イメージ画像

呪縛

呪縛:まじないをかけて動けなくすること。心理的な強制によって、人の自由を束縛すること。

デジタル大辞泉より

  何やら今回のブログのタイトル・・・今までにない重たいタイトルですが・・・。そもそも、わが薬進塾のブログのタイトルは『カレーを食べると眠くなる!?』『チャーハンの適正価格はいくらか?』『驚愕のガリガリ君サワー!!』『電気ウナギも発電すると疲れる!』などという肩のこらない・・・というよりは「本当にそんなことまじめに書いているの?」と思われてしまうような、一見とんでもないというか、ふざけているようなタイトルが多いのです。もちろん、内容はいたってマジメな内容です。少なくとも書いている本人としては、大真面目に書いているつもりです。そんな、一見ふざけているようなタイトルに比べ、雲泥の差がある今回のタイトル。では、何故そんな重たいタイトルの内容をブログで書こうと思ったのかといいますと・・・。

 国家試験が終わって、早十日。チョット、99回の薬剤師国家試験、色々な意味で『荒れている』ようです。そんな状況のせいもあって我が薬進塾、従来に比べて問い合わせや学校見学・個別相談がひっきりなしに入っている状態。それ以外にも、企業や大学からの問い合わせも多く、何気に慌ただしい日々。そんな日々の中、学校見学・個別相談で色々な方とお話しする機会が多々あるのですが・・・。そのお話ししている中で、何気に気になる発言があるのです。それは『○○だと合格は難しいんでしょうか?』とか『○○の人は受からないんでしょうか?』といった発言。手っ取り早くいうならば『○○だから合格は難しい・合格しない』といった発言。これが何気に多いのです。そして、これを聞くたびに私は『?』となってしまうのです。

 ○○には色々な言葉が入ります。もう、この際だから伏字はとってしまいましょう。『4年制卒だと合格は難しいんでしょうか?』とか『何回も不合格の人は受からないんでしょうか?』『○○大学出身だから受からないんでしょうか(流石にココは伏字にさせていただきます)』といった発言をよく耳にするのです。で、『?』となってしまった私は、キョトンとした顔で『何で?』と聞き返すことになるのですが・・・。聞いてみると、決して本人がそう思っているわけではないようなのです。まあ、そうでしょうね。本人がそう思っているのなら、国家試験受験など、とうの昔に諦めてしまっているでしょうから・・・。では、何故そんな発言をあえてしているのかというと・・・『先生からそう言われました』とのこと。〝先生〟と一口に言っても、色々な〝先生〟がいるのですが・・・まあ、ここではその〝先生〟に関する詳細は避けさせて頂きますが・・・。なまじ、説得力のあるような立場の方の発言であるだけに困ってしまうのです。学生さんは、それを信じてしまいますから・・・。『えっ!?信じてしまうって・・・本当のことなんじゃないんですか?』という方。そういうのを『呪縛されている』というのです。

 はっきり言いましょう。『○○だから合格は難しい・合格しない』などということは100%ありません。イヤ『きちんと勉強しなければ合格しない』とか『内容を理解して、考えて解いていかなければ合格は難しい』とか、絶対的欠格事由に該当するとか、そういうのは無しですよ。それは確かにその通りですから。ここで私が言いたいのは、4年制卒だからとか、何回も国家試験に不合格だからとか、○○大学出身だからとか、そういった〝個人的な状況〟というか〝その人の表面的な理由〟によって、合格が難しい・合格できないということは、決してありませんよということなのです。4年制卒だろうが、何回も国家試験に不合格であろうが、○○大学出身だろうが、合格する人はちゃんと合格しますよ。それが薬剤師国家試験というものなのです。現に、そういった学生さんを何人も合格に導いてきましたから。私は『○○だから合格は難しい・合格しない』という発言をした〝先生〟に聞いてみたいのです。『その根拠はどこにあるのですか?』と。まあ、どうせキチンと答えられないか、あくまでも大雑把な意見でしかないことは目に見えていますが・・・。薬剤師国家試験は『○○だから合格は難しい・合格しない』というものではなく、やるべきことをしっかりとやった人は合格する試験なのですから。まあ、正直なことを言わせていただくならば、若干のハンデは無きにしも非ずです。しかし、そんなもの多かれ少なかれ誰でも持っていますからね。要は本人のやる気と、その方を指導する人の指導力ではないのかと思うのです。

 呪縛とは、あくまでも『かけられるもの』です。本人がかからなければ、何の効力も発揮しません。本人がそれを気にして、そして受け入れてしまえば、その時点から効力は発揮されてしまうのです。『私は○○だから合格しないんだ・合格は難しいんだ』と・・・。そんな呪縛からは、とっとと離れてしまってはどうですか?イヤ、離れてしまうことをお勧めします。『私は○○だから合格しないんだ・合格は難しいんだ』と、自縄自縛しているのは、誰であろうそれを受け入れている自分自身なのですから。薬剤師国家試験合格への第一歩は、そういった呪縛から自ら逃れること。私はそう思っています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ