イメージ画像

🚽 薬進塾のトイレは違います。

講義がいい・講師がいいのは当たり前。問題は…

 予備校ですので、講義がいい・講師がいいというのは、当たり前の話。では、試験対策を行う上で、そこだけが大事なのでしょうか?何気に見落とされがちですが、〝試験対策を行っていくうえでの環境〟というのも、非常に重要です。そんな環境の中でも、特に注意を払わなければならないのがトイレ。『 トイレなんか… 』と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが…では、その人はトイレを利用しないのでしょうか?そんなことはありませんよね。トイレは、誰もが毎日使用するモノ。だからこそ、大事な環境の一つなのです。試験対策の長い日々の中、毎日のように使用するトイレだからこそ、しっかりとした〝トイレ環境〟が必要になってくるのです。

 タイトルの『 薬進塾のトイレは違います 』なんて聞くと、何やら〝ご当地名物・一億円のトイレ〟的なものを発想してしまいそうですが、そうではありません。というか、薬進塾のトイレは、いたって当たり前の普通のトイレ。あえて紹介するのなら、次のようなトイレです。

 1.薬進塾の人間しか、トイレが利用できない。

 2.休み時間内に、塾生さん全員が利用できるだけの数がそろえてある。

 3.教室を出てすぐの所にトイレがある。

 4.ペーパータオルやハンドソープが常設してある。

 5.薬進塾が管理している。

この5つが兼ね備えてあるトイレです。『 なんだ、普通じゃないですか 』と思われた方も多いと思いますが…。多くの予備校では、この〝普通が成されていないトイレ〟である場合が、ほとんどであることも事実なのです。『 予備校の物件選びはトイレから 』といわれる位、重要なことなのですが…。昨今は、ここの部分が置き去りにされている場合が多いようです。

i

落ち着いてトイレが利用できない環境で、試験対策なんて…

 トイレは大事です。誰もが必ず利用する所だからです。ましてや、体調や疾患の都合で利用頻度が高い人にとっては、特に気になる所。ましてや予備校ともなれば、大勢の人が利用することになるのですから、大切さも一入。そんな大事な場所ですから、薬進塾は立ち上げ当初から、以下のような観点で設備を充実させ、管理・対応を行っています。

i

 1.薬進塾のトイレは、薬進塾関係者しか利用できません。

 複数の会社やテナントが入っているビルの場合。往々にして、トイレは各フロアごとに共同で使用することになります。ワンフロア全てを貸し切っていても、エレベーターや階段で人が移動して使用している状況ですから、『 予備校関係者だけがトイレを使用する 』という環境ではありません。ビルやテナントに関係ない人が入ってきて、トイレを利用できるような環境もありますが…防犯面で問題があるといっても過言ではないでしょう。

 薬進塾のトイレは、薬進塾内にあります。関係者以外は、一切使用することができません。当然ですが、部外者が薬進塾内に入ってくることもありませんので、防犯面でも安心してご利用できます。

i

 2.薬進塾のトイレは、休み時間内に、塾生さん全員が利用できるだけの数が

  そろえてあります。

 当然、休み時間にはトイレに行くことになりますが…学生さんの数に対し、トイレの数が圧倒的に少ないといった、信じられない話をよく耳にしますそのせいで、休み時間がトイレの順番待ちに費やされてしまう。それでもまだ、休み時間中にトイレに行ければいい方で、休み時間が終了し講義が始まってからも、まだトイレを済ませることができないことが多々ある…なんていう驚愕な話もよく耳にします。これでは、落ち着いて受講するどころか、講義も満足に聞くことができない状況になってしまいます。トイレは、毎日のこと。ということは…こんな環境では、当然ながら試験対策にも支障をきたすことになるのも、当たり前の話です。

 薬進塾では、休み時間中に全塾生さんが利用できるだけのトイレの数をそろえてあります。まあ、当たり前の話だとは思うのですが…。ですから、落ち着いてトイレを利用することができますし、講義に支障をきたすこともありません。

i

 3.薬進塾のトイレは、教室を出てすぐの所にあります。

 席を立ってトイレに行こうすると…。まず、教室のドアの所まで行き、ドアを開けて、更にそこから予備校内を通って、またドアを開け外に出て、トイレに向かう…なんていう話もよく聞きますが…。これではトイレに行くまでが一苦労。ましてや、講義中にトイレに行くとなると…移動時間は講義を受けられないわけですから、なかなか厄介なことに…。

 薬進塾では、教室を出てすぐの所にあります。もちろん、薬進塾の中にあります。まあ『 トイレに行こう 』と思って、10秒以内にはトイレに行けるといっていいでしょう。トイレが遠いようでは試験対策にも、落ち着いて打ち込むことができないのも、当たり前の話です。

i

 4.薬進塾のトイレには、開校当初から、ペーパータオルやハンドソープが

  常備してあります。

 薬進塾のトイレは、薬進塾のモノです。ですから、トイレ内は薬進塾が自由に設備等を整えています。

 まずはペーパータオル。衛生面では、当然ながら必要な備品ということになりますので、常設してあります。あとは、ハンドソープ。手を洗うという行為も、日常生活では必然のこと。これも、衛生面で考えた場合、必需品ということになります。もちろん、消臭剤も設置してあります。

 昨今は、色々と衛生面が問われるご時世となっています。薬進塾では、コロナ騒動の前からペーパータオルやハンドソープを、トイレに常設していました。トイレにペーパータオルもない、ハンドソープも置いていないでは、果たして衛生的な環境といえるのかどうか、疑問です。衛生的な環境で試験対策を行うということは、大切なことだと思いませんか?

i

 5.薬進塾のトイレは、薬進塾が管理しています。

 薬進塾のトイレですので、当然、薬進塾が管理しています。日々の清掃はもちろん、設備の不具合等も毎日チェックし、必要な備品の設置も行っています

 利用する塾生さんのことを考えて管理していますので、色々な備品が設置されています。各トイレには流水音発生器が設置されていますので、女性の方も落ち着いてトイレを使用することができます。便座には便座シートが張られているので、不快感がありません。そういった、トイレ内の管理もしっかりと行っています。鏡や棚も設置してありますので、身だしなみを整える等にも便利。さらに、着替えができるような設備を施したトイレもありますので、『 チョット着替えを… 』という場合にも便利です。

 使用するうえで何か不都合なことが生じましたら、いつでもお伝えください。すぐに対応します。例えば…流水音発生器は電池式ですので、電池が無くなることもあります。そういった場合、塾生さんが『 電池が切れていますよ 』なんて言う具合に教えてくれるのですが、すぐに電池を交換します。便座シートも、一定の期間で新しいものと取り換えるようにしています。

 単なるトイレではなく、『 長い試験対策の日々の中、利便性のいい環境を提供したい 』という薬進塾の想いから管理されているのが、薬進塾のトイレです。

i

もちろん、講義中もトイレに行くことができます。

 『 (前にいた予備校では)講義中にトイレに行けなくて… 』という話を聞いた時には、ビックリでした。人数が多いため、机と机の間隔が狭く、移動するのも一苦労とのこと。そのため、講義中にトイレに行こうとしても、すぐにドアまで辿りつくことができず、もたつくことに…。すると、後ろの人が黒板が見えなくなってしまう…。だから、講義中はトイレに行くことを禁じているそうですが…。何やら、おかしい話だとは思いませんか?トイレに行くというのは、生理現象ですから、自分でどうにかすることはできません。誰もが、いつ、講義中にトイレに行かなければならない状況なるかは分からないのです。なのに、トイレに行かれないとなると…少々、イヤ、大いに困ったことになってしまいます。

 薬進塾は、講義中でも自由にトイレに行くことができます。講義中にトイレに行っても、誰も何も言いません。もちろん、講師が咎めることもありません。(変な話ですが)講義中だろうが、遠慮なくトイレに行ってください。

i

次のような方。安心して受講してください。

 ① 過敏性大腸炎でトイレが近い。

 ② 季節によりトイレが近くなる。

 ③ 普段からトイレが近い。

 ④ 持病の関係で、長時間利用しなければならない時がある。

 ⑤ 持病の関係で、トイレを頻繁に利用しなければならない時がある。

 こういった方も、安心して、そして落ち着いてトイレを利用できる環境が薬進塾にはあります。もちろん上記の様な方は、講義中もトイレに行きやすいように、座席も配慮いたしますのでご安心ください。

 如何でしたでしょうか?トイレにここまでこだわりを持っている予備校が、他にあるでしょうか?今まで書いてきましたように、薬進塾ではトイレにここまで注意を払っています。何故ならば、毎日、皆が使用するものだからです。薬進塾は『 試験対策の日々を、如何に過ごしやすいものにするか? 』ということを、常に考えています。それが、塾生さんの試験対策のサポートになるからです。『 スマホで、こんなことを… 』、『 ウチはこんな大きなことを… 』といった、見た目に華やかな行動をとるのではなく、塾生さんが試験対策の日々を過ごしやすくすることをしてあげる。これが、薬進塾流のサポートだと、私たちは考えています。

 私たちが言いたいのは、単にトイレの設備が云々ということだけではありません。試験対策の日々の中で、如何に塾生さん達のことを思って、その配慮がなされているかという事です。『 学生さん達のことを考えて… 』『 学生さん第一に… 』と言ってはいるものの、実際に試験対策を行う場に配慮が無かったら、それは本当に学生さんのことを思っていると言えるのかどうか疑問です。薬進塾は、塾生さんが日々試験対策を行っていくための配慮を、常に忘れてはいません。

 

☆ いつでも、気軽にご相談ください ☆

◎ ご相談は随時受け付けております。塾長自ら責任を持って個別に応対
 させて頂きますので、気軽にご連絡頂けましたらと思います。
 もちろん、当日のご相談にも応対しておりますが、事前予約が入って
 いる場合がありますので、一度お電話で確認し、予約されることを

お勧めいたします。

※ ご相談のご予約希望の方は、ご都合のいい日時を電話でお伝え
 下さい。なお予約状況により、希望日時に添えない場合もあります

ので、ご了承下さい。

♦ やり方を変えてみませんか? 

あなたは〝少人数制〟なら、伸びる人かもしれません!


 ご相談・ご連絡は

フリーダイヤル 0120970894

急(9)な(7)お(0)願い、薬進塾(894)

  〔 受付時間 〕 月 金曜日(祝祭日除く)  10:00 ~ 17:00

 お問い合わせ から、メールでの受け付けも行っております。

※ アクセスは『浅草橋』のページにある『アクセスマップ』をご参照ください。

 

薬進塾の新着記事

このページの先頭へ