イメージ画像

ベストヒット オブ 昆布茶

2019/06/17

 昆布茶が好きである。もちろん、梅昆布茶も好きである。好きであるからして、飲む機会が多い。だから机の中には、常に昆布茶or梅昆布茶(少々長いので、これ以降は昆布茶で統一させていただくことにする)が入っている状況にある。いつでも飲みたい時に飲める状況。

 そんな昆布茶好きな私ではあるが、実は昆布茶を飲む時に少々困ってしまうことがある。私が常日頃飲んでいる昆布茶は〝粉末タイプの昆布茶〟である。ここで『 昆布茶って、全部粉末じゃないの? 』と思った方。昆布茶は、粉末タイプだけではない。私が昆布茶好きということで、以前、とある先生から昆布茶をいただいたことがあるのだが…。その昆布茶は、完全乾燥していないソフトな感じの昆布に、梅肉の粉末が塗された(まぶされた)タイプのものであった。そう、昆布から直接出汁(だし)が出る昆布茶である。『 出汁が出る 』のに〝(昆布)茶〟とは、これ如何に?とは思ったのだが…まあ昆布茶というものは、元来、茶ではないのだからして、この表現もあながち間違いではないだろう。ということで、なんとも贅沢な昆布茶であったのだが、これなどは粉末では無いタイプの昆布茶であるからして、『 昆布茶=粉末タイプ 』ではないことがお分かりいただけたことと思う。

 閑話休題。で、高級タイプの昆布茶を嗜む(たしなむ)こともあるが、常時愛用しているのは粉末タイプの昆布茶。そして、この粉末タイプの昆布茶が悩みの種。正確に言うのならば、『 粉末タイプの昆布茶の作り方 』が悩みの種なのである。ここで『 粉末の昆布茶なんて、作り方と言っても、お湯を注ぐだけだろ?何が悩みなの? 』と思われた方もいらっしゃると思うが、この『 お湯を注ぐ 』のが、大いに悩みの種なのだ。

 昆布茶を作ったことがある人ならお分かりいただけると思うが、往々にして缶入りの昆布茶にはプラスチック製の小さなスプーンがついていたりする。で、〝お召し上がり方〟すなわち〝作り方〟に目をやると…『 取り付けのスプーンに一杯(2g)を、お湯呑に入れていれ、熱湯を注ぎますと美味しい昆布茶が出来あがります 』などと書いてあったりする。そこで、付属のスプーン一杯をマグカップに入れ、お湯を…。んっ?お湯はどれくらい入れればいいんだ?

 湯呑の場合は、まあ飲むことを考えて八分目くらいを目安とすればいいのだろうか?しかし、こちらはマグカップ。湯呑の八分目とマグカップの八分目は、当然、天と地ほどの差がある(大げさかもしれないが、まあ差があることは言わずもがな)。当然、マグカップには違う分量のお湯を入れなければならないが、どれ位入れればいいんだ?大体、正当派(?)たる湯呑にだって、どれくらいお湯を入れればいいのか、ハッキリとは分からない。飲み方等に示唆されていないのだから、それも仕方がない。前述の〝八分目〟というのは、あくまでもこちらの憶測であって、ハッキリとした指示があった訳ではないのだ。ではマグカップの場合も、湯呑と同じ位お湯を入れればいいのだろうか?ここで聞きたいのだが、〝湯呑と同じ位の水量マグカップ編〟とは、どれ位の水量(正確には、お湯量か?)なのだろう?まさか、昆布茶を作る用の湯呑を一個用意して、それに一旦お湯を入れてから、マグカップにそれを注げというのだろうか?昆布茶一杯飲むのに、そんなに手間暇かけなければならないものなのだろうか?昆布茶の種類によっては『 ティースプーン半分を茶碗(湯呑のことだろう)に入れ、熱湯を100mL注いでください 』と書いてあるのもあるが…ティースプーンの他に100mL計るためのモノも必要…やはり手間暇かかってしまうことに変わりはない。

 それに…こちらもマグカップを使う以上、それ相応の量の昆布茶を飲みたいと思っているのだ。湯呑いっぱいの容量では少々心許ない。マグカップ並々とはいかなくとも、マグカップ八分目位は所望したいところ。となれば、初めに入れる〝昆布茶の粉末〟の量も必然的に多くならなければならない。どれ位入れればいいのだろう?まあ、〔湯呑分×2〕の量の粉末を入れて、湯呑で2回お湯を注げばいいのかもしれないが…まあマグカップにもよると思うが、普通のマグカップには容量的に湯呑2配分は入らないのではないだろうか?第一、前述したように昆布茶一杯飲むのに、そんなに手間暇かけなければいけないものだろうか?ホッとしたいがために昆布茶を飲むのに、それを作るのに余計な負担を強いられてしまう…これじゃあ、ホッと出来ないのは言わずもがな。

 そこで考えるのが『 まあ湯呑いっぱいでスプーン一杯だから、マグカップだとこれ位だろうな 』といった、目分量での計測ということになる。これが薬なら多いに問題あるところだが、相手は昆布茶。要領的に目分量で測ったところで、さしたる障害はないはず。入れる粉末量が『 まあ、こんなもんだろうな 』というのだから、当然、注ぐお湯の量とて『 まあ、こんなもんだろうな 』となってしまうのは致し方ないこと。ということは…入れる粉末量も『 まあ、こんなもんだろうな 』、注ぐお湯の量も『 まあ、こんなもんだろうな 』…。つまり、昆布茶は全て目分量というか、勘というか、早い話し『 己が感覚で作る 』ということになる。これといったレシピ(まあレシピと言っても、昆布茶粉末とお湯の2種類しかないが)が無い以上、勘に頼るのは致し方ないこと。

 前述したように、コレが薬となると大問題なのだが、相手は嗜好品として飲む昆布茶。ましてや、飲むのは自分である。目分量や、己の勘で作ったところで、さして支障はない…よう思えるのだが、コレがそうでもないから困ったモノなのである。勘で作る。この勘が、常に当たってくれるなら問題はない。しかし、往々にしてハズレる場合が多い。ましてや、レシピである『 粉末の量 』『 注ぐお湯の量 』と二つの要因が勘で動かされることになる。数字上だけで計算すれば、ヒット率は1/4かもしれないが、そんな簡単なモノではない。多い・少ないといったものは相対的なものであるからして、『 無限に多い 』もあるし『 無限に少ない 』もあるのだ。無限×無限のレシピ…。まあ実際は、無限とまではいかず、レシピとしてのそれ相応の限度はあるのだが、ヒット率はかなり低いと考えられるだろう。かと言って、今書いたように、それ相応の限度はあるのだから『 全く飲み物として機能していない 』という状況になることもない。こちらとて、美味しいものを飲もうと思って作っているのだ。飲めもしないほどの〝ハズレ〟を作ることもないことは確かである。

 だからこそ、悔しさがこみ上げる状況が作られてしまうことになる。『 ん~チョット薄いかなぁ… 』『 もう少々薄くした方がいいんじゃないかな 』なんていう具合に、微妙に薄い、微妙に濃いといった事態に陥る場合が多いのだ。ガマンしようか?それとも、ベストな濃度に持っていこうか?ここが悩みどころなのだが…やはり、こちらも嗜好品というか、好きな飲み物として昆布茶を所望する訳であるから、やはり飲むのなら最高の状況で飲みたい。そこで、濃度調節となるのだが…この『 粉末の二度入れ 』『 お湯の二度入れ 』が、またまた外してしまう場合が多い。二度入れのヒット率は限りなく低いのだ。一か八かで試しては見るのだが…一回目よりも、さらに濃度ヒットポイントを外してしまう場合が多いのである。そして『 さっきので良かったなぁ… 』と後悔することになる。後悔の念に駆られるというのはこういう事なのかと、味が今一つの昆布茶をすすることになるのである。

 逆に、一発でベストにヒットした時は嬉しさも一入。至高の味加減。そして好物の昆布茶。それを思う存分堪能できるのだから、たまらない。まさに至福のひと時である。毎回毎回この味加減が出せれば、毎回至福の時を味わえるとも思えるのだが、逆に毎回味わえるとなれば、この至福の時も少々安っぽいモノになってしまうような気がしないでもない。なかなかできない、粉末とお湯の微妙なさじ加減。だからこそ、ベストヒットした時は嬉しさも一入なのではないだろうか?そう考えれば、『 ん~チョット薄いかなぁ… 』『 もう少々薄くした方がいいんじゃないかな 』なんていう具合にできあがった昆布茶も、案外悪いものではないような気がする。そういう昆布茶があるからこそ『 よし次は… 』なんていう意気込みとレシピの創造が生まれる訳であり、それはそれで楽しみに一つとなるからである。そして…それが功を成して、最高のさじ加減で昆布茶が入れられた時…まさに至福の時を味わうことが出来るのだ。飲んでおいしい、作って楽し。やはり、昆布茶はいいものである。まあ、少なくとも私にとってはの話ではあるが…。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ブログ 薬進する日々!!の新着記事

このページの先頭へ