イメージ画像

変えられるものは、変える勇気を。変えられぬものは、受け入れる謙虚さを。

 前回のブログで『 「誰かが掃除するんだから、別に自分でゴミ箱に捨てる必要もない」というのは、自分勝手な考え方である 』と書かせてもらいました。『 最近ファーストフード店でゴミが落ちていることが気になる 』との例も挙げさせてもらったのですが…どうも大学でも、学内に食べたり飲んだりしたゴミが、そのまま放置されているらしく、それが昨今問題になっているとのこと。大学の先生方曰く「昔はそんなことはなかった」とのことですが…。やはり、「誰かが掃除するんだから、別に自分で何か事を起こさなくてもいいだろ」という考え方が浸透しているのでしょうか?

 汚せば誰かが掃除しなければなりません。ゴミも然るべき所に捨てなければ、誰かが拾わなければなりません。悲しいかな、そういうことを考えない、自分勝手な人が増えてきているのかも…。〝自分勝手〟と書かせていただきましたが、そもそも自分勝手とは、どういう意味でしょう?大辞林によると他人のことはかまわず、自分の都合だけを考える態度。すべて自分に都合のよいように考え、振る舞うさまとあります。なるほど…「自分の都合だけを考える」。自分の都合でしか考えない。だから、掃除する人のことなど考えない…。

 しかし、ここでチョット視点を変えてみてください。「自分の都合だけを考える」とありますが、はたしてこの世の中、自分の都合だけで物事が進むでしょうか?そんなことあるはずがありません。では「自分の都合で物事が進まない環境(すなわち今生きている世の中)」は、そういう人にとっては、どういう環境になるでしょう?おそらく、ストレスのある環境になってしまうのではないでしょうか?例えば、ファーストフード店でゴミを落としても拾わない人。もちろん、職場ではそういうことはしないと思います。自分で落としたゴミは、自分で拾ってゴミ箱に捨てる。当然のことなのですが、この人にとっては「面倒臭い・余計な労力だ」という行為になってしまうのではないでしょうか?「誰かがやってくれるのが当たり前」と、自分の都合だけを考えることが習慣になってしまっているのですから…。ゴミをゴミ箱に捨てるという何の変哲もない行為…それがストレスある行為になってしまっている。日常生活の中で、自分の都合よく進まないことは、全てストレスになってしまう…。そう、自分勝手な人間は、日常の世界を自業自得でストレスある世界へと変えてしまっているのです。

 なるほど、私も自分勝手な人を沢山見てきましたが…そういう人は、確かにどこか余裕が無いというか、カリカリしているというか…不機嫌そうな表情をしている場合が多かったりするのです。笑顔が少ないというか…笑ってもどこか引きついているというか、硬さが残っているというか…腹の底から笑っている表情ではないのです。もちろん、いつもそんな状況ですから何をやるにも、今一つ芳しくない結果になっているような…。そりゃあ、そうでしょうね。「日常生活で生きていくこと」=「ストレスを作り出していくこと」となっているんですから。何か自分の思い通りにならないことを見つけ出しては、カリカリしながら不機嫌になっている。そんなふうに思えるのです。なんか見ていて余裕がないんですよね。まあ、自分の思い通りにならないことが、いつも鼻についているのですから、余裕なんか生まれるわけもないんですが…。

 もちろん、そんな人間に寄りつこうとする人間はあまりいません。余裕が無くカリカリしていたり、他人のことはお構いなしに自分の都合だけを考える人間に寄りつこうとする人間など、あまり…イヤ、ほとんどと言っていいくらい、いませんから。そんな人と接している周りの人達を見ると「上辺で接しているなぁ…」ということが手に取るように分かるのです。で、気がつけば、一人ぼっちの状態になっているんですよね…えっ?当人はそういうことに気がつかないのかって?気がつく訳ないじゃありませんか!自分勝手な人間は「すべて自分に都合のよいように考える」人間なんですよ。周りの人間の、そんな態度や気持ちでさえ、自分に都合のよいように考えているはずです。確かに自分勝手な人間、私が知る限りでは人の気持ちを考えない人が多いみたいです。そりゃあ、掃除する人のことを考えないのですから、人の気持ちなんか考える訳がありません。それを言うことによって、人がいかに傷つくか。それを行うことによって、人がいかに嫌な思いをするのか。そういうことが分からない…ある意味、哀れというか、さみしい人だと思うのです。

 ブログのタイトルは、西洋にある諺です。この一言に尽きるのではないでしょうか?自分勝手という性質は、本人の心持次第で変えることができます。ならば、変えた方がいいのではないでしょうか?世の中、全て自分の都合いいようにと変えることは出来ません。ならば、それを受け入れる謙虚さが必要なのではないでしょうか?少なくとも、そっちの方が、自分勝手な人間が安住の場を得ることができる、最善の方法だと思うのですが…。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ