イメージ画像

個の強さ。

 先日、某企業の研修で学習指導を行ってきました。実は、来月にも学習指導の講演を依頼されているのですが…もちろん先日の研修で話した内容とは異なるものとなります。毎回、毎回「どのような指導がいいのか?」をスタッフの方達と打ち合わせをして、その内容を決めていますから、講演や研修によって内容が異なるのは当然のこと。学習指導と一口にいっても、内容は千差万別。色々な種類の「学習に関する指導」が存在します。だからこそ、毎回スタッフの方達との話し合いにより、その内容を決めることになるのです。今までに無かった、全く新しい内容の学習指導を依頼されることも日常茶飯事です。

 もちろん、よく話す内容もあります。私が、よく話すことの一つに「個の強さを持ってほしい」ということがあります。〝個〟とは『一人の人(デジタル大辞泉より)』とあります。つまり「一人の人としての強さを持ってほしい」ということです。どうも最近の学生さんを見ていると、〝個の強さ〟を持っている人が、非常に少ないような気がするのです。早い話「一人で何かすることが出来ない人が多い」ということ。何をするにも群れる。何を決めるにも誰かと一緒。自分の考えや判断を発することなく、いつも誰かの行動や判断に委ねてしまう。そんな学生さんが、何気に多いのです。

 これもよく話すことなのですが…講師という仕事を長く続けていますと、次のような学生さんにもよく出会います。一人で学校に来て、一人で帰る。昼食も一人で食べるし、休み時間中も一人でいる。かといって、別に無視しているとか、無視されているとかいうわけではなく、話しかけられればそれ相応に対応するし、必要とあらば自分から話しかける。分かっているんですよ、何をしに(予備校に)来ているかを。友達作るわけでも、みんなと楽しくやるためでもない。国家試験に受かるために、勉強しに来ているんだということを。だから、あえて皆と行動を共にする必要もないのです。自分で考え判断し、自分ひとりで行動し、自分ひとりで勉強すればいいのです。こういった学生さんは、私が知る限り100%合格しています。そりゃあそうでしょう。個の強さを持っているのですから。自分ひとりで考え、自分ひとりで判断し、自分ひとりで行動する。これが出来る人間なのですから、国家試験合格という目標だって難なくクリアできて当然です。

 今まで何人もの〝個の強さを持たない学生さん〟に、「どうして自分の考えや判断で行動せずに、とりあえず他の人と同じにするの?」と聞いてきたのですが…驚くことに、ほとんどといっていいほど同じ答えが返ってくるのです。「他の人と違っているのが不安」という内容の答が…。「自分だけ違っていたらどうしようと不安」「自分だけ違っていたら、嫌われるんじゃないかと不安」など、とにかく人と違うこと自体が不安になってしまっているパターンがほとんどなのです。う~ん、分からないなぁ。私的に考えるならば、人と考えや判断が違っていることは当たり前のことだと思うのですが…。70億人すべての人間の考えや判断が同じことの方が、よっぽど特異なことだと思いませんか?本来、人という生き物は、皆が皆、違う生き物なのです。当然ながら、考え方や判断も異なりますし、例え考え方や判断が同じであっても、とる行動が違うなんていうことは至極当然のことなのです。違っていて当然なんですから、あえて不安になる必要などないのです。「違っていたら、嫌われるかも」なんていいますが、考えや判断、行動が違っていたからといって嫌うような人間なら、嫌われて行動を共にしない方がいいですよ。そんな「自分と違う」という理由で、人を嫌う人間なんてろくな人間じゃありませんから。そんな人と離れて、一人で考えて行動していても、必ずその考えや行動に賛同してくれる人が寄ってくるはずです。本来、人と人との交わりというのは、そうやって成り立っているものなのですから。不安だからと、自分の考えや判断、行動を押さえつけて、他の人に委ねているだけの〝人との交わり〟などというものは、虚構の交わりでしかないのです。そんな虚構の交わりという世界に閉じ篭っておらずに、自分で考えて判断し、一歩踏み出すという行動を起こして、一人で外に出てみてはいかがですか?そこにある世界は、あなたが考えて判断して得た実際の世界なのです。そして必ずやその世界で、あなたは新しい自分を見つけることになると思います。個の強さを持った自分自身を…。そして気が付くでしょう。「結構、一人って気楽でいいな」と(笑)。

 私が色々と教わっている先生が、先日、本を出版されました。その本の中に、こんな一節が書いてあります。

 大多数と違っていることが真実だということもあるのです。

 違う考えを持つことを恐れないでください。

 違う目で物事を見ることを恐れないでください。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ