イメージ画像

💺 薬進塾では、座席は考慮します。

座席は考慮します。

 

 ・ トイレが近い。

 ・ 腰痛で長く座っていられない時がある。 

 ・ 過敏性大腸炎でトイレに行くことが多くなる時がある。

 ・ 視聴覚の関係で、見えない・聞こえない状況がある。

 ・ 紫外線過敏症なので日の当たる所がダメ。

 

 上記は、実際に薬進塾の塾生さんから、受講するにあたって個人面接で伝えられた内容です。試験対策を行うと一口に言っても、そこには色々な学生さんたちが集まってきます。もちろん、性格だけではありません。色々な体調や持病を抱えていらっしゃる方が集まってくるということ。

i

薬進塾では、体調に考慮した座席替えを行っています。

 薬進塾では、月に一度座席替えがあります。もちろん座席替えには、塾生さんの体調も考慮されています。トイレが近かったり、過敏性大腸炎の塾生さんは、講義中でも出入りしやすいように入口のそばにする。腰痛持ちの塾生さんは、講義中に立って腰を伸ばせるように、一番後ろの座席にする(講師陣にも予め伝えてありますので、講義中に立って腰を伸ばしても、注意されることはありません)。そのような配慮がなされます。

 以前、左耳の聴力が弱い塾生さんがいらっしゃいました。その塾生さんは、黒板から見て右側、つまり聴力の弱い左耳が壁側、聞こえる方の右側が教壇側に来るような座席に座ってもらいました。

 私が塾生さんによく言うのが、『 勉強をしに来ているのだから、勉強に不都合のあることは、いつでも相談してください 』ということ。それは座席においても、然りです。体調的に、トイレが近いのは致し方ないこと。もちろん生理現象ですから、自分でコントロールなどできるはずもありません。講義中だって、行かなければならないことはあるでしょう。なのに、自由にトイレに行くこともできないような環境では、落ち着いて勉強することなどできるはずもありません。

 ですから薬進塾では、体調を考慮して座席を決めているのです。

i

講義中にトイレに行ける環境。

 座席とはチョット関係のない話になってしまいますが…。体調等の理由もあり、講義中にトイレに行きたい。なのに、講義中にトイレにはいけない予備校があると聞いた時には、驚愕しました。その理由は…教室の人数が多くて通路が狭く、座席から移動するのに時間がかかってしまう。その結果、後ろの席の人が黒板が見えなくなってしまうからとのこと。どうにも腑に落ちない話なのですが…。トイレに行くのは生理現象ですから、自分で調節する訳にはいきません。ましてや、体調や疾患等があるのなら、なおさらです。第一、講義中にトイレに行く行動もままならない位、学生さんを詰め込むというのは如何なものなのでしょう?あまり、受講する人のことを考えていないような気がしなくもないのですが…。薬進塾では、そのような心配は一切ありません。講義中だろうが、休み時間であろうが、いつでも好きな時にトイレに行ってください。まあ、これも力説して言う事ではないと思うのですが…。

i

勘違いされては困るのですが…。

 薬進塾は少人数制。後ろの座席からでも、ハッキリと黒板が見えるような人数です。そういった距離ですから、後ろの人が聞こえないといったことも、当然、ありません

 時折いらっしゃるのが『 目が悪いので、前にしてください 』といった人。前述させていただきましたように、視覚や聴覚に疾患等がある場合は考慮させていただきますが、単に『 目が悪い(視力が悪い) 』『 では優先して… 』という訳にはいきません。薬進塾では後ろの座席からでも、黒板はしっかり見えるようになっています。その条件で見えないとなると…日常生活にも支障をきたすことになると思います。やはり、その場合は『 眼鏡をかけてください 』『 眼鏡を新調してください 』という話になります。皆が決められたルールで、平等に受講しているわけですから、単に『 自分が好きな座席に… 』とはならないことは、ご了承いただきたいと思います。

 もちろん、今まで書いてきましたように、疾患等がある場合は、考慮するに値する十分な理由となりますので、遠慮なく伝えていただけましたらと思います。

 ちなみに…黒板の文字が小さく見難い場合、声が聞き取りにくい場合は、その都度、直接講師に言っていただいて構いません。直接言いにくいようでしたら、職員の方から講師に伝えますので、遠慮なく言っていただけましたらと思います。

i

もちろん、成績で座席を決めるようなことはしません。

 よく耳にするのが、試験の成績や学力などで座席を決めるというやり方。薬進塾では、試験結果や学力等で座席を決めるようなことはしませんので、ご安心ください。試験の成績等で座席を決める際に、よく言われるのが『 成績が分かるような座席にすると、恥ずかしさや悔しい思いから一念発起して勉強するから 』といった内容ですが…。本当に試験成績や学力が分かるような座席配置にして、本人の勉強する意志は向上するでしょうか?私が知る限り、そういった学生さんはほとんどいませんでした。ほとんどの学生さんが、成績が分かってしまうということで、イヤな思いをする、やる気を無くするという感じでしたが…。第一…学生さんに恥ずかしい思いをさせて、一念発起させるというやり方は如何なものでしょうか?そういう思いをさせずとも、試験対策に意欲を燃やせるような指導が大事だと思うのですが…。

 薬進塾では、試験成績や学力等で座席を決めることはありませんので、安心して受講して下さい。

i

座席とは直接関係ありませんが…。

 隣の人や周りの人に関する相談も少なくありません。『 (講義中)隣の人がうるさい 』『 隣の人が受講とは無関係な動きをするので気になる 』等、色々な相談がされます。基本的に、受講に支障が生じると判断された場合は、講師・職員が対処させていただきますので、こちらもその旨お伝えいただけましたらと思います。先ほど書かせていただきましたように、勉強をしに来ているわけですから、勉強に不都合のあると判断されることは、いつでも対応します。遠慮なく、相談してみてください。もちろん、今後の席替えの時にも、そういった意見は反映させていただきます。

i

座席が変われば、リフレッシュできます。

 座席が変われば、気持ちも心機一転します。今までとは違う座席で受講することは、いい気分転換にもなります。試験対策にも、気合が入ります。そのために、座席替えをしているのですが…。試験対策に明け暮れる日々は、ただでさえ単調なものとなってしまいます。毎日がいつもの繰り返し。座席も、ずーっと同じ席では気が滅入ってしまいます。試験対策のリフレッシュの意味でも、座席替えは必要だと薬進塾は思っています。

 

☆ いつでも、気軽にご相談ください ☆

◎ ご相談は随時受け付けております。塾長自ら責任を持って個別に応対
 させて頂きますので、気軽にご連絡頂けましたらと思います。
 もちろん、当日のご相談にも応対しておりますが、事前予約が入って
 いる場合がありますので、一度お電話で確認し、予約されることを

お勧めいたします。

※ ご相談のご予約希望の方は、ご都合のいい日時を電話でお伝え
 下さい。なお予約状況により、希望日時に添えない場合もあります

ので、ご了承下さい。

 

♦ やり方を変えてみませんか? 

あなたは〝少人数制〟なら、伸びる人かもしれません!


 ご相談・ご連絡は

フリーダイヤル 0120970894

急(9)な(7)お(0)願い、薬進塾(894)

  〔 受付時間 〕 月 金曜日(祝祭日除く)  10:00 ~ 17:00

 お問い合わせ から、メールでの受け付けも行っております。

※ アクセスは『浅草橋』のページにある『アクセスマップ』をご参照ください。

 

 

 

薬進塾の新着記事

このページの先頭へ