イメージ画像

🍉 物化生・基礎講座 ベーシック(春)& スタンダード(夏) : 国試受験生 及び 1~6年生 対象の基礎講座

 

✿ やり方を変えてみませんか? ✿

あなたは〝少人数制〟なら、伸びる人かもしれません!

 

〝在学1~6年生〟や〝国試受験生〟を対象とした講座です!

 

日本でただ一つの、薬学における化学、物理、生物の基礎講座です!

 

【  講座名   物化生・基礎講座 ベーシック(春)

        物化生・基礎講座 スタンダード(夏)

 ※  ベーシックを受講していなくても、スタンダードの受講には影響ありません。

【  期 間   ベ ー シ ッ ク:2023年 3月 13日(月)~ 16日(木)

        スタンダード:2023年 7月 31日(月)~ 8月 4日(金)

【  定 員  40

       全対面式 少人数講義

【 受 講 料 】 物化生・基礎講座 ベーシック:58,000円

        物化生・基礎講座 スタンダード:72,000円 

        ベーシック・スタンダード セット受講:126,000円

      ※ いずれも受講料は税込です。テキスト代も含まれています

        (受講料以外のお支払いはありません)

 

 今しかできない内容があります。今だからこそできる内容があります。今やらなければ、いつやりますか?今やらなければ、ずっとやることはできません。そんな基礎的部分を、しっかりと足固めしていきます!

 もちろん、講義は全対面式講義。定員40名の少人数制講座です!

 

スタートラインに立つための基礎講座

その原因は〝始まり〟ができていないからです。

 何故、有機化学ができないのか?

 何故、物理が分からないのか?

 何故、生物が理解できないのか?

 それは、受講するためのスタートラインに立てていないからです。つまり〝講義を受けるために必要な基礎〟ができていないということ。

 『 基礎ができていなくて… 』といった声はよく聞きますが…では〝基礎〟とは一体何でしょう?まず、ここの所が分かっていない人が多いのが現状です。

 よく『 必須問題が基礎 』という声を耳にしますが…薬剤師国家試験対策において、必須問題は基礎には当たりません。学習指導等でよく話しているのですが、本当の基礎、つまり〝講義を受けるために必要な基礎は、国家試験には出題されることは、まずないといっていいでしょう。国家試験対策のスタートとなる基礎的内容は、あまりにも基礎的過ぎる故、国家試験で直接問われることはないのです。

 国家試験問題のほとんどが、標準と応用で構成されています。つまり『 いきなり国家試験問題の内容に触れるということは、基礎を飛ばして勉強していることになる 』ということ。もちろん、国家試験の問題を何度やっても、基礎を勉強したことにはなりませんし、基礎を身に付けることはできません。こういったことを知らず『 国家試験問題で基礎を身に付ける 』という誤った勉強方法が横行しているのが現状です。『 国家試験問題を勉強すること・解くことは、基礎を勉強したり身に付けたりすることにはならない 』ということを、しっかりと認識することが必要です。

 

では、講義で基礎を教えるかというと…

 有機化学の講義では、いきなり有機化学から始まります。有機化学を受講するために必要な〝化学の基礎〟からは始めません。有機化学としての基礎には触れるでしょうが、〝講義を受けるために必要な化学の基礎〟から始めることはありません。薬剤師国家試験の範囲は、膨大なものになります。〝講義を受けるために必要な基礎〟から講義を始めていっては、時間が足りなくなってしまうのは必然です。それは、物理や生物に関しても同じこと。〝その科目の基礎的部分〟に触れることはあっても、〝講義を受けるために必要な基礎〟には触れないで、講義を始めているのが現状です。

 もちろん、カリキュラムの構成で、それを補うことは十分可能です。薬進塾では、そのようなカリキュラムを組み、さらに熟練した講師陣で講義を行っていくことで、それを克服しています。

 しかし、ほとんどの予備校では、そういった対応は為されていません。つまり…『 これくらいは知っていますよね 』『 これは分かっていますよね 』という具合に、〝講義を受けるために必要な基礎〟ができていることを前提に、講義がスタートされるということ。大学の講義に関しても、同じことが言えます。これでは、〝講義を受けるために必要な基礎〟がおぼつかない学生さんは、講義についていくことが困難なことになります。受講するためのスタートラインにさえ立っていないのですから、それも当然の話です。その結果…

① 講義を聞いていても今一つ分からない。

② 受講して勉強しても、成績が伸びない。

③ 過去問題を解いていても、よく分からず、結局は暗記してしまっている。

④ 初めて見る問題に対し、手も足も出ない。

という状況に陥ることになってしまいます。これが、昨今の学生さんい多い『  物化生が苦手 』『 物化生が伸びない 』の理由なのです

 〝講義を受けるために必要な基礎ができていない。有機化学を学ぶ上でのスタートラインにさえ、立てていない人が多い。物理や生物に関しても同じです。受講するたに必要な基礎ができていないため、受講するスタートラインにさえ立てていない。そういった学生さんは決して少なくありません。これでは試験対策として講義を受けたところで、思うような結果が得られないのも当然の話です。

 

 〝講義を受けるために必要な基礎〟から試験対策はスタートする。

 極端な例えではありますが…アルファベットが読めないのに、英語の授業を受けたところで、内容を理解できるはずありません。成績だって伸びるはずがありません。だから、中学校で英語を勉強する前に、小学校でローマ字を習い、ある程度、アルファベットを読めるようにしているのです。つまり、『 ローマ字を習うこと 』が、英語を勉強する上での必要な基礎となるのです。化学や物理、生物に関してもコレと同じことが言えます。

 さらに、化学、物理、生物の3科目に関しては…

 ① 大学に入る前、すなわち高校での履修状況に差がありすぎる。

 ② 大学によっても、履修状況や講義内容に差がありすぎる。

こういった場合が多いのが現状です。

 履修状況や講義内容に差があるため、〝講義を受けるために必要な基礎〟ができていない。ある意味、『 試験対策として、この3つの科目を勉強する上での、スタートラインに立てていない 』と言っていいでしょう。スタートラインにさえ立っていないわけですから、どんなに講義を聞いたところで、勉強をしたところで、成績や学力に反映されないのは、当然の話です。そして、そういった学生さんが多いのも事実です

 

大学の講義でも…

 大学の講義についても、同じことが言えます。本来、入試を突破してそれ相応の基礎が身についている学生さんを相手に講義をしている訳ですから、『 ある程度の基礎力は身についているもの 』として、講義は始められてしまいます。前述させていただきましたように化学、物理、生物の3科目に関しては、大学に入る前、すなわち高校での履修状況に差がありすぎるのが現状です。ですから、〝それ相応の基礎が身についている学生さん〟として講義を行っていっても、実際問題として、講義についてくることができない学生さんが多いのは事実です。大学で、国家試験に出題される化学、物理、生物の講義を聞いても、それを受講できるだけの基礎力がないため、学力が身につくどころか、その講義さえ負担になってしまう…。これも、〝受講するスタートラインに立てるだけの基礎力〟が身についていないことが原因で、起こる現象です。そして、そういった学生さんが多いのも、事実なのです。

 

基礎がないから、覚えるだけになってしまう。

  基礎がないから、理解できない。理解できないから、講義を聞いていても分からない。分からないから、覚えるだけになってしまう。覚えるだけになってしまうから、覚えることが膨大な数になってしまう。覚えているだけだから、考えて解くことができなくなってしまう。理解せずに覚えるから、忘れてしまう。考えて解くことができないから、問題が解けない。まさに、悪循環と言っていいでしょう。〝講義を受けるために必要な基礎〟が身に付いていなければ、こういった状況になってしまうのですが…心当たりのある方も少なくないのではないでしょうか?

 やはり〝講義を受けるために必要な基礎〟を身につけなければ、試験対策は始まりません。ここで気を付けなければならないのが…〝素人考えの間違ったやり方〟。私もよく耳にするのですが…。『 基礎がないなら、過去問を何度も繰り返しやればいい 』『 必須問題の問題集をやればいい 』といったやり方。過去問や必須問題を何度繰り返したところで、〝講義を受けるために必要な基礎〟は身に付きません。こういった意見は、〝講義を受けるために必要な基礎〟が何か分かっていない人の意見です。注意しなければなりません。

 

まずはスタートラインに立つことから始める。

 では、どのように〝講義を受けるために必要な基礎〟を克服すればいいのでしょう?やはり、そういった基礎を勉強する講座を受講することが一番です。しかし…そういった講座が無いのも現状です。薬進塾では、化学や物理、生物の基礎からしっかりと講義していきます。ですから、高校や大学での、履修状況や講義内容に差があっても、〝講義を受けるために必要な基礎〟を身につけることができます。しかし現役生も含め、色々な理由から薬進塾の長期の講座を受講できない人も少なくありません。

 そこで、この度、化学、物理、生物の個別指導講座を設けることになりました。『 化学、物理、生物の基礎全般を勉強する 』ではなく、『 化学、物理、生物を勉強するうえでの、スタートラインに立つための基礎を勉強する 』講座になります。もちろん、薬進塾でしか行われていない講座です。

 

もちろん、対面での講座です。

 画面を通した講義ではなく、対面式の講義ですので、コミュニケーションも万全です。目の前で直接講義を受けて、直接質問できる。直接指導を受ける。こうでなければ、〝講義を受けるために必要な基礎〟〟を克服することなどできません。画面を通した講義には限界があるのは確かです。実際、薬進塾には、オンライン講義やリモート講義で結果が出なかった塾生さんが、多く通っています。ましてや、基礎的内容となれば、目の前で学生さんを直接見ながら、講義を進めていかなければなりません。画面を通してでは、学生さん自身の状況を見ることはできないのです。

 もちろん、講師歴数十年のベテラン講師が、オリジナルプリントで講義していきますのでご安心ください。どんなに基礎をマンツーマンで教えてくれるからと言っても、未熟な講師では心許ないですよね?熟練した講師がお相手しますので、質問にもバッチリ対応します。もちろん、勉強の相談等にも応対しますので、遠慮なく相談してみてください。

 

在学生にも十分対応している内容です。

 『 高校の時に生物を受講していなくて… 』『 高校の選択で物理は履修していなくて… 』『 化学は、高校の時にほとんど勉強していなかったので… 』といった学生さんの声をよく耳にします。『 それでも受講して大丈夫でしょうか? 』といったご相談も多く受けますが…全然大丈夫ですのでご安心ください!前述しましたように、物理、化学、生物に関しては、高校の履修状況に差がある科目です。当然ながら、学生さんごとにその学力にも差があるといっていいでしょう。そういった学生さんのための講座ですから、全く心配する必要はありません。知識0の学生さんにも、しっかりと受講して理解できる講義内容になっていますので、ご安心ください。第一…『 これ位の学力がなければ受講できません 』『 こんなことも分からないのですか? 』などどいった発言は、モノを教えることを生業としている予備校の発言としては少々おかしい発言です。どんな人であろうとも、受講してついていける。そして受講した内容を身に付ける講義でなければ、プロの講義とはいえません。ましてや、薬進塾の基礎個別指導は、そういった方を対象としている講義です。自分の学力など気にする必要は、全くありません。

 当然ながら、在学生にも十分対応できる内容であることは言うまでもありません。1年生から6年生まで、全ての在学生を対象にしている講義内容ですので、何年生であろうとも遠慮なく受講できます。もちろん国家試験受験生も対象にしている講義であることは言うまでもありません。在学生、そして国家試験受験生をも対象にしている講義だからこそ、基礎からしっかり教えていく講義体系なのです。

i

物化生・基礎講座 コンセプト

基礎力は大丈夫ですか?

 物化生・基礎講座は、化学・物理・生物の基礎、そして計算の基礎を学ぶ講座です。何気に苦手な人が多い化学・物理・生物。高校の時に履修していなかった人も、少なくありませんが…薬剤師国家試験の基礎の基礎となる部分であることも確かです。この講座では『 原子の中の電子配置 』、『 細胞の仕組み 』、『 分子間力 』といった化学・物理・生物の基礎、そして『 指数や対数の計算が苦手 』という人のための、指数・対数計算の基礎を時間をかけて、しっかりと学んでいきます。講義後も教室を開放していますので、自習したり、学習指導を受けることもできます。国家試験受験を考えている人はもちろんのこと、在学生(1~6年生)の基礎力固めにも大いに役立つ講座です。

 もちろん、少人数制ですので、きめ細かい講義と指導を行っていきますので、ご安心ください。

i

基礎的内容だけど…国家試験には、しっかりと出題されている内容です!

 物化生・基礎講座は、国家試験の基礎を学ぶ内容となっています。基礎があるからこそ、次につながります。基礎を身につけているからこそ、応用に取り組むことができるのです。基礎が不確かであれば、〝学力〟の足場が揺らいでしまうことになります。試験対策というものは、『 基礎が身についているからこそ、成せるものである 』という認識が重要です。

 では、物化生・基礎講座で行うことは『 基礎的内容なので国家試験には直接出題されていない内容 』なのでしょうか?そんなことはありません。基礎的内容であっても、国家試験にはしっかりと出題されている内容です。基礎から応用まで幅広く出題される、昨今の国家試験。応用問題を解くためにも、基礎をしっかりと身につける。そして、その基礎が直接問われる問題にも、しっかりと対応できる力を身につける。これが、国家試験対策には求められています。そういった〝基礎を身につけること〟これが、物化生・基礎講座のコンセプトです。もちろん、テキストは全て〝物化生・基礎講座オリジナルテキスト〟。当塾の講師が、物化生・基礎講座のコンセプトを基に作成した〝物化生・基礎講座のためのオリジナルテキスト〟です。

 国家試験対策で基礎を固めるのは、春か夏しかありません。秋以降は、本格的な試験対策に入るため、基礎的内容に時間をかける余裕が無いからです。秋までにしっかりとした基礎を築けるかどうかが、国家試験対策にとって大きなポイントになってきます。

 もちろん、過去問の解説や過去問の内容だけを、講義して済ませるような講座ではありません!基礎の内容からしっかりと講義していきますので、ご安心ください。  

i

カリキュラム

1.ベーシック : 化学、物理、生物の基礎講義

  化学、物理、生物の基礎を時間をかけて、しっかり講義。基礎の基礎から講義を始めていく
 ことで、高校時代に化学、物理、生物を受講していなかった人、基礎をすっかり忘れて
 しまっている人でも、しっかりと講義についていくことができるような受講スタイルに
 なっていますので、ご安心ください。さらに、講義の後の問題演習と解法講義で、ポイントを

 しっかりと押さえていくことができます。

【 期 間 】

  2023年 3月13日 ~ 16日

【 カリキュラム 】

  13日:化学1    14日:化学2    15日:物理化学    16日:生物

時限

1限目

2限目

3限目

4限目(演習)

時間

10:00~11:10

11:20~12:30

13:30~14:40

14:50~16:00

 

2.スタンダード : 化学、物理、生物、計算の基礎講義と国試問題実践

  ベーシックの内容をより深く、より広く講義し、更にその内容がどのように国家試験に
 出題されているか、そしてその解法とポイントを講義していきます。
  そして、基礎力強化で忘れ去られがちなのが、指数・対数の基本計算。スタンダードでは、
 指数・対数の基本計算を学びながら、実際に計算問題を解くことにより、計算の基本力を
 強化していきますもちろん、物理、化学、生物の講義でも問題演習を行います。
  お勧めなのが、ベーシックとのセット受講。ベーシックとセット受講することにより、

 より基礎力を盤石なものにすることが可能となります。

 ※  ベーシックを受講していなくても、スタンダードの受講には影響ありません。

【 期 間 】

  2023年 7月31日 ~ 8月4日

【 カリキュラム 】

31日(

1日(

2日(水)

3日(

4日(

時限

1~4限目

1~4限目

1~4限目

1~4限目

1~4限目

内容

化学1

化学2

物理化学

計算・生物1

生物2

 

時限

1限目

2限目

3限目

4限目(演習)

時間

10:00~11:10

11:20~12:30

13:30~14:40

14:50~16:00

 

3.ベーシック、スタンダード いずれも1日目の講義の終わりには学習指導が入ります。

 【 物化生・基礎講座 特別学習指導 】

   ① 国家試験における〝基礎の基礎〟とは、どういうモノか?

   ② 〝基礎の基礎〟は、国家試験に出題されないのか?

   ③ 必須問題は基礎ではない:過去問題の勉強では、基礎は身に付かない。

   ④ ショート学習指導:『 試験対策における〝ペン〟の有効活用法 』

   ⑤ ショート学習指導:『 覚えるテクニック・メソッド1&メソッド2 』

  ※ スタンダードでは、この内容に実践的指導を+αした内容の学習指導を行います。

   詳細は後日掲載いたします。

 

科目概要

化学:原子の中の電子配置から、混成軌道までを講義します。

 電子殻、電子軌道、軌道への電子の入り方、混成軌道といった化学の基礎を講義します。ここを基礎から理解することで、有機化学が各段に理解出来るようになります。もちろん、無機化学の問題にも十分対応出来るようになり、さらに物理化学へもつながることになります。

 逆にこの部分の基礎力が不足すると、有機化学が非常に難解なものになってしまいます(昨今の学生さんの有機化学が苦手と言うのは、ここに原因があります)さらに、無機化学の理解も今一つの状況となり、物理化学にも影響を及ぼすことになります。

 

《 この問題が解けますか? 》

106回-問4

 塩化水素(気体)のH原子とCl原子の間の結合として正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 共有結合   2 イオン結合   3 水素結合   4 金属結合   5 疎水結合

 

 『 答、分かりますよ 』という方。分かるかどうかではなく、『 解けますか? 』ということです。『 解ける 』ということは、『 何故、その答えになるのか? 』を理解している、説明できるということ。よくある『 塩化水素(気体)は共有結合だから 』というような〝理解しているように思いこんでいる暗記〟や〝解説文を覚えただけ〟は解いたことになりません。

 さらに『 (問題が)解ける 』ということは、『 何故、他の選択肢は誤になるのか? 』も理解している、説明できるということを意味します。〝理解しているように思いこんでいる暗記〟や〝解説文を覚えただけ〟では、『 他の選択肢が何故違うのか? 』を説明できないと思いますが…それでは、この問題を解けたことになりません。単に『 解説の内容をチョット付け足して答を覚えた 』だけ、ということになります。

 この問題は必須問題です。つまり、出題委員が『 医療の担い手である薬剤師として特に必要不可欠な基本的資質を確認する問題 』と判断した問題ということになります。その〝必要不可欠な基本的資質を確認する問題 〟の答が、『 塩化水素(気体)は共有結合だから 』では、やはり化学の基本的な部分ができていない…ということになります。

 物化生・基礎講座の化学では、こういった基本的な部分を『 何故か? 』という理由から説明して教えていきますので、ご安心ください。

 

計算:指数・対数の計算方法を講義し、実際に問題を解いていきます。

 全ての計算問題である、指数・対数を基礎から講義していきます。本当の初歩から始めますので、指数対数が全くできない学生さんも、十分付いてこられるのでご安心ください。指数・対数の意味から始め、四則計算を理解していき、最終的に問題を解くことにより、演算することができるようになります。文章問題の演習や計算のポイントも指導していきます。

 逆にこの部分できないと、あらゆる計算問題に影響を与えることになってしまいます薬学に関する計算問題は、全て解くことができないと言っても、決して過言ではありません。指数、対数の計算ができない学生さんが、圧倒的に増えているのが事実。せっかく、公式を覚えているのに…指数・対数の計算ができなくて、途中でギブアップ…という学生さんは決して少なくありません。国家試験の計算問題を勉強する前に、まずは指数・対数の計算がしっかりと出来るようになっていなければ、その勉強も無意味なものとなってしまいます。

※ スタンダードで行われる講義です(ベーシックのカリキュラムには含まれていません)。

 

物理:極性や電気陰性度、ファンデルワールス力、水素結合について講義します。

 水素結合、ファンデルワールス力、分子の極性といった物理化学の基礎を講義します。ここを基礎から理解することで、物質の沸点・融点や固相・液相・気相が理解出来るようになり、熱力学や相図への足がかりとなっていきます。分子の構造やその特性が理解できることにより、化学を理解することの足掛かりにもなります。

 逆にこの部分の基礎力が不足すると、物質の沸点・融点や固相・液相・気相が理解出来ず、それにつながる熱力学や相図等の理解も、浅いものとなってしまいます。分子の構造やその特性が理解できず、化学にも影響が出てくることになります。

 

生物:生物の基本用語や細胞内小器官について講義します。

 生物の基本用語と細胞内器官の構造、仕組みといった、細胞の基礎を講義します。こを基礎から理解することで、細胞の仕組みやタンパク質合成に付いて理解出来るようになります。さらに、ここから派生する生化学、分子生物学、微生物学等の理解が、格段に深まるようになります。

 逆にこの部分の基礎力が不足すると、細胞の働きやタンパク質の合成が理解できず、ただ覚えるだけとなってしまいます。もちろん、生物に関する基本用語が分からないと、生化学、分子生物学、微生物学等の理解も今一つ浅いものとなり、得点へとつなげることができなくなります。当然、講義を聞いていても、その内容は今一つ分からないものとなってしまいます。さらに、機能形態、薬理学、薬物治療にも影響が出ることになります。

i

『 やっぱり、オンラインじゃあ… 』という人

 『 オンライン講義にしてみたけれど、思うように進まなくて… 』という相談が増えています。パソコンの画面を見ながら自宅で勉強できる…とはいったものの、実際にやってみると思っていたのとは違う…。イヤ、思っていたより 大変で、試験対策が思っていたように進まない…そういった人は少なくありません。ここらへんで、対面講義を受講してみてはいかがですか?いきなり、長いコースを受講する前に、短い期間の物化生・基礎講座なら、お試し感覚で受講することができます。オンライン講義と生の対面講義では、理解できる内容もケアも雲泥の差であることは言うまでもありません。同じ空間に講師がいるということは、試験対策にとっては計り知ることができない益があることも言わずもがな。だからこそ、この現代社会においても、どこの国でも『 同じ教室で先生が学生たちを相手に対面で講義する 』というやり方が、王道として行われているのです。

 『 ちょっとオンライン…疲れちゃったな… 』という人。物化生・基礎講座で、対面講義を体験してみませんか?直接、講師に質問したり、学習指導を受けてみませんか?それは必ずや、あなたの試験対策に有益なものをもたらすことになりますから!

 オンラインと違って、対面講義の環境では一人で悩む必要はないのです。何故ならば、目の前に講師がいるからです。同じ空間に講師がいるからです。いつでも、質問や相談できる環境だからです。

 

こんな人に!こんな声に!

『 基礎を固めなきゃ… 』

『 sp混成軌道? sp混成軌道?? 』

『 イオン化エネルギーって何? 』

『 電気陰性度と分子間力の関係は? 』

『 極性って何? 』

テキスト1 (2)『 分子間力が強いのはどういう場合? 』

『 よく聞くけど水素結合って・・・? 』

『 リボソームとリソソームって違うの? 』

『 リン脂質二重層って何のこと? 』

『 ゴルジ装置って何する装置? 』

『 「 2分の1の2分の3乗 」っていくつ??   』

『 log10って…いくつなの? 』

『  国家試験対策の前に、基礎を固めなきゃ…  』

『 国家試験対策から離れていたから、すっかり忘れちゃってるなぁ 』

『  試験勉強をしていても、今一つ手ごたえがなくて…  』

『  半年コースの足慣らしにいいな!  』

i

もちろん、学習指導・学力診断を受けることが出来ます!

  さらに希望者は、学力診断や学習指導を受けることができます。薬進塾オリジナルの学力診断は、簡単な質問に答えることにより、現時点でどれくらいの学力が付いているのかを判断することができます。「勉強のやり方が…」「どうやって勉強していけば…」と不安な人は、ぜひ学習指導を受けてみてください。学習指導歴二十数年の熟練した講師が、あなたの勉強を指導していきます。もちろん、講座終了後も指導を受け続けることができますので、ぜひ活用してみてください。

 短い講座といえども、れっきとした薬進塾の講座です。受講した以上は誰もが塾生。終わった後も、勉強方法や卒業試験の対策、国家試験勉強についてのフォローをしていくのは当たり前の話。毎年、物化生・基礎講座を受講した塾生さんから『 卒業試験が… 』『 どうやって国試対策をすれば… 』といった相談を受けています。もちろん、塾生さんである以上、全て無料で対応させていただいています。塾生である以上、国家試験合格まで、しっかりとフォローする。それが、薬進塾のやり方です。

i

セット受講がお得です!

半年コースとセット受講の場合、受講料が割引料金になります!

☆ 物化生・基礎講座(スタンダード) + 半年コース のセット受講の場合は891,000円(税込)のセット価格になります( 通常料金927,000円 )。『 半年コース前の基礎固めがしたいな 』という人には、〝物化生・基礎講座(スタンダード)+半年コース セット受講〟を、お勧めいたします!

もちろん、他のコースとのセット受講やベーシックとのセット受講も可能です。

詳細はお問い合わせください。


◎ 『 卒業延期になったから、半年コースから通いたいけど…基礎的な部分の学力が心配… 』という方に!半年コースと物化生・基礎講座(スタンダード)のセット受講がお勧めです!物化生・基礎講座で基礎固めをしてから、本丸の半年コースへの入塾。これにより、半年コースの講義内容も基礎からつながり、理解し易くなります。

★ 卒業延期生の方は、申し込み完了時点から利用できる、講座前アプローチの利用をお勧めいたします。講座前アプローチの〝学習指導〟を利用することで、一人ひとりに応対した〝卒業試験対策〟を指導していきます。どのように勉強していけばいいのか?時間は?科目は?一人ひとりの卒業試験を分析して、その人に適した指導をしていきます。ぜひ、利用してみてください!

※ 詳細は 〝⏱ 卒業試験 対策 & 国家試験 対策 ~学習指導から始まる卒業試験対策 そして国家試験対策~〟に掲載してあります。

 

要点コースとのセット受講もあります!

 セット受講( 物化生・基礎講座〔スタンダード〕 + 要点コース )が、482,000円

の特別受講料( 通常料金504,000円 )となります。

 『 基礎の部分が苦手なんだけど、ついていけるかな… 』 『 一年コースや半年コースの人との差が不安… 』 『 少しでも早く勉強したい… 』という方は、物化生・基礎講座(スタンダード)とのセット受講をお勧めします。もちろん、セット受講の場合、受講料は特別受講料になりますので、お得です。

 『 要点コースの前に、物化生・基礎講座で基礎をつけておきたい 』という方は、少なくありません。薬進塾でも、毎年、このセット受講で基礎的内容を一通り勉強してから、要点コースに臨む塾生さんがいらっしゃいます。『 要点コースが始まる前に、少しでも基礎固めをしておかないと… 』という人には、〝物化生・基礎講座(スタンダード)+要点コース 〟セット受講を、お勧めいたします!

 要点コースは、今年度は 12日から始まります。『 物化生・基礎講座が終わってから間が空くなぁ… 』という人。ご安心ください。要点コースが始まるまで、〝何を、どのように、どうやって勉強していけばいいのか〟を、しっかりと指導していきます。もちろんマンツーマンで、その人に合った学習計画を立て、その人に合った指導を行っていきます。『 間が空くから心配で… 』という方も安心して、セット受講を利用してください。なお、〝📒 『 講座が始まるまで、どうやって勉強すればいいのか? 』を指導します〟のページに、詳細が掲載されていますので、そちらもご参照ください。

 

☆ お申し込み・ご相談は…

フリーダイヤル 0120-970-894

急(9)な(7)お(0)願い、薬進塾(894)

〔 受付時間 〕 月 ~ 金曜日(祝祭日除く)  10:00 ~ 17:00

    ページ右上の お問い合わせ から、メールでの受け付けも

   行っております。

※ アクセスは『浅草橋』のページにある『アクセスマップ』をご参照ください。

 

 

講座トピックスの新着記事

このページの先頭へ