イメージ画像

📈 あなたの成績は、まだまだ伸ばすことができますよ。

まだまだ成績は伸ばすことができますよ。

 次のようなことに、思い当たる節がある人がいたら…。そういった人は、まだまだ成績を伸ばすことができます。

成績が伸びない10の原因

1.過去問ばかりやっていた。

2.(オンライン等の)画面を通した講義を受講していた。

3.捨て科目を作っていた(まんべんなく勉強していない)。

4.基礎を勉強しなかった。

5.理解していないで、覚えていた。

6.しっかり復習をしていなかった(正当な復習をしていなかった)。

7.正当な講義を受けていなかった。

8.怪しい情報や胡散臭いテクニックに振り回されていた。

9.熟練した講師に応対されなかった

10.相談にのってもらえなかった。

自分の試験対策を振り返ってみて、こういった事に思い当たる節があるのなら…あなたには、まだまだ成績を伸ばすことができるだけの、ポテンシャルがあるということ。つまり、まだまだ成績を伸ばすことができるということです

 それは何故でしょうか?そのためには、どうすればいいのでしょうか?こういったことを具体的に説明できるのも、薬進塾ならではのこと。ここが薬進塾の指導が、名前ばかりの指導とは一線を画しているところなのです。では、それを具体的に説明していきたいと思います。

i

成績が伸びない理由と成績を伸ばす方法

1.過去問ばかりやっていた。

 過去問ばかりやっていた。もしくは、過去問に類似したような問題ばかりやらされていた。どちらも、あまり変わりないのですが…。過去問ばかり何回も繰り返すのは、セオリーに従った正当な勉強方法ではありません。正当な勉強方法ではありませんから、この方法では成績は伸びないでしょう。過去問題の類似問題ばかりやっているのも同じことです。確かに、過去問を何度もやっているうちに、なんとなく問題と解答解説を覚えてしまうので、出来たような気にはなりますが…。あくまでも『 出来たような気になっている 』だけで、学力は付いていません。これでは、成績など伸びるはずありません。ちなみに…過去問ばかり何度もやっているようなやり方では、昨今の国家試験には全くと言っていいほど、対応できないのが現状です。

【 成績を伸ばすためには? 】 

 過去問ばかりやっていた。もしくは、過去問に類似したような問題ばかりやらされていた。これは正当な勉強方法ではありませんから、成績は伸びません。逆を言えば、このやり方を変えれば、当然、違う結果を手にすることができるということ。つまり、『 内容を理解して知識を身に付けていく 』という正当な勉強をやれば、まだまだ成績を伸ばすことができるということです。 内容を理解して知識を身に付けていく…過去問を勉強するのはその後ですよ。

i

2.(オンライン等の)画面を通した講義を受講していた。

 オンラインやリモートを使った講義には、間違いなく限界があります。講師をスクリーン等で写してやっている講義も、内容的には同じようなものです。講義は、講師と学生さんとのコミュニケーション です。画面やスクリーンを見ての講義に、果たしてコミュニケーション はあるのでしょうか?講義というものは『 別に画面で見たって、やっていることが分かるんだから変わりないだろう 』といった、単純なものではないのです。もし、それで事が済むのなら、全世界の教育現場は、小学校から大学まで、全て画面を通した講義になっているはずです。何故、そうはならないのでしょう?オンラインやリモートを使った講義は、あくまでも『 とりあえずのモノ 』でしかないからです。〝サブ〟であり、〝メイン〟ではないのです。〝サブ〟を〝メイン〟にして試験対策を行えば、当然、無理が生じます。オンラインやリモートを使った講義で、ほとんどの人がドロップアウトする理由はそこにあります。サブであり、とりあえずのモノ…それをメインにして試験対策を行ったところで、成績など伸びるはずもありません。

 そして…誰の都合で画面やスクリーンを使っての講義となるのでしょうか?学生さんのことを考えてのことでしょうか?それとも、主催している側の都合でしょうか?そこに、試験対策を行う学生さんに対する想いはあるのでしょうか?そういった想いも、学生さんの成績向上には大事な要因だと思うのですが…。

【 成績を伸ばすためには? 】 

 やはり〝メイン〟の試験対策、『 とりあえずの講義 』ではなく『 目の前で、直接、講師から講義を受ける 』といった、正当な試験対策を行うことが大事です。今まで〝サブ〟の試験対策、『 とりあえずの講義 』を受けていて、成績が伸びなかったわけですから、〝メイン〟の試験対策、『 目の前で、直接、講師から講義を受ける 』といった、正当な試験対策にすれば、成績はまだまだ伸びていきます。画面を通した講義と、目の前で講師が説明をしている講義では、どちらが成果が上がるのか?言うまでもないことだと思います。

i

3.捨て科目を作っていた(まんべんなく勉強していない)。

  『 こんなの国家試験に出ないから… 』『 出題数が少ないから… 』『 苦手だから… 』等の理由で、勉強していない、手を付けなかったところはありませんでしたか?『 勉強が大変そうだから、捨てよう 』と捨て科目を作っていませんでしたか?中には、自分が苦手な科目には、全く手を付けないといった学生さんもいらっしゃいっます。私がよく口にしているのは『 国家試験合格の秘訣は1点でも多くとること 』です。なのに、上記のような理由をつけては勉強していないと…1点1点、ボロボロと取りこぼしていくことになります。これでは成績など上がるはずもありません。

【 成績を伸ばすためには? 】 

 『 国家試験合格の秘訣は1点でも多くとること 』つまり、まんべんなく勉強しなければならないということ。上記のような理由で、まんべんなく勉強していなかったとしたら…勉強しなかった所を勉強すれば、まだまだ成績を伸ばすことができることは、言わずもがなです。

 ちなみに…『 こんなの国家試験に出ないから… 』という声を、最近よく耳にするのですが…その判断は誰がされたものですか?その判断は試験対策を行う上で、ものすごく危険なものであることも付け加えておきます。

i

4.基礎を勉強しなかった。

 『 基礎が分かっていないけれど…どうすればいいのか分からない 』といった状況が続いて、最後まで基礎が勉強できなかった。中には、『 基礎的なことをやるよりも、国家試験に出ていることを勉強したほうがいい 』と、あえて基礎を不十分なままにする人もいます。そのままでは、成績が上がらないどころか、昨今の国家試験にはまったくと言っていいほど対応できないことも確かです。学力というモノは、基礎ができてその上に成り立つものです。基礎ができていなければ、学力そのものがグラつくわけですから、いくら勉強しても、成績は伸びるはずありません。

【 成績を伸ばすためには? 】 

 答は簡単です。基礎をしっかりと勉強すればいいだけです。基礎が身についていないから、学力がグラつく。だから、基礎をしっかりと身につければいい。ただ、それだけです。基礎が身についていないから、成績が伸びなかったわけですから、基礎を身につければ、成績が伸びるのは必然のことです。106回の国家試験に合格した塾生さんは、合格体験記で次のようなことを書いています。『 基礎の基礎が分かることで、こんなにも違うんだということを、今の段階で感じています 』これが、合格した人の真の声なのです。

i

5.理解していないで、覚えていた。

 『 よく分からないけれど…先生が大事だって言っているので覚えよう 』『 理解するのは大変そうだから、とりあえず覚えておこう 』『 とにかく語呂合わせで覚えておけばいいや 』『 過去問集の解説を覚えておけばいいだろう 』といった具合に、とにかく覚えればいい。この誤った試験対策が蔓延しているのが、今の薬剤師国家試験対策の状況です。確かに覚えなければならないこともあります。しかし、何でもかんでもただ覚えればいいというわけではありません。意味も分からず覚えたところで、そんなモノは試験対策には使えない代物です。試験対策に使えないモノをいくら増やしたところで、成績など伸びるはずありません。

【 成績を伸ばすためには? 】 

 理解していったほうが、効率よく勉強できますし、成績も伸びていくのは確かです。理解して身に付けた知識は、どういった方向から問われても答えることができます。昨今の国家試験は、同じ内容でも、色々な方向から問われます。意味も分からず覚えるのを止める。語呂合わせや暗記に頼ることを止める。しっかりと理解して知識を身につける。これだけで成績は、自然に伸びていきます。

i

6.しっかり復習をしていなかった。

 『 参考書(プリント)の今日やった範囲を読んで、そこの章末問題を解いています 』『 今日やった範囲の過去問を解いています 』『 今日やった講義で参考書(プリント)に書き込んだことや線を引いたところを覚えています 』これらは、いずれも正当な復習ではありません。試験対策の勉強と呼べる行動かどうかも怪しいものです。つまり、誤った勉強方法ということになります(勉強方法と呼べる代物かどうかも怪しいのですが…)。誤った勉強方法なので、いくらやったところで成績は伸びません。もちろん、復習などしていないというのなら…成績など伸びるはずもありません。

【 成績を伸ばすためには? 】 

 講義は復習しなければ活きてきません。復習してこそ初めて、講義内容というものは身につくものなのです。もちろん、正しい方法で復習しなければなりません。誤った方法でやっていたから成績が伸びなかったわけですから、正しい方法にシフトすれば、成績は必ず伸びていきます。『 でも、正しい復習のやり方がわからなくて… 』という方は、ご安心ください。そのために、学習指導というものがあるのです。もちろん、しっかりと指導していきます。

i

7. 正当な講義を受けていなかった。

 『 ここに線を引いておいてください 』を伝える〝線引き講義〟。語呂合わせや『 ここを覚えておいてください 』を連呼する〝覚えるだけの講義〟。過去問や類似問題を解説していく〝過去問講義〟。参考書を読むことがメインの〝朗読講義〟。これらは、いずれも正当な講義ではありません。正当な講義ではありませんので、そういった講義を受けたところで、成績など伸びるはずありません。

【 成績を伸ばすためには? 】 

 基礎から理解していく講義。これが、正当な講義の在り方です。上に書いてあるような講義は、正当な講義とは言えません。なぜなら、講師が受講している学生さんに、何も与えていないからです。『 基礎から理解させて、知識を身につけさせていく 』ということが、そのまま抜け落ちているからです。正当な講義を受けたことが無いというのなら…正当な講義さえ受ければ、まだまだ成績は伸びるということです。

i

8. 怪しい情報や胡散臭いテクニックに振り回されていた。

  『 今年はココが出題される 』『 出題委員の先生が言っていたそうだ 』等、怪しげな情報が飛び交うのは毎年恒例の話。一生懸命、そんな情報を集めている人もいるようですが…。残念ながら(?)国家試験問題情報が流出することはありません。『 イヤイヤ、実は… 』なんていう人。そういうことを口にしている時点で、あなたは悪い情報に洗脳されています。

 胡散臭い〝試験のテクニック〟なんていうものに飛びつく人もいるようですが…『 □□という問われ方がされたら正記述 』『 誤記述になる問題はこういう… 』等、前述の怪しい情報の時に劣らず、必死にそういったモノを収集している人もいるようですが…。こういった、正規の試験対策から外れたことに精を出している限り、成績など伸びるはずありません。

【 成績を伸ばすためには? 】 

  上記のような〝収集マニアの人たちに一言。そんなことやっている暇があるのなら、まともに勉強してください。そう、怪しい情報や胡散臭いテクニック収集マニアの学生さんは、〝勉強しないことが特徴です。やるべきことをやって、合格する。これは、どの試験にも言えることです。私が口酸っぱく言っているのは、『 試験は情報で受かるものではない 』ということ。その証拠に、『 今年はココが出題される 』といったような情報で合格した人はいますか?私は知りませんけど…。まあ、普段しっかりと勉強している人が、『 ここら辺は注意しといて 』くらいの情報で受かったという話はよく聞きますが、それさえも『 普段しっかりと勉強している人 』という条件付きですから、やはり合格するにはしっかりとした勉強は不可欠です。

 テクニックに関しても、同じです。それ相応の学力のある人が、それを使うことによって少々点数UPが期待できるといったものは、確かにあります。しかし、これさえも『 それ相応の学力のある人 』というのが絶対条件です。

 怪しい情報や胡散臭いテクニック収集に翻弄されていたというのなら…真っ当な勉強をすること。そうすれば、間違いなく成績は上がります。

i

9.熟練した講師に応対されなかった。

 質問に行っても…『 講義で言っただろ 』と教えてくれない。『 そんなの国家試験に出ない 』と一蹴されてしまう。質問待ちの人数が多すぎて、質問の順番が回ってこない。メール等で質問を送っても、返答されない。用紙に質問を書いて提出するが、1日◯枚と答えてくれる数が決まっている。自分の気に入った学生さんの質問しか受け付けない。卒業試験の内容を質問したら、『 大学の問題の内容は分からないから… 』と断られる。開いた口がふさがらない内容ですが…こんな応対をされていれば、成績が上がらないのも当たり前の話です。

【 成績を伸ばすためには? 】 

 学生さんを合格させるために、色々なフォローをしていくのが講師の仕事です。講師は講義だけ行っていればいいというものではありません。ましてや、講義内容に関することなら、なおさらのことです。学生さんは十人十色。同じ教え方をしていても、それで分かる人もいれば、分からない人がいるのも当然の話。だからこそ、学生さんは質問して分からないことを補っていくのです。ですから、質問できないような環境では、成績など上がるはずもありません。質問できる環境に身を移し、しっかりと質問に対応さえしてもらえば、間違いなく成績は上がることになります。

 ちなみに…自分の教えている範囲なのに『 大学の問題の内容は分からないから… 』なんて答えることが、講師としてどれくらい恥ずかしいことなのか分かっていないというか…職務怠慢もいいところだと思うのですが…。

 さらに…『 講義で言っただろ 』と言われても、その講義で言ったことが分からないから質問に来ているのです。講義で言われたことが分からないから、質問に来ている。なのに、『 講義で言っただろ 』と言われても…理不尽というか…やはり、これも職務怠慢だと思うのですが…。

i

10.相談にのってもらえなかった。

 試験対策の日々は、〝不安〟と〝悩み〟の日々でもあります。勉強に対する不安や悩み。成績に関する不安や悩み。人間関係における不安や悩み。家族に関する不安や悩み。そのほか、色々な悩みや不安を抱える日々です。そういった悩みや不安は、試験対策の足を引っ張ってしまうことになるわけですから、相談したいのですが…。勉強や成績に関する不安や悩みを相談しても、『 そんなの自分で解決しろ 』と言われる。または、軽く受け流される。勉強のやり方を聞きに行ったら、『 そんなものは自分で考えるものだ 』と一蹴されてしまう…。勉強や成績に関して、こんな対応をされるわけですから、個人的な人間関係や家族に関する不安や悩みなど、聞いてくれそうにない…。こんな状況では試験対策にも身が入らず、成績だって伸びるはずありません。

【 成績を伸ばすためには? 】

 前述したように、学生さんを合格させるために、色々なフォローをしていくのが講師の仕事です。試験対策における日々の悩みの相談も、立派なフォローの一つです。薬進塾では、試験対策の日々におけるどんな相談事も受け付けています。勉強や成績はもちろん、人間関係や家族に関すること、体調的な相談も全て受け付けています。そういった悩みや不安は、間違いなく成績向上の足枷(あしかせ)になってしまうからです。つまり…足枷さえ外せば、成績はまだまだ伸びるはずです。ご安心ください。

 如何でしたでしょうか?思い当たる節がある人も、少なくないのではないでしょうか?もし、思い当たる節があるのなら…間違いなくあなたの成績は向上する余地があるということ。原因が分かったのなら、その原因を取り除けばいいだけの話です。つまり、〝原因があるやり方〟から〝原因の無いやり方〟に変えればいいだけの話です。何度もホームページで書かせていただいていますが、同じやり方では、同じ結果しか出ません、違う結果を手にするためには、違うやり方を試みなければなりません。上記の10の原因で成績が伸びなかったのなら、その原因の無い方法で試験対策を行えば、当然、成績は伸びます。言い方を変えれば、上記の10の原因がある試験対策を行っていた人は、まだまだ成績が伸びる余地があるということ。

 せっかく伸ばせる成績を、伸ばせないままにしておくのはもったいないとは思いませんか?薬進塾には、〝成績が伸びない10の原因〟はありません。成績の伸びで悩んで知る人は、薬進塾に来れば、まだまだ成績を伸ばすことができるということ。『 勉強しているのに、成績が伸びないな… 』『 成績も伸びないし、諦めようかな… 』と思っている人。ぜひ、薬進塾に来て試験対策を行ってみてください。薬進塾には、あなたの知らない試験対策があります。その新たな試験対策を、ぜひ試みてください。それは、必ずやあなたの成績を今まで以上に伸ばすことになる試験対策ですから!

i

成績のいい人だって、まだまだ伸ばせますよ!

 『 成績がそこそこ良くって…前の予備校では「 成績いいから大丈夫 」って言われていたんですけれど…国家試験は合格できなくて… 』といった人は、少なくありません。成績がよく、大丈夫と言われたのに合格できなかった…。『 成績がいい 』と聞かされると、つい『 これ以上は伸びないのかな… 』と考えてしまいますが…そんなことはありませんので、ご安心ください(ちなみに、「 成績いいから大丈夫 」という指導も、大いに問題ありますが…)成績がいい人も成績が今一つの人も、同じように成績を伸ばすことができます。ましてや、上記の10の原因を経験しているような人なら、なおさら、今まで以上に成績を上げることができるのです。『 取れない所を取れるように。取れる所はもっと取れるように! 』が薬進塾のコンセプトです。成績のいい人だって、まだまだ成績を伸ばすことはできますよ!安心して、薬進塾にきて、成績を伸ばしてください!

 

次のような方、まだまだ諦めるのは早すぎますよ!

『 もう諦めようかと思っている… 』

『 過去問は解けるけれど、国家試験や模擬試験の問題が解けない 』

『 予備校生活が長くて… 』

『 色々と予備校に通ったんだけれど、成果が出なくて… 』

『 オンラインをやっていたけれど、続かなくて… 』

『 各教科に分からない所が、あちこちあるんで…

『 勉強しているけれど、成績が伸びなくて… 

『 勉強のやり方が分からない 

『 基礎ができていないから… 

『 分からないところは質問したいけれど… 

『 何からどうやって勉強していけばいいの? 

『 何回も過去問をやっているけど、成果が出ない 

『 覚えることばかりで、もう頭の中は満杯でムリ! 

『 諦めろと言われて… 』

『 いろいろ相談したいけれど… 』

『 考えて解くって…どうすればいいのか… 』

『 やっぱり薬剤師になりたい… 』

  こういった方!まだまだ諦めるのは早すぎますよ。違うやり方でやれば、違う結果が出るからです。そして、間違ったやり方でやって成績は伸びなくても、正しいやり方でやれば、成績はまだまだ伸びるからです。まだまだ成績が伸びるのに、諦めるのはもったいないですよ!そして…伸びるチャンスがあるのに、また同じ方法を繰り返すことは、もっともっと、もったいないことです。伸びるチャンスを、わざわざ捨てているようなものですから…。そうは、思いませんか?上記に当てはまるような方!ぜひ、薬進塾で〝伸びるチャンス〟を捕まえてみてください!

i

気軽に ご相談、見学に来て下さい!

 『 どのような所なのかな? 』『 色々と話を聞いてみたい 』『 少人数制って、どういった感じなの? 』等のご相談や、塾見学に来られる方も増えています。受講料を払い、合格へと向けて日々試験対策を行っていく環境なのですから、色々と聞いてみたいこと、見ておきたいものがあるのも当然のことです。もちろん、『 駅からどれ位かかるの? 』『 周りの環境は? 』『 そばにコンビニや飲食店はあるの? 』『 治安は? 』そういった事も、実際に来てみなければ、今一つ分からないことです。

 もちろん、試験対策や勉強に関する悩み事の相談も受け付けています。遠慮なくご相談ください。

 薬進塾では、ご相談や見学は常時受け付けています。国家試験対策として毎日通うことになるわけですから、環境はもちろんのこと、システムや講師・職員のことが気になるのは当たり前の話。薬進塾では、来訪者が誰であれ、全て塾長自らが責任をもって応対させて頂きますので、遠慮なくご相談いただけましたらと思います。

※ 予約等が入っている場合が多くなっています。事前に応対予約を入れておいて頂くことを、お勧めいたします。

 


☆ お申し込み・ご相談は…

フリーダイヤル 0120-970-894

急(9)な(7)お(0)願い、薬進塾(894)

〔 受付時間 〕 月 ~ 金曜日(祝祭日除く)  10:00 ~ 17:00

 お問い合わせ から、メールでの受付けも行っております。

※ アクセスは『浅草橋』のページにある『アクセスマップ』をご参照ください。 

 

 

試験対策サポートの新着記事

このページの先頭へ