イメージ画像

不安に負けるな!

 この時期になると、学生さんはとにかく不安になる。以前もブログで書いたのだが、薬剤師国家試験の予備校の講師という仕事を長く続けていると、この時期に「不安なんです」と相談にやってくる学生さんが多いことを痛感する次第。国家試験まであと1ヵ月ほど。試験対策の大きな山場を迎えたこの時期、国家試験受験生である方は、誰しも不安になるのは当然といえば当然の話。のんべんだらりとした日常を送っている人なぞ皆無に等しいはず。

 私も一人の人間であるから、不安になることも、これ然り。不安で「どうしよう?」と頭を抱えることは、よくある。で、その不安が去ると、また新しい不安を感じては、やはり「どうしよう?」と頭を抱えて…の繰り返し。そんなことをやっているうちに、ある日ハタと気がついた。『1つの不安が去ると、また次の不安がやってくる…イヤ、やってくるという言い方は不適切なのではないか?何故なら、新しい不安は、前の不安を抱えていた時にも存在していたのだから…。ということは、1つの不安が去って、次の不安が出てくるというよりも、1つの不安が去った時点で、わざわざ新しい不安を探し出しているようなものではないか?一つの不安が去り、せっかく安堵して楽しくやっていけるのに、わざわざ不安を探して出しては、それに頭を抱えて慄いて(おののいて)いる。これじゃあ、あえて不安に慄くことを選んでいるようなものではないか?』と。確かにそうである。誰しも不安なんぞ、探せばいくらでも出てくる。ということは、不安が出現するというよりは、あえて不安を探し出しては、それに慄いているだけではないのか?不安に慄く、楽しくない方を選んでいるだけではないか?前述の如く、誰しも不安なんぞ、探せばいくらでも出てくるはず。なのに、日々楽しく過ごしている人は沢山いる。ということは〝不安があるから楽しく生きられない人〟と〝不安があっても楽しく生きられる人〟の2種類がいるということになる。どうせ生きるなら、楽しく生きた方がいいのではないか?

 不安とは何だろう?私が自分自身の指針としている本に、こんなことが書いてある。

不安とは恐怖の本能に根ざしたマイナスの想像。その特徴は「現実でない」こと。

 そう、不安とは〝現実でないモノ〟なのだ。「こうなったらどうしよう」という不安の「こうなったら」は、まだ起っていないことなのだから。「不安なんぞ誰しもが持っているもの」と前述したが、どうやら「不安材料は誰しもが持っているもの」であり、不安とはそれを基に成長させたマイナスの想像のようである。不安とは「こうなったらどうしよう」と自分自身で作り出している、絵空事にしか過ぎないということだ。自分で不安材料を探し出してきては、それを不安へと成長させ、自分一人で慄いている。何ともこっけいな話ではないか?第一、こんなことをしていたら楽しくないのは当たり前である。どうせ生きるなら、楽しく生きた方がいいのは、前述のとおりである。

 不安とは、己が育てたマイナスの影である。それに対応できるのは、作りだした自分自身しかいないのではないか?と書けば、何やら大変なことのような気もするのだが…さして難しくはないのかもしれない。不安材料を探し出さなければいいし、それを不安へと成長させなければいいだけなのだ。早い話、自分で不安を作りださず、楽しくなる方を選べばいいのである。不安を作りだすということは「楽しくない方を選ぶ」ということなのだ。どうせ選ぶなら楽しい方を選ぼうではないか!そう考えると、不安への対応は難しくないのではないか?楽しくなる方を選べばいいだけなのだから。「こうなったら困る」ではなく「こうなったら楽しいだろうな」という方を支持すればいいのである。そして「こうなったら楽しいだろうな…そのためには…」と行動していけばいいのである。「こうなったらどうしよう…」などと不安を作りだせば、楽しくもないし、フットワークが重くなって行動することもできない。楽しむか、楽しまないかは自分が選ぶことである。楽しい方を選べば、例え不安材料はあったにせよ、それは不安へと成長しないのだ。イヤ、その不安材料を行動力のエネルギーへと変換することさえ可能なのだ。前述した〝不安があっても楽しく生きられる人〟とは「不安材料はあっても、それを不安へと成長させず、楽しく生きられる人」なのだろう。「負い方一つで重荷も軽い」は、イギリスの劇作家・小説家であったヘンリー・フィールディングの言葉であるが、まさにこの言葉通りである。不安にかられた時は…楽しくない方を選択していないだろうか?あえて自ら不安を成長させていないだろうか?そう考えて自分を見つめ直してみるといいのかもしれない。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ