イメージ画像

断水騒動

先日、私の住んでいる街で断水騒動がありました。ニュース等で何気にチョコチョコと報道されていた関係もあり、ご存じの方も多いと思いますが、その断水です。私は、実家に住んでいる母親からの電話でその情報を知りました。「あなたの所、断水だっていうけど大丈夫」との話しの内容に、正直「?」という感じでした。

断水…そんなことさっぱり聞いていないぞ。水が止まるとなると一大事。なのに市民である私が知らないというのは、けしからん話ではないか!で、テレビをつけていくつかのチャンネルを探したところ…オオッ、やってるやってる!「テレビもいいけど、なんか市民にすぐに伝える方法はないのかい!」などと憤慨しながらも、テレビから情報を得てみると…断水が実施されている所もるようだが、とりあえず、私の所は「断水予定」という具合。

何はともあれ水の確保と思ったのだが…まず確保しなければいけないと思ったのが〝トイレ用の水〟。流せなくなったら一大事だ。取り急ぎ浴槽に水を溜めることに。で、次は…ちょうど件の日は土曜日。夜は一杯やろうと思っていたので…お湯割り用の〝お湯〟を確保せねばならないと、やはり取り急ぎポットの水を満タンに。もちろん、それ以上にも飲むからと、空いたペットボトルに4L近い水を補充することに。で、後は…。コレと言って思い浮かばない…。アレ!?断水ってこれくらいの騒動だったっけ?子供の頃の断水は、一大事件だったように思う。やれヤカンだ鍋だ、ボールだタライだ…とにかく水が入るものには水を入れてしまえの勢いだった。まあ、実家が飲食店をやっていたせいもあるのかもしれないが、とにかく断水となれば一滴でも多くの水を確保しなければいけない状況であったのは確かだ。何と言っても飲み水が無ければ…飲み水!?そういえば飲み水の確保は?焼酎のお湯割り用の水は確保したが、飲み水は確保していない…。

よく考えてみると、普段、蛇口から出てくる水道水を口にすることがあるだろうか?私なんかはお茶派であるから、お茶ばっかり飲んでいる。1日に1.5~2Lは飲んでいると思う(塾にいる間で500mLのペットボトルを2本は確実に飲んでいる)。だから水道水を口にしたことなど久しくない。それは私だけではないだろう。普段、渇きをいやすために飲むのは、ペットボトルに入ったお茶や水であり、蛇口から出てくる水ではないはずだ。そうか…子供のころとは違って、水道水を飲料水として飲むことが無くなってきているのか…。もはや飲料水は蛇口から出てくるものではなく、ペットボトルに入ったものを買う時代のようだ。う~ん、だから断水になっても、子供の頃のあの緊張感を感じることがなくなったのであろう。断水と聞いて私が一番初めに思い立ったのは、冒頭にあるようにトイレを流すための水である。断水による水の確保と聞いて、飲むための水を思い浮べた人は、以前に比べて少なくなったのではなかろうか?

私の生まれ育った地域は、日本百名水に選ばれるほど水がおいしい場所。子供のころなど、蛇口から出てくる水を普通にガブガブと飲んでいたものだ。お茶ばかり飲んでいる私が言うのもなんだが、やはり水道水をがぶがぶと飲めるような環境が私は良いと思う。でも、よく考えると直接水道水を飲むことは少なくなったかもしれないが、水道水を沸かしてお茶やコーヒーをつくるのはごく当たり前のことだ。カップ麺だってそうだ。やはり水道水は身体に入ってくる水であり、人の生活には無くてはならない水なのだ。大事であることは間違いない。以前、石原都知事は「東京の水は世界一おいしいよ」と言っていた。蛇口をひねると美味しい水が出てくる。幸せなことではないか?その恩恵をおもい知るためにも、今度、蛇口から出る水をがぶがぶやってみようかなと思った、今回の断水騒動であった。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ