イメージ画像

奇妙な…漬け丼。

づけ(漬け・漬):醬油につけたマグロの赤身のにぎりずし。また、その赤身。

大辞林 より

 

 ブログでも何度か書かせていただいているが、浅草橋は何気に飲食のお店が多い街。おまけに、名だたる名店もチラホラある街で、何気に飲食には困らない。もちろん、料金的にもリーズナブルなお店が多く、塾生さん達も気安く利用できる次第で。実際、『 せっかく浅草橋に来る機会が増えたのだから、この際、この付近の美味しいものを… 』と、あちこちのお店で舌鼓を打っている塾生さんも少なくはない。

 そんな浅草橋であるからして、飲食店の入れ替わりも決して少なくはないし、新規出店のお店も何気に多い。まあ、利用するこちらとしては『 おっ、新しい店が出来たのか(or新しい店になったのか) 』と、ランチのネタが一つ増えると同時に…『 どんな美味しいものを、食べさせてくれるのやら… 』と、お店に行くまでの、楽しみも一入。もちろん…そんな期待していたお店であっても、全てが当たりという訳ではないことも、これ然り。悲しいかな『 なんか…今一つだな… 』なんていうことも、全くない話ではない。中には…極めて遺憾な状態…となってしまうお店も…。

 まあ、お店の詳細は避けさせていただくが…そんな浅草橋に、あるお店が登場した。新規出店なのか、移店なのか、改装したのか…まあ、そういった詳細はここでは省かせていただくことにする。内容が内容だけに、あまりお店を特定できるような情報は与えない方がいいのと思うからである。そこは、以前書かせていただいたブログ〝驚きのラーメン〟の中にある『 当然ながら、その店の名前も出さなければ、詳細な場所も出さない。特定できる内容は一切排除して書かせてもらおうと思っている 』という趣旨と、全く同じに書かせていただこうと思っている。

 で、そのお店。『 おっ、こんな店が出来たのか。じゃあ行ってみようか… 』位のチェックは入れておいたのだが…いざ、言って飲食してみたところ…ハッキリ言わせていただくが、全てにおいて今一つ。その割に、値段の方は、今一つ高いような…。料理の出し方にも、今一つ納得のいかない所がある。まあ、気分も含めて、トータルとして『 全てが今一つ 』のスッキリしない状況のお店ということ。で、『 今度は値段もリーズナブルな〝漬け丼〟にしよう 』となった訳だが…今思えば、ここから全ての出来事は始まっていた…運命の歯車は回りだしていたのかもしれない…。

 で、先日。そのお店に入り『 漬け丼! 』と注文したのだが…。やはり料理の出し方には、今一つ疑問が拭えないような状況。まあ、それは取りあえず横においておこう。やはり『 如何に舌鼓を打てる料理か? 』かが、大切なのであるから…。で、運ばれてきた漬け丼を見るや否や…第一に思ったのが『 コレ…何の漬け丼? 』。前述のように、基本〝漬け丼〟はマグロである。しかし、目の前の丼の上に乗った魚は、どう見てもマグロではない。では、この魚は何?そう、漬け丼の魚が何か分からない…。こう見えても、私の父は寿司職人で、私の実家は元寿司屋。多少の魚は見て分かるはずである。そんな私が分かるのは…『 これはマグロではない 』ということ。まあ、確かに『 漬け 』と一口に言ったところで、マグロに限らず色々な『 漬け 』あるのは事実。サーモンもあれば、サバもある。マグロに限ったことでないのは、十分承知なのだが…この魚はいったい何であろうか?

 そして、何故かその漬けの魚には…とろみがついている…。そう、あの〝とろみ〟…手っ取り早く言えば、あんかけのチョット薄いやつである。確かに、味醂を入れた場合、多少、料理に〝テカり〟が出る場合もなくはない。しかし…これはテカりではなく、どう見ても〝とろみ〟…あんかけのチョット薄いやつである。『 何故だ?何故、漬け丼の魚がマグロじゃない…のは、まあいいとしても〝とろみ〟が付いているのは何故だろう? 』疑問が疑問を呼ぶ料理である。

 まあ、どんな魚であれ、一口食べてみれば、大概にしてその正体は分かるはずである。とろみの謎とて、解けるかもしれない。と、漬けの魚を一口食してみると…分からない。分からないぞ、この魚?なんだ、この魚は?『 なんだ、魚の味も分からないのか! 』と叱咤されそうだが…『 イエイエ、違うんです。魚の味がしないんです 』と言ったところか?そう…魚の味がしない…これじゃあ、何の魚か分かるはずもない。しかし驚愕の事実は…私が魚を口にしたとき、一番に感じたのが『 何だ、この魚? 』ではないということ。私が一番に感じたことは…『 この漬けは…なんでこんなに生温かいの…? 』。〝漬け〟とはいえ、刺身の一種である。そう考えれば、当然、そこそこ冷えているものを想像するのが普通…っていうか、〝漬け〟と言ったところで生モノなんだから、冷えているのは当然であろう。それが…生温かいのである。『 多少温かい 』でもなければ『 ご飯の上にあるから温かい 』でもない。生暖かいのである。そう、目の前にあるのは、生暖かい正体不明の魚…。

 いや、それどころではない。私が頼んだのは漬け丼である。〝漬け〟とは前述にあるように『 醬油につけたマグロの赤身 』である。最近は醤油ではなく、そのお店独自のタレで漬け込むそうだが…そのタレの味もしない…。魚の味もしなければ、タレの味もしない…。なんだか生暖かい、何かの魚の肉が口の中にある…それも何の味もせずに…。食べながら考えた…『 何を食べているのだろう?何の魚か分からない…何の味もしない…そして生暖かい… 』と…。そこで、ご飯をほおばると…おおッ、美味しい!ご飯と刻み海苔の味が…って、漬けの味は全くしていないじゃん!何で漬けを食べているのに、こんなにご飯と刻み海苔の味が新鮮なんだ!で…美味しい、美味しいと、ついほおばってしまうご飯と刻み海苔…。

 何キレ食べても、魚の味もしなければタレの味もしない、そして生暖かい〝漬け〟…。でも、ご飯と刻み海苔があるから大丈夫か…と、本末転倒というか、手っ取り早く言えば支離滅裂な状況で、おそらく本人もどこかショートしてしまった状況だったのだろう。そんな中…さすがに、ご飯と刻み海苔の味にも飽きてきた。かといって〝漬けと称する何か(恐らく魚)の肉〟は味がしない。どうしようかと思って丼の横を見ると…おおっ!漬物があるではないか!では、これで味を補おう。ということで、正体不明の肉を頬張りながら、漬物を食することに。なるほど、漬物の味がして美味しい。そうか、そのためにこの漬物は供えられているのか…と、全く違う理由であろう漬物の添付でさえも、妙に納得してしまうトランス状態に陥っていたのである。

 私は、基本食べものを残すのは嫌いなので、何とか完食しようとするタイプ。御多分に漏れず、この〝とろみのかかった何の魚か分からない、味のしない生暖かい漬けで食べる、刻み海苔とご飯、そして漬物がおいしい漬け丼〟も完食させていただいたのだが…店から出るや否や、一番に思ったのは『 お腹、大丈夫だろうな… 』ということ。確かに傷んでいる訳ではなかったし、妙な味がしたわけでもない(むしろ、味は全くしなかったのだから…)。でも、そんな〝生暖かい正体不明の味のしない漬け〟を食べたからには、やはり不安が付きまとうのも事実。まあ同じような状況なら、誰だってそうであろうとは思うのだが…。幸にして、お腹の方は何ともなかったのだが、自分の中には『 何ともなかった 』では済まされないような、驚愕の事実が残ってしまったことは事実である。

 漬け丼とは、ある意味シンプルな料理である(もちろん、シンプルであっても手間暇かかる料理であることは間違いない)。今回は、ある意味シンプル過ぎたのだろうか?冷やしもしなければ、魚の味も分からない(というか、魚が何かも分からない)。タレの味だってシンプル…というか、シンプル過ぎて何の味もしない。そして、ご飯と刻み海苔の美味しさを堪能できる〝漬け丼〟。シンプルと言えばシンプルなのかもしれない。しかし、こうなると果たして、それを〝漬け丼〟呼べるかどうかは、正直疑問である。まあ、ほとんどの人はそれを〝漬け丼〟とは呼ばないだろうが、店のメニューには〝漬け丼〟と、しっかり記載されている。ということは…やはり〝漬け丼〟なのだろうが…。まあ、私から言わせていただくならば、それは〝奇妙な漬け丼〟。そう言わざるを得ないような…そんな気分なのである。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ