イメージ画像

レジ前騒動 ~人を身なりで判断しては…~

 以前、羽田空港に行った時のこと…。搭乗口前の待合所のイスへと座ったものの、機内案内までにはまだまだ時間がある状況(私は早めに行動しないと落ち着かないタイプ:笑)。「本でも買おうかな…」と、待合所横の売店に向かい、適当な雑誌を選びレジへと向かうと…「?」。う~ん、どうなってるんだコレは?いや、どこに並べばいいんだ?

 普通、買い物をする場合は、レジカウンターの正面に一人立ち、その人の後に並ぶのではないか?一番先頭の人(すなわち、現在レジで支払いの手続きをしている人)がレジカウンター前、次の人たちは、その人の後ろに並ぶというのが常のはず。ところが…現在、レジで支払いの手続きをしている人の後ろには…人がいない。じゃあその人の後ろに並べばいいのかというと…。レジカウンターの真横…正確にはレジを打っている人の真横に、良いスーツに身を固めたご年配の男性が、何やら土産の菓子箱と思われるものを7、8個は両腕に抱えて立っている。なんかレジを打っている人も、真横(ちょうどレジカウンター内に入る入り口の所)に立たれて、何やら落ち着かない様子。そりゃあそうだ。どう考えてもそのご年配の男性が立っている場所は、通常、お客さんが立ち止まるには相応しくない場所なのだから。そして、その男性の後ろにお二方のご婦人が並ばれているのだが・・・「順番的に、この人の後に並ぶのか?でも、ここに並んでいいものなのか?」と何やら困惑気味の表情…。で、その3人で「並んでいるのか?立っているだけなのか?」という微妙な配置(まあ、商品を手にしていたので、並んでいるつもりなのだろうが)がキープされている状態。恐らくご年配の男性、荷物が多くてレジカウンター正面まで持ってくるのが一苦労…というか面倒くさい。で「レジカウンターでなくとも、レジ側(そば)だからいいだろう」という具合で、そこに立っていたのではないだろうか?もちろん「並ぶと時間がかかるので、隙あらば商品を出して先にやってもらおう」という邪な考えがあったことも重々考えられるのだが…。

 私としては、どうしたものかと悩みつつも「あれは並んでいるのか?というよりも並んでいると言えるのか?やはり、ここは順当に並ぶべきだろう」と考え、現在レジで支払いの手続きをしている人の後へと並ぶことに。それを見た〝土産抱えたスーツのご年配〟の後に並んでいたご婦人お二方。「やっぱり、そっちに並ぶのが順当」と言わんばかりに、私の後へと並ぶことに。そんなお二方を背中に感じつつ「なんか、先に並んでいたのに、後につかせちゃって悪いかな…」と悩んでいると…前の人がレジを終えて、次は私の番。…のはずだったのだが、前の人が去るや否や、土産を抱えたスーツのご年配、いきなりレジ横からレジ前にダッシュ!で、ドンと土産物をおいたと思うと、懐から財布を取り出し始めた!「!」となる私と私の後に並んでいるご婦人お二方…イヤ、それ以上に困惑しているのはレジのお姉さん!「えっ!?どっち?どうすればいいの?」と訴えかけんばかりの表情。そんなことをよそに、財布を取り出して札まで準備しているスーツのご年配。私もどうしていいものか分からず、本をレジに出すことさえ忘れる状況。で、スーツのご年配の方のほうが「レジをお願いします」という意思表示をしているとみなされたのか、彼の土産から先にレジ打ちとなった次第。

 私的にはレジの順番が云々よりも、私の後に並んでいるご婦人達に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。本来(?)なら、ご婦人たちはスーツのご年配の方の次だったはずです。でも、私が順当に並んだので、やはり順当にと私の後についたのでしょう。レジの順番が ①スーツのご年配→ご婦人お二方→私 から ②スーツのご年配→私→ご婦人お二方 になってしまった訳で、なんだか私が横入りをしたような、いやな気持ちになってしまいました。まあ①の並び方は、順当な並び方ではないんですけどね…。もとはといえば、スーツのご年配の並び方が原因。ちなみに清算後も「請求書をお願いします」だとか(そんな良い格好しているなら、土産代位自分で出しなさい!って言いたい!)、「袋もう少しもらえますか」とか、土産の入ったでかい紙袋と肩からかけたカバンが邪魔で身動き取れなかったりとかで、さらに周りのフラストレーションを高めまくっていました。

 良いスーツに身を包み、髪形もびしっと整えた、何やら良い会社の良い地位のご年配…っていう感じだったんですが…。何でそういう立派な方が、そういう並び方やらそういう行為をしちゃうんでしょうか?やはり、ある程度の地位で、周りが合わせてくれる環境にあるんでしょうか…。世間一般では、それなりに良識がある立場の人間に見えたのですが…。「人を身なりで判断してはいけない」と言いますし、まったくその通りだとも思います。身なりのいい格好ができ、ある程度の年齢も重ね、恐らくそれなりの地位もある人なんでしょうから、社会の中で生きていく上での最低限の決まりである〝並ぶ〟という行為に関しては、率先して守ってもらいたいものです。まあ「人を身なりで判断してはいけない」という言葉には「いい服装だからって、優れた人間とは限らない」「見た目が立派でも、良識がある人とは限らない」という意味も含まれてはいますけど…。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ