イメージ画像

😉 卒業する〝卒延生〟の途中入塾 受け付けています!

卒業する〝卒延生〟?

 薬学以外の方が見たら『 卒業する卒延生(卒業延期生)って…なんだ? 』と思われるのでしょうが…薬学関係者ならお分かりいただけると思います。卒業延期になってしまった学生さんが、春や夏に行われた卒業試験で合格され、卒業が決まった。それが〝卒業する卒延生〟ということになります。

 

 『 やっと卒業が決まった。でも、国家試験対策…これからどうしよう… 』といった学生さんは少なくありません。『 すぐにでも試験対策を始めたいけれど…一年コースは始まっているし… 』と悩んでいる方。ご安心ください。薬進塾では、そういった学生さんの途中入塾も受け付けています!

 

薬進塾の途中入塾は、ココが違う!

 薬進塾では、常時、途中入塾を受け付けています。それは、薬進塾には『 国家試験を受けようと決めた時から、試験対策は始まる。だからこそ、すぐにでも試験対策を始められる環境にしたい。そして、すぐにでもそういった学生さんを受け入れて、試験対策を始めさせたい 』といった思いがあるからです。

 もちろん、途中入塾といっても、ただ始まっているクラスの中に混じって、『 ハイ、始めてください 』というわけではありません。途中入塾者には、しっかりとしたフォローが用意されています。そのフォローとは、どういったものでしょう?

 では、具体的に説明してみましょう。


途中入塾生フォロー1:受講料が日割りになる。

 薬進塾では、途中入塾した場合、受講料は日割りになりますので、ご安心ください。講義が1/3位終わっているのに、通常の受講料… となれば、誰しも足が遠のくのは当たり前の話。これでは、すぐに試験対策を始めようにも、『 じゃあ、秋からのコースに… 』となってしまいます。せっかく、国家試験を目指して試験対策に、今すぐ取り組もうとしているのに、その芽を摘むようなことはしたくない。だから、薬進塾では途中入塾の場合は、受講料を日割りにしているのです。もちろん、日割り受講料といえども、税込み及び資料テキスト代等、全て込みの料金になります(薬進塾では、入塾後に別途お支払いしてもらう料金はありません)。

◎ 日割り受講料に関しましての詳細は、遠慮なくお問い合わせください。

 

途中入塾生フォロー2:受講できなかった講義の資料は一式お渡しいたします。

 『 出られなかった講義のテキストはもらえるのでしょうか? 』といった、ご相談は少なくありません。ご安心ください。薬進塾では受講できなかった講義の資料は、一式全てお渡しいたします。途中入塾したのはいいが、それまでのプリントがない。これでは、今後の講義についていけるかどうか、不安になるのも当たり前の話。薬進塾では、講義資料のほかにテストや学習指導の資料等も、受講までに配布された資料一式をすべてお渡しいたしますので、ご安心ください。

 

途中入塾生フォロー3:受講できなかった講義のフォローも行います

 『 講義を受けていないけれど…ついていけるかどうか心配… 』と思われている方も多いでしょう。薬進塾では、そういったフォローも万全です。『 どうやって講義に臨めばいいのか? 』『 分からないところは、どうすればいいのか? 』等をマンツーマンで指導していきますのでご安心ください。さらに、各講師には『 〇〇さんは、途中入塾の塾生さんですので、よろしくお願いいたします 』と伝えてありますので、講義や質問に対するフォローも万全です。薬進塾の途中入塾は、『 大勢の中に、ただ加えられるだけ 』の途中入校とは全く別物、一人ひとりをしっかりとサポートしていく〝途中入塾〟ですので、ご安心ください。

 

受講できなかった基礎の分野も勉強したいなら…

 一年コースに、途中入塾で入って来られる塾生さんは、少なくはありません。そして『 やっぱり、受講できなかった初めの頃の基礎的な内容も勉強したい 』という塾生さんも、少なくありません。そういった塾生さんは、基礎力養成講座のセット受講をお勧めいたします。基礎力養成講座は、一年コースの夏季休暇中に行われますので、一年コースの講義に支障なく受講することができます

 途中入塾の塾生さんは、基礎力養成講座を特別受講料で受講することができます。受講料等、詳細に関しましては、お問い合わせください。

 〝🎵 基礎力セット受講でリーズナブル!〟のページにも、詳細が掲載されています。 

※ いずれも定員40名になり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。

 ご了承ください。

 

『 色々と相談したい… 』という方。お待ちしております。

 今後の試験対策が不安。この先、どうやっていけばいいのか…。途中入塾で、ついていくことができるのだろうか…。そういった心配をお持ちの方は、少なくありません。相談しようにも…家族の人に相談しても、勉強や国家試験のことは分からないだろうし…かといって、大学の先生とはそんなに懇意にしていなかったし…結局、自分一人で悩んでしまうことに…。

 そういった方は、遠慮なく薬進塾にきて、ご相談ください。『 勉強はしているのに、成績が上がらなくて… 』『 本当に合格できるのかどうか不安で… 』『 勉強がうまくできなくて… 』なんていう勉強や国家試験のことはもちろん、将来のこと、金銭面でのこと、就職先のこと等、様々な相談に乗らせていただきます。もちろん、相談をただ聞くだけではありません。相談内容を考慮した指導やアドバイスも行いますから、ご安心ください。『 初めて会う人に、相談するのは… 』なんて固く考える必要はありませんよ。何十年もの間、何人もの学生さんを指導してきている塾長自ら応対させていただきます。

 

もちろん、ご家族の方のご相談も受け付けています。

 『 子供が… 』といったご家族の方のご相談も増えています。薬学部の増加、薬学6年制に伴うCBTやOSCE導入。そして卒業延期等のシステムや、薬剤師国家試験の難易度UP。ご家族の方としても、不安なことばかりではないでしょうか?そんな中、お子さんが卒業延期になってしまったとなれば、落ち着いていられないのも当然の話。お子さん以上に不安になられているご家族の方も、少なくありません。そんなご家族の方のご相談も、塾長自ら受け付けておりますので、遠慮なくご相談ください。

 

次のような方、遠慮なくご相談にきてください。

・ 年齢がネックに感じて…。

・ 勉強しても点数が伸びない…。 

・ 成績が良いほうではないので…。

・ 国家試験対策、間に合うのかな…。

・ 日々の不安もフォローしてもらいたい。

・ 参考書を見ても分からない事ばかりで…。

・ 講義を聞いていても、今一つ分からない。

・ どうやって勉強していけばいいんだろう?

・ 金銭面でどうしたらいいのか分からない。

・ もう、成績が伸びないんじゃないかと不安で…。

 こういった方は、遠慮なくご相談ください。話をするだけでも、不安は和らぎます。遠慮せず、気軽にご相談ください。指導のベテランである塾長自ら、応対させていただきます。

 

☆ いつでも、気軽にご相談ください ☆

◎ ご相談は随時受け付けております。ご家族の方だけ(学生さんがいらっしゃらない場合)でご相談にくる方も、昨今は多くなっております。そのような場合でも、塾長自ら責任を持って個別に応対させて頂きますので、気軽にご連絡頂けましたらと思います。

 

 当日のご相談にも応対しておりますが、事前予約が入っている場合があります。その場合は、予約の方を優先させていただきます。お電話等で日時を確認し、予約されることをお勧めいたします。

 ご相談のご予約希望の方は、ご都合のいい日時を電話でお伝え下さい。なお予約状況により、希望日時に添えない場合もありますので、第二希望、第三希望の日時も想定しておかれることをお勧めいたします。


♦ やり方を変えてみませんか? 

あなたは〝少人数制〟なら、伸びる人かもしれません!

 ご相談・ご連絡は

フリーダイヤル 0120-970-894

急(9)な(7)お(0)願い、薬進塾(894)

電話受付時間 10:00~17:00


  ページ右上の お問い合わせ から、メールでの受け付けも行っております。

※ アクセスは『浅草橋』のページにある『アクセスマップ』をご参照ください。

 

 

 

トピックスの新着記事

このページの先頭へ