい。当日のご参加も受け付けて、おりますが、定員の関係がありますの

 で、予約いただけますと確実です。

・ 当日はカバン、筆記用具をお持ち下さい。

・ ガイダンス終了後、薬進塾に関する質問や個別相談を受付けています。

 気軽にご相談下さい。

・ ガイダンス・学習指導は、各回共通になりますので、一度、参加された

 方は、講義のみの出席でも受け付けています。

◎ 当日は、申し込みの受付も行っています!

◎ 個別相談に関しましては、常時受け付けています。

 お気軽にご連絡下さい。

 

 なお、個別相談等につきましては、随時行っておりますので、遠慮なくご連絡いただけましたらと思います。

 

もちろん、個別相談は随時受付中です!

・ 無料体験講座以外の日も、個別相談は随時受付ています。少人数制の
 薬進塾は、学校見学・相談等も全て個別対応です。塾長自ら、お話し
 させていただきますので、ご安心ください。『 チョット話を聞いて
 みたい 』『 受講料の件で相談したい 』『 どんな感じなのか見て

 みたい 』といった方。遠慮なくご相談ください。

・ 学校見学、個別相談では、色々な声にお答えします。もちろん、国家試験対策だ
 けではなく『 これからやっていけるかどうか不安で… 』『 人間関係が心配 』と
 いった声にも、しっかりと対応させていただきます。お気軽にご相談ください

 友達と一緒、ご家族の方と一緒といった複数での参加も受付けています。

・ 薬進塾では、ご家族の方のご相談や見学も、常時承っています
 卒業延期という、薬学特有のシステムに戸惑われている保護者の
 方も多いことかと存じます。実際『 耳慣れない言葉で、不安だけれ
 ども、どうしたら… 』と思っている保護者の方は、沢山いらっしゃい
 ます。薬進塾にはそういったご家族の方が、何人も個別相談に訪れ
 ていますので、遠慮なく御相談下さい。もちろん、入塾される
 ご本人がいらっしゃらなくても、ご相談に応対させていただきます。
 卒業延期以外にも、体調のこと、成績のこと、試験のシステム等で、
 色々と不安に思われることも多いと思います。塾の環境やアパート・マンションの情報、通学に
 関する諸事情等の相談も少なくありません。そういったご相談にも、しっかりと応対させて

 頂きます。

・ 『 子供を預けるのだから、どのような所なのか分からないと… 』と、見学に
 来られるご家族の方も増えています。確かにそうでしょう。受講料を払って、
 試験対策を一任するのですから、単なるネット上の評判や宣伝だけでは、一抹
 の不安を生じるのも確かなことです。一年近くも通うことになるわけですから、
 環境はもちろんのこと、システムや職員のことが気になるのは当たり前の話。
 薬進塾では、来訪者が誰であれ、全て塾長自らが責任をもって応対させて頂き

 ますので、遠慮なくご相談いただけましたらと思います。

※ 予約が入っている場合が増えてきています。事前に相談予約を入れて頂く

 ことを、お勧めいたします。


☆ お申し込み・ご相談は…

  フリーダイヤル 0120-970-894

          急(9)な(7)お(0)願い、薬進塾(894)

  〔 受付時間 〕 月 ~ 金曜日(祝祭日除く)  10:00 ~ 17:00

 お問い合わせ から、メールでの受付けも行っております。

※ アクセスは『浅草橋』のページにある『アクセスマップ』をご参照ください。

 

タグ

2017年12月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:薬進塾

💟 予備校ライフを援助してくれる薬局さん紹介(薬局奨学金制度)!

♦ やり方を変えてみませんか? ♦

あなたは〝少人数制〟なら、伸びる人かもしれません!

 

第107回 薬剤師国家試験対策 一年コース 受講生募集中!

第107回 薬剤師国家試験対策 半年コース 受講生募集中!

第106回対策の塾生さんは3名、奨学金が決定しました。

✎ 薬剤師を目指す塾生さんを、金銭面からサポート!

◎ 薬進塾と同じように『 薬剤師を目指す方に、何らかの形でサポートしてあげたい 』という志を持つ薬局さんは沢山あります。〝類を以て集まる〟ということでしょうか?薬進塾には、そういった薬局さんが『 ウチで薬剤師として働いてくれる人を探しているのですが…何らかの形でサポートしてあげたいのです 』と、来塾してくれます。もちろん、そういった志を持つ薬局さんですから、〝新人を育てる〟〝薬剤師としてのスキルを高める〟〝患者さんのことを常に考える〟等、薬局としてのスタンスも万全。もちろん、どの薬局さんも〝薬進塾のお墨付き〟の薬局さんです。

 このページに掲載するにあたり、薬進塾では薬局さんから一切費用を受け取っておりません。『 薬剤師を目指す方に、何らかの形でサポートしてあげたい 』という志ある薬局さんを紹介し、そういう良き薬局さんで薬剤師として活躍してもらいたい。そんな思いから、このページの掲載を行っているからです。

※ 薬進塾では就職紹介、薬剤師斡旋、求人案内掲示、塾生企業紹介等の塾生さんの就職にわる事項に関しましては、薬局・企業さんからは一切費用は頂きません。もちろん、就職後の塾生さんに、制約・ノルマ等を果たすことも一切しておりません

◎  塾生さんに紹介させて頂く以上、堅実で熱い薬局さんだけを掲載させて頂いております。ここに掲載されている薬局さんは、担当者の方と色々とお話をさせて頂き『 この薬局さんなら、ウチの塾生を安心して預けられる! 』と感じた薬局さんばかり!『 単に、予備校費用を工面してくれるだけ… 』といった、薬局さんではありませんので、御安心ください!薬剤師育成に熱き思いを馳せる薬局さんが、『 熱い塾生さんの支援になれば! 』というご意思の基、本ページは成り立っています。ですから、掲載されている薬局さんは、いずれも〝熱い想いの良い薬局さん〟ということになります。いずれも、〝薬進塾のお墨付きの薬局さん〟であることは間違いありません!ご安心ください

◎ 『 予備校に通いたいんだけど、受講料が… 』とチョットお悩みの方。そういった薬局さんからの援助を受けてみませんか?下記のように、どの薬局さんもしっかりとしたスタンスを持っている薬局さんです。薬剤師として働くことを決めると同時に、予備校の費用も工面できる。薬剤師としての第一歩を踏み出すためにも、是非、ご利用してみてはいかがでしょうか。

i

 あなたを援助してくれる薬局さん紹介 

☆ 順番は、掲載依頼順となっております。

1.S薬局さん

【 援助内容 】

  薬進塾に通っている間も、給与(毎月15万円)と保険証が支給されます!

【 詳細 】

 ◎ 〝就職を決めた時点から社員である〟というスタンスの薬局さんです。

  『 会社の仕事として、国家試験勉強に励んで頂く 』という方針を立てています。

 ◎ 内定者ではなく、社員として採用されますので、薬進塾に通いながらも、

  給与として毎月15万円が支払われます。

  社員ですから、当然のことながら保険証も手渡されます。

 ◎ もちろん、お給料は薬進塾の講義料として利用することも出来ます。

 ◎ 『 薬剤師となる方の金銭面でのお手伝いが出来れば… 』という考えから、

  『 会社の仕事として、国家試験に向けて勉学に励んでもらおう 』という

  方針を立てたそうです。

 ◎ 当塾の卒業生(もちろん合格者)の中にも、この薬局さんの社員として

  通学されていた方がいらっしゃいます。

 ◎ 社長さん自らも薬剤師として働いている、アットホームな雰囲気の

  薬局さんです。

 

2.H薬局さん

【 援助内容 】

 内定者には、薬進塾の受講料を全額負担! 返済義務は、ありません!

【 詳細 】

 ◎ 合否に関わらず、受講料の返済義務はありません。

 ◎ どのコースでも受講料を全額負担します。

 ◎ 一緒に働いている先輩薬剤師達が、皆で新人を育てていく

  スタンスの薬局さんです。  

 ◎ 薬進塾の卒業生も、薬剤師として働いています。もちろん、受講料を負担して

  もらった塾生さんも数名いらっしゃいます。

 ◎ 社長さん自らも薬剤師として働いている、アットホームな雰囲気の薬局さん

  です。

 ◎ 社員を大切にする社風なので、個人的な相談にも色々と対応してくれます。

 

3.株式会社Mさん

【 援助内容 】

 内定者には、奨学金を支給(薬進塾の受講料を全額負担)。

【 詳細 】

 ◎ 9年目のまだ新しい会社ですが、現在、7店舗の薬局を経営しています。

 ◎ 薬剤師離職率0%!

 ◎ 全店舗の休憩室には畳があり、休み時間は足を伸ばして、

  ゆったり過ごせます。

 ◎ 働きながら奨学金を返済していくシステムです。

 ◎ どのコースでも奨学金を利用することが出来ます。

 ◎ 『 調剤薬局による高い品質サービスにて、安心、地域医療、福祉の向上

  に貢献する 』がコンセプトの薬局さんです。

 ◎ 地域に密着した薬局さんです。

 

4.H薬局さん

【 援助内容 】

 内定者には、奨学金を支給(薬進塾の受講料を全額負担)。

【 詳細 】

 ◎ 奨学金の返済計画を自分で立てることができます。

 ◎ 店舗数が多いのも魅力です。

 ◎ 〝一人一人を大切に育てる新人教育システム〟を有しています。

 ◎ 薬剤師の知識だけでなく経営も学べます。

 ◎ 『 薬学出身者として、どう医療に貢献できるか? 』

  を考え、サポートしていく体制です。

 ◎ 地域社会に貢献することを理念とし、実際に幅広く展開していっています。

 ◎ 『 薬局を知ってもらう 』という観点から、1日だけのバイトを

  求人しています。『 チョット、バイトを… 』という方。

  薬局の勉強も出来て一石二鳥ですよ!

 

5.株式会社 Cさん

【 援助内容 】

 内定者には、予備校費用を最大100万円貸与(返済免除あり)。

【 詳細 】

 ◎ 勤続3年で返済免除となります。

 ◎ 『 セルフメディケーションと在宅医療を推進し、地域の人達の健康で

  豊かな生活(くらし)を応援する 』がコンセプトの会社です。

 ◎ 94薬局を展開しています。

 ◎ ドラッグストア併設薬局:74薬局、総合病院前薬局:10薬局、

  在宅医療専門薬局:9薬局、コンビニ+調剤薬局:1薬局 と幅広い

  薬局運営が魅力です。

 ◎ 予防から在宅医療までを整備した地域密着かかりつけ薬局、地域密着型

  ドラッグストアなど、『 地域に密着する 』スタイルにウエイトを置いて

  います。

 ◎ 業界随一の〝居住・転居サポート〟を設けています!借上社宅制度で、

  家賃は100%会社補助。もちろん、初期契約費0円です。駐車場も込みで、

  更に〝家具付・家具なし〟から選ぶことができます。引っ越し費用も、

  全額会社負担です!

 ◎ 薬剤師基礎研修、セルフメディケーション研修、スキルアップ研修、

  調剤実践研修、在宅訪問薬剤師研修、在宅医療介護合同研修、安全管

  理・リスクマネジメント研修、日本薬剤師会学術大会参加研修、海外

  研修など、充実した薬剤師研修制度を設けています。

 


 現在、上記以外の薬局さん、数社の掲載準備をしている段階です。乞うご期待!

◎ 掲載に関しましては、掲載依頼順とさせて頂いています。

◎ 社名に関しましては、アルファベットのみの掲載とさせていただきます。

 

奨学金ご希望の方、話を聞いてみたい方は…

◎ ご希望の方は、薬進塾までご連絡ください。一度、薬進塾に
 来ていただき、面接の上、薬局さんをご紹介させていただく
 形となります(電話、メール等のみの対応では、ご紹介出来ま
 せんのでご了承ください)。
i
 面接の結果を基に、先方の薬局さんに薬進塾から連絡をする形となっています。
 その後、薬局さんとの面接を経て、審査を通った方には奨学金が支給されること
 になります。審査を通らなかった場合は、奨学金は支給されませんので、
 ご注意ください
i
◎ ご相談は随時受け付けております。当日受付も行っておりますので、お気軽に
 お問い合わせください。ただし、事前予約が入っている場合がありますので、一度
 お電話で確認し、予約されることをお勧めいたします。
i
※ ご相談のご予約希望の方は、ご都合のいい日時を電話でお伝え下さい。
 なお予約状況により、希望日時に添えない場合がありますので、ご了承下さい。

ii

掲載希望の薬局さん募集中

薬進塾は〝熱誠ある薬局さん〟を応援します!

◎ 『 ウチの薬局も掲載を… 』という〝熱誠ある薬局さん〟!

 遠慮なくご相談下さい!もちろん、規模の大小は問いません!

◎ ご相談は随時受け付けております。

◎ 掲載されている薬局さんに関しましては、塾生さん全員に求人資料を配布し、更に求人票を塾内の就職コーナーに掲示させて頂きます。会社パンフレットがある場合は、パンフレットも設置させて頂きます。

 前述のように就職紹介、薬剤師斡旋、求人案内掲示、塾生企業紹介等の塾生さんの就職に関わる事項に関しましては、費用は一切頂きません。

◎ 掲載されている薬局さんご紹介の学生さんは、特別受講料で講座を受講できます。

◎ 内定者向けの講義、学習指導を特別料金でお受けいたします。もちろん、マンツーマンでの指導も可能です(詳細はお問い合わせください)。

◎ その他何かございましたら、遠慮なくご相談頂けましたらと思います。

 


☆ ご相談・ご連絡は…

フリーダイヤル 0120-970-894

〔受付時間〕 月~金曜日(祝祭日除く)  10:00~17:00

※ アクセスは『浅草橋』のページにある『アクセスマップ』をご参照ください。

タグ

2017年12月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:薬進塾 トピックス

🌳 『 一人でマイペースでやりたい 』~人間関係に邪魔されない試験対策~

予備校は大手予備校だけではありません。

💮 やり方を変えてみませんか? 💮

あなたは〝少人数制〟なら、伸びる人かもしれません!

 

『 一人でマイペースでやりたい 』という方!大歓迎です!

 最近は『 皆で一緒に合格… 』みたいな、チョット本筋から逸れている試験対策が横行しているようです。もちろん『 皆で一緒に… 』という考え方の人も、中にはいるでしょう。実際、皆で一緒に勉強をして合格された塾生さんも何人もいます。ですから、『 皆で一緒に… 』という考え方自体を否定するつもりはありません。そうしたい人は、そうすればいいでしょう。しかし、それと同じくらい『 自分一人でやっていきたい 』という人がいることも事実です。ですが…前述のような『 皆で一緒に… 』という声が高まり、『 自分一人で… 』という声がかき消されてしまっているのが現状のようです。『 自分一人でやっていきたい 』ということも、同じくらい尊重されなければならないはずです。そして…試験というものは、最後は自分一人であることをしっかりと認識してもらいたいと思っています。

 薬進塾が『 個を大切に 』『 一人一人を大切に 』をコンセプトに進めているのも『 集に惑わされない、一人一人の意志を大切に 』という思いがあるからです。薬進塾は〝一人になることができる〟予備校です。一人で行動しているからといって『 あの人は… 』と後ろ指を指されることはありません。大手予備校によくある、講師と仲よくしている集団が仕切るようなこともありません。人目を気にして、皆と仲良くする必要はありません。だから100%国家試験対策に集中してください。『 周りの人とあまり関わらず、一人で試験勉強を行っていきたい 』『 人間関係を気にせず、マイペースでやっていきたい 』そういった方は大歓迎です。自分一人で勉強できる環境。一人でも落ち着いて勉強に取り組める環境。それが薬進塾にはあります。

 『 でも、一人だと不安で… 』といった方。ご安心ください。講師・職員がしっかりサポートしていきます!薬進塾は少人数制。一人で試験対策を進めていこうとも、しっかりと目を届かせて指導をしていきます。置いていかれることもなければ、『 誰も相談する人がいなくて…  』なんていうこともありません。一人でやりたい人は一人でやる。そして、その一人を講師職員がしっかりとサポートしていく。それが、少人数制の薬進塾のやり方です。

 

マイナスになる人間関係を断つことも、試験対策の一環です。

勉強したいのに、出来ない!

 以前いたある塾生さん(Eさん)の話ですが…。Eさんが以前、別の予備校に通っていた時のこと。そこで、何人かの学生さん達と仲良くなったそうなのですが…ご飯を食べに行く時も、帰る時もそのグループと一緒…といった、よくあるパターン。講義後に自習しようとすると…『 ご飯食べに行こう 』と誘われる。自分としては自習したいけれど…断わり難い雰囲気で、一緒に食事に行ってしまう。そして、何時間もワイワイと話しこんでしまって、その日は勉強が出来ない。『 残って勉強していくから… 』断ったこともあったそうですが…次の日、そのグループとはチョットぎくしゃくした関係に…。そうなるのも嫌なので、嫌々ながら勉強を切り上げ一食事に付き合ったりする。早い話、『 勉強したいのだけれども、出来ない… 』という状況

 もちろん、きっぱりと断らない、Eさんが悪いのは確かです。関係がぎくしゃくしようとも、イヤミを言われようとも、例え交際が途絶えようとも、勉強したいのなら勉強する。これは、試験対策にとっては鉄則だからです。しかし…やはり誘う方も誘う方だと思います。自習している人を誘ったり、『 残って勉強していくから… 』という人に対し、風当たりを強くする行為は、受験生としては言語道断としか言いようがありません。人の勉強を阻害する行為は、同じ受験生としては、あってはならない行為です。ましてや、自分達も勉強せず(皆でワイワイやっているのですから、当然、その間は勉強していないのはお分かり頂けると思います)に、そういう行為をしているとなると、開いた口がふさがりません。しかし、実際にこういった状況に悩んでいる学生さんは少なくないのです。

 

愚痴や不平・不満の聞き役は勘弁して!

 以前、ある予備校に通っていたMさん。試験対策の日々の中、そこそこ親しくなった人がいたそうなのですが…。

 親しくなったその人…。口を開けば、愚痴ばかり。『 あの先生は… 』『 あの講義は… 』『 あの人は… 』と、よくもそんなに愚痴や不平・不満が出てくるなと、思わずびっくりしてしまう程だったそうです。『 悩みを相談されていると思って、聞いていたんですけど… 』というMさんでしたが…言っていることは堂々巡りで、聞いてあげても何の解決にもならない状況。話を聞いてあげるたびに、口から出てくるのは愚痴や不平・不満ばかり。さすがに、これは悩み相談ではないと思ったものの、相手はいい聞き役が出来たと思ったのか、執拗にMさんに接触してきては愚痴や不平・不満のオンパレード。当然、Mさんも同じ先生から同じ講義を聞いている訳ですが、その先生や講義の愚痴・不平・不満をたくさん聞かされた日には、やはり講義を受けていても、今一つ身が入らない状況に。勉強しようにも、いい聞き役とばかりに相手は愚痴や不平・不満を言ってくる。勉強したいのに、聞き役にされて勉強できない。それどころか、自分が受講している講義や教わっている先生の愚痴・不平・不満を、これでもかと聞かされるので、全く持って講義に集中できない状況。しまいには、自分まで『 あの先生は… 』『 あの講義は… 』と思ってしまう状況に。接触を断とうと思ったものの、相手は中々気が強い人らしく、そんなことをしたら何をされるか分かったものではない。Mさんは精神的にも、すっかり参ってしまったそうです

 

『 皆で一緒に合格しよう 』に耐えられない!

 以前、ある予備校に通っていたWさん。講師が口を開く度に『 皆で頑張ろう 』『 皆で一緒に合格目指して… 』とのこと。『 他の人なんか知らない。私は私で手いっぱい 』と思いながら、そういった言葉を聞く度に『 ? 』となっていたそうです。しまいには、その言葉を聞くと『 何で皆と一緒じゃなきゃいけないの?私は私が受かればいい 』と、チョット憤りを覚えるようになったそうで、ストレス以外の何物でもなかったそうです。

 103回国家試験に合格したAさん。合格体験記では『 みんなで合格しよう!というスタンスに、どうしても納得がいきませんでした 』と書いてくれました。Aさんと話したことがあるのですが、やはり『 何で、皆と一緒にやらなければいけないのか分からない 』『 私は私のことだけしか考えられないし、私は私がいいと思った方法でやりたい 』と話していました。

 どうも、昨今の薬剤師国家試験対策は、おかしな方向に進んでいるような気がします。私は薬剤師国家試験対策も含めると、全部で5つの資格試験対策に関わってきましたが、『 皆で一緒に… 』なんて言っているのは、薬剤師国家試験対策だけです。それ以外の試験対策では、誰もが自分一人で試験対策にあたっていました。よく『 皆で教え合って… 』などという人もいらっしゃいますが…まあ、時々ならそういったことがあってもいいでしょう。しかし、毎日、毎回となると話は別です。人に教えるために、自分の勉強ができなくなるのなら、本末転倒も甚だしいといったところでしょう。どんな試験であろうとも、基本、試験対策は一人で行うものです。そのことを認識できていない人が多いのが現状です。〝皆で一緒にやる〟→〝皆やっていないから私もやらない〟〝皆がいないから勉強しない〟と、勉強をやらない逃げ口上になっていることも事実です。試験対策は『 皆で一緒に力を合わせて乗り切ろう 』といった、週刊誌のマンガのような〝かっこいいモノ〟ではありません。もっともっと、シビアなものなのです。そして、最後は一人で立ち向かっていくものだということを、しっかりと認識することが重要です

 ちなみに…『 皆で教え合って、試験対策を… 』という人は、その人がたまたまそのやり方で受かっただけという場合が多いようですが…それが全ての人に当てはまるというほど、薬剤師国家試験対策は簡単なものではありません。

i

仕切る集団に目をつけられて…

 Iさんが、以前ある予備校に通っていた時のこと。仕切る集団と言うか、あるグループがあったそうですが、何気にやりたい放題でやっていたとのこと。先生方とも仲良く上手くやっていたようで、好き勝手をやっても大目に見られていたそうです。そこにつけいったのか、ますますやりたい放題に火が付くという悪循環に。先生方との飲み会を設定しては強制的に出席させる。自習時間中うるさい。大人しい人間をからかう。公共物も好き勝手に使う等、周りの学生さんは困っていたそうです。見かねたIさんが注意したところ…ああだこうだと言い訳しては、自分たちの正当性をベラベラ喋るだけ。結局、何も解決しなかったそうですが…その日を境に、Iさんに対する嫌がらせが始まったそうです。勉強しようにも、その嫌がらせが原因で勉強することもままならない。先生方に相談しても、自分と仲がいい学生さん達だけに、今一つ納得する対応をしてくれない。そんな中で、最後にはまともに受講することも難しい状況に…。

 EさんもMさんも試験対策に来ているのですから、そういう人間関係は、すっぱりと切り捨てなければならないのが、本当のところ。何故なら、試験対策を行う環境の中には、そういった〝人の足を引っ張る人間〟がいることも確かだからです予備校に来ているのは、友達を作るためではありません。国家試験に合格するために来ているのです。その目的を阻むような人間関係なら、切り捨てるべきなのです。そして、一人で試験対策に取り組めばいいのです。前述させていただきましたが、基本、試験対策は一人で行うものです。ですから、一人で試験対策に臨めばいいだけの話です。例え嫌われようとも…。本来、それが試験対策のあるべき姿なのですから…。人間関係を断つことも、試験対策の一環です。

 Iさんの場合は、人間関係を切るというよりも、やはり先生方がしっかりとサポートしていないのが原因です。一部仕切っている集団と懇意になる講師はどこにでもいますが、やはりその弊害は100%出ることになります。懇意にしていようが、していまいが、学生さんに対して言うことは言うというスタンスを取らない限り、Iさんのような事例は減ることはありません。

 薬進塾には、一人で勉強することを推奨する、サポートする環境が整っています。『 人間関係が… 』『 人間関係で失敗して… 』という方。どうぞ、薬進塾に来て、本来あるべき『 一人で行う試験対策 』に力を費やしてください。Iさんのように、一人で勉強することに、なんらかの支障を生じた場合は、いつでも遠慮なく御相談下さい。講師陣がしっかりとサポートしていきます。ご安心ください!

 薬進塾には上記のようなことは全くありません。ですから安心して、100%試験対策に集中して下さい。

i

一人で勉強するのに必要なのは、質問できる環境があるかどうかです。

 一人だと不安?そういう時は、質問すればいいだけの話です。

   薬進塾で推奨していることは『 分からなかったら質問する 』こと。これは、何度も何度も塾生さんに伝えていることです。講義を聞いていて、分からないことや疑問点があるのは、おかしいことではありません。それは、人それぞれ考え方や見方が違うからです。もちろん、学力のバックグラウンドも一人ひとり異なります。日常生活においてでさえ、同じことを言っても受け取り方が違ってくるように、当然、講義においてもそれは十分に起り得ることです。ですから、講義を聞いていても疑問点や分からないことは出てくることは、至極当然の話なのです。あなた一人だけが分からないことがあるのも、当然のことなのです。だから、質問に行く。これも、受講している以上、当然の行動と言えます。一人で勉強していたけれども、分からないことがある。だったら、それを解消するために質問に行けばいいだけの話です。もちろん、マンツーマンで一人ひとりに応対していきますので、ご安心ください。

 

質問することも受講の一環

 薬進塾では『 講義に関する質問に応対することも、講義の一環である 』と考えています。前述のように、塾生さん一人ひとり、考え方や見方が違う訳ですから、受講していても分からないことや疑問点が生じるのは当たり前のことです。そして、それに応対することも、これまた当然の話です。『 たとえ講義中の内容であっても、分からないことや疑問点を消化することが〝受講する〟という行為である 』。薬進塾では、そう考えています。〝受講する〟という行為には、〝(講義中の分からないことや疑問点を)質問し、消化する〟という内容も含まれています。だからこそ、薬進塾では『 分からなかったら質問する 』これを推奨しているのです。同じ講義を受けても、一人ひとり疑問点が違うのは当たり前の話すです。だからこそ、〝一人ひとりの質問も、一人ひとりの受講には欠かせないこと〟として捉えています。もちろん、一人ひとりの質問に対し、しっかりと応対しているのは言うまでもありません

 

いつでも質問できる環境

 講義直後の質問はもちろんのこと、例え担当講師がいなくても、質問できるシステムが薬進塾にはあります。『 講師がいないから、質問できない… 』ということは一切ありませんので、ご安心ください。今までも大勢の塾生さん達が、このシステムを使って、質問したいとき、疑問に思ったとき、質問をして分からないことを解決し、学力を身に付けていっています。『 講師がいないから質問できない 』といった苦情が来たことは、開塾以来一度もありません。いつでも気軽に質問できる環境、そして、いつでも質問に答えてもらえる環境が薬進塾にはあります。そして、これが試験対策においては必須の要因であることは言うまでもありません。一人ひとりが、質問したい時に質問できる環境 が、薬進塾にはあります。だから、一人でも、何の気兼ねもなく質問することができるのです。

 

一人ひとりの質問に対する講師の応対

 『 しょうがない質問なんですけど… 』と言う塾生さんに対しては、『しょうがない質問なんてないよ 』と言ってます。『 こんなこと質問するのは… 』という塾生さんに対しては、『〝こんなこと〟なんて卑下する質問はないよ 』と言います。どういう訳か、質問することに対して『 自分の質問はしょうがない質問、低レベルの質問 』と、謙遜な態度の塾生さんが多いようですが…。何度も書かせて頂きますが、人それぞれ考え方や見方が違う訳ですから、分からないことや疑問点があるのは当たり前の話。その内容に対し、引け目を感じることなど一切ありません。前述のように、一人ひとり受け止め・捉え方は違う訳ですから、質問しなければわからないことが出るのは当たり前の話なのです。

 何故、質問をするのに謙遜な態度の塾生さんが、多くなってしまったのでしょうか?その背景には『 (以前通っていた予備校で)質問に行ったら、「 しょうがない質問するな 」「 そんなこと質問するな 」といった内容を言われて… 』といった経験があるようです。質問に言った学生さんに対し、そういった内容の言葉を使うことは、チョット理解し難い応対だと思うのですが…。『 例えどんな質問であろうが、学生さんの質問には全て答える 』これが、講師の仕事ではないでしょうか?質問することは悪いことではありません。むしろ、受験生としては当たり前の姿勢です。だからこそ、質問を推奨しているのです。講師に遠慮することなく、どんどん質問に来てほしい。塾生さん達には、そう指導しています。

 もちろん、どんな質問にも答えてくれるのが、薬進塾の講師です。ただ講義を行うだけ。それでは、講師の仕事とは言えません。講義中の分からないことや疑問点にも、応対する。これが講師の仕事であり、前述のように、その応対も含めて講義というものになる。それが薬進塾の考えです。

 『 質問に行ったけれども「 講義中に言っただろ 」と、質問に答えてくれなかったです…』という話もよく耳にします。講義中に説明しようが、その内容が分からないということは、前述のようによくある話です。さらに気になるのは…この言い方には、どこか『 質問に言った学生さんが悪い 』ようなニュアンスが含まれているのような気がするのですが…。『 ちゃんと聞いていない方が悪い 』確かにそういう場合もあるかもしれません。しかし、そんなことも日常生活においては、誰にでもあること。そういったことも含めて、質問を受け入れるのが講師という仕事ではないでしょうか?ついでに言わせて頂くならば…『 講義中に言っただろ 』とはおっしゃいますが、その講義が分からないから質問に行ったのではないでしょうか?つまりは、その講師の腕の問題…ということになると思うのですが…。少なくとも、我が薬進塾の講師は全員、そのように考えています。

 

講義は塾生さんとのコミュニケーションという考え方

 講義というものはコミュニケーションです。講義は、講師と塾生さんのコミュニケーションである。薬進塾では、そう考えています。コミュニケーションの中から、信頼関係というものは生まれてきます。だからこそ、予備校での長い試験対策の中では、講師・職員・塾生のコミュニケーションというものは、欠かせないものになってきます。質問に答えないということ。質問できないということ。それは、コミュニケーションを断っているということではないでしょうか?『 そんなの国家試験に出ない(どうして、そんなことが言いきれるのかも疑問なのですが…) 』、『 講義中に言っただろ 』、『 そんな質問するな 』とコミュニケーションを断ち切られ、放り出された学生さんは、どうすればいいのでしょうか?質問できない環境に一人残された学生さんは、どういう気持ちでしょうか?そういったことを考えれば、質問に答えない、質問に対し不相応な態度をとる、そういったことはできないと思います。講義は、一人ひとりの塾生さんとのコミニケーションである。薬進塾にはそれがあります。だから、一人でもしっかりとした試験対策を行っていくことが出来るのです。

 

一人でも質問する。

 質問する内容は、当然ながら一人ひとり異なってきます。ところが…一人では質問できない、誰かと一緒でなければ行動出来ない。昨今、そういった学生さんが増えてきているようなきがします。私の知人が勤めている大学受験予備校では、学生さんがひっきりなしに質問に来るそうです、もちろん一人で。高校生がそういった姿勢なのに、いい大人の、しかも国家試験受験生が、そのような状況というのは、チョット困ってしまう状況だと思うのですが…。基本的に、質問とは『 自分だけのもの 』です。確かに他の人の質問が、自分にとっても有意義である場合もあります。しかし根本的に、質問というのは自分一人のものであり、自分一人でいくものです。自分で分からないことは、自ら質問に行く。それが、受験生には相応しい行動なのです。

 仲のいい学生さんでなければ、質問に答えてくれない講師がいる。だからその講師に質問に行くときには、その講師と仲のいい学生さんと一緒に質問に行かなければならない…冗談のような話ですが、こんな話もよく耳にします。講義というものが、コミュニケーションであると考えれば、このようなことは絶対あり得ないことだと思うのですが…何とも嘆かわしい状況です。一人で質問に行くことが出来ないような環境では、質問に応対しているとは言えません。大体…質問に答える学生さんと、質問に答えない学生さんを区別しているという時点で、おかしい話だとは思いませんか?

 

質問できる環境があるのか?

 質問に行っても長蛇の列で質問の順番が回ってこない…。順番が回ってこないので、質問をあきらめてしまう。これも、よく耳にする話です。〝第102回薬剤師国家試験 合格者 ロングインタビュー〟で、インタビューに応えてくれた塾生さんも『 (前に行っていた予備校では、質問は)ほとんど出来なかったですね。~ 中略 ~ 結構並んだりとか…だから、効率悪くて。結局、自分で教科書読んでみようとか、ネットで調べようとか、そういうふうになって、時間がどんどん経っていっちゃって…。で、これはダメだなって思って 』と話しています。〝受講する〟ということには、〝(分からないことや疑問点を)質問し、消化する〟ということも含まれていると、前述させて頂きました。ということは…質問できないということは、『 受講が完結していない 』、すなわち〝中途半端な受講〟、ということになってしまうことになります。不完全なものは、いくつ集まっても完全なモノにはなりません。一つ一つの講義を、大切にしていく。一つ一つの講義を、しっかりと完成させていく。これは、試験対策における必須条項です。そして、講義を完成させるためにも、質問することが如何に大事なことなのかが、お分かり頂けることと思います。一人でも質問できる環境があること。これは試験対策においては、必須事項なのです

 

〝質問すること〟は学力を確実に向上させる行為である。

 質問にも、上手い・下手があります。最初のうちは、誰もが質問は下手くそです。ですから、講師側から見た場合『 何が質問したいのかな? 』、『 どうして、そう考えるんだろう? 』、『 何で、そんなことを質問するのだろう? 』等、初めのうちは、そういった質問がほとんどです。もちろん『 下手な質問=悪いこと 』ではありません。最初のうちは、誰もが質問の仕方は下手なのです。そして、どんな質問にも応対するのが講師の仕事ですから、そういった質問にも、しっかりと応対することは言うまでもありません。

 実は我々講師陣は、そういった質問から、塾生さんが何を考えているのか、どういう考え方をしているのかを判断し、プリント作成や講義を組み立てていっています。ですから、塾生さんの質問というのは、我々講師陣が講義を組み立てたり、プリントを作成するためには、欠かせない〝材料〟なのです。そういう意味合いからも、塾生さんにはどんどん質問に来てもらいたい。『 いい講義、いい教材を作るためには、塾生さんの質問が必要 』これが、講師陣の本音でもあります。

 最初のうちは、誰もが質問は下手…。しかし、何度も質問をしているうちに、質問が上手くなってくることも事実です。以前いた塾生さん(男性)ですが…毎回質問に来るのはいいのですが、どこか質問の内容がトンチンカン。もちろん、しっかりと応対していたのですが…。毎日、質問に来ているうちに、徐々に質問の内容が変わってきたのです。要領を得ているというか、要点にヒットするような内容の質問が増えてきました。そのうち、どの講師も『 彼はいい質問をするよなぁ 』と思うようになり…しまいには『 おっ、鋭いな 』とも思えるような、しっかりと的を得た、それでいて講師も気がつかない視点からの質問をするようになったのです。そして、質問の質が良くなるに従い、彼の成績も右肩上がりに上昇。もちろん、そのまま高得点で合格することになりました。

 そう、質問するという行為は、単に『 分からない知識を補充する 』ということだけではなく、『 自分の頭の中を鍛える・考える力・まとめる力を養う 』事でもあるのです。その詳細につきましては、おいおいブログ等でお話ししたいと思っていますが…。『 〝質問すること〟は学力を確実に向上させる行為である 』ということは、しっかりと理解しておいてほしいと思います。逆に…質問しないということは、成績を向上させるチャンスも失っているということになります。この事も、しっかりと把握しておいて頂きたいと思っています。

 ちなみに、薬進塾では〝質問に関する学習指導〟も行っています。『 質問が下手だから… 』なんて悩んでいる方もご安心ください。一人でも、どんどん質問に来てください。

 

もちろん、今年度も…。

 何人もの塾生さんたちが、毎日のように入れ代わり立ち代わり質問に来ています。もちろん、先生方はどの質問にもしっかり応対してくれています。講義後の自習時間を過ぎてしまう場合も、しょっちゅうありますが…薬進塾では『 自習時間が終わりだから… 』と、断ち切ることはありません。もちろん、どんなに自習時間を過ぎようとも、質問待ちしている人がいる以上、最後の質問者の最後の質問が終わるまで、しっかりと応対します。講師が不機嫌になったり、質問を途中で切り上げたり、教室を閉めたりするようなことは、一切ありません。前述のように、講義に対する質問は〝受講の一環〟であり、〝塾生さんとのコミュニケーション〟であり、〝塾生さんの学力を向上させる行為〟だからです。途中で切り上げたり、時間だからと断ち切る行為は、そういったものを全て壊してしまうことに他ならないからです。一人ひとりのしつもんに応対してこそ、初めて『 試験対策をサポートしている 』と言っても過言ではありません。

 

 如何でしたでしょうか?如何に『 質問する 』という行為が、薬剤師国家試験合格にとって欠かせないことか、十分お分かり頂けたことと思います。薬進塾が、質問を推奨している理由がここにあるのです。あなたも、〝一人で質問できる環境〟が揃っている薬進塾で、思う存分、合格のための質問をしてみてはいかがですか?一人で試験対策を行っても、その一人の質問にもしっかりと答える環境がある。一人でも試験対策を行っていくことが出来る環境が、薬進塾にはあるのです。

 

一人ひとりの相談を聞いてあげる環境があります。

 長い試験対策の日々の中、塾生さんは一人ひとり色々な悩みを抱えます。思うように成績が上がらない。合格できるかどうか不安である。眠れない。将来に対する不安。職場や家族からのプレッシャー。体調の事。その他、本当にたくさんの悩みを塾生さんは抱えています。薬進塾では、そういった一人ひとりの悩みを真摯に聞いてあげています。少人数制ですから、職員や講師は常日頃から塾生さんと、身近な環境で接しています。誰が、どういった塾生さんかも熟知しています。〝何百人の学生さんを相手にしている〟〝学生さんの顔も名前も知らない〟そういった環境とは、全く異なる環境なのです。

 もちろん、相談事は一人ひとりに対しマンツーマンで応対しています。そして、どんな悩みであれ、しっかりと話を聞き、しっかりと応対しています。『 話を聞いてくれない 』『 誰に相談していいのか分からない 』『 話を聞くだけで、おざなりな応対しかしてくれない 』ということは、一切ありません。何故ならば、前述のように、一人ひとりの塾生さんが見えるからです。塾生さん一人ひとりが見えるからこそ、一人ひとりの相談にしっかり応対することができるのです。そのことは、合格者体験記等に掲載されている内容からも、お分かりいただけることと思います。試験対策の日々の中で、何かありましたら遠慮なく相談に来てください。うやむやにしたり、おざなりな応対をすることは一切ありません。一人でもしっかりと試験対策がサポートされる。それが、少人数制の薬進塾のやり方だからです。

 

講師と話が出来る環境が薬進塾にはあります。

 講師と話をしたことがありますか?一言、二言、言葉を交わすのではなく、質問したり会話をしたことがありますか?人数が多くなると、講師と話すこともままなりません。もちろん、それでも大丈夫という人もいるでしょう。しかし、それと同じくらい『 質問に応対してほしい 』『 聞いてもらいたい話がある 』といった〝講師と話をしたい人〟もいるはずです。なのに、講師と話が出来ない…。そんな環境では、不安は募っていくばかり…。そんな環境が、試験対策にとって、良い環境であるはずがありません。

 講師と話が出来ない場合。一人で試験対策を行っている学生さんはどうすればいいのでしょう?一人で行っているからと言って、では、講師がサポートしない、話もしないというのは間違っています。一人でやりたい人は一人で勉強する。そんな一人に対しても講師は目を行き届かせ、サポートしたり、話を聴いてあげなければなりません。それが試験対策を行っている予備校の務めだからです。講師と話す機会が無いということは、何のサポートも指導も受けられないということを意味しています。では、一人で試験対策を行うことは間違いなのでしょうか?いえ、決してそんなことはありません。一人で行いたい人は一人で試験対策を行う。皆でやりたい人は、皆で試験対策を行う。これでいいのです。嫌々ながら無理をして試験対策を行ったところで、良い成果など出るはずもありません。一人で試験対策を行いたい人にも、その一人にもしっかりとサポートをして、指導していく。それが、少人数制の薬進塾のやり方なのです。

 

『 懇親会とか苦手なんですが… 』ご安心ください。

 薬進塾が主催して懇親会・飲み会等を開くことは、一切ありませんので、ご安心ください。よく『 (懇親会で)講師と近くなる 』等の意見を耳にしますが…懇親会を開かなければ講師と近くなれないというのも、如何なものなのでしょう?実際、薬進塾では、今まで懇親会等は一切開いたことはありませんが、講師と塾生さんはとても近い距離にあります。もちろん、講師と無理に仲良くする必要などまったくありません(もちろん、無理に仲悪くする必要もありませんが…)。試験対策に来ているのであって、講師と仲良くするために来ている訳ではないからです。ですから、講師の顔色をうかがう必要は全くありませんし、そのようなことをしなくとも、どの講師もしっかりと応対してくれますので、ご安心ください。

 中には懇親会・飲み会等が好きな学生さんもいらっしゃると思いますが、同じ位、そういうことが苦手な学生さんもいらっしゃいます。『 自分は一人で試験対策をしたい 』そういった学生さんがいることも確かです。予備校サイドが懇親会等を企画した場合、『 出たくはないけれど、出なければいけないのかな… 』と不安になる学生さんがいることも事実です。懇親会等に行かないことでギクシャクする、行きたくないのに無理に参加する…色々と耳にしますが、そういったことは今後の学習の大きな障りになる場合が多いようです。ですから、薬進塾としては、そういった懇親会等は一切行っていませんので、ご安心ください(基本的に薬進塾では、講師・職員と塾生さんとの飲食は禁止しています)。『 試験対策に来ているのであって、友達を作りに来ているのではない 』『 自分は、一人でやっていきたい 』そういった声を尊重することも、大切な事だと薬進塾は考えています。

 


 

☆ 学校見学・個別相談 随時受付中 !

◎ お気軽にお問い合わせ下さい!

フリーダイヤル 0120-970-894

【受付時間】月曜日~金曜日(祝祭日除く)  10:00~17:00

 ※ 上記以外の曜日・時間でのお問い合わせは、お問い合わせフォームをご利用ください。

タグ

2017年12月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:薬進塾

祖母の思い出 クリスマスブーツ

 当ブログご愛読の方にはお馴染みであるが、薬進塾のある浅草橋は季節用ディスプレイ用品の問屋街。もちろん店頭販売もしているので、店内所狭しとディスプレイ用品が飾られている。その季節季節に見合ったディスプレイ用品が店から溢れんばかりに並べられている。薬進塾に来る途中、そんなディスプレイが目に入る度に『 もう、そんな季節になったのか… 』としみじみ思ってしまう。ある意味、季節を感じさせられる街である。

 時はクリスマスシーズン。もちろん、クリスマス用ディスプレイが、浅草橋を占領していると言っても、決して過言ではない状況。そんな浅草橋の季節用ディスプレイ用品店でも、一番賑わっていると言っても過言ではないのが、当ホームページでも紹介させて頂いているシモジマさん。駅から近いという立地の他、個人で利用できるようなディスプレイも多く扱っているせいか、この時期はかなりの御盛況。そんなシモジマさん。他のディスプレイ用品店とは違い、食品も扱っている(まあシモジマさんは、ディスプレイ用品もさることながら、文房具から日用雑貨、食品から飲み物まで、扱っている商品層がかなり厚いのだが…)。そんなシモジマさんには、当然のことながら〝クリスマスブーツ〟も売っている。

 クリスマスブーツをご存じない方はいらっしゃらないと思うが、念のため…。ブーツを模した容器の中に、お菓子を詰めて販売されている商品である。まあ一般的には、色々な種類のお菓子が詰まっている場合が多い。ちなみに、このクリスマスブーツ。日本発祥で独自のものとのこと(2013年12月24日NEWSポストセブンより)。クルスマスツリーにぶら下げられている靴下やブーツを見て、それを大きくしてお菓子を入れたらどうだろう…と着想したのが始まりだそうで、外国の人には必ず驚かれるとのこと(2013年12月24日NEWSポストセブンより)。私が子供の頃は、クリスマスツリーを模した紙箱に色々なお菓子が入っているタイプのモノも売られていたが、私の知人(スーパーの製菓コーナーに勤務していた人)によると、それも〝クリスマスブーツ〟と呼ぶそうである。まあ、お菓子を扱うことを生業としている人にとっては、いちいち区別するのも大変であろうからして、御尤もな意見。もっとも昨今は、ブーツとは全く関係ない容器にお菓子が詰まっていても、〝クリスマスブーツ〟と呼んでいるようである。つまり、『 クリスマス時期に、お菓子が詰まったモノ 』は全てクリスマスブーツ扱いとなるようである。もちろん、私の子供の頃とは打って変わって、内容も豊富、バリエーションも豊富な〝クリスマスブーツ〟があることは言わずもがな。

 小学生のころ。私が祖母の家(従兄弟一家と同居)に泊りがけで遊びに行った時の事。確か月曜日であったと思うが…当然、従妹たちは学校(中学生だったと思う)。私は小学校の行事の関係で休みであったので、泊まりがけで遊びに来ていた。その日が帰る日ということもあり、迎えに来る父を待ちながら、祖母とのんびり過ごしていた。そんな私に、祖母が買ってきてくれたのが、クリスマスブーツと同じように売られるクリスマスツリー型の紙箱のお菓子セット。おそらく、もうすぐ帰るということで、土産代りにでもと思ったのだろう。私が子供の頃は、クリスマス時期にお菓子が入って売られるものといえば、クリスマスブーツとクリスマスツリー型の紙箱の2種類しかなかった。祖母が、クリスマスツリー型お菓子箱を買って来てくれた時、実は少々びっくりしたのを覚えている。というのも、季節的にクリスマスからは離れていたからである。祖母の家は、街中からは遠く離れた位置にあり、買い物をする商店も2件ほどしかなかった。そんな商店であろうから、クリスマスに売れ残った商品でも、そのまま店に置いていたのだと思う。おそらく、クリスマスとは何かも分からなかった祖母は、単に〝キレイな箱の中にお菓子が入っているもの〟として、子供の私が喜ぶだろうと買ってきてくれたのだろう。子供ながらにも、それが分かるほどの、祖母の優しさ…。それは〝クリスマスツリー型お菓子箱〟を、買ってきてくれ私に渡すときの祖母の笑顔からも十分に伺うことが出来た。たった…たった十歳を超えたかどうかの子供でも、十分にそれを知ることが出来たのだ。その祖母の愛情がいかほどのモノであったのか?それを十分に窺い知ることが出来る、祖母の笑顔と贈り物であった。やはり、クリスマスには人の心を動かす何かがあるのだろう。でなければ、祖母の行った〝季節外れのクリスマスの買い物〟から、祖母の愛情を痛切に感じることはなかったはずである。

 よく言われていることだが、日本と欧米ではクリスマスの捉え方がかなり違うらしい。以前聞いたことがあるのだが、欧米でのクリスマスは、日本での正月にかなりイメージが近いとのこと。欧米ではクリスマスは、家族で過ごすのが当たり前。親戚を含め一族が集まる特別な日…ということで、やはり日本の正月に近いイメージ。そして、私的に思う日本と欧米のクリスマスの捉え方の大きな違いは…。それは、欧米ではクリスマスには〝人類愛〟を唱えるということ。日本でも、恋人同士がクリスマスを…というのはあるが、人類愛を唱えている人は少ないよう思える。もちろん日本でも、教会では人類愛を説いているし、宗教的に人類愛を口にされている方はいる。しかし、一個人の日本人として、クリスマスに人類愛を唱える人はあまりいないような気がする。

 人類愛を唱える人は少ないかもしれないが、もちろん、日本でも色々な意味でクリスマスに愛は溢れている。親が子供に与えるクリスマスプレゼントや、お祖父ちゃん・お祖母ちゃんが孫にあげるクリスマスプレゼントなど、その最たるものであろう。子供から親にクリスマスプレゼントを贈る場合も多々ある。人類を思う愛であれ、子や親を思う愛であれ、孫を思う愛であれ、その大きさに違いはない。その証拠に、ン十年も前に祖母からもらった、季節外れのクリスマスブーツとその時の祖母の笑顔と愛を、未だに忘れない自分がいる。やはり、欧米であろうが日本であろうが、クリスマスは愛に溢れているのだろう。この世知辛い世の中で、なんとも目出度いことでは…イヤ、なんとも目出度い日ではないだろうか?やはり、クリスマスはいいものである。

 

クリスマスという名前自体に、不思議な力があるようだ。

チャールズ・ディケンズ(イギリスの小説家)

タグ

2017年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

安心して下さい。今は誰もが不安な時期ですから。

 我が薬進塾では、今週は個人面接の週。毎日何名かの塾生さんと、マンツーマンで面接をしながら、学習指導を行っています。日々の試験結果に関してはもちろんのこと、模擬試験の結果、学習状況、復習時間、復習のやり方、受験生活に関して等、色々な指導とアドバイスを一人ひとりに行っています。

 何度もブログで書かせて頂いていますが、塾生さんは十人十色。十把一絡げでの対応なぞ出来るものではありません。もちろん、全員を対象とした学習指導も行いますが、それとセットでマンツーマンによる学習指導も、当然ながら必要になってきます。一人ひとりの話を聞いては、指導していく。十人十色ですから、話す内容が異なることは言わずもがな。まあ、この時期ですから、塾生さんから受ける相談のほとんどが、成績や勉強のやり方に関する悩み。『 成績をもっと上げたい 』 『 時間が無い 』 『 点数が今一つ 』 『 勉強のやり方が… 』などなど。なかには担当直入に 『 不安です 』といった相談も。やはり、この時期は、皆さん色々なことにお悩みなのです。

 もちろん同じ悩みであっても、塾生さんによって指導する内容は異なりますし、言い方も変わることになります。性格も異なれば、成績も異なる。学習のバックグラウンドも異なれば、通学時間も異なる。そういった観点から、我々が捉えた〝一人の人間としての塾生さん〟に対して、一番良い方法で指導しなければなりません。大人しいタイプだとか、話すのが苦手なタイプだとか、チョットさぼり易いタイプだとか、人の言動を気にするタイプだとか、色々な塾生さんがいる訳ですから、やはり日ごろから塾生さんと接し、一人ひとりを把握していおかなければ、個々の塾生さんに見合った指導は出来ないのです。当然のことながら、日々のテストの成績も把握しておかなければなりません。成績だけではなく『 何が弱いのか? 』 『 どういった時に成績が悪くなるのか?良くなるのか? 』といった、一人ひとりの〝試験に対する個性〟も知っておかなければなりません。そういった〝個々の塾生さんの本質〟から指導していく訳ですから、前述のように、同じ悩みであっても、一人ひとり指導する内容や言い方は変わってくるのも、当たり前と言えば当たり前の話。

 指導の内容こそ一人ひとり違えど、塾生さんからの相談内容は、前述のように同じ内容のものがほとんど。やはり、この時期に多いのは『 不安です 』といった単刀直入な内容。まあ、そうでしょうね…などと言うと『 何をそんなに呑気に構えているんだ 』などと、お叱りを受けそうですが…。呑気に構えているのではありません。『 当然だろうな 』という気持ちなのです。それも、そのはず。今の時期は国家試験受験を控えた誰もが、一番不安になる時期だからです。私が以前勤めていた予備校では、医師国家試験対策や歯科医師国家試験対策も行っていましたが、やはり今の時期は、どの試験対策の学生さん達も不安になっていました(ちなみに、医師国家試験、歯科医師国家試いずれも試験は2月)。ウチの塾生さん達には、『 何故、今の時期不安になるか? 』を説明して指導しているのですが…。ここでは説明は省かせて頂きますが、この時期は2月、3月に試験が控えている受験生は、誰もが不安になる時期なのです。だから、不安になるのも、ある種当たり前と言えば当たり前の話なのです。

 よく、面接をしている時に『 (不安なのは)私だけですか? 』と聞いて来る塾生さんがいらっしゃるのですが…。もちろん『 そんなことはないよ。今の時期は、皆、不安だよ 』と答えています。そして『 安心しなさい。今は誰もが不安な時期なんだから。不安なのが当然だよ 』と付け加えます。さらに…『 不安な時期だからこそ、やるべき事をしっかりとやることが大事 』と必ず言っています。

 不安から逃れるために何かする。実はコレが一番危険なことなのです。人は不安な時、往々にして〝安易な安心感〟を得るために、何か行動を起こす場合が多いのですが…この行動が〝とんでもない代物〟である場合がほとんどなのです。自分より試験結果の悪い人を見つけては、優越感に浸り安心する。同じ問題を何度もやって、出来る度に安心する。過去問の答だけを覚えて、解けた気になり安心する。『 今度はコレが出題される 』とそればかりに力を入れ、試験にそれが出題され出来た気になり安心する。どれも〝安心〟ではあるかもしれませんが、ろくな安心…イヤ、本来は〝安心〟とは呼べた代物ではない、〝不安の紛らわし〟でしかないことがお分かり頂けることと思います(先ほど〝安易な安心感〟と書かせて頂いたのは、こういった理由からです)。そして…そんなことをやっている限り、本家本元の試験対策が疎かになってしまうことは確かです。安易な虚偽の安心感を得るための行為により、試験対策の王道から外れてしまう。当然、学力など付くはずはありませんし、成績だって芳しくない状況になってしまいます。試験対策において、〝不安の紛らわし〟は非常に危険なことなのです。

 不安でいいのです。皆、今の時期は不安なのですから。皆、不安なのが当たり前なのですから、慌てる必要などないのです。不安なのが当たり前なのだから、そこから逃げる必要などないのです。『 でも、不安だと勉強に手が付かない… 』という人。『 不安である 』ということと『 勉強することが出来ない 』というのは別のことです。不安であっても、普通に勉強している人は沢山いるのですから…。不安は不安、勉強することは勉強すること…と割り切っていかなければいけません。そして、多くの人がやっているように、不安を抱えながらも勉強していかなければなりません。前述のように、不安から逃れるためにやってしまう〝偽りの安心感を得るための行動〟の方が、試験対策自体を蝕んでしまう、よっぽど危険な行動なのですから…。

 安心して下さい。今は誰もが不安な時期ですから。不安でいるのが当たり前。だから不安になった時は、『 ああ、当たり前のことなんだ 』と、勉強を始めて下さい。目の前にあるやるべき事をやっていけばいいのです。以前、ブログ『 何故、人を不安にさせるの?ラスト 』で、次のようなことを書かせて頂きました。

 

 不安を100%解消することはできません。でも前に進むことはできます。不安でもいいから前に進むのです。不安だからと前に進まないことは愚かなことです。だから前に進むのです。不安でもいいから前に進む。これが、この時期の乗り越え方でもあり、不安を抑える一番の方法でもあるのです。

 

以前書かせて頂いた内容ですが、今以て(いまもって)この通りだと思っています。そして、今もこの通り塾生さん達には、指導している次第なのです。

タグ

2017年12月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

笑う門には福来る。

 最近、テレビでは見ない日が無いと言っていいほど活躍中の〝みやぞん〟さん。本人の類まれなる才能もあるのでしょうが、やはり彼自身の魅力が人を引き付けているのだと思います。テレビで彼を初めて見た時は、見た目少々クセもありましたので『 ちょっと変わった芸人が出てきたなぁ… 』位に思っていたのですが…何度も見ているうちに、何とはなしにファンに。今では彼が出ている番組は、楽しんで視るようになりました。

 『 見た目少々クセが… 』と書かせて頂きましたが、〝みやぞん〟さんの最大の特徴は、あの笑顔だと思います。いつもニコニコしている〝みやぞん〟さん。笑顔以外の表情があるのだろうかと疑ってしまう程、いつもニコニコしています。番組の企画等でチョット大変なことがあったりすると、少々残念そうな顔をすることもありますが(それでも、どこか笑顔の片鱗が残っているような気がします)、怒ったところは見たことがありません。それに、少々残念そうな顔をしても、すぐにいつものニコニコ顔に戻ります。あのニコニコ顔が彼の最大の魅力ではないでしょうか?そして、そんな表情をしているからでしょうか、いつも前向きで、いつ見ても楽しそう…。彼の前向きな姿勢、ポジティブな考え方、そしてそこから生まれる優しさは、並外れたものがあると思います。いつも笑顔で一生懸命。そして幸せそう…。皆、そんな彼に魅かれるのでしょう。だからこそ、テレビでは見ない日がない人気者なのだと思います。〝みやぞん〟さんはいつも楽しそうで、幸せそう。〝みやぞん〟さんが、『 楽しい 』『 幸せ 』といったことを口にすることも、よくあります。そう、彼は幸せなのでしょう。そんな〝みやぞん〟さんを見ていると心からこう思うのです。『 幸せって簡単なんだなぁ 』と…。

 そう、幸せとは本来簡単なモノなのです。自分で幸せを選べばいいだけですから…。しかし、悲しいかな人は、あれやこれやと思考を巡らせることに一生懸命になりすぎて、わざわざ幸せというものを複雑で難しいものにしてしまっているよう思えるのです。『 ○○だと幸せになれるのに… 』と幸せになることに条件を付けることも、幸せを複雑にしている一つでしょう。でも本来、幸せには条件はいらないはずです。自分が『 幸せだ 』と思えば幸せなのですから…。『 ○○だと幸せになれる 』という思いは、裏を返せば『 ○○でなければ幸せではない 』ということを表しています。でも、果たしてそうでしょうか?例えば…美味しいお寿司を食べた時を思い出してください。『 美味しい!幸せだ! 』なんて思ってしまうことはありませんか?そう、例えお望みの○○といった状況でなくとも、幸せは感じることは出来るのです。〝幸福感〟は自分で選ぶものだからです。『 幸せだな 』と思えば、幸せなのです。そう考えれば、自分の周りにはいくつの幸せがあるでしょう?それこそ無数にあるのではないでしょうか?逆に、どんなに美味しいお寿司を食べたとしても『 イマイチだな 』とか『 もっと高級な寿司の方が…』と思ってしまえば、幸せにはなれません。『 世の中には、もっと高級で美味しい寿司を食べている人がいるのに…なんて不幸なんだろう 』と思ってしまえば、その人は不幸です。そう、幸せも無数にありますが、ある意味、不幸も無数にあるのです。自分で不幸を探し出し、不幸を選べば…いや、探さなくても自分で勝手に不幸を作り出してそれを選べば、いくらでも不幸になることはできます。そして…前述のように幸せを探し出し、それを選べば、いくらでも幸せになることが出来るのです。それこそ、無数に…無数に幸せになることが出来るのです。やはり、テレビでは見ない日が無い、人気芸人、メイプル超合金のカズレーザーさん。私は彼も大好きです。頭のキレはピカ一だと思っています。そして面白い。そんなカズレーザーさんは次のようなことを言っています。

 

 理由をみつけて自分が不幸だなって思おうとしているだけで、思わなければずっと幸せだからね。

 

 生きてて幸せ、幸せの前提があるから不幸を見つけることができるんであって、不幸から目をそむければ、ずっと幸せだからね。

 

これこそが、『 幸せを選ぶ 』ということではないでしょうか?

 確かに、人には辛い時というのがあります。そんな時は中々笑顔にはなれませんし、そんな状況で『 幸せを選べば… 』と言われたところで、中々そういう状況にはなれません。かくいう私にも、そういう時はあります。そんな時、私は〝みやぞん〟さんを思い出すようにしています。何があっても笑顔を絶やさない〝みやぞん〟さん。大変なことがあっても、ちょっと困った顔はするけど、すぐにいつものニコニコ顔に。彼の笑顔を見ていると、何となくこちらまで笑顔になってしまう。そう、笑顔は伝染するものなのです。彼を見ていると、こちらまでニコニコしてしまう。そして、いつのまにか幸せな気持ちになってしまう…。よく言われている言葉に『 楽しいから笑顔になるのではない。笑顔でいるから楽しくなるのだ 』という言葉があります。まさに、この通りではないでしょうか?〝 笑顔でいれば楽しくなる = 楽しいから幸せ 〟という方程式は、しっかりと成り立つものだと思っています。そして、この方程式が正しいものであることは、〝みやぞん〟さんが証明してくれているのではないでしょうか?

 笑う門には福来る。『 明るく朗らかにいれば幸せがやってくるという意味。また、悲しいこと・苦しいことがあっても、希望を失わずにいれば幸せがやって来るということ。(故事ことわざ辞典より) 』という意味です。やはり、笑顔でいれば幸せになれるようです。悲しいこと・苦しいことがあっても、望みを捨てずに笑顔でいれば、幸せがやってくるようです。『 そんな、うまくいくはずが… 』という人。初めに書いたではありませんか?幸せは簡単なモノだと…。あれやこれやと思考を巡らせることに一生懸命になりすぎて、わざわざ幸せというものを複雑で難しいものにしてしまっていると…。笑顔になれば、幸せになれる。そう、幸せとは簡単なモノなのです。だから、辛い時や困った時は〝みやぞん〟さんを見習って、笑顔にするよう心がけてはみませんか?それだけで、色々な事を乗り切ることができる。そんな気がするのです。だって、〝みやぞん〟さんも、あの笑顔で色々な事を乗り越えているではありませんか?幸せそうに、楽しそうに…。幸せは簡単。笑顔で前向きでいれば幸せになれる。幸せを選べばいいだけ。それを、〝みやぞん〟さんは証明してくれているのだと、私は思っています。

タグ

2017年12月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

このページの先頭へ