イメージ画像

ジャック・オー・ランタンと国家試験対策

 そろそろハロウィンの季節。街中、いたる所でハロウィン色(?)のオレンジ色が目に鮮やかな中、カボチャやらコウモリやら、蜘蛛の巣やらゴーストやらが、所狭しと暴れまくっているご様子。何度も書かせていただきましたが、我が浅草橋は店頭・店内ディスプレイの問屋街でもあります。当然ながら、お店は商品として売っているわけですから、これまた店頭・店内にディスプレイが所狭しと並べられている次第。もちろん、前述のようなカボチャやらコウモリやら、蜘蛛の巣やらゴーストやらも…一入、暴れ回っている状況。

 ちなみに…ハロウィンと言えば、例のカボチャですが…ご存じのお方も多いと思いますが、あのカボチャは〝ジャック・オー・ランタン〟という名前。日本語にすると、『 ランタンを持った男 』『 ランタンを持ったジャック 』という意味になります。カボチャのランタンの方が主役と思いきや、実は〝持っている人〟の方が主役…少なくとも名前に関しては…。まあ、ハロウィンにおいては確実にランタンの方が主役です。

 では、このジャックさん。何故にカボチャのランタンを持っているのかというと…諸説紛々あるのですが…私が子供のころ本で見た内容と色々な文献からの情報を基に、端的に説明させていただきますと…。昔、乱暴者で口の悪いジャックさんという人がいたそうです。品行方正とは程遠い生活をなされていたそうで、まあ、あまりお友達にはなりたくないタイプ。で、色々とあった結果、最終的に悪魔をたぶらかして、地獄に行かなくていいような約束を取り付けることに成功。本人も『 これで地獄に行かなくていいぞ 』と、かなり喜んだことでしょう。しかし…寿命が尽きて『 さあ、天国に… 』と行ってみたところ、生前の悪行がたたり、天国に入ることを拒否されてしまう。仕方なく、地獄に行こうとしたところ、件の悪魔が出てきて『 約束したから、お前を地獄には連れて行けない 』とのこと。行き場が無くなったジャックさんは、死者と生者の境目の世界を彷徨うはめに。このとき、悪魔が地獄の炎の小さな塊を分けてくれたそうで、この灯りが消えてはいけないと思い、道端に落ちていたカブをくりぬいて、炎の塊を入れ、ランタンの代わりにしたそうです。で、ジャック・オー・ランタン…となった訳です。

 もちろん諸説ありますが…天国にも行けず、地獄にも行けず、かといって現世に戻ることもできない(一説には、現世で悪いことをしたので、戻れない…となっている場合も)。何とも哀れな話というか…地獄にいきたくはない、天国には行きたい…まあ、普通に考えれば、『 だったら、品行方正に生きてみては如何でしょうか? 』となるのですが…それも嫌だったのでしょう。『 品行方正に生きるのはイヤ。地獄に行くのもイヤ。天国に行きたい 』何とも勝手なご意見ですが…『 地獄に行かないようにするには? 』『 品行方正にしなくてもいいには? 』『 天国に行けるようにするには? 』と、アレも取ろう、コレも取ろうと色々と画策した結果…どっちつかずの中途半端な状態…天国にも行けない、地獄にも行けないという厄介な状態になってしまったということ。

 私は国家試験対策に長く関わっていますが、何気に似たような学生さんをよく見かけます。まあ、悪魔をたぶらかし、地獄に行きたくないという、とんでもない内容ではないことは、お分かり頂けると思いますが…。私が言っている『 似たような 』というのは『 ちゃんと勉強するのはイヤ。でも国家試験には合格したい 』というところ。ビックリする方もいらっしゃるかもしれませんが、結構こういうタイプの学生さんが多いのも事実。ちなみに…『 勉強しますよ! 』と言ってはているものの、学校には来ない、勉強も大してしていないとい人も、私はこのタイプと捉えています。勉強しなければ、当然、試験に合格するだけの学力は身につかないのですが…どういう訳か、勉強しない。若しくは、本人は勉強しているつもりのようですが、とてもじゃないけれど、勉強とは呼べる代物でなかったりする。まあ、本人もどこか『 ちゃんと勉強をしていない 』ということは、薄々勘付いているようなのですが…。ここで疑問なのが、ジャックさんに『 品行方正に生きてみては如何でしょうか? 』と言ったのと同じように、『 だったら、しっかり勉強に取り組んでみては如何でしょうか? 』となるのですが…やはり、ジャックさんと同じように、本人はそう考えないようです。『 受かるのに最低限の勉強しかしたくないんですよ 』『 コレだけやったら絶対受かるっていうのをやって下さい 』なんていう、大それた発言をなさる方もよくいらっしゃいますが…こちらの方達もジャックさんとはそう変わらないような気がします。

 そういった〝ジャックさんタイプ〟の学生さんに限って、アレやコレや手を出すパターンが多いのも事実。チョット勉強してきたかな…と思うと、前と違うやり方をしている。で、違う方法を始めたのかな…と思っていると、またそれとは違うやり方をしている。やり方といっても千差万別で、『 コレ! 』とは一概には書けないのですが…まあ、例えばプリントを基に勉強していたかな…と思ったら、次は要点集を基に勉強していて…またしばらく経つと過去問集で勉強していたり…。もちろん『 プリントでやった内容を、要点集で調べて、そこの過去問を… 』といった関連性のある連続的な勉強ではありません(まあ、関連性があったとしてもあまりお勧めできない勉強方法ですが…)。その場、その場の思いつきで、無計画にやっている。一つのことが続けられずに、目移りしてアレコレ手をつけてしまう。そんな感じです。

 現代は情報社会。ネットや様々な情報源から、無数の情報が飛び交う時代です。そして、その無数に飛び交っている情報に警鐘を鳴らしている人が、多くいることも確かです。その警鐘に関しては、国家試験対策においても同じこと。無数の情報が飛び交ってはいますが…眉唾ものどころか、とんでもないいい加減な情報…イヤ、全くの嘘が流されているのも事実。『 何でこんなことを… 』と真剣に思ってしまうような嘘が、平気でまかり通っている事には絶句してしまいます。そういった〝困った情報〟のほとんどが、〝美味しそうな話〟であるから厄介。早い話『 こうやると合格しますよ 』だとか『 こうやれば成績が伸びますよ 』といった類。さらに『 簡単に 』『 すぐに 』なんていう修飾語が付いてしまうから、厄介なことこの上ありません。往々にして詐欺というモノは『 こうやると儲かりますよ 』だとか『 こうやれば資産が増えますよ 』といったもので、さらに『 簡単に 』『 すぐに 』なんていう修飾語が付いてしまうのも、お約束の話なのですが…。

 で、そんな修飾語が付いた〝美味しそうな話〟に飛びついてしまい…まあ、前述のようにそんな〝美味しそうな話〟は無数に飛び交っている訳ですから…見つける度に『 これがいい 』『 あれにしよう 』と飛びついてしまい、結局は何も身に付かなかった…という状況に陥ってしまう。何気に、そういう方は少なくないのです。

 確かに効率のいい勉強は必要ですが、ご存じのように試験対策というモノは、そう簡単にホイホイと進んでいくものではないのです。やはり、地に足をつけて勉強していくのが、一番の近道であることは間違いありません。天国に行きたいのなら、日々、品行方正に生きるというのと同じこと(宗教的観念からではなく、一般的な考え方として捉えて下さい)。それがイヤだからと、『 そんなことしなくても、国家試験に受かる方法を… 』と考えてしまうと…ある意味、やっていることはジャック・オー・ランタンに近いもの、となってしまいます。地に足をつけて勉強するのではなく、ネットの情報に振り回され、アレやコレやと手を出しているうちに…ジャック・オー・ランタンのように、どこにも行くことができず、中途半端な所を彷徨い続けてしまう…そんなことにも成りかねないのです。

 そんなジャック・オー・ランタンですが、一説には旅人の道案内をしたり、悪霊を払って善霊を呼び寄せてくれたりもするようです。ジャック・オー・ランタンが、まだ〝ジャックさん〟だったころは悪行三昧だったようですが、どうやらジャック・オー・ランタンになってからは、人のために働いてくれるよう心を入れ替えたみたいです。これから試験対策に臨む人で、もし〝ジャックさん〟の様な考えをお持ちでしたら、心を入れ変えて、彷徨うジャック・オー・ランタンではなく、人のために役に立ってくれるジャック・オー・ランタンの方になって欲しい。そう思っている次第です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ