イメージ画像

無きものに翻弄される。 ~ 石は石でしかない ~

 石があるとする。両手で抱えあげて持つくらいの大きさの石である。その石をどう思うか?

 『 こんな石で人の頭を殴ったら、人は死んでしまうだろう。凶器そのものだ 』と思うのか?『 漬物石にちょうどいい大きさだ。便利な石だ 』と思うのか?中には『 何という芸術的な形と色合いだろう。芸術品だ 』と思う人もいるかもしれない。

 しかし…如何に思われようとも石は石である。石自身はどう思われても、石のままであり何ともない。凶器と思われようが、便利と思われようが、芸術品と思われようが、石は石であり、そのままである。石自身にとっては、凶器でもなければ、便利でもなければ、芸術品でもない。人の思考が、勝手に凶器だの、便利だの、芸術品だのといったものを作りだしているだけであり、本来、凶器だの、便利だの、芸術品などといったものは、どこにも存在していない。石は石でしかない。

 『 以前、この石で人が殺されたことがあるかもしれない。つまり、この石は人を殺した、呪われた石なのだ 』と怯える人がいるかもしれない。何という恐怖の石。縁起でもない。

 『 この石で美味しい漬物が作れるかもしれない。イヤ、作れるはずだ。よし持って帰って漬物を作ろう。美味しい漬物が食べられるぞ 』と喜ぶ人がいるかもしれない。何という便利な石。こんな石を見つけることができてラッキーだ。

 『 それにしても、いい石だ!色といい形といい、自然が作り出した芸術品。持って帰って飾ろう 』と感激する人もいるかもしれない。素晴らしい芸術作品。こんな芸術作品を手に入れることができたなんて、儲けものだ。

 どう捉えるかは、本人の自由。しかし、どう考えたところで石は石である。石は、どう思われようと石に変わりない。

 『 以前、この石で人が殺されたことがあるかもしれない。つまり、この石は人を殺した、呪われた石なのだ 』と思った人は…この石が恐くてたまらない。こんな石を見てしまったのだから、不幸が訪れるだろう。イヤ、呪われてしまったのかもしれない。石には関わらないようにしよう、見ない聞かない、傍にもよらない。思い出す度に恐怖にさいなまれる…。

 『 この石で美味しい漬物が作れるかもしれない。イヤ、作れるはずだ。よし持って帰って漬物を作ろう。美味しい漬物が食べられるぞ 』と思った人は…どんな漬物を作ろうか?この際だから、今までとはチョット違う漬物を作ってみるのも面白いかも。色々調べてみるのも悪くない。そうだ、それ相応の道具も必要だ。考える度にワクワク楽しくなってくる。

 『 それにしても、いい石だ!色といい形といい、自然が作り出した芸術品。持って帰って飾ろう 』と思った人は…この石はどこに置こうか?リビングに置くのも悪くないが、落ち着いてじっくり見られる場所に置いた方がいいのかもしれない。それにしても、自然というのは素晴らしい。こんな芸術品を作り上げるなんて。自然の崇高さに、ただただ感激である。

 石は石でしかない。なのに、この三者三様はいかなるものだろう?ある人は石に怯え、ある人はワクワク楽しくなり、またある人は感激している。

 どう思っても石は石でしかない。どう思われても石は石でしかない。つまり、凶器でもなければ、漬物石でもなければ、芸術品でもない。石は凶器や漬物石、芸術品として存在している訳ではないのだ。ただ石として存在している。その石に、凶器や漬物石、芸術品といった想いを被せているのは、それを捉えた人である。すなわち、凶器も漬物石も芸術品も実際に存在している訳ではない。存在しているのは、ただの1つの石だけである。

 人は、こうやって無きものに翻弄される。石は石でしかない。その上に、自ら幻影を被せる。そして、その幻影に翻弄される。恐怖に翻弄される人もいれば、ワクワク楽しくなる人もいるし、芸術性に心酔している人もいる。ただの石一つを見て…。石は石でしかない。なのに、三者三様…。そう、人は石そのものに対して、おびえている訳でもなければ、楽しくなっている訳でもないし、心酔している訳でもない。石に被せた己の幻影に反応しているだけである。幻影…そう、初めから恐怖も楽しさも芸術性も、存在していないのである。

 存在していないものを自ら勝手に作り出しては、三者三様のふるまいである。ある意味、愚かと言えば愚かなことなのかもしれない。無いものを勝手に作り出しては、それに翻弄されているのだから。しかし、実際はこんなものではないだろうか?

 人は色々な不安に翻弄される。その根源には恐怖がある。しかし、〝不安の根源にある恐怖〟は…実際のものだろうか?前述の『 こんな石で人の頭を殴ったら…呪われた石だ 』という類の恐怖と、さほど変わらない幻影なのではないだろうか?そして、翻弄されている不安の正体も『 こんな石を見てしまったのだから、不幸が訪れるだろう。イヤ、呪われてしまったのかもしれない 』といった類の不安と、同じようなものではないだろうか?その結果…そんな幻影に翻弄されるがあまり、『 石には関わらないようにしよう、見ない聞かない、傍にもよらない 』といった具合に、行動さえも制限されてしまっているのではないだろうか?しまいには、思い出す度に恐怖にさいなまれ、日々、疲れきって生活してしまう…。こんな具合になっているのではないだろうか?

 先ほど、『 ある意味、愚かと言えば愚かなことかもしれない。無いものを勝手に作り出しては、それに翻弄されているのだから 』と書かせていただいたが…愚かとは言えない部分もある。美味しい漬物をと、歓喜に包まれる場合もあるし、芸術性に心酔することもできる。こちらの方は、思い出す度に良い気分になるし、日々楽しく生活できる。同じ、ただの石を見てである。『 呪われた石だ 』と思えば、恐怖にさいなまれた日々を送ることになる。『 便利な石だ 』と思うと、ワクワク楽しい日々を送ることになる。『 芸術品だ 』と思えば、芸術に心酔する日々を送ることになる。どう思おうと、石はただの石。だったら、ワクワク楽しい日々を送ったり、芸術に心酔する日々を送った方がいいのではないだろうか?どうせ幻影を見るのなら、ワクワク楽しくなる幻影や、芸術に心酔するような幻影の方がいいではないか?石は石でしかない。幻影は自ら作るもの。石自身には何の責任もない。怯えるのも、楽しくなるのも、心酔するのも石の責任ではないのだ。自ら作り出した幻影の責任…イヤ、自らの責任なのだ。そして、自らが選べる、自らが作りだせるものなのだ。

 自分の身に起きる、あらゆる事象にも同じことが言える。石は石でしかないのと同じように、事象には怯える理由も、楽しくなる理由も、心酔する理由もないのだ。人は、その事象に対する怯える幻影、楽しくなる幻影、心酔する幻影を自ら作り出しては、それに反応しているだけである。どうせ作り出せるのなら、ワクワク楽しかったり、芸術に心酔したりする幻影の方が、いいではないか?楽しくなれるか、恐怖に怯えるかは石の責任ではないように、その事象の責任ではない。石は石でしかないのと同じである。そして…石の場合と同様に、自らが好きな幻影を被せることができるのだ。どんな幻影を被せ、そして、それをどう捉えるかは、その人次第なのではないだろうか?。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ