イメージ画像

食い物が小さくなっている。

2022/05/17

 値上げブームである。『 ブームが続いている 』といった表現の方が、いいのかもしれない。思えば、消費税が上がった時。2019年10月1日から、消費税(及び地方消費税)の税率が8%から10%へ引き上げられたのだが…この時から、現在の値上げブームが始まった気がしなくもない。〝値上げ〟と言ってしまえば、一過性のような感があるが、今回の〝値上げ〟は、今だ続いている。続いているから〝ブーム〟。もちろん、この今も続いているブームには、一連のコロナ騒動や戦争の勃発も、大きく絡んでいることは言うまでもない。

 先日、立ち食いそばを食べたのだが…カウンターに座り、天玉そばを堪能していると、横の壁に張り紙がしてある。値上げのお知らせ…。そばが20円、天ぷらが10円、定食が20円〜30円値上げになるとのこと。ちなみに私が堪能している時点で、すでに値上げは決行されていた。『 かけそば 300円→320円 』と書かれているのを見て、なんとも物悲しいというか、現実の厳しさを突き付けられたような気がした。『 天ぷら各種 10円値上げ 』と書いてあるのを見た時などは、前回のブログ〝天玉ソバ 危機一髪!〟の内容が頭をよぎったほどである。『 っていうことは…天玉ソバは…単純計算で30円値上げかい! 』。こりゃあ確かに危機一髪だわ!

 しかし…確かに、以前と比べると値段は上がっているが、天玉そばを十分に堪能し、満足できたことも確かである。美味しくて、気分も上々。そう、値段が多少高くとも、満足できるものが食べられたなら、人は幸せになるのである。値上げをして、以前よりは高くなったかもしれないが、満足したことに関しては、以前と何ら変わりない。そう、食べて満足できれば、人は文句を言わないものであるからして、『 食べた後に満足できれば、万事OK 』といったところだろう。

 以前、『 日本で二番目にマズイラーメン屋 』と謳っている店に入ったことがある。テレビ等で取り上げられたとこもあり、私が行った時には人が並んでいたのだが…。ちなみに私は、並んでまで食べるということをしない人間である。どんなに美味しいと言われているラーメン屋でも、人が並んでいるようでは食べない…というか、並ぶことをしない。私は美味いラーメン屋をいくつか知っているが、共通点が一つある。それは、『 どこも、並ばずに食べることができるお店である 』ということ。中には、行列を作っているお店もあるが、常時という訳ではなく、すんなり食べることができる場合もある(むしろ、こちらの場合の方が多い)。『 行列ができる 』ということと『 美味しい 』ということは、決してイコールではないのだ。だから、並んでまでして食べる必要はないと思っている。まあ中には、味は横に置いておいて、並ぶことが食べることのステイタスのように考えている人もいるようだが…。私は、そういう人間ではない。

 閑話休題。その〝日本で二番目にマズイラーメン屋〟で、ラーメンを食べたのだが…マズかった。マズかったのだが、怒りはしなかったし、機嫌も悪くならなかった。むしろ、満足した感があったことも事実である。何故ならば、店の人があえて『 マズいですよ 』と言っているのだから。そして、こちらも『 まずいもの 』と認識して食べているのだから。マズいと言っているモノを食べてマズかった。だから、怒ることもなく納得したのである。人間とは不思議なものである。『 マズいですよ 』と言われて食べて、マズくても怒らないのである。『 美味しいですよ 』と言われて、マズかったら怒るのである。つまり、美味い・マズいが、怒りの引き金になるわけではないということ。美味いと言われてマズかったという〝裏切り〟が、人を怒りに誘うのである。

 以前、居酒屋に行った時のこと。『 ここも値上がりブームに便乗しているのだろうか… 』と、半信半疑でメニューを見たところ…ブームに乗っかっていない。オオッ!流行に乗っていないとは、なんという粋な店だ!世の流行り廃れに右往左往する輩など、所詮はその程度の輩。世の流行りなど、どこ吹く風で、自分自身を貫く方が、よっぽどアイデンティティ重き、素晴らしい存在なのだ!やるじゃないか!と喜びながらも、『 では… 』といつものメニューを頼んだ。で、楽しみにしながら待っていたところ…出てきた料理を見た、その瞬間。目が点になるとは、まさにこのこと。この表現が、一番ピッタリである。煮込みの入れ物が、二回り小さくなっている。言っておくが〝一回り〟ではない。〝二回り〟である。〝どんぶり〟から〝お椀〟へと変貌を遂げたといってもいいだろう。その変貌ぶりは、蛹から蝶になるのに等しいものがある。この場合は、成長したのではなく、退化しているので蝶から蛹になったといった方が適切であろうか?どう見ても、内容量が減っているのは一目瞭然である。流行に流されず、値上げを敢行しない粋な店ではなかったのか?どこで折れてしまった?どこで、アイデンティティを失ったしまった?大切な、大切なものを失ってしまったのだぞ、お前は…と、目を点にしながら、心の中でそう連呼する私であった…。この〝二回りの小ささに遂げた変貌〟に比べれば、牛モツから豚モツへと遂げた変貌など、書くに足らないほど小さなことである。

 もつ煮込みだけではなかった…。厚さ5cm、直径15cmほどの〝ごぼうのかき揚げ〟は、厚さ1cm未満、直径7cmほどの〝ごぼうの薄焼き煎べい様かき揚げ〟へと変貌を遂げてしまった。〝ごぼうのかき揚げ〟は、皿からはみ出す2つであったが、〝ごぼうの薄焼き煎べい様かき揚げ〟は、しっかりと上品に皿に収まり、それでもまだまだ皿に余白を残せるほどの3枚になっていた…。もちろん、値段は変わらずである。

 食い物が小さくなっている。スナック菓子ではこれが顕著である。箱の大きさ、袋の大きさ、そして値段はそのままであるが…中身の量が減っている。空隙率が、異常にでかくなっているのである。これは、如何したものであろうか?『 値上げブームなのだから仕方がない。値段がそのままなら、内容量を減らすしかないだろう 』といってしまえば、それまでである。しかし…こと食い物の話であるからして、そんな単純なものではないと思う。誰だって、モノを食う時はうれしいはずである。喜んで食べようとするはずである。なのに、開けてみた時…『 えっ?これだけ… 』と出鼻をくじかれたらどうであろうか?あなたがバッターとして打席に立った時。マウンドに立っている、ヒョロヒョロの小学生が、大谷翔平選手も真っ青のキレキレのスプリットを決めてきたらどう思うだろうか?目が点になり『 見た目と違うことやるなよ… 』と思うのではないだろうか?まさにそれであろう。大きな袋、大きな箱のお菓子を開けた時、その空隙率の大きさに、目が点になり『 見た目と違う内容量はいかんだろう… 』そう、思うのではないだろうか?

 値段は上がったが、内容量は同じ。値段は同じだが、内容量が少ない。果たして、どちらがいいのだろうか?これは、なかなか難しい問題である。何と言ってもアイデンティティが絡んでいるのだから…。『 値段が多少高くとも、満足できるものが食べられたなら、人は幸せになる 』と前述させていただいた。『 誰だって、モノを食う時はうれしいはずである 』とも書かせていただいた。そして、『 〝裏切り〟が、人を怒りに誘うのである 』とも書かせていただいた。ということは…やはり、満足感や幸福感を得るという意味でも、そして『 違うじゃないか 』という裏切りを感じさせない意味でも、『 値段は上がったが、内容量は同じ 』の方に、軍配が上がるのではないだろうか?食べた後の満足感は、食べる前のガッカリ感を凌駕する。私は、そう思うのである。

 

 

タグ

2022年5月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

天玉ソバ 危機一髪!

2022/05/11

 以前『 立ち食いソバが食いたい! 』というタイトルでブログを書かせていただいた。書いているうちに、筆が進み…いつもの悪いクセでかなりの文章量になってなってしまい、『 こりゃ、イカン 』と前編後編に分けたことが昨日のことのように思い出される。

 『 立ち食いソバが食いたい! 』というブログを書いたのは、前編が2020年11月24日、後編が2020年12月04日。いずれも、コロナ禍真っ只中の〝猫も杓子もコロナ乱痴気騒動(私はこう呼んでいる)〟の時。人と人との接触やら、飲食やらに対し、〝戦時中の『 従わなければ非国民扱い 』レベル〟の厳しい措置が、半ば強制的に実施されていた時である。ブログの内容は…立ち食いソバを食うにも、現在は一苦労のご時世。はやく、平和に立ち食いソバを食べたいな…という平和へのスローガンを謳ったものであった(笑)。

 やっと乱痴気騒動も収まり、自由に立ち食いソバを食べることができる平和な世の中になったかな、と思いきゃ…ロシアとウクライナの間でキナ臭い…というか戦争が勃発(このブログでは、『 ロシアのウクライナ侵攻 』ではなく、あえて〝戦争〟という言葉を使わせてもらうことにする)。まだまだ、平和とは言えない世の中である。どうも、人類いう生き物は『 一難去ったらまた一難 』…というよりは『 自ら起こした一難が冷めたら、新たに一難勃発させる 』といったように、自ら厄介ごとを引き起こしては、すったもんだするという歴史を繰り返しているようだ。こりゃあ、平和への道のりも遠い訳だ。

 戦争なので、目を覆いたくなるような悲惨なことが、これでもかという位起こっている。これに関しては色々な所で、色々な方が色々な方法で訴えている。なので、今回の戦争に関しての人道的内容、政治的内容に関しては、世界中の多くの発信者にお任せするとして、当ブログでは、違う方面から色々と書かせていただきたいと思っている。その〝違う方面〟こそ、天玉ソバの危機である。『 人の命が云々の事態の時に、天玉ソバとはけしからん! 』という人もいそうだが…前述したように、人道的な部分、政治的な部分の訴えに関しては、それを発信されている多くの人に預けるという趣旨であり、決して人道的な部分を軽んじているわけではないことを、改めて強調させていただきたいと思う。それに…天玉ソバの危機だって、大変な事態であることには変わらない。

 ロシアは世界有数の、ソバ生産国である。あまり知られていないが、日本はロシアから、かなりの量を輸入しているとのこと。日本の玄そば(殻付きのそばの実)の輸入国は1位中国、2位アメリカ、3位ロシアという順番だそうで、かなりの割合をロシアに依存していることになる。今回の戦争で、ロシアからの輸入が影響を受けることは間違いない。ちなみにロシアは昨年、市場価格高騰を受け6月5日~8月31日の間、玄ソバの輸出を禁止する連邦政府決定をしている。

 実は、中国からの輸入もピンチである。米中貿易摩擦により、大豆やトウモロコシの輸入価格が上昇したため、中国は国内のソバ生産を抑制させ、大豆やトウモロコシの生産を増やしている。それにより、中国から日本への輸入が減り価格の上昇が続いている。そう、ソバ危機は今に始まったことではないのである。

 小麦の影響に関しては、ご存じのとおりである。ソバというのはソバ粉と小麦粉のブレンド品であるからして、小麦の影響も打撃を食らうことになる。小麦の生産国は1位中国、2位インド、3位ロシア、4位アメリカでウクライナは7位(国連食糧農業機関FAOより)。今回の戦争でロシア、ウクライナの生産が低迷すれば…小麦の価格も暴騰することになる。

 となると…当然、その影響は価格に跳ね返ることになる。立ち食いソバのいい所は、『 立ち食いソバでも食うか… 』と気軽に食べられるところにある。価格が上がってしまえば…気軽に食べることもかなわなくなってしまう。イヤ、それどころではないかもしれない。下手をすれば、『 ソバは高級品であるがゆえ、めったに食べられない 』なんていう事態になり、立ち食いソバが食べられなくなってしまう…なんていう状況も、十分考えられる。せっかく立ち食いソバを、思う存分堪能しようとした矢先にこれだ!戦争というものは色々と奪うものだが、こういった人の楽しみを奪うことも決して忘れてはいけない。

 ソバを食べる時、かけソバだけを食べるという人はあまりいない。〝立ち食いソバが食いたい!~ 後編 ~〟の中でも『 何かをトッピングすることにより、バラエティーに富んだ様々なソバを生み出すことが可能なのだ 』と書かせていただいたが、やはり立ち食いソバの魅力はトッピングである。実際、トッピングしてソバを頼む人が圧倒的に多いはずである。立ち食いソバのトッピングといえば、やはり揚げ物であろう。かき揚げから、海老天、イカ天、ちくわ天など、様々な揚げ物がトッピングとして人気がある。そして…揚げ物には当然、小麦粉が使われる。ここでも小麦危機が登場することになる。イヤイヤ、本当にこれは困った…イヤ、かなり危機的な状況だぞ!

 私は天玉そば、すなわち、かき揚げと生卵のトッピングソバが大好きでいつも食しているが…。玉子が物価の優等生と言われたのも、今や昔の話。ここ数年、玉子の価格も上昇している。理由は様々あるのだが…背景に飼料価格の上昇などもあるとのこと。そして…卵を産んでくれる鶏のエサ、つまり飼料は大部分が穀物であり、輸入に依存している部分が大きいことも、ご存知の通り。特に、鶏の飼料として使用割合が高いとうもろこしは、米国、ブラジルに大きく依存している。こう見ると、一見、ロシアとウクライナの輸入量は少ないので安心かと思いきや…そう簡単なものではない。戦争が長引くなか、世界の穀物価格は高騰し続けている。この影響は、当然、玉子の価格にも影響を与えることになろう。

 うわ~っ!天玉ソバ、ヤバいのか?せっかく、コロナ禍も落ち着き、思う存分、天玉ソバが食えると思ったのに。その天玉ソバ自体が危機。俺は戦争が憎い!そして…せっかくコロナの乱痴気騒ぎが収まり、通常営業で『 さあ、取り戻すぞぉ~! 』とばかりに、獅子奮迅の想いでいる立ち食いソバ屋さんの足を引っ張ることになるかもしれない状況…。こりゃあ、本当にとんでもない状況だ。少しでも立ち食いソバ屋さんを利用して、応援してあげなければ!この場を借りて言わせていただくが、全国の立ち食いソバ屋さん、頑張ってくださいね!私は応援していますよ!あの美味い、天玉ソバをいつまでも食べられるよう、頑張ってください。

 それにしても、戦争は害悪だ。子供のころから耳にはしてはいたが、今、身に染みてとんでもないものだと痛感している。前述させていただいたように、今回の戦争に関しての人道的内容、政治的内容に関しては、世界中の多くの発信者の方々に今回は譲るとして…。美味しいものが食べられなくなる。普段、当たり前のように食べていたものが、食べられなくなる。こんな悲しいことがあるだろうか?食は人を幸せにする。食は人に安らぎを与える。食は人を癒す。そして、人を豊かにする。モノを食べることができるということは、幸せなことである。そして、美味しいものを食べることができるということは、至上の幸せなことである。人に安らぎを与えるモノ、人を癒すモノ、人を豊かにするモノ、そして人を幸せにするモノを戦争は奪った。こういったことから鑑みても、やはり戦争というモノはロクでもない害悪のものである…ということが、理論的に証明できるのではないだろうか?

i

戦争はいかんです。腹が減るだけです。

by 水木しげる(日本の漫画家、妖怪研究家)

タグ

2022年5月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

試験対策、手間暇かかって当たり前。

2022/05/02

 最近、学習指導をしていて気がつくことがある。それは勉強のやり方に関して指導をすると、『 そうやっていると時間がかかるから… 』と口にする学生さんが多いということ。学習指導歴ン十年の私であるが、以前はそんなことを口にする学生さんは皆無だった。指導しても、指導通りに勉強してくれなかった学生さんもいなくはなかったが、それでも『 そうやっていると時間がかかるから… 』と口にする学生さんなどいなかった。ほとんどの学生さんが、学習指導を真摯に受け止めていた。それはそうであろう。国家試験対策を行うというのに、勉強のやり方が分からないのだ。これは一大事である。そこに、『 では、やり方を教えましょう 』と学習指導が入るわけだから、願ったり叶ったり…と大げさではないものの、〝渡りに船〟位には受け止められていたような気がする。そして、勉強のやり方が分からないからこそ、勉強のやり方を教えると、皆、それを真摯に受け止め、実践していってくれたものである。

 『 勉強のやり方が分からない 』『 成績が上がらない 』というので、『 では、こうやって勉強していってください 』と指導する。ところが指導通りやらずに、『 そうやっていると時間がかかるから… 』と、以前の〝合格できなかったやり方〟に戻っている。どうも言っていることと、やっていることが矛盾しているように思えるのだが…。実は、納得できることがある。それは…。

 学習指導で勉強のやり方を指導して、『 では、こうやって勉強していってください 』と言うと…。今一つ浮かない顔する。または、後日、『 やっている? 』と聞くと、やはり浮かない顔をしている。そして浮かない顔でこう言う。『 このやり方だと時間がかかるから… 』。

 私が一番言いたいのは『 勉強をするのだから、時間はかかって当たり前 』ということ。実際、ウチの塾生さんには『 1日◯時間以上勉強してください 』と、明確に時間を提示して指導している。試験対策を行っているのだから、そして勉強をするのだから、時間がかかる…というか、物事を行うのだから時間を要することは当たり前ではないだろうか?確かに、無駄な時間をかける必要はない。効率というモノは必要である。しかし〝効率〟とは、物事の達成を目標とし、その目標を成すために考えられるものである。手間暇をかけないで、達成できないやり方に貶めることではない。つまり、『 効率よくやる 』ということと『 手間(行動)暇(時間)をかけない 』ということは、イコールではないということ。どうも、ここのところを勘違いしているようである。

 イヤ、勘違いしているわけではないようだ。そこで、前述の矛盾が出てくることになるのだが…『 勉強のやり方が分からない 』『 成績が上がらない 』というので、『 では、こうやって勉強していってください 』と指導するが、もとの〝合格できなかったやり方〟をやっている。この〝合格できなかったやり方〟というのが、手間暇かけないやり方である。単刀直入に言ってしまえば『 楽をしたい 』。ただ、これだけのようである。手間は掛けたくない。つまり、勉強するという行動をできるだけ行いたくない。同じく暇、つまり時間もかけたくない。早い話、なるべく勉強したくないということ。

 う~ん、すごい受験生だ。なるべく勉強もしたくないし、勉強に時間もかけたくない。前述したように、無駄な行動はしない方がいいし、無駄に時間をかける必要は確かにない。しかし、それ相応の勉強量は必要であり、それ相応の時間だってかかって当たり前である。それが、成績が今一つ芳しくない人となれば、尚更、勉強しなければならないし、時間だってかけなければならないはずである。しかし、ご本人はというと…こちらのそういった思いもどこ吹く風で、『 このやり方だと時間がかかるから… 』と口にしている。これは、難しい試験対策になりそうだ…というか、試験対策自体として成り立たないぞ。

 『 このやり方だと時間がかかるから… 』と口にする学生さんの多くが、勉強する習慣が身に付いていない学生さん、または勉強というモノのやり方が分かっていない学生さんである。しかし、『 勉強する習慣がついていない 』のなら『 勉強する習慣をつければいい 』だけの話である。『 勉強というモノのやり方が分かっていない 』のなら『 勉強のやり方を教わり、身につければいい 』だけの話である。そこで、前述のように学習指導するのだが…『 このやり方だと時間がかかるから… 』と口にされてしまう。これでは、永遠に勉強する習慣など身に付かないだろうし、勉強というモノのやり方など分かるはずがない。

 どこぞの誰かがもっともらしく、『 そんなやり方だと時間がかかるから、書いたものを見て覚えていきなさい 』などと口にしたのだろう。この〝どこぞの誰か〟が、薬剤師試験対策に関わる人間だったら、厄介なことこの上ない。何故なら、薬剤師国家試験は、書いたものを眺めて覚えればクリアできる試験ではないからである。少し考えてみれば分かるはずである。345題の試験である。科目は物化生を3科目とした場合、9科目。考えて解かなければならない問題が、わんさかある。計算問題もあれば、知識を駆使して答えを導かなければならない問題もある。解くのに時間がかかる問題も、少なくはない。覚えて終わりの試験であるはずがない。『 薬剤師国家試験は大変だ 』と口にしている割には、その試験対策たるや『 時間がかかるから、書いたものを見て覚える 』では、お粗末なことこの上ない。

 もう一度言わせていただくが、試験対策とは勉強を行うことである。それ相応の手間(行動)暇(時間)がかかることは当たり前である。それを、『 このやり方だと時間がかかるから… 』と『 時間がかかるから、書いたものを見て覚える 』なんていう安易な方法に飛びつくということは、手を抜くことと同じである。108回の薬剤師国家試験を受験しようとしている人は、ここの所をもう一度しっかりと考えて行動するべきだと思う。その考えと行動が、薬剤師国家試験対策の第一歩になるのだから…。

 

 

タグ

2022年5月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

このページの先頭へ