イメージ画像

他人の言葉に翻弄(ほんろう)されない。

 先々週、そして先週のブログの内容は、どちらも人間関係で苦労している人への、チョットしたアドバイスといった感じで書かせてもらいました。ところが、何気に反響が大きかったようで。やはり、皆さん人間関係では苦労しているんだなと、つくづく感じさせられました。今も昔も、誰かが発した言葉に翻弄されたり、色々言われて嫌がらせをされたりする人は少なくないようですね。私が講師を始めて、何人の学生さんから「他人が発した言葉」が原因で泣きつかれたことでしょうか。「なぜ、そんなことを言うんだろうな」と、泣きながら相談に来る学生さんを前に、悲しい気持ちになったことも何度もあります。もちろん学生さんだけではなく、私の仲間や時には私自身が「他人の言葉」の対象となって、嫌な気持ちになったことも数知れません。悲しいかな、世の中には自分の考えや思い込み、個人的な見解をあたかも真実として流布する人がいるのです。そうやって、自分の思い通りに人を動かしたり(この「人を動かす」の中には「人を傷つける」という行為も含まれています)、自分のいいように事を運ぼうとする人がいることも、やはり悲しい現実なのです。

 では、どう対処すればいいのでしょうか?一番いい方法は「自分自身がその言葉を受け取らない」ということです(学生さんにも、そうアドバイスしています)。それが真実でなければ、なおさらです。相手の言葉を受け取ってしまうから、自分自身傷ついたり、翻弄されてしまうのです。受け取らなければ、発せられた言葉は、その効力を発揮しません。自分の耳に入ってこない陰口では傷つきませんよね?「耳に入ってこない陰口は受け取ることが出来ない」からです。もっと分かり易く言うと…道を歩いていて、悪ガキから「バ~カ」なんて言われたことが誰しも一度はあるはず。その時に「バカと言われた」って傷つきますか?言われたことを思い出しては、いつまでも悲しみますか?まず、そういう人はいないでしょう。言われた時「なんだ、このガキは!」位に思って、その後は忘れてしまうでしょう?何故、傷つきもせず、忘れてしまうのでしょうか?それは、その言葉を受け取らないからです。誰だって悪ガキの悪態なんか、まともに受け取らないでしょう?人の言葉は、あなたが受け取った時に、初めてその効力を発揮するのです。だから、あなたがその言葉さえ受け取らなければ、あなたは何ら傷つくことはありません。「でも、どうしても気になってしまう」という人。なぜ、そんなに〝あれやこれや言う人〟の存在を気に留めるんですか?〝自分の考えや思い込み、個人的な見解をあたかも真実として流布する人〟なんて、近所の悪ガキと同じ位の存在ではありませんか?いや、同じ存在だと思って、同じように対処すればいいだけの話です。受け取らない…他人の言葉で傷ついたり、翻弄されないためには、自分自身の気構えというものが大事になってくるのです。それさえしっかりしていれば、他人の言葉など、いくら浴びようとも、あなたに対して何の効力も発揮することはないのです。

 情報時代と言われる現代。情報と称する色々な言葉が飛び交っています。でも、果たしてどれほどのものが真実なのでしょうか?前述のように、世の中には自分の考えや思い込み、個人的な見解をあたかも真実として流布する人がいます。そういった〝情報とは呼べない言葉〟である流言飛語に、翻弄される人も少なくはありません。そんなご時世で大切なことは、やはり自分自身の気構えなのです。翻弄されるか否かは「しっかりとした気構えで、その情報・言葉を受け取るか否かを見極めること」が重要になってくると思います。これは、学校生活や国家試験対策だけではなく、社会の中で生きるためにも必要なことなのです。自分の目で耳でしっかりと判断する、他人の言葉に翻弄されない。これは、あなた自身の気構え一つにかかっているのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ