イメージ画像

いつ いかなる時も〝絶対に勝つ〟と決めた人が勝つ。

 私が「ああ、もうこんな時期になったのか…」と、痛切に思う時期があります。それは、学生さんが「不安なんです」という言葉をよく発するようになる時期、すなわち国家試験間近となった今時分です。長いことこの世界で仕事をしていますが、毎年例外なく今時分になると、しょっちゅうこの言葉を耳にするようになります。もちろん、「不安なんです」と相談に来る学生さんも、この時期には多くなります。そんな学生さんに対し、私はいつもこう言っています。「今の時期は誰でも不安なんだよ」と。早い話、国家試験を受験する誰もが、今の時期は不安なのです。その人だけが特別不安という訳ではないのです。だから「この不安をどうにかして下さい」と言われても…実際、どうしようもないのです。その人だけが不安ならまだしも、皆が当然のように抱えている〝当たり前の不安〟なのですから。

 当たり前の不安…でも、それにとりつかれて身動きが出来ないようなら、チョット困ってしまいます。「大丈夫かな?」位の不安ならいいのですが…どうも、その不安を成長(?)させてしまって「ダメだったらどうしよう…」なんて、マイナス思考に引き込まれてしまう人がいるのですが…。ハッキリ言います。そんなマイナス思考に引き込まれてはダメですよ。弱気になってはいけません。何の良いこともありませんから。よく考えてみてくださいね。マイナスの考えをしたところで、何か得することがありますか?なんの得にもならないじゃないですか。何の得にもならないことをしては悩んだり、落ち込んだりしたところで、何が解決します?何の解決にもなりませんよ。なにも解決しないどころか、心身ともに疲労困憊してしまうだけです。まさに、百害あって一利なし。利にもならない行為を行って、心身ともに疲労させるなんて馬鹿げていると思いませんか?以前書いたブログ「不安に負けるな!」にもそこら辺が詳しく書かれていますので、「不安なんです」という方は、一度読んでみることをお勧めします。

 チョット話を戻して…その人だけが不安ならまだしも、〝第98回薬剤師国家試験を受験する全ての人が当然のように抱る当たり前の不安〟なのですから、どうにかして下さいと言われても、どうしようもありません。「そんな冷たい事を言わないで、何とかしてください」と言う方も多いんですが…。じゃあ、教えましょう。不安になったらどうすれば良いか?1つでも良いから、何か覚えてください。今、目の前にある「やらなければならないこと」を処理してください。これが、試験の不安に駆られたときの最善の方法です。あなたが不安を感じて「どうしよう」と思い悩んでいる間も、時は過ぎ去っていきます。不安を感じて思い悩む暇があるのなら、その時間、1つでも良いから何か覚えてください。やらなければならないことを、何でもいいですから1つやって下さい。模擬試験の見直しでもいいし、気になっていたことを調べるでもいい。とにかく目の前にあることを一つ一つ処理していってください。そうすれば、少しでも前に進む事が出来ますから。「不安だから止まる」のではなく「不安でも進む」のです。そして、これは国家試験直前の勉強方法でもあります。「この時期何をやれば良いんですか」という学生さんにも、同じように「今目の前にある、やるべきことをやりなさい」といいます。確実に前進するこの方法を…。

 実を言うと、試験対策の一番のベースはコレなんですけどね。「遠くの山を越えようとする前に、目の前にある水溜りを飛び越える」ことが重要なのです。そうやって、水溜りを一つ一つ飛び越えていく事が、山を越える一番の方法なのです。目の前にある水溜りを飛び越えない限りは、山に到達することはできません。国家試験という山を見て「あんな高い山越えられるだろうか」と不安になったときは、目の前にある〝あなたが飛び越えなければならない小さな水溜り〟を飛び越えてください。そうやって、一つ一つ飛び越えていけば、必ず国家試験という山も越えられるのです。山の大きさに「どうしよう」と不安になるばかりで、目の前の水溜りを飛び越えもしないでいることは、愚かなことです。不安だからこそ〝目の前にあるやるべきこと〟を、1つ1つ飛び越えていくのです。

 国家試験が近づいてくると、私は学生さんにこういう名言を伝えます。「いついかなるときも〝絶対に勝つ〟と決めた人が勝つ」。〝出来る〟とか〝勝利〟には、自分の「出来る!」「勝つ!」といった気力が大きく作用します。当然のことながら、試験でも一番重要なのは〝気力〟です。気力とは「力むこと」や「気負う」ことではありません。「気持ちの力」です。「合格するぞ!」という気持ち「薬剤師になるぞ!」という気持ちの力が〝薬剤師国家試験に対する気力〟なのです。その気持ちをしっかりと持って薬剤師国家試験に臨む。それが合格を掴み取る必須条件なのです。

 

強い人が勝つとは限らない。すばらしい人が勝つとも限らない。私はできる、と考えている人が結局は勝つのだ。        

by ナポレオン・ヒル(成功哲学の祖)

 

 薬進塾講師一同、皆さんの合格を心よりお祈りしています!〝薬剤師国家試験に対する気力〟をしっかりと持って、薬剤師国家試験に臨んできて下さい!

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ