イメージ画像

磨穿鉄硯

 ブログタイトルのタイトル。『 ませんてっけん 』と読みます。意味は…

 

強い意志を持ち続けて、達成するまで変えないこと。または、休まず学問に励むこと。

四字熟語辞典オンライン より

 

もともとは『 鉄でできている硯をすり減らして、穴をあけるほど勉強する』という意味です。

 薬進塾 第103回薬剤師国家試験対策・一年コースが、29日(月)より開講しました。29日は学力診断の後は、時間をかけて学習指導を行いましたが、新塾生の皆さん、誰もが真剣なまなざしで指導を受けていました。昨日、今日と早速講義を始めていますが、やはり緊張感みなぎる講義だったと感じています。皆が、合格への堅固たる意志を持っている。それが、ひしひしと伝わる3日間だったと思います。『 そりゃあ始まって間もないのだから、それも当然だろ 』と言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、確かに、それも至極ご尤もな話ではあります。

 講師生活の長い私ではありますが、毎年のようにため息交じりに考えてしまうことがありますす。それが『 入った時は、頑張っていたのになぁ 』ということ。前述のように、予備校に入ったときは、誰もが合格への意志をしっかりと持ち、獅子奮迅の勢いで試験対策に取り組んでいるのですが…。時間が経つにつれ、その勢いはどこへやら…といった困った学生さんが、毎年といっていいほどいるのです。もちろん、色々な指導の下に、再び勢いを取り戻してもらうよう、こちらも切磋琢磨するのですが…。その指導の度に『 あの勢いは、合格への熱い思いは、どこに行ってしまったのだろう? 』と思ってしまうのです。

 鉄でできている硯をすり減らして、穴をあけるほど勉強する。今は『 硯で墨をする 』といっても、ピンとこない人も多いかもしれません。昔は硯に水を張り、その中で固形の墨をすって液体の墨を作ったのです。硯の材質には色々なものあるのですが、ここで言われているのは鉄でできた硯(ちなみに現在は、プラスチックやセラミック硯などもあるようです)。〝墨〟というものは〝削られるモノ〟であって〝削るモノ〟ではありません。とてもではありませんが、鉄製の硯など、削りすり減らすことなど、おいそれとはできるはずがありません。ご存知のように、昔は筆・墨を使って勉強していたわけですから、勉強すればするほど墨は消費されることになります。つまり、勉強すればするほど、墨が必要になる。必要だから、墨をする。つまり、勉強量が多くなればなるほど、墨をすらなければなりません。硯にさえ穴をあけてしまうほど墨をすり、勉強をする。それが、ブログタイトルの磨穿鉄硯の意味です。

 磨穿鉄硯の本筋は、確かに勉強の量にあると思います。しかし、ここで言う〝勉強の量〟は、もう一つの意味である『 強い意志を持ち続けて、達成するまで変えないこと 』からも伺えるように、〝勉強を長く続けた結果の量〟ということだと思います。休まずに、少しずつ長く続けた結果の量…墨を一すり、一すり何度もすっているうちに、気がつけば硯に穴が開いてしまう。勉強の量云々もありますが、休まずに続けることの意義。これが磨穿鉄硯の伝えたい本筋だと、私は思っています。休まず学問に励むこと。そう、一気にするのではなく、一すり、一すり休まずに、何度もすっていく…。

 前述の〝獅子奮迅の勢いが減速してしまった学生さん達〟から話を聞いてみると、『 結果がなかなか出なくて、やる気が失せてしまって… 』といった声が、何気に多いのが事実です。合格へ向けてやる気満々で初めては見たものの…なかなか結果が出ない。思うように成績が伸びない。その焦りに捉われ、不安に翻弄されるが結果、試験勉強の手が止まってしまう…。そういった状況に陥ってしまったようです。気持ちが分からなくもありません。確かに、苦労をしている日々の中、それ相応の結果を求めるのは当たり前の話ですし、学力向上を期待するのも尤もな話です。しかし、結果というものは、おいそれと形となって、目に見えるものとなって表れるものではありません。確かに、すぐに表れる場合もありますし、そういう人(結果がすぐに表れる人)がいることも確かです。しかし、そうではない場合、そうではない人の方が圧倒的に多いのが事実なのです。

 私は塾生さんによく言います。『 結果が出るには、それ相応の時間がかかると思ってください 』と…。一すり、一すりと墨を何度もすっているからこそ、硯に穴が開いてしまう。穴が開かないからと手を休めると、硯に穴が開くことはないでしょう。穴があかずとも、手を休めずに続けなければならない。初めは血気盛んに墨をすってはいたものの、結果が出ないからと手を休めてしまう。前述のように、結果がすぐに形となって表れることなぞ、滅多にあるものではありません。ここは一つ、墨をすり続けることに専念する、つまり勉強を長く続けることに専念してみてはいかがでしょうか?専念しているうちに、気がつけば硯に穴が開いていた…なんていう結果を手にすることが出来るはずです。

 第103回薬剤師国家試験対策・一年コースの新塾生の皆さん達も、この3日間で見せた〝合格への堅固たる意志〟を忘れずに、試験対策に取り組んでもらいたいものです。まさに磨穿鉄硯、『 強い意志を持ち続けて、達成するまで変えない 』そういった気持ちで、これからの試験対策の日々を過ごしてもらいたい。そして、合格をつかみ取ってもらいたい。そう切に願っている次第であります

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ