イメージ画像

こういう人間がいるから、今の日本は・・・

 先日、いつものように、朝、電車の乗ったんですが…。私はいつも、一番端にある座席の前かドアの横の所(座席の端とドアの間にあるスペース)に陣取る場合が多いのです。で、その日も座席の一番端の席前に陣取り、網棚にカバンを乗せようとしたところ…。網棚にはスケートボードが、デンと乗っかっていました(もちろん横にして)。絶句…。普通、網棚にスケートボード乗せますかね?私も、その横のサラリーマンの方も、そのおかげでカバンは手にもたなければならない始末。横のサラリーマンもチョット迷惑気味。で、乗せている張本人はというと…。私も良く陣取るドアの横の所(座席の端とドアの間にあるスペース)に、座席端の仕切り(というか、端に座っている人の横にある壁というか、立っている人と接触しないような間仕切りというか)に思いっきり背をもたらせて仰け反りながら、スマートフォンでゲームに没頭、もちろんスマートフォンとカレの耳がイヤホンでシッカリとつながった状態で。その場所に立つなら、スケートボードは自分の足元に立てかけておけるのでは?短髪でメガネをかけたその顔は、ヒゲもそこそこ整えて生やし、どう見ても成人であることは確か。まあ、白に細い横じまのポロシャツ、ジーンズにスニーカーですから、恐らくは勤め人ではなく学生(大学4年生くらいですかね)だとは思われるのですが…。それにしても、歳の割にはちょっと常識が無さ過ぎるような…。

 私は仕方なくカバンを手に持っていたのですが、ご存知のように電車というのはゆれる代物で。で、電車が揺れて、私のカバンがカレの足にちょっとぶつかってしまったのです。するとカレは、私がここ十年で聞いた中で、いちばん大きくそして力強い舌打ちをこれ見よがしにしてきました。

 座席端の仕切りに思いっきり背をもたらせてのけぞるので、カレの背中は何度も座席端に座っている人の頭にぶつかっていました。でもカレは、そのたびに「何だこいつ」と言わんばかりに、座っている人をにらみつけてもいました。座席端に座って寝ているオジサンは、彼の頭が当たるたびに目を覚ましているご様子。どう見ても、被害をこうむっているのは寝ているオジサン。でも、にらみつけているのは件の彼。

 そうこうしているうちに、車内もさらに込み合ってきたのですが、もちろんカレは現状維持のままゲームに没頭。カレの前(すなわちドアの前)に立つことになったご婦人は、カレののけぞり姿勢(&投げ出した足)のため、十分に立つためのスペースが確保できず、困惑気味。更には、ゲームをやりやすいように・見やすいように手を伸ばしているので、そのスマートフォンにぶつかるまいと何とも辛そうな姿勢のご婦人…。

 周りにかけるだけの迷惑をかけて、ようやくスケートボードとともに降りてくれたのですが・・・。そんなカレのスケートボードには何故か〝節酒〟という文字が印刷されておりました。私的にはカレに必要なのは〝節酒〟ではなく〝節義〟だと思うのですが…。

 ※ 節義とは 節操+道義(人の行うべき正しい道) であり、人としての正しい道を踏み行うこと。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ