イメージ画像

🏅 合格速報!毎年恒例、ブランクのある塾生さんが仕事を辞めて入塾、そして合格!

107回薬剤師国家試験 合格速報!

ブランクのある塾生さんが仕事を辞めて入塾、そして合格!

 薬進塾では毎年恒例。ブランクのある塾生さんが仕事を辞めて入塾、そして合格するというパターン。今年は…『 もう薬剤師は諦めよう 』と、薬学とは無関係の仕事に就職したMさん。しかし…『 やっぱり、薬剤師の道を捨てきれない! 』と一念発起。慣れ親しんだ仕事を辞めて、薬進塾の一年コースに入塾することになりました。そして…107回薬剤師国家試験で見事、合格を勝ち得ることができたました!

 Mさんも、薬進塾では御多分に漏れず…

 ① 何回も国家試験を受験している。    ② ブランクがある。

ことをものともせず、合格をつかみ取った塾生さん。何回国家試験を受験しようが、ブランクがあろうが、いつ卒業しようが、本人の試験対策のやり方次第で、しっかりと合格をつかみ取ることができるのです。Mさんをはじめ、薬進塾の卒業生の人たちが、それをしっかりと証明してくれているのです。諦めるのは、早すぎるというか…もったい無いですよ!あなたの成績は、まだまだ伸ばすことができるのですから!

◎〝📈 あなたの成績は、まだまだ伸ばすことができますよ。〟のページもご参照ください。

i

薬進塾では毎年恒例です。

 何回も国家試験を受験するも、合格できずに諦めてしまう。薬剤師ではない仕事に従事し、それ相応の成果もあげているのですが…。『 やっぱり薬剤師になろう! 』と仕事を辞めて、薬進塾に入塾する。そした、合格。このパターンは、薬進塾では毎年恒例です。

 例えば106回国家試験合格者のKくん。3年間働いていたのですが、やはり薬剤師を諦めきれず、仕事を辞めて、薬進塾に入塾。見事合格したKくんは、現在、薬進塾が紹介した薬局で、薬剤師として活躍中です!

 105回国家試験で合格したVさんは、3回目の受験となる106回国家試験対策で薬進塾に入塾。国家試験受験は3回目でしたが、103回、104回の時は全然勉強していなかったらしく、実質ブランク2年。オンラインコースも利用してみたそうですが、やはり勉強することはできなかったとのこと。医療系ではない仕事に就いていたのですが…『 後からでもこの仕事には手を出せる。免許取った方がいい 。若いうちに取っといた方が絶対いい 』と一念発起して、仕事を辞め、薬進塾の一年コースに入塾。見事、合格を勝ち取りました。

 もちろん、他にも大勢の塾生さんがブランクをモノともせず、そして複数の国家試験受験にもめげず、薬進塾で試験対策に精進し、合格をつかみ取っています。そのことは〝🐢 ブランクのある方、なかなか合格しない方 ご相談ください〟〝合格者の声〟に掲載されている内容からもお分かりいただけることと思います。

 何回国家試験を受験しようが、一回合格すれば全て帳消しです。そして、ブランクが何年あろうが、成績がどうであろうが、本人の試験対策に取り組む姿勢次第で、いくらでもそれを覆すことができるのです。Mさんだって、笑顔と素直さで合格をつかみ取ったではありませんか!受験回数もブランクも、国家試験合格には何の足かせにもならないのです。試験対策に取り組む姿勢と環境。これが、合格をつかみ取るために必要なことなのです。そして、薬進塾にはその環境があるのです。

i

次は、あなたの番ですよ😄。

 『 何回も国家試験を受けているのに… 』『 ブランクがあるから… 』『 成績が良くないから… 』とお悩みの方。いくらでも、それを覆すことができますよ!薬進塾には、それを覆すための全てが揃っているのです。前述した、薬進塾の先輩たちがそれを証明してくれているではありませんか!あなたも合格をつかみ取るために、薬進塾に入塾してみてください。お待ちしておりますよ!

i

実はMさんでした!

 107回薬剤師国家試験が終わった後、〝💊 薬剤師として現場で活躍している講師による 第107回薬剤師国家試験 実務総評!〟を薬進塾の貝和先生が書いてくれたのですが…。その中で、貝和先生の講義の体験記を書いてくれたのが、今回の国家試験で合格した前述のMさんなのです。もちろん、書いてくれた時点では、まだMさんの合格は分からなかったわけですが、合格するだけのことはあり、しっかりと貝和先生の講義のポイントを押さえていることが伺えます。そんな、さんの体験記もここに掲載させていただきます。

 国家試験を受けて思う、貝和先生の講義

 貝和先生の講義は、現場での生の情報が多かったので、実習へ行ってからかなり時間が経ってる私からしたら、そうなんだ!と初めて知る情報が本当に多かったです!

 例えば…国家試験では、インフルエンザワクチンや抗がん剤については毎年出る内容だとは思いますが、それを踏まえて、ワクチンや抗がん剤についても繰り返し細かく教えてくださりました。今まで表面的な内容を軽くしか勉強をしていなかった私は、初めて知ることが沢山で新鮮で楽しい講義でした。107回でも、もちろんインフルエンザワクチンや抗がん剤について出題されていました!今まで通り、表面的な内容しか勉強をしてなかったら、絶対解けなかっただろう私が、貝和先生から1年間勉強を教わったおかげで、すいすい解答を導き出す事が出来ました!!

 貝和先生の講義では、教科書では絶対に学ぶ事の出来ない情報を得る事が出来ます。また、最後の講義で『 ここは出そうで気になるから! 』と教えてくださった、簡易懸濁法と健康サポート薬局について!!本当に出題されました!『 簡易懸濁法 』と『 健康サポート薬局 』というキーワードを見た瞬間、貝和先生に教わったから大丈夫だ!と思いながら、問題に取り掛かる事が出来ました。

 まだまだありますが…今年の国家試験は、現場での内容が本当に多かった気がします。この1年間、参考書からは得る事が絶対出来ない内容を、貝和先生から教えて頂いたおかげで、初めて見る国家試験問題にも恐れず向き合う事ができました!

Mさん

ちなみに貝和先生には107回合格者の塾生さんであるKさんからも、こんな声が上がっています。

 国家試験の終盤に出てきた実務の計算問題(問343)で、何度計算をやっても自分の解答と選択肢の解答が合わない事態に陥りました。近い答えもなく、今年の前半の実務が難しくて疲労度も溜まってきていたので、きっと私が出来ない計算なんだろうな、適当に答えよう…と思いました。

 その時…最後の貝和先生の授業後に、模試の問題(計算問題ではない)の質問にいった時に言われた、『 昔は自分が知ってる知識を使わせて問題を解かせることが多かったが、今の国家試験は情報を与えてそこから考えさせる問題が多い。問題を読み飛ばしてしまうと答えが出ないこともあるから、疲れていてもちゃんと問題を読んでね!』という言葉を、ふと思い出しました。

 そこで、もう一度ちゃんと読んでみたところ…大事な箇所を読み飛ばしていて、思い込みをして計算していたので解答が合わなかったことが分かりました。

 多分この問題は正答率が高い問題だと思います。しかし、私にとっては貴重な一点で、最後の18時まで足掻こうと思えた一瞬でした。アドバイスを下さりありがとうございました!

P.S 最後の授業でやった簡易懸濁法が出てきて、びっくりしました!

Kさん

i

いつでも気軽にご相談ください!

 『 やっぱり薬剤師になりたい 』『 諦めきれない 』と思っている方は少なくありません。同時に『 でもブランクがあるし… 』『 他の予備校では、1年じゃ無理だって言われた… 』『 成績が悪いから 』と、不安を感じている方も、決して少なくはありません。実際、薬進塾にはそういった方がたくさん相談に来られています。遠慮することはありません。いつでも気軽にご相談ください。もちろん、塾長自らがマンツーマンで対応させていただきますので、気兼ねなく相談していただけたらと思います。もちろん、ご家族の方のみでのご相談も承っております。どんなことでも、遠慮なくご相談ください。

※ ご相談が混みあっています。できるだけ、電話連絡等により日時を予約していただけ

 ますようお願いいたします。

 


☆ 学校見学・個別相談 随時受付中 ☆

 フリーダイヤル 0120970894

急(9)な(7)お(0)願い、薬進塾(894)

〔 受付時間 〕 月 金曜日(祝祭日除く)  10:00 ~ 17:00

 お問い合わせ から、メールでの受け付けも行っております。

 

 

合格者の声の新着記事

このページの先頭へ