イメージ画像

野菜高騰・・・大丈夫か鍋?

 先日、私の友人(佐渡出身)から「ちゃんこ鍋って食べたことがないんですよ。『ちゃんこ鍋を食べる』って経験してみたいんで、行きましょうよ」と「ちゃんこ鍋飲み会」の企画を依頼されました(大げさに書きすぎですかね?単なる飲み会の誘いなんですがね:笑)。実は以前もその友人から「串揚げというものを食べたことがないんで、食べに行きませんか」と誘われたことがあります。さらに今夏、私が実家に帰っていた時、「そちらの名物の土産を食べたことがないので、買ってきてもらえませんか?」とメールをくれたりもしました。好奇心旺盛…というよりは、やはり食べたことがないモノは気になってしまうのが人間というモノ。ましてや美味しそうなモノとくれば、必死(?)になるのも話は分かります。

 私はちゃんこ鍋は食べたことがありますし、以前は良くちゃんこ屋さんで一杯やっていました。私が足げに通っていたちゃんこ屋さんは〝ちゃんこ屋〟というよりは〝ちゃんこ居酒屋〟的な雰囲気。もちろん、お店自身は立派な〝ちゃんこ屋〟を名乗っていましたし、ちゃんこ屋さんではあるんですが、ふつうのちゃんこ屋さんより、一品モノのメニュー数が豊富でして、まさに「一杯やりながらちゃんこをつつく」にはもってこいのお店でした。お店のリニューアルに伴い、ちょっとメニュー数が少なくなったので、しばらく足は遠のいていたのですが…。友人に誘われたのを機会に、またチョット言ってみようかな…なんて気分になっていました。

 で、つい先日何気にテレビを見ていると…「野菜高騰で鍋物ピンチ!」のテロップが!エッ!鍋がピンチ!?

 その理由も、野菜高騰とな!?ん~分からなくはない。確かに夏の時分から「猛暑で野菜の育ちが悪い」やら「暑さで野菜が壊滅状態」なんて報道内容を耳にはしていた。夏に帰省した際も「暑いから、野菜が大変だって農家の人たちが云々」なんて言葉をよく耳にした。で、昨今になると、やはりというか「野菜の値段が上昇」なんて報道がなされるようになり、何気に「なるほど高いんだろうな」位には認識はしていた。調べてみると…何でも、11月20日の時点で野菜の卸売価格は平年に比べ平均5割増し。ネギの価格はおよそ1.3倍、ダイコンで2.1倍、ハクサイが2.3倍!なんとキャベツに至ってはおよそ2.8倍とのこと。キャベツの価格が2.8倍?2.8倍ってどれ位だ?昔、よくモツ鍋を作って食べていた時、キャベツを買っていたが、その時の値段は100円位だったような気が…。農水省の11月8日〜12日の野菜小売価格の調査結果によるとキャベツの価格は234円(前週に比べ36円UP:ちなみに単位は円/kg)!キャベツは1玉約1kg位だそうで、そう考えると…ゲッ!キャベツ1玉234円とな!?なんとキャベツは平年比192%とのこと!計算するといつもは122円位のキャベツが234円に!こりゃあ高い!それどころか調べてみると1玉380円やら500円のキャベツやらがゴロゴロしている!イヤいくらなんでも高すぎだ!あまりの驚きに「!」マークをやたら付けているが、このブログ史上、こんなに「!」マークを付けたことなぞ、いまだかつてないことだ。それくらい驚愕に値する出来事といっても決して過言ではないだろう。さらに、ダイコンは192円(前週に比べ17円UP)、レタスは478円(31円UP)、ネギは934円(38円UP)、キュウリは739円(148円UP)…。チョット待て!キュウリが739円って、なんじゃあコリャア!キュウリは1本約100g位らしいからそれで換算すると…1本当たり73.9円! ガリガリくん1本より高いぞ!今年のキュウリは平年比143%らしいから…計算すると、いつもは1本52円位だ。これならガリガリ君より安いぞ!いやいや、ガリガリ君との価格対比が問題なのではない。野菜が高騰していることが問題なのだ!

 鍋って色々便利なんですよね。何入れてもOKですし、何入れてもそれなりに美味しくなってしまいますから。もちろん野菜もたっぷりヘルシーですし。まあ、この野菜が高くて入手困難(?)なのが問題なのですが…。確かに野菜が入っていない鍋なんてまずありませんからね。以前ブログで書いたおでん(おでんも立派な鍋です)にも、大根やジャガイモといった野菜がしっかりと入っています。鍋の中でも、おでんは野菜が少ない方だと思いますが、一般的(?)な鍋はそれこそ野菜が盛りだくさんに入っていますよね。出汁が染み込んでいて、ほくほくと柔らかい野菜を食べた時の幸福感と言ったら例えようがありません。ましてや魚介系だしでも美味しい、肉系だしでも美味しいとくれば、まさに言うことなし!鍋にとっては、なくてはならない最高の具材といっても過言ではないはず!考えてみれば、魚介系鍋にしても、肉系鍋にしても具材的には野菜の方が多く入っていますからね。まあ鍋にもよるんでしょうが、だいたい鍋の中身の6~7割くらいは野菜が占めているんではないでしょうか?それだけ、鍋で食べる野菜は美味しいということなんでしょうけどね。

 以前、私が師と仰いでいる先生に「白菜鍋食べにこない?白菜だけしか入っていないけど」と誘われたことがあります。まあ、チョットこういう鍋は、鍋としても例外の方ですが…。でも何故、白菜だけしか入っていないかというと、その白菜がめちゃくちゃ美味しいからだそうです。生で食べてもおいしいとのことで、出汁を入れて煮込むだけで十分おいしい鍋になるとか。残念ながら、私はその鍋会は辞退させていただいたのですが、この話も「野菜を出汁で煮込む鍋は美味しいんだよ」ということを十分表している話だと思います。

 そんな鍋に入れると美味しい野菜が、鍋が美味しくなった季節に高騰とは何とも残酷な話です。どうやら農家の方たちも、それはそれは大変とのこと。私の実家の方の農家の方々も、今年は悲鳴をあげているとか。もちろん、農家の方だけではなく、八百屋さんやらスーパーやら、野菜を食べさせるお店やら、野菜に関わる人たちはどこも悲鳴をあげているとか。とんかつ屋さんなぞは「今までキャベツおかわり自由にしていたんですが…」なんて困り顔でインタビューに答えていましたし…。やはり〝暑いときは適度に暑く、寒いときは適度に寒い〟のがBestなんでしょうね…。もっとも、相手が〝自然〟なだけに、こちらのいいように事が運んでくれないのは分かるんですが…。

 で、前述の〝好奇心旺盛な鍋飲み会勧誘友人〟に「野菜高騰で鍋が高くなるかも…」とメールしたところ…。ちなみに、ほとんどの飲食店が野菜料理の即時値上げや、量を減らすことを行ってはいないようです。やはり「お客様のことを考えて…」といった意見が多いようです。ですから、ちゃんこ屋さんも即時値上げとはなっていないようなのですが、取り急ぎ友人には先ほどのようなメールを送った次第で。で、その友人から帰ってきたメールは「野菜高騰であれ、ちゃんこ忘年会が楽しみです」。ん~、その友人の好奇心旺盛さもさることながら、やはり価格がどうであれ食べたいものは食べたいし、鍋をつつきながらの忘年会は楽しみということなんでしょうね。もちろん私もそうですが(笑)。野菜高騰で大変だからこそ、いつも以上に野菜を味わって、いつも以上にそのおいしさを堪能して、気力を蓄えようではありませんか!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ