イメージ画像

学力の穴

 〝○○の穴〟という言葉はよく聞く。私が子供の頃大好きだった、タイガーマスクに出てきたのは〝虎の穴〟。パスタとピザが美味しいのが〝壁の穴〟。映画で面白かったのが〝マルコヴィッチの穴〟。という具合に〝○○の穴〟という言葉は、よく耳にする

 例に出させていただいた〝○○の穴〟は、ワクワクしたり、美味しかったり、面白かったりする〝穴〟であるが、〝学力の穴〟となるとそうはいかない。ましてや受験生ともなれば、とてもではないが楽観的にはなれない穴である。そして、試験対策においては、とても重要な穴であることも間違いない。『 この穴をどうするか? 』によって、今後の試験対策の方向性はおろか、学力の伸びまで影響を受けることになるからである。

 私が学習指導でよく口にするのが『 穴があったら埋めなさい。埋めないと、またその穴に落っこちることになるから 』といった内容。学力の穴を見つけたら、埋めなければならない。埋めなければ…まあ、穴があいている状況なのだから、当然、その穴にまた落ちてしまう可能性がある。

 では、そんな危険な穴。一体どうやって見つけるのか?穴に落ちてみるのが一番である。では、『 学力の穴に落ちる 』とは、どういうことであろうか?まあ、色々とあるのだが、一番手っ取り早いのが『 問題で正答を得られないこと 』。早い話、間違えた問題が、その人の学力の穴。だからそこを埋めればいいのである。『 なんだ、そんなこと 』と思った人。では、お聞きしたいのだが…間違えた問題に対し、しっかりとした穴埋めをしていると言えるのだろうか?

 これもよく言うのだが…試験というのは、受けっ放しが一番悪い。試験を受けて『 平均より上でラッキー 』だとか『 あんまりよくないな 』『 全然できなかった 』で終わらせてしまう人がいるが…これでは、試験を受けた意味は全くと言っていいほどない。穴埋めをしていないからである。これではゲームと変わらない。ゲームセンターに入り、ゲームをやって『 あ~、もうチョットだったのに 』とか『 難しいなぁ 』というのと変わらないということ。そこには穴を探す行為もなければ、穴を埋めるなどという行為もはない。あるのは『 ゲームをやった 』そして『 その結果が出た 』ということでしかない。試験を受けたのに、『 平均より上でラッキー 』『 全然できなかった 』で試験を終わらせてしまうことと、どこに違いがあるのだろうか?

 問題を『 間違えた 』ということは、その知識に関して未熟である、または間違えて覚えているという事である。もちろん、『 解けなかった 』というのも、未熟であったり間違えて覚えているいい例である。せっかく未熟なところを見つけたり、間違えている所を見つけたのだから、それ相応の対応をしなければならない。それが穴埋めである。穴は埋めなければ、また落ちる。

 ちなみに、未熟なところを見つけたり、間違えている所を見つけた…と書かせていただいたが…。試験を受けて『 合格ラインを越えた! 』だとか『 あんまりよくないな 』で終わらせてしまうのは、穴を埋める・埋めないの問題どころか、穴を見つけようともしていない行為である。『 未熟なところを見つけた 』『 間違えている所を見つけた 』というのが『 穴を見つけた 』ということ。『 合格ラインを越えた! 』だとか『 あんまりよくないな 』で終わらせてしまえば…未熟な所がどこなのか、間違えている所がどこなのかも分からない。すなわち、穴がどこなのかも分からないのだから、穴を見つけたことにはならないのも、穴を見つけようとしない行為であることも、当たり前と言えば当たり前の話。

 私が何度も口酸っぱくして言うことに、『 試験は穴を見つけるために行うものであり、いい点数を取り、安心感を得るために行うモノではない 』というのがある。もちろん、当塾のどの講師もこの考え方に賛同してくれている。本番は国家試験である。それ以外の試験は、練習試合でしかない。何故、練習試合をするのか?本番のために、自らの情報を得るためであり、やはり〝穴〟を見つけるためである。非常に厳しい言い方をさせていただくならば、どんなに練習試合でいい点数を取ったからといって、では、本番でいい点数が取れるかというと必ずしもそうではない。だからこそ、足元をすくわれないよう、地に足をつけて、浮かれることなく試験対策に励まなければならない。そう、試験対策に終わりは無いのだ。『 これ位でOK 』などというモノは、試験対策には存在しない。試験が終わるまで、切磋琢磨するのが、本来の試験対策のあり方である。模擬試験での点数に浮かれて、本番で残念な結果になった人を、私は何人も見てきている。先ほど、穴を見つけるには、穴に落ちてみるのが一番いいと書かせていただいたが…本番で穴に落ちてしまうのは、何とも遺憾な話である。

 模擬試験での点数に浮かれて…この人達は〝穴〟を見つけなかった人たち…イヤ、〝穴〟を見つけようとしなかった人たちである。点数だけに捕らわれ、さらにそれで満足してしまえば〝穴〟など見つけられるはずもない。穴を見つけるための模擬試験で、穴を見つけないということは、やはり本質を失っていると言えるのではないだろうか?

 穴を見つけて、穴を埋める。穴を埋めなければ、またその穴に落ちてしまう。穴を見つけることが重要。穴を見過ごさないことが重要。そして見つけた穴は、しっかりと埋める。この繰り返しが、穴の無いしっかりとした道を作るのである。模擬試験を例にあげたが…模擬試験だけではない。普段のテストから、講義内の質疑応答、過去問の勉強においても、必ずや穴は見つかるはずである。その穴を、如何に見つけ対処していくかが、試験対策の要である。そして…決して穴を見つける作業を怠らないよう、重々気をつけてもらいたい。そう思っている所存である。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ