イメージ画像

💖 第107回薬剤師国家試験 合格者 ロングインタビュー 後編 💓

 今回は、国家試験6回目の受験で合格したM.Wさん(女性)の合格インタビュー後編になります。前半でも書かせていただいたのですが…Wさんは、何年か大手予備校に通ってはみたものの、思い通りの結果が出なかったとのこと。薬剤師はいったん諦めて、医療系ではない仕事に就くことに。持ち前の明るさと、人懐っこさで仕事の成績は上々だったそうです。しかし、昨今のコロナ騒動を受け、仕事も今一つ不安定に。『 やはり、薬剤師の方が仕事が安定している。そして…やっぱり薬剤師になりたい! 』と一念発起して、薬進塾の門を叩くことになったそうです。

 Wさんのいい所は、いつも笑顔を絶やさないこと。『 この塾生さんは怒ったり、嫌な気分になったりすることはないのだろうか? 』と何度か思ったこともあるほど、笑顔でした。インタビューでも話してくれたのですが…実はWさん自身はメンタル面は弱いとのこと。どうも、薬進塾に来ていたことが楽しかったらしく、それで笑顔になっていたそうです。

 Wさんは、笑顔も印象的でしたが、質問に関しても印象的でした。とにかく質問に来る。質問に来ない日は、1日もなかったといっても過言ではないでしょう。Wさんといってまず思い浮かぶのが、先生たちに質問している姿。それ位、質問に来ていたわけですから、成績も好調。国家試験受験回数やブランクをものともせず、好成績をキープしていたことも印象的です。

 そんなWさんも合格インタビュー後半。そして完結篇でもあります。何はともあれ、Wさんのインタビューから、〝成績良好の秘訣〟そして〝国家試験合格の秘訣〟を読み取ってください!

【 針 】:針ヶ谷講師

【 Wさん 】:T大学卒 M.Wさん(女性)

オンラインについて

 

【 Wさん 】

 オンラインの経験もあるんです。

【 針 】

 言ってたよね。

【 Wさん 】

 仕事してる時、一回だけオンラインでやったことがあって。オンラインを経験してるので、今コロナ渦で、オンラインがちょっと人気になってきてるじゃないですか?イヤ、もうダメ、ダメです。オンライン。いや、ホントに画面…なんだろう、そん時はちゃんとスケジュール立てて…。仕事やってなんとか…ちゃんと、見てたんですけど…まあ、質問は出来ない。

【 針 】

 出来ないでしょ。

【 Wさん 】

 『 出来ます 』って、言ってるんですけど。まず、しないですよね…連絡とってなんて…。メールとかイヤですし、ダメですね。アレは…。

【 針 】

 質問ってのは、質問したい時にするからいいんだよ。

【 Wさん 】

 ホントにそうですよね。面と向かって。

【 針 】

 うん、そうそう。

【 Wさん 】

 質問もそうだし。テストも…やっぱり小さいテストとかあっても、家でやってるから集中はそんな出来ないし。こういう所に来てれば、皆が一緒にテスト、同じ時間に受けてるから。やっぱり、必死になるっていうか、『 絶対負けたくない、一点でも多く 』とかそういう気持ちがあったけど…。やっぱ、オンラインはダメですね。

【 針 】

 あれはね…。まあ、来てる人に言ってるんだけど…あれは、〝とりあえず〟のものなんだよ。サブであってメインじゃない。よく言うのは、非常食と同じなの。非常事態になった時、栄養価も高いし、すぐ食べられるし…でも、365日、毎日非常食でまかなえって言っても、無理でしょ?あれと同じなんだよ。〝とりあえず〟のものなんだよ。メインにはならない。

【 Wさん 】

 確かに。

【 針 】

 だから〝オンラインで薬剤師国家試験対策やる〟なんてこと自体が無理なんだよ。目的が違うんだから。

【 Wさん 】

 ですね。

【 針 】

 無理だと思うでしょ?

【 Wさん 】

 無理でした。もし、それが出来てたら受かってるし。そもそも現役で…。

 【 針 】

 そうそう。

【 Wさん 】

 なにせ、直接質問も出来ないし…。集中も…多分半分くらいしか集中してないでしょうね、アレ。

【 針 】

 まずね、俺が一番言いたいのは、いろんな人と接してるけど、オンラインで合格してる人って一人も知らないんだよね。前に聞いた学生さんは、2年間、1週間に一回だけ家出て食材買って来て、あと毎日オンラインやっていた。一週間外出しないで、買って来た食材食べて、籠りきりで…。朝から晩までオンラインやっていた。それでも受かんなかったって。なんでかって言ったら、思うように進まないし、すぐに溜まっちゃうし、質問もちゃんとはできなかったって…。やっぱり〝とりあえず〟のものだから、試験対策としてメインにはならない。だから、大抵の人が途中でドロップアウトするでしょ?

【 Wさん 】

 そうです、そうです。

【 針 】

 よくオンラインで言ってるでしょ?『 いつでも好きな時に… 』って。その時点で勉強の計画性ないじゃん。俺の学習指導で、勉強の計画表作ってもらったでしょ?『 この通りに勉強やりなさい 』ってさ。『 いつでも好きな時に… 』っていうことは、計画立ててないってことでしょ?それは、正しい試験対策じゃないし、そんなんじゃ勉強進められない。だからドロップアウトしちゃう。あとオンラインの宣伝で『 分からない所は止めて見直せる 』とか『 分からない所は何回も見られる 』なんて言っているけれど、そんなことやっていると、全然進まないからね。

【 Wさん 】

 進まない。おまけに、溜めれちゃうんですよね。後で見ようって…。

【 針 】

 うん。で、さっき話していた学生さんは、『 今日は4時間くらいやろうかな 』って思っても、もう全然、進まなくて、結局2時間分しかできなかった…って話していたよ。

【 Wさん 】

 そう、それ。『 いったん止めて明日 』って出来ちゃうんですよね。

【 針 】

 そのうち溜まってっちゃうでしょ?そして、大抵がドロップアウト。

【 Wさん 】

 やっぱり…確かに、オンラインやっていた予備校の先生にさえ言われたのが、『 (前の国家試験の点数伝えたら)オンラインなのによくここまで点数とれたね 』って。合格点ではなかったのに…。

【 針 】

 俺も同じこと言ったじゃん。オンラインで、よくここまで取れたねって。

【 Wさん 】

 その予備校の先生に『 今までの知ってるオンライン受けた子で、その点数取れた子いないよ 』って、みたいに言われて…。『 そもそも、ここの予備校(さんがオンラインを受けていた予備校)も、そこまでオンラインに力を入れてないんだな 』って、その言葉で分かった。

【 針 】

 どこもだよ。

【 Wさん 】

 そうなんだって思います。

 

オンライン講義とお金

 

【 針 】

 だから、ちょっとね…オンラインに関しては『 これはチョット… 』って思うところが大きいので、HPでいくつかページ作って書いてるんだけど…。結構、皆見てるけど…。正直な話言うけど、あの宣伝というか売り文句というか…アレはチョットどうかなって思っちゃう。予備校ってさ、合格に導くのが仕事なんだよ。なのに合格できるかどうか分かんない方法や、最後まで試験対策として終えられないようなことやって、『 講義見聞きしたでしょ?システム使ったでしょ?お金払ってください 』っていうのはね…。ある予備校が言ってたらしいけれど…『 オンラインは金のなる木 』って言ってるそうだよ。

【 Wさん 】

 まあ、そうですよね。

【 針 】

 1回撮って流してりゃさあ、ポンポンお金が入ってくるんだから。撮ったら、その後、ほとんど手間暇かからないんだから。

【 Wさん 】

 で、1人、100万くらい貰えますもんね。

【 針 】

 予備校サイドとしては何が良いかっていうと、光熱費なんかもかからないでしょ?講師が移動するための交通費もかからない。下手したらプリント代もかからない。それでさあ、お金ポンポン入ってくるんだもん。でも、『 それで受かるか? 』って話なんだよ。さっきみたく、予備校サイドの人間が『 オンラインなのに、よくここまで点数とれたね 』って言っているのは、まさに『 オンラインじゃ、点数取ることができない 』って証明しているっていうことでしょ?『 受からない 』って分かってて、『 これ良いですよ 』ってお金取るのって…『 チョットそれって、問題あるんじゃない 』って思うんだよ。それも、1万、2万の金じゃないんだから、

【 Wさん 】

 そうなんですよ。

【 針 】

 『 それは、ちょっとどうなの? 』っていうのはあるよね。今さ、小さい予備校とか、いっぱい出来てんじゃん?

【 Wさん 】

 多いですよね。

【 針 】

 オンライン教室とかっていうヤツでしょ、アレ。講師もはたして、そろっているのか…。マンションの室借りれば、いい訳でしょ?そんな感じでやっているみたいだけれど…。大きい教室借りるわけじゃないから、家賃そんなにかからないでしょ?光熱費もかからないでしょ?全部、予備校サイドの利益ばっかり…。じゃあホントにそれで、『 合格できるだけの学力与えられるの? 』って話なの。講師だって、全範囲に対応できるのか分からない。そりゃあ1人か2人いたらさ、過去問の解説ぐらいは出来るかもしれない。ある程度の科目の解説くらいはね。でも、過去問の解説するのと、受かるだけの学力与えるって別のことだから。

【 Wさん 】

 全然、違いますよ。

【 針 】

 オンラインで手間暇かけず、金かけず。過去問の解説やって『 予備校です 』っていうのは、どうなんだろう。ウチなんか15人のベテラン講師が、必死になって講義しているのに…ベテランでもない人が、しかも数人で試験対策できるの?って思う。オンラインで画面通してだと見えない部分が多すぎるから…。ネット上だけの話だから、すぐに予備校できちゃうし…。実は、今回(108回対策)来てる学生さんで多いのが『 オンラインやってダメでした、ドロップアウトしました 』っていう人。そういう人が増えてるの、現実問題としてね。やっぱり、オンラインの弊害は大きいよね。

【 Wさん 】

 少人数で対面なら、なんか安心も有りますもんね。

【 針 】

 だから、オンラインの影響で、学生さんが集まっている。『 やっぱり対面じゃないと… 』って。

【 Wさん 】

 そうですよね。オンラインは、最初なんかプリント送られて来たんですけど、直前になると『 自分で印刷して下さい 』なんですよ。

【 針 】

 それ酷いよ。

【 Wさん 】

 で、まあ、インクは無くなる、紙が無くなる、買いに行く時間が無い、親に頼む…。めちゃくちゃお金かかる、プリンター紙詰まりする、プリンターぶっ壊れる、みたいな…。ホント直前期に、余計こっちはイライラしちゃって…イライラするじゃないですか、『 国試直前にこんなこと! 』みたいに。『 ホント酷かったな 』って思いました。

【 針 】

 それいけないんだよ。だってさ、資料代、つまり紙代や印刷代も入ってるじゃん、受講料の中に。

【 Wさん 】

 なんか最後の方は『 間に合わないので、自分で印刷してください 』っとか言って。

【 針 】

 いやいや…大問題だよ。

【 Wさん 】

 その点、薬進塾はなんか、もう、テキスト代も含まれ、みたいな。申し訳なくなっちゃう(笑)。

【 針 】

 本当は、それが正しいんだけどね(笑)。テキスト代とか、印刷とかね…そこら辺も、ちょっとオンラインは問題多いかな。

【 Wさん 】

 ですね。

【 針 】

 オンラインも、全部悪いんじゃなくて、使い方なんだよね。サブとして使うのはいいと思うよ。例えば、ある程度学習のバックグラウンドあったり、基礎力付いてる子が、『 ちょっと動態弱いから、動態の補強 』とか、『 ちょっと薬理弱いから薬理の勉強する 』って使うなら活きてくると思う。でもそれはあくまでサブであって、補強だけでやるべきであって、メインにはならないんだよ。メインにしちゃうから、無理がたたってドロップアウトしちゃう。

【 Wさん 】

 そうですね。ちょっと見るには良いですよね。

【 針 】

 使い方だよね。サブとメインの使い方かな…。

 

大手に行けば受かる?

 

【 Wさん 】

 なんかアレですよね。大手って、そこに行けば受かるみたいな、洗脳なのかな、アレ。

【 針 】

 いや、結局ね、そこなんだよ。『 大きい所に行けば受かるって…その理由はどこから出てきたの? 』みたいな。

【 Wさん 】

 そうそう。必然的に『 そこに入れば受かる 』みたいな、そういう気持ちになっちゃってたなぁ。

【 針 】

 前も、お母さんと学生さん(女性)が来たのね。そのお母さんが言ってたのは、『 オンラインやって引き籠りになっちゃって…。誰とも話してないって… 』って言うの。で、その学生さんはウチの無料体験講座に来たんだけれど…凄いなんか〝生き生きランラン〝としてて…。だから、その後お母さんお話聞いて『 えっ?この人、本当に引き籠りだったのか? 』ってビックリした。お母さんも『 (無料体験講座受けてから)生き生きしてる 』って話してくれて…。話してるうちに、『 大学いる時から、薬進塾知っていれば良かった 』って。その話をしてたら、さんのこと思い出してね。前に『 なんで初めからウチ来なかったの? 』って聞いたら、『 大学の時にも○○予備校が来ていて、周りの人も○○予備校行って、もう○○予備校しか見えなかった 』って話していたじゃない?『 それ以外の選択肢が無い状況に洗脳されてた 』って…。

【 Wさん 】

 はい、本当にその通りでした。多分、彼女もそうでしょうね。○○予備校のオンラインだったのかな(その通りです)?わかんないけど…。ホントにそうでしたね。○○予備校しか考えなかった。

【 針 】

 そこが怖いとこなんだよ。言い方悪いけども、先生方や予備校サイドが、理不尽なことやっても許される状況が出来あがっちゃう。さっきみたく『 間に合わないから、自分でプリント印刷して下さい 』って言われても、『 仕方がない 』とか思って、反論しなくなっちゃう。この前来た学生さんが言ってたのは、□□予備校行ってたらしいんだけれど…普通に対面講義で通っていたけれど、途中で全てオンラインに変わったらしいのね。まあ、コロナの関係だそうだけれど…。でも、皆『 コロナの関係で、しょうがないよね 』って何も言わなかったそうなの。Wさんが前に行っていた予備校でも、そういうことやっていたそうだけれど…。オンライン講座と普通に目の前で受けてる対面講座で値段違うんだから、その分は返金しなきゃいけないんだよ。それが、『 こういう状況だからしょうがないのかな? 』って…皆、何も言わないで従っちゃう。ウチがそんなことやってみなよ。皆、大騒ぎすると思うよ(笑)。大きい予備校は『 仕方ないよね 』って済まされちゃうけれど、これって怖いことだと思うよ。理不尽なことされて、泣いている学生さんもいるんだから。

【 Wさん 】

 そうだと思います。

【 針 】

 親も解ってない人は『 大きいとこ行けば大丈夫。大きいとこは安全だから 』って…。そういう度に、よく言ってたのが『 英会話スクールを思い出して下さい。有名で大きくて、たくさん宣伝やっていた所…最近は見かけませんよね?でも、街の小さい英会話スクールは、まだ残ってやってますよ 』って。そこなんだよね。

【 Wさん 】

 確かに。

【 針 】

 『 そんなに大きいとこが良いんだったら、ウチだって大きくしますよ 』って『 宣伝に金かけますよ 』って言いたいね(笑)。『 それなら良い予備校になるんですか? 』って。『 それっておかしくないですか? 』って、言いたいね。まあ、大きくするつもりも全然無いけどね(笑)。

【 Wさん 】

 目が行き届かなくなりそうですもんね。

【 針 】

 40人ていう数字もそれで決めてるから。

【 Wさん 】

 だって前の予備校の先生言ってましたもん。仲良い先生が、『 もう生徒の名前覚えれない 』って。『 覚えてない 』って。

【 針 】

 だと思うよ。

【 Wさん 】

 ホントに仲良い子しか覚えてなくて、『 そういう感じ~? 』って。

【 針 】

 ウチは40人いるけれど、40人全部覚えてて…40人のバックグラウンドも知ってるからさ…。大学どこで、どういう状況でって、その子が『 受かりました 』って来ると嬉しいわけだよ。どこの誰かわからない人が『 受かりました 』って来てもさあ、『 ああ、そう。 』ってなるじゃん。嬉しさも半減すると思うよ。

【 Wさん 】

 思い入れとかも、ありますもんね

【 針 】

 まあ、そういう意味では40人でやってけば良いかなって思ってるんで(笑)。

 

薬進塾の学習指導

 

【 針 】

 学習指導とか良かった?

【 Wさん 】

 先生の学習指導、良かったです。

【 針 】

 良かった(笑)!

【 Wさん 】

 最後の最後まで良かったです。アドバイスメール※も!

国家試験の時に塾生さんに送る試験対策学習指導メール

【 針 】

 アドバイスメールね。何が良かった?

【 Wさん 】

 メールの言葉が丁寧すぎず、仲間だよってのが伝わってくるような(笑)。

【 針 】

 普通に送ったんだけど(笑)。『 次これで来るぞ~ 』みたいな、『 ここ気をつけろよ 』みたいな。 

【 Wさん 】

 『 行ってこい! 』みたいな、そういう口調が良くって。あ~私一人ぼっちじゃないなって思えたメールで…。

【 針 】

 試験会場で『 頑張ってね! 』とかワ~ワ~やるより、そっちの方が全然良いでしょ?

【 Wさん 】

 ホントにホントに良かったです。

【 針 】

 昔いた塾生さんがトイレに行ってスマホで俺のアドバイスメールを見ながら泣いてたって…。不安で不安で仕方なかったのに、メール見て涙が出てきたって。俺そういう風に書いたかなって思ったけれど…嬉しかったんだろうな。励まされたというか…。

【 Wさん 】

 ホントに、あれはかなり大きいです。たぶん、それもあったんだと思います。私が緊張しないで、今年の国家試験、挑めたっていう1つの理由かもしれないです。

【 針 】

 俺の応援メールが?

【 Wさん 】

そうです。

【 針 】

 他の人達は、試験会場で本をめくっては、一生懸命やってるんだもね。その時にメール励まされるのは、大きいと思う。自分が言うのもなんだけれど(笑)。

【 Wさん 】

 試験終わったら、まず、トイレ行って、メール見て…。時間余ったら、パラパラパラッて見て…ってのがルーティーンでした。

 

復習ノートと正しい勉強

 

【 針 】

 結局アレだった?復習ノート持ってった?

【 Wさん 】

 持ってきました。あとは、S先生のプリント持ってきました。

【 針 】

 持ち運びにキャリーバックが必要って、ならなかったでしょ。

【 Wさん 】

 全然、全然。

【 針 】

 結局、いっぱい持っていってもね、見れないのよ。

【 Wさん 】

 そうそう。『 どこにあったっけ 』ってなるし。まあ、学習指導で言われたように、気になるとこだけパラパラ~って。

【 針 】

 学習指導で復習ノート作れって言ったけれど…結構な冊数になったでしょ?アレ、一人で作ったんだよ。すごいでしょ?自信になると思うよ。財産だからね。

【 Wさん 】

 確かに、捨てれない。

【 針 】

 自信になるでしょ?

【 Wさん 】

 うん。

【 針 】

 アレ、俺が作れと指導したけど、強制したわけじゃなくって自分で作ったんだから!何冊ある?結構あるでしょ?

【 Wさん 】

 分かんない。何回買ったか分かんない、こういった束のノートを…。

【 針 】

 だから、それで作ったんだよ、一人で…それ自信になると思うよ。

【 Wさん 】

 最初は、大変でしたよね。

【 針 】

 皆、言う。去年の合格インタビュー受けた塾生さんが言ったのは、『 自分は今まで復習ノートを作ったことがなかったし、復習をしたこともなかった。だから、初めて復習したり、ノートを作ることになったけれど…それを毎日続ける、基礎講座、5月から8月が一番きつかった 』って。

【 Wさん 】

 そう、生活リズムも変わって。まあ、環境に慣れるのも大変で。授業も今思えば16時に終わってるんですよね、基礎講座って。なのになんか辛かった。16時に終わって…そっから3時間くらいかけて復習ノート作ってたのかな?どれ位かは分からないけれど…夏までが辛かった、確かに。

【 針 】

 皆、それ言うよ。後半は後半できつかったけども、それとは別に、5月から8月がきつかったって言う。結局、今言ってくれたみたいに、生活の中に勉強するってシステムを組み込んだ、新しいライフスタイル作んなきゃいけない。今までやっていなかったことをやるっていうことと、復習ノート作って無かったのを作るっていうこと…早い話、生まれて初めてのことだから全部。やっぱり今までと違うライフスタイル送ることになるから、拒否反応が出ちゃう。やりたくなくなっちゃうんだよね。さらに、それを定着させるのにも、時間がかかるから、尚更、やりたくなくなっちゃう。でも、そこで辞めちゃうとまた1からなんだよ。それを毎日、指導通りず~っとやっててモノにしたから、後半の勉強で活きてきたんだよ。

【 Wさん 】

 そうですね。あと、ホント私もノートとか作れないタイプで今まで、『 よしやるぞ 』ってなっても1ページで終わっちゃうタイプ、だったんですけど…。やっぱり、あれって先生のおっしゃってた通り、頭で一回整理してから書くから記憶に残るんですよ。

【 針 】

 でしょ!だから復習ノート作らなきゃだめなんだよ。

【 Wさん 】

 だから後半の過去問解きとか、要点講義についていけたんだと思う。ホントに今まで通り、ただ見て、ただ覚えてだと絶対無理だったなって思います。

【 針 】

 だから復習ノート作らせるのは、そういうことなんだよ。学習指導で言ったけれど、『 まとまって書く 』んじゃないんだよね。『 書くことによって、まとまる 』んだよね、頭の中で。書くことによって、まとまって頭に残るんだよね。うちのどの先生もね…話合わせてるわけじゃないけれど、どの先生も『 ちゃんと大事なことまとめなさい 』って言うのはそこなんだよね。皆、同じこと言う。で、下手な所に限って…この前もね、一人学校見学にきた学生さんがいてね。話していたら、『 でも、ノートとか作ってると時間無いから、覚えろって言われました 』って…。ほとんどの予備校が言ってんの、『 時間無い 』って。『 ノート作ってる時間無いからどんどん覚えろ 』って。そんなさあ、書き込みしたものを見て覚えてって、見るだけでさあ、頭の中に残るわけないじゃん。そりゃあ、1週間くらいは残ってるかもしれないよ。でも、自分の知識としては定着しないよね。

【 Wさん 】

 あと、あの有名な○○(参考書名)あるじゃないですか?○○(参考書名)に講義中に書き込んでいったりするじゃないですか。それ書き込んでいって○○(参考書名)がびっしりになって、それで満足しちゃうんですよ。それで『 すっごい私やった 』みたいな…。もうね、だんだん使い古してくるじゃないですか、めくってれば。それで満足しちゃうんですよね。

【 針 】

 頭に残ってるんじゃなくて、〝書き込み量〟〝劣化していく〟のがメインになっているみたいな…。

【 Wさん 】

 そう。だから、整理…書いてあることを頭で整理してどうとか、そういったことはやってなく、ただ書いたことを見て、もう使い古したアレを見て、〝頑張ったわ~〟って浸っちゃうみたいな…。

【 針 】

 要はそれが、勉強した気になっちゃう。

【 Wさん 】

 なっちゃう。私が今までやってきたことって、ちょっと違った?正しい試験対策で無かったんだなって、解りました。ココに来て…。

【 針 】

 〝○○した気になる〟ってことは〝○○をやってない〟ってことだよね。〝食べた気になる〟って〝食べてない〟ってことだから。

【 Wさん 】

そうですよね。

【 針 】

 さっきの話じゃないけど、『 ノート作ってたら時間がないから 』って、『 時間がないってことは、まとめてないんじゃない? 』っていいたい。学習指導でも行ったけど『 10あるものを5にする 』からまとめたっていうんで、10を5にするのに何で時間がかかるの?っていうこと。102030にしたなら時間かかるよ。 すると『 でも、書いてる時間がかかるじゃないですか? 』っていう人がいるんだけれど…『 いや、勉強するんだから、それ相応の時間かかるでしょ 』って話。勉強するんだから、ある程度の手間暇かかるのは当たり前の話でしょ?そういうこともしないで、ただ書いたものポンポン、ポンポン見て覚えていく…無理だよね、そんなんじゃ。頭の中にも、そりゃあ一瞬は入ってるよ。でも、2月の終わりまでは残ってないし、自分のものにはなっていないよね。『 とにかく復習ノート作りなさい 』って指導しているのは、そこなんだよね。だから『 ノート作ると時間かかるから、書いたの見て覚えなさい 』って言っているのは、勉強のやりかたなんか知らない人、勉強をすることが出来ない人なんだよね。

 

薬進塾の講師と勉強の指導

 

【 Wさん 】

 今、言われて思ったのが、針ヶ谷先生が『 勉強って量より質だよ 』って言ってくださって。『 10回適当にやるんだったら、1回しっかりやった方が身につく 』って。他の先生も…I先生だ…『 個の問題をチャントやりなさい 』って。『 何回もやるよりも、回ちゃんとやった方が定着するから 』って、やっぱ言って下さってたんですけど…。前の予備校にいた時は『 何回も見ろ 』って…。『 毎日、お前薬理やれ。質より量だから、お前は 』みたいに、よく言われてて…。だからここにきて、ビックリしました。

【 針 】

 間逆でしょ(笑)?

【 Wさん 】

 『 量じゃなくて良いんだ~ 』みたいな。だから個づつ丁寧にやってたし…。指導がまず大違いでした、ココは。

【 針 】

 俺、I先生と話し合ったことないんだよ。でも、言ってる事同じでしょ?ウチの先生方みんなそうなんだけど…。

【 Wさん 】

 『 まず、お絵かきしなさい 』とか、『 書き出してごらん 』とか、先生方、皆同じこと言うので…正しいんだなって。

【 針 】

 話合わせたわけじゃないんだよ。でも、ウチの先生方、皆、勉強のやり方ってどういうものか、正しい勉強のやり方って何かを知ってる先生方だから、話合わせなくても言っていること同じになるんだよ。ここが他所と違っていてね。他所の予備校だと〝先生によって言うこと違う〟ってのがあるんけれど、それは勉強というモノが何か分かってないからなんだよ。俺も言ったけど『 10回適当にやるんだったら1回キチッとやった方が良い 』なんだよね。勉強はホントに質だから。で、一つのことをシッカリものにしてたら、それ他にも使えるんだよね。『 中途半端なモノいくつ集まっても完璧にならないから、そういうことは絶対重要だよ 』って、学習指導で言ったと思うけど。

【 Wさん 】

 そう思います、本当に。

【 針 】

 あと、勉強のやり方に関しても、他の先生とは話合わせてないけども、同じこと言ってたと思うよ。

【 Wさん 】

 あっ、それは思いました。

【 針 】

 学習指導で、マンツーマンで塾生さんから話聞いて、勉強の進み方とかも聞いて…。Wさんなんかは『 好調に進んでるな 』って思ったからね。まあ指導だから、やりやすいように指導しなければならないんだけれども…。そこらへんは、うまくいったのかなって…。他所と比べると、ウチの学習指導はチョット違うと思うよ。ホントは、ウチの方が正しい学習指導だなんだけれど(笑)。受けたことないでしょ、ウチでやったような学習指導?

【 Wさん 】

 ないです、模試の後に先生とチョット喋るくらいですかね。カルテ見ながら、『 ここ伸ばしてね~ 』みたいな、『 出来ないから伸びないんじゃん 』みたいな。

【 針 】

 それは指導じゃなくて、現状を言ってるだけであってね。『 そっから、どうすれば良いのか? 』『 具体的にどうやって勉強していくのか? 』っていうのが、指導なんだよね。

【 Wさん 】

 そっから『 毎日薬理やりなさい 』とか言われて…。でも元は薬理と治療が…ここに入ってきた時も先生に言ったと思うんですけど、薬理と治療がホントに出来なくて。まあ、国試受かってる子は、薬理はほぼ良い点数で受かってるの知ってたから、『 どうやっても薬理が無理だ~、治療もむりだ~ 』って思ってたんですけど…ここきて変わりましたよね。

【 針 】

 まあ、薬理は(講師が)2人いるしね。治療は(講師が)4人いるじゃん。

【 Wさん 】

 M先生(病態・薬物治療Ⅳ担当講師)も良かったです。

【 針 】

 喜んでたよ。『 学生さんが、先生の授業増やして下さいって言ってました 』って言ったら、すっげえ喜んでた。

【 Wさん 】

 増やしてほしかった(笑)。

【 針 】

 今年度(108回対策)増やそうと思ってる。話聞いてるとね、この先生は学生さんのこと考えてるなって。

【 Wさん 】

 治療の感染症とか、薬の使い方が全然解んなかったんですよ、今まで。『 そこは、国試出たら出来ない 』って思ってたんですけど…。M先生のプリント見たらもう、『 ここはもうしょうがないから、割り切って覚えてね~ 』とか(笑)。覚えてから問題解いたら、出来るようになったから、『 ここ大事なんだな~ 』って思ったり。

【 針 】

 結構、ウチの学生さん、それ多いんだよね。『 あの先生がいなかったら、ここ取れなかった 』という声はよく耳んする。

【 Wさん 】

 今回の物理連チャン3問は、針ヶ谷先生じゃなかったら無理でした。

【 針 】

 あ~。自分でも見て、『 全部俺んとこじゃん 』って(笑)。

【 Wさん 】

 あれは、前の予備校じゃ無理ですね。

【 針 】

 自分では、スゴイこと教えてるつもりはないんだけど、学生さんがそう言ってくれるんで、嬉しいよね。

【 Wさん 】

 たぶん、出だしがその問題だったから、持って行けたんだと思います。物理とかも、ホントに全然できなかったんで。

【 針 】

 うちは物理2人いるからね。俺とI先生(物理化学Ⅱ・物理薬剤担当講師)と…。そのせいで、細かく教えることができたのも大きいと思うよ。

 

少人数制について

 

【 針 】

 少人数制は良かった?

【 Wさん 】

 良かったです。皆、お友達って感じじゃなかったので、コロナ渦ってのもあったけど、皆静かに居たので…。

【 針 】

 仕切る集団とかいないからね。

【 Wさん 】

 アレは嫌ですよね、ギャ~ピ~ギャ~ピ~。

【 針 】

 そういう連中に限って、先生方と仲良くなっちゃう、  

【 Wさん 】

 まあ、私もその一人だったのかしんないけど(笑)。少人数なんで、質問に行きやすかったし…少人数だからこそ、質問対応早かった。

【 針 】

 さっきも話していたけれど…M先生(病態・薬物治療Ⅱ担当講師)なんか『 最後、じゃあ質問タイム 』って教室ウロウロして、『 何かある?何かある? 』って、質問ないかを聞きに行ってくれる(笑)。学生さんから評判いいんだよね。

【 Wさん 】

 そうですよね。質問してると、周りの人は質問したところ耳に入ると思うし、意外とプラスになったりしました。別の人が質問してるところ聞いてて、『 そういうことなんだ 』とか『 そこを疑問に思うんだ 』とか『 そういうとこも大事なんだな~ 』って思うこともあったし。人数が少なかったから、講義後の質問とかも早く順番が回ってきたし。それがよかったです。

【 針 】

 長蛇の列じゃないもんね。前の予備校は、長蛇の列だったんでしょ?

【 Wさん 】

 なんか紙に書いて、みたいな…15人待ちみたいな…。『 名前書いといてね。先生呼んでくるから~ 』みたいな感じでしたね。

【 針 】

 うち15人待つことないからな…今までもなかったか…。

【 Wさん 】

 そうですよね。少人数制の中で、さらに質問に行く人って限られてると思うし。

【 針 】

 40人いても、15人待ちなんか無かったなあ。

【 Wさん 】

 そうなんですか。

【 針 】

 回転速いからだと思うよ。先生方もズバッと答えるから。

 

薬進塾のトイレ

 

【 Wさん 】

 あとホント、トイレ近かったけど、それがよかった。

【 針 】

 でかいでしょ。

【 Wさん 】

 でかいです。『 そこ? 』って思うかもしれないけど…(笑)。女の子は特に3つ使えるから…。前の予備校の時は、よく並んでました。

【 針 】

 長蛇の列でしょ。授業中もすぐに行けるし。トイレは何気にでかいんだよ。体調面もあるし、教室出てすぐってのは大きいと思う。

 

薬進塾の環境

 

【 Wさん 】

 よかったです。あと、1階ってのも良かった。前の予備校の時、エレベーターで待ってて遅刻したことよくあったんで。結構上の階で、全然エレベーター来なかったり、そういうストレスとかありましたね。

【 針 】

 一階は、すぐ出られるしね。

【 Wさん 】

 電話かけたい時もすぐ出られるし、自販機すぐ目の前にあるし、そういうのもでかいです。あと、浅草橋の雰囲気もよかった。

【 針 】

 道広いし、明るいし。

【 Wさん 】

 そうなんですよ。夜歩いてても怖くないし。

【 針 】

 女性は大事だよね。そういうの。

【 Wさん 】

 大事です。駅からも、ちょうど良い距離だったかな。

【 針 】

 繁華街でもなし、栄えてないわけでもないし。

【 Wさん 】

 繁華街過ぎても、逆に怖かったりしますよね。

【 針 】

 そりゃそうだよね。あと、不釣り合いな存在になっちゃうじゃん、学生って…。

【 Wさん 】

 たしかに、繁華街だと誘惑に負けそうになるし。

【 針 】

 コンビニとか、それ相応にあるし。1年間そこにいるんだから、そういうの大事だよ。毎日のことだから。

【 Wさん 】

 自分で予備校選ぶ時、そういうとこ気にしないかもしれないけど、やっぱ大事ですね。

【 針 】

 大事だよ。1年間ずっといる環境なんだから。

【 Wさん 】

 よく、後半とかエネルギー切れて買いに行きましたもん。目の前の自動販売機に…。

【 針 】

 近いの良いでしょ(笑)。

【 Wさん 】

 はい。寒い中一瞬で、雨でも一瞬で行けるからいいんですよ。そういうとこも良かった。

 

国試が終わって…

 

【 針 】

 最後の方さ、『 もうここ来なくなるの、ちょっと寂しい 』とか言ってたじゃん。

【 Wさん 】

 はい。もうだから、国試終わってから、一ヶ月間空いたじゃないですか?その間に、何回親に『 薬進塾の先生の授業が受けたい 』って、言ったかわかんなくて、私。

【 針 】

 国家試験終わった後に(笑)?

【 Wさん 】

 そう。『 I先生の授業受けたい 』とか普通に言いましたね(笑)。

【 針 】

 前の自分だったら考えられないでしょ?

【 Wさん 】

 考えらんない、考えらんない(笑)。絶対もう、『 勉強なんて! 』て感じ。先生たちに会えなくなっちゃうのが寂しかった。

【 針 】

 そう言ってもらえて、うれしい限りですよ。

【 Wさん 】

 もうホントに、『 合格してから先生たちに会えるチャンスありますか 』って、一回聞いたときがあると思うんですけど~。

【 針 】

 そうだっけ?

【 Wさん 】

 『 それはないんだよね。合格者パーティー的なものはない 』って言われて。そんなにパーティーをしたかったわけではないんですけど。

【 針 】

 じゃあ、個人的に来れば?全然、大丈夫だよ。

【 Wさん 】

 そうそう。だから、会いたいなあ~、なんて。

【 針 】

 合格してまでも『 先生の授業聞きたい 』なんて、言ってくれるだけウチらも、講師として鼻高々ですよ。

【 Wさん 】

 不思議ですよね~、なんか楽しかった。

【 針 】

 それは、自分が一生懸命やったから。

【 Wさん 】

 そうかな~。

【 針 】

 素直な塾生さんが一番成績伸びるわけ。ウチらも、プロだからちゃんとしたことを指導するし、ちゃんとしたことを教えているんだよね、当たり前だけれど。だから、その通りやってくれれば、多少キツイのはあるかもしれないけど、手ごたえはあるし、順調に成績は上がってくし、試験対策としてもしっかり進むんだよね。Wさんは、素直にそれ全部やってくれたから、キツイのはあったと思うけど、それ相応の手ごたえもあったと思うし、学力もついて成績も伸びてっいったと思う。だから、そんなにキツイのを感じなかったんだよ。やった分だけ手に入ったから、楽しかったんだと思うよ。

【 Wさん 】

 理解するのも楽しかった。

【 針 】

 非常に、よろしいです(笑)。

 

薬進塾講師のキャラクター

 

【 針 】

 あと、ウチの先生方の持ち前のキャラクターで…たぶん、それがあったから楽しかったんじゃないかな。

【 Wさん 】

 あと、針ヶ谷先生は喋りやすかった。私、特にホントにこういう環境、集団の環境が苦手なんですよ。色々感じやすいタイプなんですけれど。それを、針ヶ谷先生には話しやすかった。『 先生~ 』とか、よく言ってたと思うんですけど…。

【 針 】

 来てた、来てた(笑)。

【 Wさん 】

 それを話せる。たぶん、要は自分の中で心を許してるんでしょうね。針ヶ谷先生に、話しやすくてそれが大きかったです。それを話せなかったら抱え込んじゃって、バフッてなっちゃう。なっちゃうタイプなんで、先生のオーラとか、雰囲気とかよかったです。

【 針 】

 まあ、雰囲気もあると思うけど…。ウチの先生方は、とっつきやすい雰囲気だからね。俺もウチの先生方好きだもん。話しやすいし、面白いし。

【 Wさん 】

 先生同士で飲まれることもあるんですか?

【 針 】

 あるよ。K先生(薬物動態学Ⅱ担当講師)なんか、俺の十年来の飲み友達だから(笑)

【 Wさん 】

 そうなんですか。

【 針 】

 最近はコロナの影響で行かないけどね。

【 Wさん 】

 K先生ね。さわやかでしたね。

【 針 】

 ウチで一番さわやか()

【 Wさん 】

 さわやかだけど、テストはさわやかじゃない

【 針 】

 それ、皆言うの。『 K先生、すごく優しい先生だけど、テストはキツイ 』って、結構有名()

【 Wさん 】

 ホント、そうですよね

【 針 】

 あと、俺に話しやすいのは、スーツ着てネクタイして、ビシッとしてないってのもあると思うよ。

【 Wさん 】

 あ~。

【 針 】

 学生さんてね、スーツ着てネクタイして面と向かうと、俄然緊張しちゃう。それが、伝わるからね。

【 Wさん 】

 そういえば、前の予備校の先生たちスーツだった。

【 針 】

 ウチはいないでしょ。それも、あるんだよ一つは。スーツ着ないのは、学生さんを緊張させないのが、理由の一つ。

【 Wさん 】

 ガチガチではないですもんね、先生たち。

【 針 】

 もう一つスーツじゃない理由は…俺も講師やってウン十年だけど。ウチらって場合によっては、学生さんたち抱えなきゃいけないこともあるんだよ。抱えて運ばなきゃいけないことがある。それも、ビシッとした格好をしていない理由の一つ。

【 Wさん 】

 倒れた時とか?

【 針 】

 あるある。俺5、6回あるよ。倒れた学生さん運んだこと。『 倒れた 』っとかいって。ホントに抱えて運ばなきゃいけなくなって。あと基本的に俺が言ってんだけど、あまり良い言い方じゃないかもしれないけど…良いスーツ着ているヤツに限って動かない。仕事しない。これがある。ちょっと汚れててもさあ…HPに書いてあるけど、たぶん日本で唯一便所掃除する室長だからね、俺は(笑)。良いスーツなんか着てネクタイしてたらさあ、便所掃除できないじゃん(笑)。普通に便所掃除するし、エアコンのフィルター掃除もするし、洗面台の掃除もすれば、黒板も消したりするし…。

【 Wさん 】

 やってましたよね(笑)。

【 針 】

 事務の人も『 すいません、私やります 』って言ううんだけど、『 あ~、いいよいいよ。気がついた人が、やればいいんだからさ 』って。『 俺が気が付いたらやるからさ 』って。そんな良いスーツ着てたら出来ないし…。あと、やっぱりスーツ着てネクタイしてってやっちゃうと、学生さん緊張しちゃうからさ。良い意味で、少し講師は適当な方が良いんだよ。M先生(病態・薬物治療Ⅱ担当講師)が喋りやすいのはそれだよ(笑)。やっぱりね、壁作っちゃったらだめなんだよ講師って。なんでも講師に質問できる。学生さんとの敷居を高くしちゃあダメなんだよ。学生さんに『 こんな質問していいのか 』って言わせちゃうのも、敷居が高いからなんだよ。ただ、ウチの講師はそんな雰囲気出してないけど…。学生さんの多くが、前にいた予備校で叩きこまれちゃってる。『 こういう質問しちゃいけないんだ、こういうこと聞くと怒られるんだ 』っていう具合にね。何聞いたって良いんだよ、別に。

【 Wさん 】

 確かに。凄く些細なことも聞いてたし…自分も『 今さらなんですけど… 』って聞いたこともあったし。

【 針 】

 俺、言ってんじゃん、『 なんでも来て下さい 』って。なんでも、普段の悩みでも良いし、困りましたでも良いし、家庭内事情の相談に来た子もいるし。いいんだよ全然。試験対策に来てるんだから、試験対策に支障をきたすことなら何でもいいんだよ。遠慮なく来てください。

【 Wさん 】

 話しやすかったです。

 

これからは医療人として…

 

【 針 】

 色々なことを相談してくれて…それで、良い結果になったって、私も嬉しいですよ。今度から逆の立場になるんだよ。患者さんの方が来るんだから。

【 Wさん 】

 そうですよね。

【 針 】

 忘れないでいて欲しいなって思うのは、患者さんって不安だったり、精神的な患者さんもいるし…自分の体のことで、弱ってたり、不安の人なんだよね。患者さんに接するときは、ウチらのこと思い出すといいよ。ここにいた時、自分が何をしてもらえて嬉しかったってさ。学生さんって不安じゃん。不安で不安定じゃん。その時、こういうことしてもらって嬉しかった。だから、それを患者さんにしてあげればいいんだよ。

【 Wさん 】

 ハイ。

【 針 】

 中にはさ、カチンとくる学生さんいたりさ、ちょっと『 エッ!? 』って思う学生さんもいたりしてさ…俺たちだって学生さんに、そういうのあったりするんだから。でも、どの先生もちゃんと接してくれたわけじゃん。

【 Wさん 】

 接してくれました。

【 針 】

 薬剤師になったら、患者さんと接する時…もしかすると患者さんの家族かもしれないし、患者さん自身かもしれないけれど…『 どでかい病気になった 』って笑顔爛漫で来る人なんてないんだよ。皆、落ち込んで来るんだから。そこを今度、自分がどうやってフォローするか?医療人としてね…。だから、自分がされて嬉しかった事を、患者さんにもしてあげた方がいいよ。

【 Wさん 】

 そうですね。

【 針 】

 良い薬剤師になってくれれば、我々としては鼻高々ですよ。飲みたかったら、いつでも連絡くれればいいし(笑)。良かったですよ。なにはともあれ、念願の薬剤師になれたんだから。

【 Wさん 】

 念願ですね。

【 針 】

 頑張って働いて下さい。その笑顔と性格なら、大丈夫ですから!保証しますよ。

【 Wさん 】

 ありがとうございます。頑張ります。

 如何でしたでしょうか?Wさんが、如何に我々の指導に従ってくれたか、そして如何に上手く薬進塾を活用してくれたかが分かることと思います。Wさんは、薬進塾にきている日々が楽しかったと言ってくれています。薬進塾に来る塾生さんの多くが、『 ココに来るのが苦痛ではなかった 』と話してくれますが…Wさんは、その想いが一番強く感じられる塾生さんでした。それは、確かに薬進塾や先生方の雰囲気も大きいと思います。講義の質も大いに関係していると思います。しかし、やはり一番はWさんが、指導されたことを素直にやっていたことが大きいと思います。やるべきことを、しっかりとやった。だから手応えがあった。やりがいがあった。当然、成績も向上した。それ相応の学力も身に付けることができた。だからこそ、楽しかったのだと思います。つまり、自分で行ったことが、最終的には自分自身を楽しませる結果になったということ。

 Wさんにも言ったのですが、私は合格した塾生さんがあいさつに来た時には、必ずこう言っています。『 我々は何もしていませんよ。あなたが一人で受かっていったんです。あなたの力ですよ。我々は、ほんの少し背中を押してあげただけです。あとは、一人で歩いて行って、合格にたどり着いたんですよ 』と…。今回のWさんは、それを地で行くような塾生さんでした。

 そして、こんなことも言います『 あなたのように、素直に我々に従ってくれた塾生さんが合格してくれることは、我々にとっても自信になります。我々のやり方は間違っていないんだ、教え方・やり方は正しいんだと、励みになるんです 』と…。そして、やはりWにも同じことを告げました。あなたのような塾生さんが合格してくれることは、我々の自信につながるんだよと…。そんな、Wさんですから、きっといい薬剤師になってくれることと思います。

 

Wさん。

  合格をつかみ取るまでに、色々なことがあったと思います。試験対策を行っている時に話してくれたことからも、そしてインタビューで話を聞いていても、そのことを十分伺い知ることができました。でも、色々なことがあったからこそ、色々なものが得られたことも確かだと思います。その〝色々なことから得た経験〟そして〝薬進塾で得た経験〟を十二分に活かして、念願の薬剤師として思う存分活躍をしてください!あなたの笑顔と、持ち前の明るさで、多くの患者さんを救ってあげてください。大丈夫、Wさんならできますから! 期待していますよ!

やり方を変えてみませんか? 

あなたは〝少人数制〟なら、伸びる人かもしれません!

 

 お問い合わせ・申し込み 

フリーダイヤル 0120970894

急(9)な(7)お(0)願い、薬進塾(894)

  〔 受付時間 〕 月 金曜日(祝祭日除く)  10:00 ~ 17:00

 お問い合わせ から、メールでの受け付けも行っております。

◎ Faxでのお申し込みも受け付けています。

 

トピックスの新着記事

このページの先頭へ