イメージ画像

牛丼の美味しい時間。

 最近、牛丼を良く食べるようになりました。実は私の出身地、牛丼屋さんが極端に少ないのです。それでも最近は見かけるようになりましたが、やはりこちらと比べるとその店舗数はまだまだといったところです。「最近は…」と書きましたが、私が高校生のころは牛丼屋さんなぞ見かけたことはありませんでした。食べざかりの高校生にとって、牛丼は大好きな食べ物。高校時代は牛丼を謳歌したという人は少なくないと思います。ですが私が高校生の頃は、周りに牛丼屋さんなんかはありませんでしたから、残念ながら牛丼を謳歌する高校生活とは無縁でした。そういうこともあって、私にとって牛丼はあまり馴染みのない食べ物だったのです。

 こちらに来てからは、周りに牛丼屋さんは沢山あったのですが、前述のように私にはあまり馴染みのない食べ物だったので、ほとんどと言っていいほど食べたことはありませんでした。別に嫌いというわけではありませんでしたし、どちらかというと「美味しいな」と思っていたのですが、特に牛丼屋さんに入るということはしませんでした。友人に「自分は牛丼がメチャクチャ好きなんですよ」と、目を輝かせながら満面の笑みで言われても「そんなに好きになるもんなのかい?」と、ちょっと引き気味に感じたのを覚えています。

 我が薬進塾のそばというか、浅草橋には牛丼屋さんが何気に多くあります。そのせいもあってか、最近はよく牛丼屋さんに行くようになりました。足げに通うようになったせいか、改めて牛丼の美味しさが分かるようになりました。「なるほど、ヤツが満面の笑みで牛丼を語っていたのはコレか?」と、牛丼好きな友人の眼の輝きのその理由を知ることとなったのです。「今日は牛丼食べようかな」と考えている私も、きっとヤツのような目の輝きになっているのかもしれませんね(笑)。

 で、牛丼を食べに行くのですが…。皆さんご存じのように、一口に牛丼屋さんといってもその種類(?)は豊富。薬進塾から歩いていける範囲にも、何店舗かあります。で、その中の私が一番おいしいなと思うお店に、良く通うんですが…。最近、何回か行ったのですが、どうもお味の方が「?」。「こんな味だったっけ?もっと美味しかったような…」と思うことが続いたのです。「お店が味を変えたとか、原材料が変わったとか、何かあったのかな?」と疑問に思うこと数回。不思議に思っていたのですが…ある時、友人(前述の〝満面の笑みで牛丼を語るヤツ〟ではありません:笑)にその話をしたところ「何時ころ食べに行きましたか?」の一言。「?」と思いつつも「…14時位かな…?」と答えると「ああ、味的にはイマイチの時間帯ですね」との返答が。「エッ!?何それ?時間帯によって味が違うの?」と聞き返すと…。「昔○○屋でバイトしてたんですけど…店長候補まで行ったんですけどね」と前置きを話しながら「混んでくる時間帯を見据えて、具材等を鍋に入れるんですよ。混む時間に足りなくならないように。で、混み始める時には、ちょうど煮込みも終わって、間に合うように仕込んでるんです」う~ん、なるほど。確かに混んでいる時間帯だからといって「今、具材がないんですよ」なんて状況になっては一大事だ。で、さらに「混む時間帯、ちょうど12時くらいには、ちょうどいい煮込み加減になっているんですよ。で、その時が一番おいしいんです。それを過ぎちゃうと…煮込み過ぎて肉が堅くなったり、肉の脂が抜けちゃったりして味がイマイチになっちゃうみたいです。タレもずっと煮込んでいるわけですからね…次に肉等を入れるのは、夕方に混む時間帯を見据えた時間です。もちろん14時より後です。だから、14時位は味がイマイチなんですよ。もちろん全部の店がそうとは限りませんけど、私のいた店はそうでしたね」とのこと。う~ん…24時間やってる牛丼屋さんも多いし、もちろん年中無休だから「いつ行っても同じ味が当然!」と思っていたのですが、どうやらそうではなかったようで…。でも、まあ考えれば当たり前のことですよね。常に作っていかなければならない料理な訳ですから、作りたての時と時間がたった時では、やはり味は変わるものでしょう。ましてや煮込むものですから、時間による多少の味の違いは生じてしまうものも至極当然のこと。作っている時間によってその仕様が異なってしまうのは、致し方ないことです。名だたるラーメン屋さんで「午前中の方が角煮が大きい」なんてことで有名なところがありますから(笑)。まあこれはチョット極端な例ですかね(笑)。ただ牛丼屋さんも「それでも美味しいものを提供できるように」と獅子奮迅していることは確かです。ましてや食べられないモノを出しているわけではなく、あくまでも「美味しいけど、味がチョット異なるかな?」といった程度のもの。さらに、前述の〝店長候補〟だった友人が言うには「まあ、人によってはそっちの方(14時位の牛丼)が好きという人もいますけどね」とのこと。人の好みも十人十色。ましてや味の好みとなれば千差万別ですから、私が「ンっ?」と思った味に対して「オっ!」と思う人がいても、これまた至極当然のこと。どうやら牛丼には「人によって美味しい時間帯がある」ようですね。もちろん、いつ行っても美味しい牛丼は食べられますが…時間に余裕がある時は〝自分の美味しい時間帯〟を目指して牛丼屋に行くのもありなんじゃないかな…などと思っている次第です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ