イメージ画像

2012年の日本を表す一文字は「金」。そして2013年の干支は巳!

毎年恒例の京都・清水寺で発表される「今年の漢字」。今年の日本を表す一文字は「金」でした。日本全国より公募されたものの中から、最も応募数の多かった漢字一字が、その年の世相を表す漢字として選出されるのですが、その最も応募数の多かった漢字一字が〝金〟。今年の日本で〝金〟といって思い出されるのは…。ロンドンオリンピックでの選手陣の活躍により、日本選手団のメダル獲得数が史上最多の38個。うち金メダルは7個。もちろんパラリンピックの選手団も大奮闘。メダル数は16個。うち金メダルは5個という好成績。何やら暗い話題ばかりの今の日本に、数少ない明るいニュースとしての印象が大きかったのだと思います。

金メダルがもらえるのは、何もオリンピックに限ったことではありません。ノーベル賞受賞者に送られるメダルも、18Kを基材とし、24Kでメッキされた、重量約200g、直径約6.6cmの金メダル。京都大学教授の山中先生が、iPS細胞の研究でノーベル生理学・医学賞を受賞したことも明るいニュースでした。「(賞状やメダルは)展示はしません。大切な所に保管しておきます。もう、見る事はないと思います。また一科学者として自分がやるべき事を粛々とやっていきたいと思います」と述べるなど、その謙虚さは多くの日本人の心に残ったことと思います。

日本人の心に残った〝金〟といえば、932年前の日本人の心にも残ったであろう金環日食。もちろん、現代日本人の心にも残った、自然の一大アトラクションであることは間違いないと思います。

 こう見ると、日本が明るくなった話題に〝金〟が大きく関わっていたことは間違いないようですね。前述のように、昨今の日本は暗い話題ばかりですから、明るい話題の基となった〝金〟が今年の漢字に選出されたことは、ある意味喜ばしいこと…と言いたいのですが、どうやらそうでもないみたいです。〝金〟は「カネ」とも読めます。「今年の漢字」を主宰している日本漢字能力検定協会のホームページには、「カネ」をめぐる問題が表面化したことも、〝金〟が今年の日本を表していることとして掲載されています。年金資産運用に関連した詐欺事件の発生や、生活保護費の不正受給問題。消費税増税を中心とした財政問題に、東日本大震災の復興予算の使途をめぐる問題。せっかく明るい〝金〟で今年を締めくくる事が出来るかと思ったのですが、どうやらそういう訳にはいかなさそうです。

東洋医学の根幹でもある、陰陽五行思想。五行思想とは、自然界は木、火、土、金、水の5つの要素で成り立っているというもの。「行」という字には、循環するという意味があります。つまり、この5つの要素が循環することにより、森羅万象が成り立っているという思想が五行思想なのです。今年の漢字である「金」は、五行思想では収穫の季節である秋の象徴とされています(正確に言うならば、五行思想では「きん」ではなく「ごん」と読ませています)。今年の日本には、どんな収穫があったでしょうか?前述のようにオリンピックの選手の方々の奮闘や、京大の山中先生の功績が認められたことなど、確かに大きな実りがあったことは確かだと思います。しかし、何故か沢山の大きな収穫があったのに、その収穫に見合うだけの〝日本の明るさ〟がなかったように思えるのは私だけでしょうか?「日本が明るくなった話題」はあったのですが、じゃあ今年の日本は明るかったのかといえば、決して明るいとは言えない状況だったと思います。喜ばしき事があったから笑おうとするのだけど、何故か口元がひきつってしまう。心から笑えず、どこか寒々しい、無理矢理な笑いになってしまう。そんな笑いだから、笑いがあるのに明るくならない…。今年の日本はそんな感じだったように思えるのです。何故そうなってしまったのでしょうか?やはりそれは、大きな喜ばしき収穫の他に、大きな悲しみの収穫、大きな不安な収穫もあったからだと思います。そして無意識のうちに、誰もがそれを感じ取っている。だからこそ、誰もが腹の底から笑うことができない、笑うことで明るくなることが出来ない、そんな状況になってしまったのではないのかと思うのです。

来年の干支は巳(ヘビ)。蛇は何度も脱皮を繰り返すため、古来より再生の象徴とされています。今の日本には再生させなければならないことが、どれほどあるでしょう?東日本大震災の被災地域。放射能により立ち入りを制限されている地域。落ち込んだままの経済状況。上向く兆しが見られない雇用問題。その他にも再生させなければならないことは山のように…イヤ、今の日本は〝再生させなければならないこと〟ばかりではないでしょうか?今の日本は、どれ一つとっても〝再生させなければならないこと〟ばかり…これは決して過言ではないと思います。来年は、再生の象徴である巳(へび)の年。何としても〝再生させなければならないこと〟が再生される一年であってほしいものです。そして、我々の笑顔も再生するような一年になってもらいたいと思います。

ちなみに、薬学のシンボルであるヒュギエイアの杯。ギリシア神話に登場する名医アスクレピオスの娘のヒュギエイアが持っていた〝ヘビの巻きついた杯〟です。調べてみると、医療・医術の象徴であるアスクレピオスの杖と並び、世界的に広く用いられているシンボルマークとのこと。薬学のシンボルマークに登場している蛇。その巳(ヘビ)が干支となる2013年。これは、何とも薬学にとって目出度い話ではありませんか!きっと2013年は、薬剤師を目指す薬学生が脱皮して、薬剤師へと生まれ変わる、そして合格の笑顔となる年であることは間違いありませんよ!

何はともあれ、今年も一年ありがとうございました!皆さんのおかげで、今年一年、薬進塾は進んでいくことができました。心より感謝申し上げます。どうぞ、来年も薬進塾をよろしくお願いいたします。それでは皆さん、良いお年を!

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ