イメージ画像

何故、試験対策において夏休みは重要なのか?

 以前、ブログ『 夏休みは国家試験の天王山! 』で、受験生にとって如何に夏休みが重要か?ということを書かせていただいたことがある。学習指導を依頼され、色々な場所で指導する機会も多いが、やはり夏休みが如何に重要であるかは、口酸っぱく言っている。では、何故受験生にとって夏休みが重要なのだろうか?この問いに、的確に答えることができる人は少ないと思う。

 『 夏休み位から、皆、国家試験の勉強を始めているみたいだ 』との情報で、夏休みあたりから薬剤師国家試験対策に本腰を入れる人は多い。確かに、夏休み明けから始めるとなると、正直、チョット遅いといっていい。ただ昨今は、卒業試験が早めに行われるのに伴い、国家試験対策にも早めに取り組む人が増えているようである。卒業試験のほとんどが、国家試験にリンクしたものとなっている以上、卒業試験対策を行うことは、それ即ち、国家試験対策を行うこととなる。皆それも十分承知の上で、『 国家試験対策=卒業試験対策。卒業試験が秋に実施されるのだから… 』と、夏休み前からに試験対策に取り組むのだろう。理由はどうであれ、試験対策に早めに取り組むことはいいことである。

 夏休み前から試験対策に取り組む人は増えているが…それでも、やはり受験生にとって夏休みが重要であることは変わらない。それは何故だろうか?おそらく多くの人が『 学校が休みなので、試験対策だけやっていればいい。つまり、試験対策に多くの時間をかけることができるから 』と答えるだろう。確かにそれもある。本来、大学の講義がある時間も、試験対策に使うことができる。復習やら課題もないわけだから、普段よりは、試験対策にウエイトをかけることができるのは確かである。しかし、この『 夏休みは試験対策にウエイトをかけられるから 』という理由は、どちらかというと『 受験生にとって夏休みは重要である 』の脇役的理由であり、本質ではない。受験生にとって夏休みが重要であることには、もっともっと大きな理由があるのだ。

 先に答を言ってしまおう。受験生にとって夏休みが重要なのは『 自分自身で自分を管理して生活することができるから 』ということ。もっと分かり易く言うならば、『 自分で自分を管理することができるから 』ということである。

 試験対策において、もっとも重要なことは『 自分自身を如何に管理できるか? 』である。何時に寝て、何時に起きて、何時から何時まで何を勉強して…という自己管理が試験対策にとって、何よりも重要なのである。自分自身を管理できない人間は、試験対策に向かない…と言うよりは、試験対策が出来ない人間である。当たり前であろう。好きな時に寝て、好きな時間に起きて、勉強する時間も何を勉強するかも決めないような、場当たり的な生活をしている人間に、試験対策などできる訳がない。私が常々『 生活管理が重要 』と指導しているのは、そういった観点からである。

 普段は学校があるから、起きる時間や寝る時間、勉強時間などはこちらが意図しなくても、何気に決まってしまう場合が多い。つまり、あえて自分で管理しなくても、それ相応の生活管理ができていたということ。しかし、夏休みは学校が休み。意図しなくても、それ相応の生活管理ができていたが、今度は自分で意図的に管理していかなければならない。ここで〝自分自身を管理する能力〟が試されることになる。もちろん、すでに〝自分自身を管理する能力〟を身に付けている人間にとっては、夏休みは更なる磨きをかけることできる機会となる。

 夏休みで、しっかりと自分自身を管理することを身に付ければ、試験対策はスムーズに進む。卒業試験間近、国家試験間近では、ほとんどの場合が学校の束縛はなく、自分自身で対策を行っていかなければならない。それゆえ、『 如何に自分自身を管理して試験対策を進めていくか 』ということが、非常に重要になってくる。そう、『 誰かが試験対策をやってくれる 』のではなく『 自分自身で試験対策を進めていく 』ことになるのである。前述のように、学校がある場合は意図しなくても、ある程度は管理されている状況であったが、今後は自分で自分を管理していくことが求められるということ。

 『 管理する 』ということは、当然、〝管理能力〟というモノが求められることになる。能力であるから、身に付けなければならない。身に付けるためには、実際に試行錯誤してやってみるという行動が必要になる。それができるのが、夏休みということになる。中には、初めて『 自分を管理する 』ということを、行う人もいるのではないだろうか?

 『 自己を管理する 』と聞くと、何やらとてつもなく大事(おおごと)に聞こえるが、何のことはない。前述のように、何時に寝て、何時に起きて、何時から何時まで何を勉強して…と計画を立て、その通り実践していけばいいだけである。さほど難しいことではない。しかし、今までそういったことをやってこなかった人間…例えば、寝る時間や起きる時間が決まっていない、行き当たりばったりで勉強して来た…そういった人にとっては、少々難しいものになってしまう。だからこそ、夏休みから『 何時に寝て、何時に起きて… 』といった、自己管理能力を身に付けておくことが重要なのである。もちろん、すでに身に付いている人間は、『 どこまでやることができるか? 』と、更に管理を強化してみることも悪くはない。あまり無理をする必要もないし、ある程度自分のやり方が決まっているのに大幅に変更する必要もないが、微調整しながら、より良き状態に持っていくことは悪いことではない。そこから、また新たなるやり方が見つかる可能性もあるのだから…。

 もう一度言わせていただくが、受験生にとって夏休みが重要なのは、『 自己管理能力を身に付ける、または身に付いている自己管理能力をパワーアップできるいい機会だから 』である。この機会を逃してしまうと、次の機会は冬休みということになるが…正直な話、冬休みはそれどころではない。と言うか、冬休みまでにはしっかりとした自己管理による試験対策を行っていき、それ相応の学力を身に付けておかなければならない。冬休みに自己管理能力を身に付けるとなると…正直、手遅れであると言っても決して過言ではない。やはり、夏休みが自己管理能力を身に付ける最後のチャンスと言ってもいいだろう。試験対策を行っていくには、どうしても自分で自分を管理していくということが必要になる。そのためにも、その最後のチャンスである夏休みを有意義に使ったもらいたい。そして、自分を管理する能力をしっかりと身に付け養ってもらいたい。そう思っている所存である。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ