イメージ画像

〝分からないこと〟は〝悪いこと〟ではない。

 先日、一年コースの塾生さんから『 どうやって勉強していけばいいのか分からないんです 』という相談をされました。実際、このような相談は多いのですが…。この質問を受けた時、正直、嬉しかったのが事実です。何故、嬉しいのか?前述のように、勉強のやり方が分からないという人は何気に多いのです。ところが、それを自ら相談してくれる人は、圧倒的に少ないのが事実です。相談してくれれば、こちらも学習指導を行い、『 どうやって勉強していくか? 』『 復習はどうやるのか? 』等を指導していくことができるのですが…何の相談もなければ、指導のしようがありません。もちろん、定期的にマンツーマンの個人学習指導を行ったり、普段の学習状況を見たりして、『 どうも分かっていなさそうだ 』と判断した時には、それ相応の指導をするのですが…。それでも、やはり本人が直接口にして伝えてくれるのが、一番手っ取り早いのです。でも前述のように、相談してくれる人が少ないのが現状なのです。そこが困ったところなんですが…。

 では、何故、『 どうやって勉強していけばいいのか分からないんです 』と相談に来てくれないのでしょうか?理由はいくつかあるみたいですが…1つは『 そんなことを相談するのはチョット… 』という場合が多いようです。『 今更、勉強のやり方が分からないなんて、聞くのが恥ずかしい 』『 この年になって、勉強のやり方を聞くなんて恥ずかしい 』といったご様子。別に大学を卒業してきていようが、歳がいくつであろうが、分からないことを聞くのは恥ずかしいことではないと思いますよ。〝経営の神様〟の異名を持つ松下幸之助は、生前、次のようなことを話しています。

 

 もし、(学校を)出ておれば、わしは人に尋ねるのも恥ずかしいと思うやろうし、あるいは人に聞く必要もないと思ったかもしれん。けど幸いにして学校へ行っていないからね。そういうことであれば、人に尋ねる以外にないということになるわな。それで経営も商売も、人に尋ねながらやってきた。それがうまくいったんやな。

 

分からないなら聞けばいいだけの話です。何ら恥ずかしいことではありません。私も分からないことがあると、すぐ人に聞きます。あまりに聞きすぎるので『 少しは自分で考えろ 』とお叱りを受けることも、しばしば(笑)。まあ、確かに、何でもかんでもすぐに聞いてしまうのは、あまりよろしくないかもしれませんが、〝分からない〟が〝悩み〟にまで成長したのなら、やはり聞くのが一番ではないでしょうか?そこには〝恥ずかしさ〟というものはないと思います。

 私の中には〝塾生さんには言ってはいけない言葉〟というのがいくつかあります。そして、それは薬進塾の講師陣にもしっかりと伝えています。まあ、薬進塾の講師は、皆、ベテラン講師。私に言われるまでもなく、そういった言葉は使いませんが…。そんな、いくつかある〝塾生さんには言ってはいけない言葉〟の中に『 こんなこともわからないの? 』という言葉があります。前述のように、私は言いませんし、薬進塾の講師でこの言葉を使う人はいませんし、当然、口にしているのを聞いたこともありません。私も他の講師も『 分からない人間に教えるのが自分たちの仕事。だから、相手にしている人間が何が分からなかろうが、関係ない。同じように、塾生は分からないから(薬進塾に来て)学んでいるんだから、別に分からないからといって、何ら非があるわけではない 』と考えています。そう、〝分からないこと〟は〝悪いこと〟ではないのです。〝悪いこと〟ではないのですから、責められる謂れ(いわれ)もなければ、蔑まれる謂れもありません。むしろ、せっかく『 何でだろう? 』と芽生えた学力向上意欲の芽を、『 こんなこともわからないの? 』と摘み取ってしまうことの方が、よっぽど責められなければならない行為だと思っています。

 第一『 こんなこともわからないの? 』と言うから、質問に来なくなってしまうのです。まあ、質問に来てほしくない講師だとか、質問に対応する力がない講師だとかには、必須アイテムの言葉でしょうが…(もちろん薬進塾には、そんな講師は一人もいません!)。『 自分たちの仕事は、学力をつけて合格へと導くこと 』そういった認識があれば、『 こんなことも… 』といった発言は為されないと思いますが…。

 『 「どうやって勉強していけばいいのか分からないんです」と、何故、相談に来ないのか? 』といった、前述の疑問の答えもここにあると思います。『 こんなこともわからないの? 』と蔑まれたり、話を濁すような対応をされたりするからではないでしょうか?つまり、『 どうやって勉強していけばいいのか? 』の明確な答えが与えられないから、相談に来なくなってしまう。ましてや、前述のような蔑まれる発言をされるとなると…、黙っていた方がいい。それが、『 どうやって勉強していけば… 』と相談に来ない真相だと思います。学習指導のページでも書かせていただいていますように『 誰もが学習指導ができる 』とか『 予備校の講師をやっているのだから、学習指導ができる 』とか、そんな簡単なモノじゃないんですけどね、学習指導は…。だから、相談されても、話を濁すような対応をしてしまう…。そして、それが学習指導というモノだと思ってしまう…。まあ『 本物の学習指導 』を知らない人にとっては、『 紛い物の学習指導と称するモノ 』を、学習指導と捉えてしまうのも致し方ない部分はあると思いますが…キチンと学習指導を行っている、こちら側としては、やはり〝騙している側〟の悪行に対し、憤慨するものがあるのは確かです。

 5月30日から、薬進塾 第102回 薬剤師国家試験対策 一年コースが始まります。初日の30日は、学習指導だけで70分2コマの時間を費やしています。実は、これだけでは終わらないので、3日の金曜日にも学習指導が行われます。『 学習指導をそんなに… 』と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、何事においても『 どうやって行っていけばいいのか? 』の説明は、事を始める上でとても大切なことです。ここで、しっかりとやり方を説明しておかなければ、物事は進みませんから…。そこの学習指導でも、いつものように『 分からないことがあったら、必ず質問してください 』ということを強調して説明していこうと思っています。〝分からないこと〟は〝悪いこと〟ではありませんし、『 質問する 』ことは恥ずかしいことではないからです。そこの所をしっかりと胸に刻んで、国家試験対策に臨んでいってほしいと思っている次第です。

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ