イメージ画像

八方美人は八方ふさがり。

 以前「嫌われてもいいんですよ!」というタイトルでブログを書かせてもらったことがあります。そこで、こんなことを書かせていただきました。

 残念なことに人間同士の付き合いの中では、人から嫌われてしまうということもあるのです。それが人と人とのコミュニケーションというものなのです。それで嫌われてしまっても、それは仕方のないことではありませんか?いや、もっとズバッと言いましょう!別に嫌われたから何だというんですか?嫌われたら嫌われたで別にいいじゃありませんか?別に一生その人のそばで一緒に生きていくわけでもないんですから。嫌われないよう嫌われないようにしている人を見ると、見ているこっちが居たたまれなくなります。自分を抑えて、無理して無理して…。そんなことをしているうちに、倒れてしまう人にもしばしばお目にかかります。嫌われてもいいんですよ!嫌われないよう嫌われないようとしている人より、自分の意見や考え方を通して、嫌われている人の方がよっぽど素晴らしい人だと思います。

 そして、私の知人に「俺はこう思うから、こう言ってるし、こうしているんだ。嫌われようが関係ないよ。良いんじゃないの嫌わせておけば」という生き方の人がいるということも、紹介させていただきました。

 もちろん、こんな人ばかりとは限りません。中には人間関係を損得勘定で考え「でも嫌われるのは損だ…上手いことやって周りを皆味方に付けちゃった方が、何ごとも自分の都合よく事が運べるのでは…」とばかりに、周りを味方に付けてしまおうと画策する人もいますが…どんなに周りを味方に付けようと画策しても、結局は良好な人間関係を結べていない場合がほとんどのようです。そりゃあそうでしょう。人間そんなにバカじゃありませんから、うまいこと事を運ぶために味方にしようと画策したところで、しっかりとした信頼関係なんか作れませんよ。それどころか、逆に不信に思われてしまう場合がほとんどのようです。信頼ある人間関係というものは、味方にしようとか、損得勘定で考えて自分を優位に持ってこようとか、そんな不純物がない付き合いで生まれるものですから…。

 私が知る限り、自分の都合よく事を運ぶために、周りを味方に付けようと画策して、上手くいった人はいません。「自分の都合よく事を運ぼう」といったところで、世の中そう上手くはいきません。「都合よく事を運ぶのに支障ある人・物事」というものが、必ず出てくるものなのです。その〝支障ある人・物事〟に対して、その人がどういう行動に出るかは、皆さんのご想像にお任せしますが…まあ、あまり常識的な行動でない場合がほとんどなのです。結局〝その行動〟が露見してしまって…というパターンが大部分のようです。

 例え露見しなくとも…やはり人はバカじゃありませんから、そんな「周りを味方に付けて…」なんていう姑息な方法なんか、すぐにバレてしまいますよ。「なんか行動がおかしいというか、不審なような…」って。まあこれも、見方を変えれば「(自分の都合よく事を運ぶために)嫌われないように、皆から好かれようとする行為」であって、やはり「嫌われないようにしている」ことには、変わりありません。「純粋に嫌われたくない」か「自分の利益を得るために嫌われたくない」かだけの差です。「誰からも嫌われないように行動する」ということは、不可能なことなのです。逆を言うなら「誰からも嫌われないような行動」というのは「おかしな・不審な行動」ということなのですよ。だからバレてしまうのです。

 私は人間関係で色々と画策する人は、あまり好きではありません。画策が成功して、世間的に良い人と言われている人もいるみたいですが…何気に裏に回れば人の足を引っ張っていたり、あること無いこと言って人をはめようとしていたり、人の弱みに付け込んでいたりする人が多いからです。結構、見えないところで強かに…いや姑息にやっている人が多いのです。まあ画策とはそういうものですが…。人間関係なんて、むしろ画策なんかしないほうが、よっぽど良好なものが築けると思うのです。

 以前、爆笑問題の太田さんが「〝八方美人〟は〝八方ふさがり〟」と言っていましたが、いい事を言うなと思いました。まさに、その通りです。あっちを取り繕いいい顔をして、こっちを取り繕っては味方にして…なんてやっていたら、雁字搦めになって身動きがとれなくなってしまい、ボロを出すに決まっていますから(または本人が参ってしまうかですね)。実際、本人は「上手く振舞っている」つもりでも、「あの人は…」という本人にとって好ましくない意見を聞くことが圧倒的に多いのです。もちろん、ご本人が裏で上手く立ち回っている以上、そういった意見も決して本人の耳に入らない、更に裏の方から聞かされることも至極当たり前のことなんですが…。「自分の利益を得るために嫌われないようにしよう」と思って行動したのでしょうが、それが理由で嫌われることになってしまうというのも、おかしな話です。やはり人間関係、嫌われる云々、味方にして云々などと画策せずに、素直に接するのが一番いいと思います。たとえそれで嫌われてしまおうとも、自分から人が離れてしまおうとも、それをひとつの結果として受け止めていくことのほうが、健全な人間関係が築かれると思うのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ