イメージ画像

短期コースの活用法…そんな方法があったのか!

 以前、私が受け持った学生さん(男)に、短期コースを9月から申し込んだ方がいました。現在の短期コースは1月から始まるのですが、その時の短期コースが始まるのは12月1日。「随分、早めに申し込む学生さんがいるんだなぁ」位に思っていたのですが…。そこには彼の綿密な計画があったのです。こう書くと、何やら怪しい、チョット後ろめたい計画のように思われるかもしれませんが…彼が立てた計画は真っ当も真っ当。怪しいどころか公明正大。後ろめたいどころか「おおっ!よくぞ、そんなことに気がついた!うまく利用してちょうだい!」と、こちらが笑顔になってしまうような計画だったのです。では、彼が立てた計画、そして実践した方法とは?

 以前もそうだったのですが、我が薬進塾でも申し込み完了と同時に、いくつかの無料特典を受けることが出来ます。一つは学習指導。コースに通うまでの間、私から「どうやって勉強していけばいいのか?」といった学習指導を受けることが出来るのです。で、件の彼、申し込みが完了すると早速電話をかけてきました。「卒業試験があるんですけど…卒試対策の学習指導をしてもらえませんか?」。つまり、コースに来るまでの間、卒業試験があるのでそれをサポートしてもらいたいとのこと。もちろん、コースに来るまでの学習指導は無料特典。卒試に合格してもらわないことには、国試に合格することもできない。学生さん(申し込み完了時点でウチの学生さんですから)に国家試験に合格してもらうのがウチらの仕事。ということで、彼から色々と状況を聞いて、学習スケジュールを立て「こうやって勉強していって下さい」と学習指導をしたのです。

 で、学習指導が終わると彼曰く「先生、学力診断をやってもらえますか?」とのこと。当ホームページの〝学習指導〟〝良くあるQ&A〟等でも紹介していますが、学力診断とは薬進塾オリジナルの学力判定システムのこと。簡単な設問に答えてもらう(国家試験等の問題を解く訳ではありません)だけで、その人の学力を診断していくシステムで、企業研修などにも取り入れられているものです。薬進塾の塾生さんは、入塾と同時に必ずこの学力診断をし、その結果から色々と指導を受けることになります。通常は、入塾式の時に行うものなのですが…もちろん早めに受けることもできます。早々にも彼がその学力診断を希望したので、受けてもらうことにしました。で、その結果を基に改めて私から学習指導を受けることになったのですが…実はその学力診断で、彼も気が付いていなかったウィークポイントを見つけることが出来たのです(もともと学力診断は、そういうためのシステムなのですが)。さらに私がそのウィークポイントに関する学習指導をしたことで、とても満足して帰っていったのを覚えています。

 しばらくすると、また彼から連絡が。「ウチの大学で模擬試験をやったんですけど、その結果が来たので、それを評価して指導してほしい」とのこと。たとえコースが始まっていないにせよ、立派にウチの学生。その学生に対して勉強の指導をすることは当然のこと。「じゃあ、模擬試験の結果を持ってきなよ。それで色々と学習指導するから」と言ったところ、すぐに模試結果を持ってきて私から指導を受けていました。「模擬試験というのは受けっぱなしが一番良くない。どこをどう間違えたか、そしてそれをどうフォローしていくかが大事なんだけど…それをちゃんと理解しているんだな」と私の指導を熱心に聞いている彼を見て思いました。試験結果を持ってくることが出来ない時は、試験結果をファックスで送ってきて、電話で私から指導を受ける位の兵(つわもの)でした(笑)。

 またまたしばらくすると「先生、チョット分からない問題があるんですけど…教えてもらっていいですか?」との連絡が。もちろん、前述のように彼はウチの学生ですから、質問に答えるのは当然のこと。早速、質問をメールしてもらい、担当の先生にお願いして解答解説を作ってもらって、彼へと返信することに。その後も、彼はわからない問題があると「教えてもらってもいいですか」と連絡を入れてきました。そして、その度に先生方に解答・解説を作ってもらっては、彼に渡していました。時には、質問に対して先生方が電話で直接教える、なんていうこともありました。

 そんなことを繰り返しているうちに…彼は卒業試験に一発で合格!その後、短期コースへと入ってきて勉強していたのですが…国家試験も一発で合格!合格の挨拶に来た彼に「うまい方法考えついたな」と言ったところ「いやぁ」と笑っていた彼でしたが、私としては嬉しい限りでした。

 「上手い方法」とは何でしょう?それは「卒業試験や国家試験に合格するために、利用できるものを最大限に利用した」ということです。彼が利用したのは、全てウチの塾の無料特典です。なんら問題ある行動を取った訳ではありません。それどころか、上手くウチを利用したのだと思っています。そして、私が一番彼を賞賛したいことは「卒業試験対策、国家試験対策というものを計画性を持って捉えていた」ということ。おそらく彼は、8月位に「そろそろ試験対策しなきゃなぁ…」と思ったのではないでしょうか?しかし、どうやって対策をしていけばいいのか分からない。じゃあ、どうしようと考えたところ…ウチを利用してその対策をやろうということを思いついたのだと思います。これは、間違いなく「計画性のある試験対策である」ということが出来ます。自分で勉強しようにも、どうやって勉強していけばいいのか分からない。模擬試験を受けても、その結果からどう対処して、どう勉強していけばいいのか?ましてや、勉強していく中で、分からないことが出てきたらどうしよう?彼は、そう考えたのでしょう。そして〝そう考えた〟ことも、立派な〝試験対策の計画〟の一部なのです。そして、その計画の延長線上に「無料特典を利用して試験対策に役立てよう」という、さらなる計画が生まれたのだと思います。計画を立て、それに必要なものを最大限に利用して対策にあたる。何を行うにしても、至極まっとうな方法といえます。そして、こういった行動を彼が取ったということは、やはり卒業試験や国家試験を真摯に受け止めていたからだと思います。「卒試は受からせてくれるだろう」とか「国試なんてチョット勉強すれば受かるんだろ」などと、試験を軽んじることはしなかったのでしょう。だからこそ「どうしよう」と真剣に考え、そのための手段として前述のような〝ウチを利用する〟方法を思うついたのだと思います。彼が卒業試験そして国家試験に一発で合格出来た理由は、もちろんウチを利用したこともあるとは思いますが、試験に対する計画性と、それに真摯に取り組む姿勢が大きな要因ではなかったのかと思っています。手前みそではありますが、我が薬進塾には、彼が利用したような沢山の無料特典が付いてきます。彼のように、その無料特典を大いに利用して、国家試験合格へと役立ててみて下さい。

注) 現在〝短期コース〟は〝要点集中コース〟と名前を変えています(内容は変わりません)。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ