イメージ画像

1粒、1粒食べていく!

 私の高校の時の部活動の先輩に、武勇伝というか常識外れのエピソードを沢山持っている方がいらっしゃいました。その先輩、おにぎりを20個食べるとタダになるというお店があるということで、それに挑戦したそうです。結論から言いますと20個には届かず、18個でギブアップとのことでした。それを聞いた私は「先輩、あと2個じゃないですか。いけなかったんですか?」と言ったところ、先輩曰く「もう全然入らない。最後の方は、おにぎりをバラバラにして、ご飯粒1粒1粒食べていく状態だったよ」とのこと。ちなみにその先輩、全部食べられなかったので、おにぎり18個分の金額、1,980円を払って帰ってきたそうです。

 この時期になると学生さんはナーバスになります。まあ当たり前といえば当たり前でしょう(中には「受験するのか?」と思ってしまう位ルーズな人もいらっしゃいますが…)。で、「やることが多くて何をしていいのか分からない」「覚えたのに忘れてしまう」「覚えられない」「大丈夫なんでしょうか…」等々、本当に試験というものに対する、ありとあらゆる不安を持って、相談にやって来るのです。

 それほど沢山の種類がある、この時期の悩みですが、私が対応する時に言うことはそんなに多くはありません。ほとんどの場合、こう指導します。「現在、目の前にある、やるべきことを一つ一つやっていって下さい。覚えることがあるなら、それを覚える。分からないことがあったら、調べたり質問して理解する。そうやって目の前にある、やるべき事を一つ一つやっていって下さい」と。これに関しては『いつ いかなる時も〝絶対に勝つ〟と決めた人が勝つ』『この時期には何をすればいいのか?』『焦る気持ちも分かりますが…』といったブログにも書かせていただいたので、目にした事がある人は多いと思います。これほど何回もブログに登場しているということは、今の時期、このことがいかに大切なことであるかが分かって頂けるかと思います。

 国家試験まで一ヶ月を切ったこの時期。あれもやらなければ、これもやらなければ…という人も多いことと思います。しかしシビアに考えて、後2、3週間で何が出来るでしょうか?出来ることは限られてくると思います。ここで「睡眠時間を削ってやれば…」と思った方がいるかもしれませんが…この方法が如何にやってはいけないことなのか、これまたブログ『合格への必須アイテムは〝十分な睡眠〟!』の中に、しっかりと書かせていただきました。この時期、とにかく何よりも大切なことは、体調管理の一言に尽きます。睡眠時間を削るということが、如何に体調に悪影響を及ぼすことかは言うまでもありません。睡眠時間を削るのはもちろんのこと、やはりこの時期、体調に負担がかかるような無理をすることは避けた方がいいと思います。国家試験前の大切な大切な身体なのですから。

 だからこそ現在、無理なく出来ることを、コツコツやっていくことが一番なのです。それが、前述した『現在、目の前にある、やるべきことを一つ一つやっていく。覚えることがあるなら、それを覚える。分からないことがあったら、調べたり質問して理解する。そうやって、目の前にあるやるべき事を一つ一つやっていく』ことなのです。無理をせずに確実に一つ一つモノにしていく…。これこそが、全ての試験に共通した、試験前の過ごし方の王道なのです。

 国家試験に一攫千金はありません。正確に言うならば、一攫千金で得られる所は、この時期もう皆さんは得てしまっているはずです。ですから、ここから先一気に何かを消化して、その分だけ一気に成績を…というのは、正直難しい話なのです。だからこそ、一つ一つモノにしていく方法が一番確実な方法なのです。前述の先輩の話ではありませんが、おにぎり1個を食べることは出来なくとも、ご飯を1粒1粒食べていき、お腹に入れていくことは出来るのですから。「でも、先輩は食べられなかったんですよね?」と思った人。確かに胃には許容量がありますから、 満杯になってしまうことはあります。しかし、頭の中には許容量はありません。知識はいくらでも詰め込むことは出来ます。「もう頭に入らない!」と思ったら…知識を一粒一粒入れていってはどうですか?覚えることを一つ覚える。分からないことを一つ理解する。そうやって、一つ一つ入れていけば、一気に入らないと思っていたモノでも、頭の中に入れていくことは出来るはずです。一つ一つ覚えていく、理解していく。これが、この時期の勉強方法としては、最も適しているやり方だと、私は思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ