イメージ画像

本当にそこは出来る所なのか?

 学生さんと学習指導の面接をしている時に、よく聞くのが「○○は出来るからいいんですけど…」という言葉。発言内容といい、発言時の雰囲気といい、どうも本人はその成績に満足しているような感じ。しかし、ご本人はいたってご満足のようなのですが、我々講師から見ると「そんなに出来ている訳ではないんだけどな」という場合が多々あります。どうも学生さんは、自分で出来ていると思っている科目に関しては、妙に楽観的な目で見ている場合が多いようで。実は、何気に恐いことなんですけどね、コレは。

 皆さんは、(試験の成績で)どれくらい取れていると「出来る」と判断しますか?まあ345題の国家試験は、225点以上で合格となりますから、7割くらい取れていれば「出来る」と判断しているのでしょうかね?では、ある科目が模擬試験等で7割くらい取れていたとします。勉強もある程度して、解いている時の手応えもある。で、7割くらいできているから「この科目は出来るな」と判断する…となるのでしょう。しかしです。7割出来たということは、3割出来ていないということです。確かに国家試験では満点を取る必要はありません。足切り等にかからなければ、65%以上取れば合格します。しかし、皆さんはまだ国家試験合格のために勉強をしている段階だということを、肝に銘じておかなければいけません。皆さんは現在、その段階、すなわち少しでも学力をつけなければならない段階、1点でも多く取れるように努力しなければならない段階にあるのです。その段階において「この科目は出来るから…」と判断してしまうことは、せっかくあと3割も取れる所があるのに、その取れる3割をみすみす見逃してしまうことになる可能性があるのです。

 えてして学生さんは、「この科目は出来るから…」と判断した場合、その科目に関する対応がルーズになってしまう傾向があります。国家試験では何が起こるか分かりません。取れると思っていた科目が難しくて、思いのほか取れなかった…といった話は、それこそ星の数ほど聞いたことがあります。第一「この科目は出来るから…」と判断したのは、模擬試験や卒業試験であって、本番の国家試験ではありません。学力の判断材料にはなるかもしれませんが、あくまでも判断材料でしかないのです。本番以外の試験で取れたからといって、それがそのまま国家試験にスライドできるほど国家試験は甘くはありません。「この科目は出来るから…と判断したけれど、本番ではできなかった」とならないためにも、「この科目は出来るから…」と油断するのではなく、少しでも学力をつけなければいけない段階にあることを、しっかりと認識することが必要なのです。

 そして、現在が『1点でも多く取れるように努力しなければいけない段階』であることも忘れないでください。「この科目は7割くらい出来ているからいいや…」と考えるのではなく、あとの3割取ることを忘れないでいて欲しいのです。前述のように「この科目は出来るから…」と判断した場合、この3割を放棄してしまっていると言っても過言ではありません。本人は放棄しているつもりはないかもしれません。しかし、まだまだ勉強すればこの3割もモノにすることが出来るのです。「この科目は出来るから、他の科目を…」と思っている人に、「まだまだ勉強すればこの3割もモノにすることが出来る」といった考えが浮かぶでしょうか?というよりも、そういう考え方をする人なら「この科目は出来るから、他の科目を…」とは思わないでしょう。出来ようが出来まいが、同じように勉強する。そして1点でも多く取る。これが合格する人の考え方であり、合格への王道でもあるのです。本ホームページの主任講師挨拶で、私は合格するための3つの秘訣として、3つ目に『出来ないところを出来るように。出来るところはもっと出来るように』と書いています。そう、これこそが残りの3割を取ることの重要性を説いている一文なのです。

 前述のように、本人は「出来るから…」と思っていても、我々講師の立場から見ると「そんなに出来ている訳ではない」と思う場合がほとんどです。試験対策において何よりも怖いのは、出来ていないのに、出来ると思ってしまうこと。だからこそ聞きたいのです。「本当にそこは出来る所なのでしょうか?」と。「あと3割も取れるのではないでしょうか?」と。国家試験では1点でも多く取らなければなりません。そのためには、例え出来ている科目であろうが、そこからさらに1点でも多く取らなければという意識が必要になるのです。「出来るからいいや」ではなく「まだまだ出来るようになる」「さらに1点でも多くとれるようにする」といった姿勢が、合格へと歩み出す姿勢だと私は思うのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ