イメージ画像

酔ってはいけない-その1。

【酔う】

 1.飲んだ酒のアルコール分が体中にまわり、正常な判断や行動がとれなくなったりする。

 2.乗り物に揺られたり、人込みの熱気に当てられたりして気分が悪くなる。

 3.そのことに心を奪われてうっとりする。また、自制心を失う。      デジタル大辞泉より

 

 私はお酒を飲みます。どちらかと言うと…というより確実にお酒が好きなタイプです。皆さん「お酒が好きな人」というと、どうもへべれけに酔っている人や、顔を真っ赤にして周りの迷惑顧みず、うるさくしゃべっている人なんかを想像しますが、私はどちらかというと、そういう酔い方は嫌いな方です(ちなみに〝へべれけ〟の語源・由来はギリシャ語の「へーベ〔青春をつかさどる女神〕のお酌」からです)。「ほろ酔いがズ~ッと続くように調節して飲む」そういう飲み方が好きですね。へべれけになってしまいますと、自分で自分の状況が分からなくなってしまいますし、次の日に記憶が定かでない、なんてことになってしまいますから。私的には、考え方も意識もはっきり分かる、もちろん楽しみや嬉しさもしっかり分かる状況で飲むのが好きなのです。せっかく楽しい状況なのに、あまりにも酔ってしまってそれが分からないなんて、もったいない気がするんですよね。やはり、ほろ酔い加減で、楽しみや嬉しさもしっかり分かる状況を味わえる飲み方が、一番良いと思っています。

 この仕事を長く続けていると、時たま〝酔っている学生さん〟に出会います。酔っているといっても「酒飲んで酔っ払っている学生さん」ではなく、冒頭の【酔う】でいうなら③、「そのことに心を奪われてうっとりする。また、自制心を失う」方の〝酔っている〟です。余談ですが、①の方の〝酔っている〟学生さんにも出会ったことはありますよ。酒飲んで講義受けるなんて、よほどの大物と思うんですが…褒められた行為ではありません。やはり非常識な行為なので、皆さんは決してやらないようにして下さいね。で、話を元に戻しますと…③の酔っている学生さん、何に酔っているかというと…大きく、この二つに酔っている場合が多いのです。1つは「自分は出来るんだ(成績が良いんだ)」と酔いしれているパターン。もう一つは「自分は勉強していますよ」と酔いしれているパターン。

 「自分はできるんだ(成績が良いんだ)」と酔いしれているパターンですが…講師の立場から言わせてもらいますと…往々にして「それほど成績は良くない」という場合が多いのです。イヤ、それどころか「今一つ乗りきれていない成績だな」と危うい場合の方がほとんどなのです。本人が何を根拠に「成績が良い」「できる」と思っているかは定かではありませんが、少なくとも酔いしれるほど成績がいいという状況でないことは確かなのです。

 しっかりと学力がついて、成績も安定している学生さんは「自分はできるんだ(成績が良いんだ)」と酔いしれることは、まずありません。酔いしれるどころか、まだまだと先に進んでいきます。それに従い、成績もさらに向上していきます。酔いしれている人は、例え試験等で一度はいい成績をとったにしても、そこで停滞してしまう場合が多いのです。冒頭の③にあるように〝酔う〟とは「自制心を失う」こと。自分を制御できないということは、必要なモノを見逃したり、大事なことをとりこぼしてしまうという状態にあるのです。1点でも多く取らなければいけない国家試験において、これは致命傷になりかねないことなのですが…。

 先ほど「何を根拠に『成績が良い』『できる』と思っているかは定かではありませんが」と書きましたが…定かではないのですが、見えてくるのは「成績が良いと思いこみたい」「できると思いこみたい」という心情。そう思い込まなければ、不安でたまらないという人が何気に多いのです。気持ちは分かりますよ。でも、思い込んでいてばかりいても、何にもなりません。自分はどこができないのか、どこが分かっていないのか、何をやらなければならないのか、etc…。知ってしまえばショックを受けることもあるだろうし、その量の多さに途方に暮れてしまうこともあるかもしれません。でも、思い込んでだけいても、それらが解決される訳ではないのです。しっかりと原因を見定めさえすれば、何らかの対応策を打ち出すことができますし、そちらの方が、よっぽど「成績が良くなる」につながる行為なのです。

 「自分はできるんだ(成績が良いんだ)」と酔いしれている人には、「ある教科の一範囲、またはある教科だけ良くできる・成績が良い」という人も往々にしています。これも、成績が良い部分だけを見て「成績が良いと思いこみたい」「できると思いこみたい」というパターンなのですが…。成績が良い分野や教科があることは悪いことではありません。しかし、そこだけしか見ないという行為は、いささか問題のある行為です。残念ながら薬剤師国家試験は、1教科試験ではありません。総合点で合否が決まる試験ですし、足切りも存在する試験です。前述のように、出来ない範囲や出来ない教科を知ることは嫌なことかもしれませんが、それをしなければ、なんら対応策を見つけ出すことは出来ないのです。対応策が見つけられない限り、やはり「成績が良い」という状況からはかけ離れてしまうこととなるのです。

 では「自分は勉強していますよ」と酔いしれているパターンは?それは次回の講釈ということで、来週のブログで書きたいと思っている次第です!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ