イメージ画像

🛫 国家試験合格体験記 『 国家試験で40点以上点数が伸びたので正直びっくりしました(笑)』

 家族と相談し、予備校に行くしかないんじゃないかという話になり薬進塾の半年コースに通うことになりました。薬進塾を選んだ理由としては少人数であること。質問しやすい環境であること。現場で働いてる方が講師をしていることでした。実際に通ってみて質問はしやすかったですし、授業も個性が溢れてて非常に楽しかったです(笑)。 しかも大手より講師の数が多く、細分化されているのでとてもわかりやすかったです。そのおかげで苦手だった分野が得意分野に変わりました。

 薬進塾に通って一番良かったことはこまめに学習指導があることです。私はこの学習指導に助けられたと思います。針ヶ谷先生は薬剤師国家試験のエキスパートなので先生の言うことを信じてやりぬくことで自ずと合格に近づけるんだなと、合格した今そう感じます。

 恥ずかしい話、最後の模試は190点台でした。今までで一番勉強してるのに結果として現れない歯がゆさ、受からないんじゃないかと不安になり、精神的に辛かったです。そんなとき先生から「模試は模試。相性があるから心配しなくていいよ。国試で点数取ることが目標なんだから!」と言われて頑張り切ることができました。結局国試はボーダーより10点以上の点数を取ることができ、合格することができました。40点以上点数が伸びたので正直びっくりしました(笑)。

 また、一緒に勉強してきたみんなに感謝したいと思います。前回1人で勉強してた私だからこそ言えますが、一緒に勉強した方が覚えもいいし効率も良かったです。楽しみながら勉強ができる。そんな雰囲気がある薬進塾を選んで本当に良かったです。他の予備校じゃ、あの結束力は出ないと自信を持って言えます!

 薬進塾で教わったことを活かし、これから薬剤師として頑張ろうと思います。本当にありがとうございました!

J大学卒 S・Tさん(男性)

 💝 薬進塾からのエール  】

 T君に関して、一番印象に残っているのは、講義後にいつも一人で自習していたこと。毎日、自習時間を目いっぱい使って、黙々と勉強していた姿が印象的でした。『 何としても受かってみせる! 』という意気込みが感じられた塾生さんの一人でもあります。そんなTくんですが、自習時間以外は笑顔でいることの方が多く、休み時間に一緒に雑談して笑っていたことが思い出されます。しょっちゅう質問にも来ていましたが、その際も、笑顔で質問していたことも印象的。先生との受け答えの中でも、笑顔を崩さないで、それでいて必死に質問していました。『 将来は、こんなふうな薬剤師に… 』と語ってくれたT君の笑顔は、いまだに忘れられません。今は薬剤師となって働いているT君。理想通りの薬剤師になるために、切磋琢磨していることでしょう。頑張ってください。応援していますよ。

合格者の声の新着記事

このページの先頭へ