イメージ画像

不安は自ら作り出すもの。

 あなたの周りにいる人たちのせいで人生が台無しだというなら、その人たち全員を連れてきなさい。私がその人たちを何とかすれば、あなたは幸せになれるんですね。

 これは、全米で大人気の心理学者であるウエイン・W・ダイアー氏の言葉。「自分が幸福でないのは誰々のせいだというなら、その人たちを何とかすれば、あなたは幸せになれるんですよね」という、言いえて妙な発言。もちろん、この裏には「その人たちを何とかしたところで、あなたは幸せにはなれません」といった内容が隠されていることは、言うまでもありません。その人たちを何とかしたところで、また新たなる「人生を台無しにしてしまう人たち」が現れるのでしょうから…。イヤ「現れる」というよりは、「探し出してくる」といった方が正しいでしょうかね。何故なら…自分の人生が良くないのは、自分のせいではない。「では、誰のせいだ?」と言って、スケープゴートを探しているようなものですから。ウエイン・W・ダイアー氏が言いたいのは「自分の人生がつまらないのは、自分のせいではなく、誰かのせい。そう思っている限り、幸せにはなれませんよ」ということ。以前書いた『何かのせい・誰かのせいにしている限り、成功は寄ってきません』というタイトルのブログで、私は『上手くいかなかった責任や、芳しくない結果の責任を他に求めている以上、その人は幸せや成功といったものからは、ほど遠い状況にあると思います』ということを書かせてもらいましたが、ウエイン・W・ダイアー氏と同じような内容の発言でビックリ…というよりは、やはり同じ意見が出ているということは、この考え方は的を得ている考え方なのだと思います。何かのせい、誰かのせいで不幸なのではない。自分自身で、不幸を選択しているという考え方は…。

 同じようなことは〝不安〟についても言えると思います。不安に関しても、何度もブログに書かせてもらったのですが…やはり、不安も自分自身が選択している、自分自身で作り出しているものだと思います。『不安に負けるな』というタイトルのブログでも 『不安とは「こうなったらどうしよう」と自分自身で作り出している、絵空事にしか過ぎないということだ。自分で不安材料を探し出してきては、それを不安へと成長させ、自分一人で慄いている』 と書かせてもらいました。不安材料の探し出し…前述のスケープゴート探しと、似ているとは思いませんか?ウエイン・W・ダイアー氏の言葉を借りるなら「あなたの周りにいる何かのせいで不安だというなら、その何かを教えて下さい。それを何とかすれば、あなたは安心するんですね」ということになりますかね。う~ん、ピッタリ当てあはまりますね(笑)。やはり、不幸も不安も中身的には同じもののようです。よは、不幸も不安も自分自身の問題であって、周りの何のせいでもないということなのです。

 「不安です」という人に「何が不安なの?」と聞いてみて、一番多いのが「○○になったらどうしよう」という返答。もちろん○○の中には色々な言葉が入るのですが…。不安材料は多かれ少なかれ誰しもが持っているモノ…というよりは、探し出そうと思えば、誰しもが探し出すことができるモノ。まあ、材料のままだったら、さして翻弄もされないのでしょうが…それを、自ら大きく育ててしまうと、なかなか厄介なものとなってしまいます。材料は材料。それを、悪しき想像力で膨らませていき、ありもしない大それたことに育て上げてしまう。「○○になったらどうしよう」の○○こそが、その悪しき想像力に育て上げられた産物なのです。でも、よく考えてみてください。「○○になったらどうしよう」ということは、まだ「○○になっていない」ということなんですよ。つまり、今、目の前にある現実ではないということです。前述のブログでも 『そう、不安とは〝現実でないモノ〟なのだ。「こうなったらどうしよう」という不安の「こうなったら」は、まだ起っていないことなのだから。~中略~ 不安とは「こうなったらどうしよう」と自分自身で作り出している、絵空事にしか過ぎないということだ』 と書かせていただきました。起ってもいないことを、勝手に悪く想像して、それに怯える。これが不安の実態なのです。誰でもない、自分自身が作り出しているものなのです。不安の原因は自分自身にある。それを大きくするのも、小さくするのも、そして無くすることができるのも、自分次第なのです。

 「不安だから…」といって、突拍子ない行動を取ってしまうことは誰にでもあります。でも、考えてみてください。誰が囃し立てている訳でもなく、自分自身で作りだして騒いでいるだけなのです。冷静になって考えてみると…今、目の前にないことに、何を怯える必要があるのでしょうか?どうせだったら、今、目の前にある問題に取り組んだ方がよっぽど現実的、そして効率的だと思うのです。不安になった時は「不安は自分で作り出しているもの」ということを思い出して、今、目の前にある問題に取り組んだ方がいいと思いますよ。それが、不安に対抗する一番いい手立てだと思うのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ