イメージ画像

ニンニク・リスクヘッジ!

 先日、とある仕事先でのこと。午前の部を終え一段落していると、「昼食、どれにしますか?」とスタッフの方がメニューを持ってきてくれた。利用する仕事場のそばに、お弁当屋さんがあるので、そこのお弁当を昼食にさせてもらいたいとのこと。メニューを見ながら、あれやこれやと迷っていたのだが…「牛焼肉&海老フライ弁当」に決定。で、そのお弁当を堪能していたのだが…。食べている最中に、ふと気付いた。「この牛焼肉…ニンニクが入っている」と。よく見るとニンニクの芽が入っていたりもする。午前中と同じように午後の仕事も話す仕事。話す仕事をする以上、ニンニク臭で周りの人を不愉快にするなどもってのほか。ということで、食後は歯を磨くのはもちろんのこと、消臭効果のあるタブレット等を利用することに。そこで、歯を磨きながらも、次のようなことを思っていた。「牛焼肉だから、ニンニクが入っていることを考慮すべきだったなぁ…というか、ランチにニンニク入りというのは、如何なものなのだろうか?まあ、お弁当屋さんがランチばかりとは限らないけど…。でも、考えてみると、何気にニンニク入りのランチ(以後、ニンニクランチと書かせて頂きます)は結構あるような…」と…。

 前回のブログでは、わが薬進塾のある浅草橋(及び蔵前橋駅)のランチ事情について書かせてもらった。実は浅草橋にも、ニンニクランチを出すお店がいくつかあるのだ。もちろん、全部のランチにニンニクが入っているわけではない。しかし、数種類あるランチのいくつかに、ニンニクを使った料理があったりするのだ。う~ん、どうなんだろうか…。仮にもランチというものは昼に食するもの。で、そのランチを利用する人間のほとんどが勤め人やら学生さんやら、午後にも多くの人と接する立場にある人。そもそも、ランチとはそういった人たちを対象として設定されているものではないのか?それが〝平日のランチ〟というものだ。それに、ニンニクが入っているということは、どうなのだろう?

 気持ちは十分わかる。ニンニクを入れると料理は美味しくなる。私もニンニクが嫌いなわけでは決してない。しかし、ニンニクの美味しさには〝ニンニク臭〟という、それ相応のリスクが伴うのだ。それがランチの中に入っているというのは、いかがなものであろうか?ニンニクランチ堪能後に人と接することになった時、間違いなくそのリスクは発動することになる。なのに何故、ランチにニンニクが入っているのか?もしかすると、私が思っているほど、ニンニクランチ摂食後の人との付き合いは、気にするものではないのか?と思い、ネット等で調べてみると…何のことはない。私と同じように考えている人が山の様にいるのだ。それどころか「ニンニクランチを食べてヒンシュクをかった」という内容が、結構あったりするのだ。つまり、既に犠牲者が出ているということになる…。

 「職場や他の人に迷惑がかかるから、ニンニクランチは食べません」といった内容も、思いのほかネットで多く見ることができる。やはり、ニンニクランチのリスクを考えている人は沢山いるのだ。なのに、何故かニンニクランチは存在している…。それどころか〝ニンニクたっぷりのラーメン〟やら〝ガーリックチップ満載のステーキ〟等が、ランチとして登場しているのだ。ニンニクのリスクヘッジを考える人はいないのだろうか?もし仮にニンニクのリスクヘッジを考える人が沢山いるのなら、ニンニクランチは減少傾向になるはずである。皆が避けるランチなど、メニューに長く存在するはずなどない。ということは…やはり、ニンニクのリスクヘッジを考える人は少ないのだろうか?いや、それならば前述の「職場や他の人に迷惑がかかるから…」といった内容を、ネットで目にすることは少ないはずである。これは、どういうことなのだろう?

 考えてみるに…私の周りには「ニンニク臭は嫌い」という人は多かれど「ニンニク(自体)を嫌い」という人はあまり見かけ…イヤ誰一人としていないのである。何気に、皆がニンニク好き…。「好きだから食べたい。でも、食べていいのか?」おそらく、誰もがこのようなニンニクのリスクヘッジについて考えているのではないか?しかし、そのリスクヘッジを粉砕するほどの魅力が、ニンニクにあるのではないだろうか?その魅力に誘われてしまった人間が、ニンニクランチを取る事になるのであろう。古今東西、人間は美味しいものを食べるためには、それこそ身を投げ出す覚悟であったことが、逸話や文献で知ることができる。そう考えるならば…ニンニクの魅力を堪能するために、ニンニクリスクヘッジを粉砕することなどは容易いことなのかもしれない。それがニンニクランチが存続している理由なのではないだろうか?もっとも…ニンニクランチを取った後に、その人と接することになる人にとっては、この上もない、それこそ身を投げ出す覚悟が必要なくらいのデンジャラスな状況に遭遇することとなってしまうのであるが…。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ