イメージ画像

フェイク?登場!?

 この時期になると、色々なところから〝学習指導〟を依頼されます。呼んでいただけるということは、それはそれは光栄なことですから、二つ返事で今日は南へ明日は北へ…なんていう具合に飛び回っては学習指導をしています。先日、いつものように、ある会場で学習指導を行い、これまたいつものように「何かありましたら質問に来てください」と言って、とりあえず締めくくると…。ある学生さんが「先生…コレ…」とやってきてプリントを差し出す。で、持ってきたプリントを見ると「…?…!」。私が使用している(もちろん私が作成した)学習指導用の資料が…ん?でも、レイアウトや見た目はチョット違うような…でも内容はほとんど同じ…。「どうしたのコレ?」と聞くと…。まあ、聞いたことをそのまま話すと、ある人達の批判となったり、その関係者の人たちにご迷惑がかかる恐れがあるので、詳細は避けますが…。話してくれた内容は大体こんな感じです。ある人が「学習指導をやりますよ」というので聞きに行き、この資料をもらった。で、学習指導なるものを聞いたが、内容はこのプリントを読んでいることがメインだった…とのこと。まあ、私も学習指導なんていうものを始めて、早ン十年。使用する資料もあちらこちらで配布しては、指導をしているもんですから、配布した資料の数は幾千万(まではいかないでしょうかね:笑)…。その「学習指導をやりますよ」といった人は何らかのいきさつで、この資料を手に入れたと思われます(そのいきさつも分かったのですが…)。で「なかなか良いことが書いてある」と思ったかどうかは分かりませんが、ちょっとこいつを使って〝学習指導〟なんていうものをやってみようか…となったのでしょうか?

 基本的に私の学習指導資料は、本質的部分に関してはほとんど変わっていません。もっと分りやすく言いますと、学習指導の資料と一口にいっても、沢山の指導資料があります。そして、その時々により用いる資料自体を変えたり、新たに作成したりしています。しかし、基本的にどの資料もその本質的内容は、作成した時からほとんど変えていないのです。資料はあくまでも〝道しるべ〟的存在であって、私が話す指導内容が〝道〟だからです。だから学習指導で話す内容は、前述のように依頼内容や時期、対象とする人、その他様々な要因で千変万化します。正確に言うならば変化させます。通り一遍のことを話すだけでは〝指導〟ではありません。指導というからには、その時、その場所、その人によって臨機応変に、その内容を変えていかなければならないのです。ですから前述のように、沢山の指導資料が存在することになるのです。これも前述してありますが、資料が沢山存在しようとも、学習指導としての本質的部分は変わりません。主脈は変わりませんが、それを伝授する方法が千変万化するということで、それに伴い資料の方も増えていくことになるのです。資料が沢山あろうとも、私が話す〝指導内容〟が重要であり、そしてそれは私の中にあります。だから、資料が無くても学習指導は出来ます。実際、資料を全く使わずに学習指導をしたことも何度もあります。何やら偉そうに聞こえるかもしれませんが、別に大したことではありません。勉強のやり方を教えることも、講師の立派なお仕事の一つ。講師という仕事をしている以上、出来て当然なのです。実際、うちにいらっしゃる講師陣のほとんどの方が、学習指導が出来るのですから。もちろん、ベテランの講師だからこそ為せる業なのですが…。

 話を戻しますが…そんなわけで、沢山存在する学習指導資料が、さらに大量に配布される訳ですから、手に入れることもさほど難しくはありません。ただ、気になるのは…果たして私が作った資料で正しく指導できるのかな、ということ。この場合の〝正しく〟とは〝私と同じ内容〟というわけではありません。色々な学習指導のやり方があるのですから「私の学習指導だけが正解だ」などというつもりはありませんし、実際そんなことは微塵も思っていません。ただ気になるのは「他人が作成した資料で果たして、ちゃんとした指導が出来るのだろうか」ということ。人が作った資料が使い難いのは、この世界での常です。ですから、その人が学習指導をするというのなら、その人が作成した資料が、その人にとって一番指導しやすい資料になるはずなのです。そう思いつつ、その資料を持ってきてくれた学生さんに、その学習指導の話を聞いてみると…。やはり、前述のように、その内容は資料を読んでいるだけで、チョコっと補足がある程度だったそうです。う~ん、あまり指導と呼べる内容ではないような…。その学生さんいわく「初め先生の資料を見たとき『またコレ?』って思ったんですけど…今日の先生のは役に立ちました」とのことで、感謝感激でした。まあ、一応、その資料の本家本元ですからね(笑)。

 この仕事をしていて何が一番うれしいかというと「先生のおかげで分かりました」とか「勉強の役に立ちました」と言われることなんですよね。ましてやそれが、自分の作成した資料での講義・講演ですから嬉しさも一入。講義や講演だって〝自分で作成したもの〟ですからね!私が作成した資料が、今日もどこかで、誰かの役に立っているのなら、それはそれで嬉しいことなんですけど…もし役にも立たず軽んじられる結果となっているのなら…たとえ私が指導していなくとも、作成した本人としては悲しい限りです…。

タグ

2014年1月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

他人を翻弄する人。ご用心!

翻弄:思うままにもてあそぶこと。手玉にとること。

 今までに何回か、嫌がらせをされた人や、不当な行為をされた人についてブログで書かせてもらいました。そんな嫌がらせは気にする必要はない、嫌がらせをするような人には関わらない方がいいということも、これまた何回も書かせていただきました。我が薬進塾は少人数制のためか、そういった相談…というか、根本的に嫌がらせとか、不当な行為自体がありません。ですが、この時期になると塾生以外の方から、そういった内容、すなわち嫌がらせをされている、不当な行為を受けている、そこで勉強がはかどらない、どうしたらいいでしょうか?と電話相談を受けることがしばしばあります。何とか力になってあげたいと思い、相談にはお応えするのですが…。蚊の鳴くような声で延々と嫌がらせをされている話を聞くと、何とも悲しい気持ちになってしまいます。そこで、今回は少々目先を変えて、不当な行為をしている人達に関して書かせてもらいたいと思っています。

 悲しいかな世の中には他人を翻弄して笑う人がいます。嫌がらせをして、不当な行為をして、その被害者が困っているのを見て、せせら笑う人がいます。私には何故笑えるかが分かりません。人を困らせて、その困っている人を見て清々した顔をしている。全くもって理解できません。しかし困ったことに、そういう人がいることは確かです。悪いことは言いません。そういうことは、しない方がいいと思います。もちろん、人道的に云々ということもあります。しかし私としては、それ以外の理由から「そういうことはしない方がいい」と言いたいのです。では、その理由とは?

 私は長い間、国家試験対策の予備校講師をしています。やはりその長い講師生活の中で、いじめというか、特定の人に対して嫌がらせをしている学生さんがいたことも事実です。あまりにひどい場合は注意もしたのですが、聞く耳持たないという感じでした。嫌がらせをされている学生さんは、泣きながら私の所に来ては、相談していました。中には無視されようが、嫌がらせをされようがお構いなしという学生さんもいましたが、後日聞いてみると本人的にはかなり辛かったそうです。泣きながら私の所に相談に来た学生さんも「あの時は本当に辛かった。色々と話を聞いて頂き、ありがとうございました」と、後日話してくれました。…そう、後日。何故、後日なのかというと、合格の挨拶に来た時に聞いたからなのです。何気に、いじめや嫌がらせをされていた学生さんは、合格しているパターンが多いのです。そして…いじめや嫌がらせをしていた学生さんは、残念な結果になっている場合が多いのです。「人に嫌がらせをしているから、バチがあたったんだ」と考えることもできるでしょう。私もそう考える時があります。しかし、もう少し科学的に考えることもできるのです。人を無視するということは、何気にエネルギーを使う行為なのです。よく考えてみて下さい。常にアンテナを張って、対象の人を見つけると、すぐに身構え無視の態勢に入る。エネルギーを使う行為だと思いませんか?嫌がらせにしたってそうです。「何かしてやろう」と考えたり、相手が何か行動したなら、その行動に反応して当てつけたような行動を取ったり。もし、無視や嫌がらせという行為を行わなければ、こんな行動をとる必要はないのです。常にアンテナを張る必要もなければ、誰が来ようが身構える必要もない。「何かしてやろう」と考える必要もなければ、誰がどんな行動をしようとも、その行動に反応する必要もない。何の無駄なエネルギーも使う必要が無く、のびのびとやっていけるのです。そう、いじめや嫌がらせをするということは、自分に無駄なエネルギーを消費させることになるのです。そんな状況で、すなわちエネルギーを浪費している状態で国家試験対策に臨んだ所で、上手くいくと思いますか?

 私が学生さんに「いじめや嫌がらせを行わないように」と注意するのは、こう言った理由からなのです。いじめや嫌がらせを行った本人が、一番その被害をこうむることになるからです。前述のように、世の中にはいじめや嫌がらせを行う人や、他人を翻弄して笑う人、嫌がらせや不当な行為をして、その被害者が困っているのを見て笑う人がいます。私が知る限り、そういう人たちは、あまりいい人生を送っていないように思えます。その理由こそが、自分に無駄なエネルギーを消費させることにより、それ以外のこと(それは仕事であったり、人付き合いであったり、etc…)に対し、エネルギー不足が生じるからではないかと思っているのです。熱意や意気込みが減少し、何に対しても対応が疎かになるというか…。もちろん、バチがあたったんだとも思っていますが…。

タグ

2014年1月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

卒試合格おめでとう!本当に嬉しい!

 先日、当ホームページの『在塾生(現役6年制)インタビュー』でインタビューに答えてくれたKさんの卒業試験が終わりました。結果は…見事、合格!卒業が決まったことを連絡してくれたKさんの笑顔は忘れられません。11月初旬に「卒業試験が心配で…」とやってきたKさん。途中入校であることも気にせず「そんなこと言っていられない。今日からでも受講したい」と、その意気込みには熱いものがありました。入校と同時にマンツーマンで学習指導を受け、分からないところは必ず講師に質問に行き、分かるまで何時間も質問をして、そして毎日指導通りに一生懸命勉強していました。もちろん何かある度に、そして不安になる度に相談にきていました。そんなKさんが卒業試験に通ったと聞いた時は、本当に嬉しい限り!色々と質問を受けていた薬物動態学の先生も「良かったですね」と嬉しさを隠しきれない様子でした。何はともあれ、我々の指導のもと頑張ってくれたKさんが卒試に通ってくれたことは、本当に嬉しい限りです。

 前述のように、Kさんは途中入校で入ってきましたが、それまでは自分一人で勉強していたそうです。インタビューにも書いてありますが、勉強はしていたつもりだったけど、いざ模擬試験を受けてみるとチンプンカンプンだったそうです。実際、自分一人で勉強していくということは、思いのほか難しいことなのです。だからこそ、私が学習指導として、勉強のやり方を企業等の研修で教えに行っている訳ですから。Kさんは11月初旬からの途中入校でしたが、11月に入ると効率のいい勉強が求められる時期となります。効率のいい勉強の最たるものは、やはりしっかりとした講義を聞くこと。これに勝るものはありません。自分一人でやるとしても、やはり限界がありますから。講義を聞いて内容を理解して、講師が「大事だよ」「覚えてね」と言ったことを覚えていく。そして、講義中の分からないことは講師に質問に行き、分かるまで質問する。これがい一番効率のいい、そして学力がUPする勉強方法なのです。

 先日から始まった、要点集中コース。要点集中コースから受講している、ある学生さん(男性)。彼は、コース来るまでは、ほとんどと言っていいほど国家試験勉強をしていなかったそうです。コースに来るまでの間は、無料特典の学習指導を利用して、チョットではありますが勉強を始めていました。もちろん、コース初日にも改めて学習指導をしました。「四の五の言っている暇はない!とにかくやるしかない」と叱咤激励した甲斐あってか、毎日の復習テストでは好成績をキープしている状態に!成績上位者に入ることも何度もあります。もちろん、毎日のように講義後は質問に来ています。昨年までは、ずっと自分一人で国家試験対策をしていた彼。「やっぱり講義を聞いていると違う。自分一人で勉強しているより、ずっと頭に残る。理解が全然といっていいほど違う」と言っています。しっかりとした講義を聞くことが、如何に効率のいい勉強であるかが伺える発言だとは思いませんか?もちろん、薬進塾の講師はベテランばかり。ベテラン講師が、要点を「何故そうなのか?」といった理由からしっかりと説明していく講義だからこそ、聞いているだけでも頭に入っていくのだと思います。教材を読んでいるだけの講義や、線を引くだけの講義とは訳が違うのは当たり前です。「覚えておいて」で終わる講義と、何故そうなのかを教えていく講義では、どちらが効率良く学力がつくかは言うまでもありません。しっかりとした講義を受講するということは、この時期の学力UPにはとても大切なことなのです。たくさんの問題をただ闇雲に解いていくことと、一つの問題をしっかりと把握して解いていくことについても同様のことが言えます。確かに数は大事です。しかし「いい加減なもの」の数がいくら多くても、それは効率がいいとは言えません。不完全なものがいくつ集まろうとも、完全なものにはならないからです。

 そして、分からないことは質問に行くということも、学力UPには必要不可欠なこと。前述のKさんも、講義が終わる度に講師の所に質問に来ていました。質問時間が2時間近くなったこともあります。質問に行くということは「自分の分からないことをつぶしていく」ということであり、試験対策には欠かせない行動なのです。Kさんは卒試間近ということもあって、その日の講義で触れていないことも、まとめて質問に行っていました。「講義で触れていようがいまいが、その科目に関する質問は何でもする」といった姿勢も、学力UPには欠かせないことです。「分からないことは訊く(きく)」これが、効率のいい勉強方法であることは言うまでもありません。国家試験もあと二カ月を切りました。受験生の皆さんは、そろそろ効率重視の勉強にシフトしなければならないことを忘れないで下さい。

 

※ 「分からないことを講師に訊くことの重要性」に関しては、『第98回薬剤師国家試験 旧4年制過程  既卒者 合格インタビュー』にも掲載されています。そちらもご一読下さい。

タグ

2014年1月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

餅は餅屋:分かっている人間に任せるのが一番ですよ。

 この仕事を長く続けていますと、どうも斜に構えているというか、我々講師の指導に従ってくれない学生さんがいたりします。確かに、その人なりのこだわりというか、やり方というものがあるのは分かりますし、そっちの方がやり易い場合もあるでしょう。しかし、我々講師の目から見て「その方法はチョット止めた方が…」なんてことも、しばしばあったりするのです。その時は「ソレはやめて、こうした方が…」なんて指導するのですが、聞く耳持たないことも…なんていうことも、これまたしばしばあったりするのです。

 「餅は餅屋」という言葉をご存知ですか?「物事はそれぞれの専門家に任せるのがよい」という意味です。チョット前は師走でしたが、江戸時代には師走になると、かまど、せいろ、臼、杵、薪など〝餅道具一式〟を担いで、家々の庭先で餅つきをして歩く業者がいたとのこと。あれでいて餅というのは中々仕上げるのが大変な食べ物。見た目には何気に簡単そうに見えても、オイソレとは上手く出来上がらないものなのです。素人が見た目だけで判断して、同じコトをやったとしても、やはり餅屋のように上手くいくはずが無いのは、当たり前の話なのです。

 全くの素人がそうであっても厄介なのに、もっと厄介なのが「ちょっと、かじった位で分かっている気になっているヒト」。また悪いことに、そういう人はてんでお門違いの畑で、そこそこやっていたもんだから「私は以前○○で…」なんて昔の功績とも呼べない経験を、水戸黄門の印籠よろしく掲げあげている場合が多々あるのです。で、そういう方に限って「私は昔こうこうやっていた、だから…」なんて、これまたてんで見当違いのご意見をもっともらしく語り始めたりするのです。そういう人の話を聞くたびに、私はいつもこう思うのです。『「私は以前バレーボールをやっていました。だからサッカーも出来ます。同じ球技なんだから…」といっているようなもんだな…』と。ルールも違えば、人数も違う。球も違えば、場所も違う…。ただ球技というだけが共通点。なのに「球技つながりだからバレーボールもサッカーも同じ。バレーボールをやっていたから、それはサッカーにも言える」と言っているのです。どうです?呆れませんか?でも、いるんですよ、こういう人が。知らないなら知らないで口を出さなきゃ良いのに…。もっとも、知っている人間から見れば、そういう人がどんなに水戸黄門の印籠を掲げようとも、愚の骨頂にしか見えないのですが…。苦笑いしているこちらの顔なんか読み取ることなど出来るわけも無く、必死に「バレーボール=サッカー論」を展開している姿は哀れなものです…。まあ、そういう人には何を言っても無駄なんですよね。「こっちは餅屋なんですよ」と言ったところで「餅屋じゃないからこそ、分かることもあるんだ!」なんて屁理屈で返してくるんですから…。

 さすがに学生さんには、ここまでの人はいませんが(笑)。ただ、やはりこちらは「薬剤師国家試験対策のプロ」な訳ですから、チョット失礼な言い方ですが「薬剤師国家試験対策の素人」である学生さんよりは、試験対策としては適切なやり方を指導できるとは思いますよ。前述のように『バレーボールやっていたからサッカーの指導も出来る』というのとは訳が違いますからね(笑)。ちゃんと「薬剤師国家試験の学習指導」を何年もやってきて、それを踏まえた上での指導ですから(最近は他の国家試験対策の学習指導もしていますが…)。やはり「餅は餅屋」、分かっている人間に任せるのが一番だと思いますよ。餅屋ではない素人や、ちょっとかじっただけの人が見た目だけで判断して、同じコトをやったとしても、やはり餅屋のように上手くいくはずが無いのは、当たり前の話です。「生兵法は怪我の基」なんて諺もありますからご注意をば!

タグ

2014年1月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

きっと必ずうまくいく!

謹んで新年のお祝いを申し上げます

昨年は何かとお世話になりまして、ありがとうございました。

おかげさまで良き新年を迎えることができました。

本年も昨年同様よろしくお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。

 

 今年は午年。私の年賀状には馬が9頭走っている絵が描いてあります。まあ既成の年賀状デザインの中から「これがいいな」というのを選んだのですが…始めは何でこんなに馬が走っているのか分かりませんでした。印刷も済ませ、改めてそのデザインの名前を見ると「うまくいく」と書いてありました。「?」と思いつつも何かが引っかかるので考えていると…「うまくいく…馬くいく…馬9行くか!」と気づき、何ともうれしい気分に。そう、午年はうまくいく年なのです。

 私は神社に行くのが好きです。首都圏の神社には色々と足を運んでいます。もちろん、出張や旅行で遠出するときも、必ずその土地の神社に足を運ぶようにしています。昨年、岩手県奥州市にある駒形神社という神社に行ってきました。駒形神社は陸中一宮で、陸中の中で社格が最も高いとされている神社です。その名のとおり、何とも威厳ある雰囲気の神社でした。そこで買ったお守りが「うまく形になるお守り」で、お守りには「駒形」の文字の下に大きく「成」の一文字が。今ひとつ意味が分からない方もいらっしゃると思いますが…お守りには振り仮名が振って分かりやすくなっています。つまり、「駒」で「馬句(うまく)」、「形」はそのまま「形(かたち)」でその下に「成」で「成(なる)」。そう「うまく形になるお守り」という訳です。

 駒とは「うま」のこと。今年は午年。どうやら今年は色々なことがうまくいく年になりそうですね。国家試験受験を控えた皆さんが、うまくいくよう心からお祈りしています。大丈夫、きっと必ずうまくいきますから!

タグ

2014年1月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

このページの先頭へ