イメージ画像

🤝 塾生さんのことを考えている予備校です。

薬進塾は塾生さんのことを考えている予備校です。

 予備校として講師がいい、講義がいいのは当たり前の話。塾生さんのことを、如何に考えているのかも、非常に重要なこと。薬進塾は、塾生さんのことを、しっかりと考えている予備校です。『 規模が… 』『 合格率が… 』『 有名講師が… 』等、謳ってはいますが、では学生さんたちに対するケアはどうなっているのでしょう?学生さんのことを考えた運営だったり、システムは整っているのでしょうか?学生さんが大勢いる所が多いようですが、一人ひとりに応対できている環境なのでしょうか?

 薬進塾は、塾生さんのことを考えている予備校です。もちろん、塾生さん一人ひとりのことをです。運営に関しても、システムに関しても、もちろん環境に対しても塾生さんのことを考えて、決めていっています。

i

 具体的には…

 薬進塾では、塾生さんに『 具体的でなければ物事は進まない 』と指導しています。もちろん、薬進塾も常に具体的に考え、行動しています。一番いい例が、学習指導。薬進塾の学習指導は具体的です。『 何を、どうのように、どうやって進めていくのか? 』を指導しています。『 薬理が悪いから、毎日、薬理を30分勉強して 』とか『 物化が出来ないようだから、○本の物化を勉強して 』では、具体的ではありません。具体的でないから、勉強が進まないのです。

 では、薬進塾が『 塾生さんのことを考えている 』とは、具体的にどういった行動をとっているからなのでしょうか?以下のようなことが、あげられます。

i

薬進塾は塾生さんのことを考えています。

だから 少人数制です。

 公立小学校の学級編成を35人に引き下げる『 公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律の一部を改正する法律案 』が2021年2月2日、閣議決定されました。改正義務標準法は小学校の学級編制標準を5年間かけて一律35人に引き下げるものです。その趣旨は『 個別最適な学びと協働的な学びを実現することが必要であることから、一人一人の教育的ニーズに応じたきめ細かな指導を可能とする指導体制 』とのこと。そう、教育現場は確実に少人数制へと移行しているのです。一人一人のニーズに応じた、きめ細かな指導を可能とするために、少人数制へと移行しているのです。

 薬進塾も、塾生さん一人ひとりのニーズ、すなわち塾生さん一人ひとりの試験対策を考え、対応して試験対策を進めていっています。だから、少人数制なのです。

【 関連ページ 】

💎 結果を出すなら〝少人数制〟の試験対策を!

i

だから 受講料がリーズナブルです。

 実際問題として、金銭面は避けては通れないこと。薬学が6年制になり、大学の受講料が学生さんのご家族の大きな負担になっていることは確かです。留年や卒業延期になっていたのなら、さらに+αで受講料がかかってしまうことになりますが、かなりシビアな問題であることは事実です。実際、金銭面でのご相談も少なくありません。

 予備校に通おうにも、金銭面でかなりシビア。でも、どうやって試験対策を進めていっていいのか分からない…。そういった学生さんのために、薬進塾では日本で一番リーズナブルな受講料を設定しています。どんなに『 学生さんのことを… 』と口にしたところで、受講料が高額ならば、学生さんは受講することはできません。薬進塾は、『 薬剤師になりたい 』という学生さんを応援しています。だからこそ、受講料もリーズナブルな値段に設定しているのです。

【 関連ページ 】

💕 薬進塾の受講料は、リーズナブル!

i

だから 基礎から始めます。

 基礎ができていない学生さんが多いのが事実です。なのに、基礎を飛ばして講義を始める予備校が多いのも事実です。『 時間がない… 』という理由からだそうですが…それは予備校側の都合。時間が足りないなら足りないなりに工夫して、基礎を教えていくのが予備校としての企業努力というものであり、そして学生さんのことを考えるということではないでしょうか?実際問題として、基礎ができていないのに国家試験の問題を解いたり、新傾向と称した問題をやったりしたところで、意味はないと思います。

 薬進塾の講義は、全て基礎から始めます。基礎ができていないのに、試験対策を行っても意味がないからです。もちろん、基礎が分かっていない状態で講義を聞いたところで、内容を理解することはできないからです。有名な講師の授業であろうと、基礎が分かっていない状況で受講しても、内容は理解できないでしょう。それでは受講したところで意味はありません。薬進塾は、基礎ができていない塾生さんのこともしっかりと考えています。だから、どの講義でも基礎から教えていっているのです。

【 関連ページ 】

 🌄 基礎力重視の国家試験対策

i

だから 学習指導をしています。

 勉強のやり方が分からない…。こういった学生さんは少なくありません。イヤ、ほとんどの学生さんが分かっていないといっても過言ではないでしょう。成績が悪いと『 勉強していないだろ! 』『 勉強しろ! 』と言われるけれど…でも、どうやってやればいいのか分からない。これが学生さんの、正直な意見ではないでしょうか?でも、具体的なやり方を教えてくれはしない…。

 薬進塾では、勉強のやり方を具体的に教えています。それも、塾生さん全体でやる学習指導、一人ひとりマンツーマンで行う学習指導の二通りの学習指導の二つを踏まえて行っています。もちろん、学習指導といっても『 復習ノートの作り方 』『 計算の学習指導 』『 模擬試験前の学習指導 』等、何種類もの学習指導があります。そして、常日頃から勉強に関する相談を受け付けては、マンツーマンで指導していっています。そうやって、勉強のやり方の分からない塾生さんのことをしっかりと考え、指導していっているのです。

【 関連ページ 】

💫 学習指導 ~勉強のやり方を指導します~

✨ 試験対策指導 ~試験対策のやり方も指導します~

🆙 入塾したその日から始まる学習指導!~ 講義が始まるまでの勉強を指導します ~

📑 間違えていませんか?過去問の勉強方法。

i

だから 質問に答えます。

 薬進塾では、質問を推奨しています。ですから、いつでも質問を受け付けています。講義の質問はもちろんのこと、テストやフト思った疑問にたいする質問も、当然、受けつけています。『 講義は講義後の質問にも対応して1つである 』というのが、薬進塾講師の考え方です。つまり、講義後の質問に応対しないとうことは、講義をこなしていないということになります。薬進塾では、そのようなことは一切ありませんので、ご安心ください。もちろん、いない講師に対する質問も対応できるシステムになっていますので、遠慮なくご質問ください。

 『 質問にいったら「 講義中に言っただろ 」と答えてくれない 』という話をよく耳にしますが…講義中に言ったことが分からないから質問にいっているのに、『 講義中に言っただろ 』と言われても困ってしまいますよね?『 「 そんなの国家試験にでない 」と相手にしてくれなくて… 』というのもよく耳にしますが…受講しての疑問なんですから、国家試験に出ようが出まいが、答えるのが講師の務めだと思うんですが…。『 自分の気に入った学生さんにしか対応してくれなくて… 』『 質問待ちの人数が多くて、順番が回ってこなくて… 』なんていう話もよく聞きますが…試験対策として、話にも何もなったモノじゃない…といったところでしょうか?

 薬進塾は、塾生さんの『 何でだろう? 』を大切にしています。何故なら、そこから〝理解の芽〟が出てくるからです。塾生さんのことを考えているからこそ、その芽を摘んでしまうような行為はしたくない。それが、薬進塾の想いなのです。

【 関連ページ 】

🙋 薬進塾では、質問を推奨しています!

i

だから 厳選された講師陣です。

 薬進塾では誰でも講師になれる訳ではありません。いくつかの条件をクリアした人間でなければ、講師を依頼していません。 条件の第一は、講師歴が長い、つまりベテラン講師であること。『 チョット前まで学生でした、今日から講師です 』といった講師は一人もいませんので、ご安心下さい。 国家試験で結果を出せなかった人のほとんどが、手厚いフォローが必要な学生さんです。通り一遍の講義ではなく、しっかりとした教え方が必要な学生さんばかりです。『 覚えておいて下さい 』の暗記や語呂合わせ、過去問解きばかりの講義では、フォローは出来ないといっていいでしょう。何人もの学生さん達を相手に、長く試験対策を行ってきた講師だからこそできる〝教える側のフォロー〟。予備校の講義には、それが必要なのです。だからこそ、ベテラン講師にしか講義を依頼していないのです。

 講師は全員一年契約ですので、それ相応の結果を出していなければ、契約の継続はありません。それ位、講師という仕事をシビアに捕らえているのです。高い受講料(それでも薬進塾の受講料は、日本で一番リーズナブルですが…)をもらっている訳ですから、それも当然の話ではないでしょうか? 薬進塾は塾生さんのことを考えて、講師も厳選しているのです。

【 関連ページ 】

 🗻 講師紹介

i

だから 座席は考慮しています。

 塾生さんは十人十色。一人ひとり違います。当然、座席の配置一つとっても、それ相応の事情が絡んでくることもあります。

 例えば、昨今多いのが過敏性大腸炎の方。特に試験が近くなると、頻繁にトイレに行くようになるのですが…。座席が出入り口から遠いと、トイレに行くのも一苦労。ましてや講義中ともなると、あまり頻繁に教室を横切ることになると、どうしても周りの人へのことを考えてしまう…。これでは、落ち着いてトイレに行くことができないどころか、講義にだって支障をきたしてしまうことになります。ですから、そういった塾生さんは、本人と話し合って、出入り口に近い座席に座ってもらっています。

 薬進塾では、一人ひとりの塾生さんのことを考えて、座席を決めています。体調的な理由もあれば、精神的理由もあります。そういった事も考えてあげることこそ、『 塾生さんのことを考える 』ということではないでしょうか?もちろん、成績で座席を決めるようなこともしませんので、ご安心ください。ちなみに、月に一回、座席替えがります。

 さらに…薬進塾の教室は少人数制の教室。後ろに座ると黒板が見えない、声が聞こえないということは一切ありませんので、ご安心ください。こういったところも、薬進塾が塾生さんのことを考えているという一環なのです。

【 関連ページ 】

 💺 薬進塾では、座席は考慮します。

i

だから トイレの数が間に合うようにできています。

 トイレの話が続きますが、大切なこと。薬進塾のトイレは、休み時間中に全塾生さんが利用できるだけの数をそろえてあります。よく耳にするのが、学生数が多すぎて休み時間中にトイレを終えることができないという話。やっと、トイレを利用したと思ったら、講義が始まっている。つまり、100%講義を受講することができないということ。これでは試験対策は成り立ちません。遅刻欠席はしていないけれど、講義には100%出席できない…おかしい話だとは思いませんか?『 人が多く並んでいて、休み時間中にトイレを利用できない 』これでは、とてもではないですが、学生さんのことを考えているとは言えないと思います。

 薬進塾では、全塾生さんが休み時間中に利用できるだけのトイレの数をそろえてあります。あえて強調して書かせていただいていますが…よく考えれば、当たり前の話だとは思いませんか?場合によっては、10ヶ月近く生活をする場なのに、トイレも満足に行けない環境。トイレは生理現象ですから、自分でコントロールすることができません。なのに、自由に行けない…。薬進塾は、塾生さんのことをしっかりと考えている予備校です。だから、トイレの数も塾生さんのことを考えて設定しているのです。

 ちなみに…薬進塾のトイレは薬進塾の中にあり、薬進塾が管理しています。ですから、第三者が入ってくることはありません。ペーパータオルや流水音発生器、ハンドソープや洗浄剤、消臭剤、便座シートも薬進塾で設置・管理しています。こういうことも、塾生さんのことを考えての配慮なのです。

【 関連ページ 】

 🚽 薬進塾のトイレは違います。

i

他にも、こんなことで〝塾生さんのことを考えています

 ・ 電子レンジ、ポット、冷蔵庫を設置しています。もちろん、塾生さんが利用する

  ことができます。

 ・ 各参考書、過去問集が、教室および講師室においてあります。もちろん、

  塾生さんは自由に閲覧できます。

 ・ 塾生さんから要望があった場合、必要と判断されたものは設置しています

  (過去には時計、照明等が塾生さんの要望で設置されています)。

i

他にも、色々な所で塾生さんのことを考えて運営されています。

 薬進塾では、塾生さんのことを考えて運営されています。もちろん、何でもかんでも塾生さんの言うがままという訳ではないことは、言わずもがな。薬進塾が塾生さんのことを考えて、良かれと思ったことをしてあげる。厳しくするべきところは厳しくする。サポートできる所は、出来る限りのサポートをする。これが本当の意味での『 塾生さんのことを考えている 』ということだと、薬進塾は思っています。前述した内容からも、それがお分かりいただけたことと思います。

いつでも気軽にご相談ください!

 いつでも気軽にご相談ください。もちろん、塾長自らがマンツーマンで対応させていただきます。遠慮なく、ご事情を話していただけたらと思います。もちろん、ご家族の方のみでのご相談も承っております。どんなことでも、遠慮なくご相談ください。

☆ 学校見学・個別相談 随時受付中 ☆

  フリーダイヤル 0120-970-894

          急(9)な(7)お(0)願い、薬進塾(894)

  〔 受付時間 〕 月 ~ 金曜日(祝祭日除く)  10:00 ~ 17:00

お問い合わせ から、メールでの受け付けも行っております。

※ ご相談が混みあっています。できるだけ、電話連絡等により日時を予約していただきますよう

 お願いいたします。

薬進塾トピックスの新着記事

このページの先頭へ