イメージ画像

ランチの価格はいくら位のものなのか?

先週、先々週とお昼ごはんのことについて書かせてもらいましたが…。書きながらも思っていたし、〝ランチ〟という言葉を見る度にも思うのです。「ランチとは何ぞや?」と。私的には、ランチとは「飲食店がお昼時にお得な価格で提供する食事」と思っています。ご存じのように、ランチとはもともと〝昼食〟という意味。ですから「昼食時に提供する食事」はある意味、全てランチに該当するのが本筋なのでしょうが…やはり〝お得な価格〟とういうのがポイントになってくると私は思っているのです。

では、ランチというのはいくら位のものなのだろう?もっとハッキリ言わせてもらうならば、適正価格はいくらなのだろう?前述のように〝お得な価格〟であることが、ランチの私的ポイントである。ところが…どうも世には、決して〝お得な価格〟とは言えないランチが氾濫しているように思えるのである。ネットなんかで「美味しいランチがお手頃なお値段で…」なんて書かれているので、調べてみると・・・「ランチ 1200円」なんて書いてあったりする。1200円がお手頃なお値段か?昼食に1200円…へたな居酒屋じゃ、1200円出せば〝晩酌セット〟なんて称して、結構いい気分になれるぞ。なのに昼食が1200円?中には1500円、1800円、いやそれ以上の値段のランチもある。はたして、それでもランチと呼べるのだろうか?まあ、昼食だから、ランチと呼べなくはないのだろうが…。

大辞泉によるとランチとは「1.洋風の簡単な食事。特に昼食。2.一皿の、盛り合わせ定食」とあり、価格については触れられていない。他にも色々調べてみたのだが、やはり値段について書いてあるものは見つけられなかった。やはり「ランチは〝お得な価格〟とういうのがポイント」というのは、私の個人的見解にしか過ぎないのだろうか?では、世間様ではランチというのはどれ位の価格のものと思われているのだろう?

同僚講師に「ランチっていくら位の値段だと思う」と聞いたところ…。「700円から800円位じゃないですかね。500円位だったら安いと思いますし、1000円弱くらいだったら高いと思います」という内容の返事が。ん~700円から800円か…チョット高めのような感じがする。私としては600円位なのかなと思っている。この時点で100円~200円の差が…。母集団2名で、こんなに差があるのか…。「じゃあ世間様では?」と、ランチの価格について調べてみると「昼食を外で食べる場合の平均価格帯は700~999円が最も多く、1000円未満が約9割に及ぶ」という調査結果があった(gooリサーチ結果より)。つまり、ランチを食べる場合、皆、700円から999円位かけていることになる。もちろん、全ての人がこの値段に満足しているわけではあるまい。しかし、この位は出せるという感覚で、この値段のランチを利用していることは確かである。ということは、ランチの〝一庶民として払ってもいい価格〟は700~999円ということになるのだろう。

私的にはチョット高めの値段なのですが…まあ、世間様ではそれが納得のいく値段なのでしょう。そうなると、前回のブログで書かせてもらった「500円でライス、スープおかわり自由の中華料理定食」は、かなりお得ということになりますね。量が多くて、美味しくて、納得できるランチ。そう、大事なことは納得できるかどうかなんですよね。500円は確かにお得な値段。でも「何だコレ?これで500円は高すぎるんじゃない?」という場合もありますし、逆に「この内容で800円は安い!」という場合もあります。ランチの価格は、やはり全ての料理に言えるように「いかにその内容で納得できるか」がポイントになってくるのでしょう。そういう意味で言うならば…「この値段でこの美味しさ、ボリューム!うん、満足!」となった時のお値段が、ランチの適正価格ということになりますね。ということは、前述の〝1500円、1800円、それ以上の値段のランチ〟も、あながち高い値段とは言えないかも…ということになりますね。私的には…やはり高い値段なんですけどね(笑)。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ