イメージ画像

「自分は○○が好き」=「○○が嫌いな人はおかしい」なのか?

 以前働いていた職場の同僚(まあ元同僚ですね)に「あんな面白いもの興味が無いなんて信じられない」と蔑まれたように言われたことがある。「蔑まれたように言われた」わけだから、相当な何かをしたのかといえば、前述のようにあることに「興味が無い」と言っただけ。では、何に興味が無いと言ったのかというと、毎年あるサーキットで行われるレース。これに「あまり興味が無い」と言った訳で…。もちろんそのレースの話で盛り上がっている中、あえてそんな発言をしたのではない。元同僚から「あなたは、(そのレースに)興味が無いんでしょ?」と聞かれたから、「うん、あまり興味が無い」と答えただけ。そのレースを好きな人はいるであろうし、毎年行われる有名イベントであることは認める。しかし、私に興味が無いことは事実だし、それを言ったからといって「あんな面白いもの興味が無いなんて信じられない」「何が面白くて生きているのか分からない」とまで、蔑まれたような言い方をされるほどのことなのだろうか?ましてや、私はそのレースの悪口をいった訳ではないし、そのレース好きの人のことを悪く言った訳でもない。「興味が無いでしょ?」と聞かれたから「あまり興味が無い」と答えただけである。私はそのレースが好きな人のことを否定はしない。もちろん、そのレース自体を否定するわけでもない。人それぞれの好みなのだから、熱狂的に好きな人がいてもおかしくはないだろうし、そういう人はその人自身の好みので、色々とやられているのだから、それはそれで何の問題もないと思う。でも、興味が無いという人間に対して、前述のような発言はいかがなものなのだろうか?

 私はミョウガが好きだ。一杯飲む時のつまみに、ミョウガを使ったものがあったりすると嬉しくなったりもする。そんな〝ミョウガつまみ〟で一杯やるのは、私にとっては何とも言えない楽しみでもあるのだ。以前勤めていた職場で、数人でミョウガの話をしていたことがある。「美味しいですよね」なんて話しをしていたら…前述の元同僚が、「あんな不味いもの食べるなんて信じられない」と、嫌みたっぷりに横から口を挟んできた。唖然とする、私たち。それもそのはず。ミョウガの話には、件の元同僚は絡んでいなかったのだから。私たちは私たちだけで、ミョウガの話をしていたのであって、その元同僚には一言も話を振っていない。なのに、いきなり口をはさんでくるどころか、前述のミョウガ否定発言。あまりにも爆弾級のことが立て続けに起こった私たちは、ただ絶句するだけ。そんな私たちを尻目に、さらに発言を続ける件の元同僚。「なんで、あんな不味いもの食べられるのか分からない」「あんなもの食べる人間はおかしい」等々。「ミョウガが好きといっただけで、そこまで言えるのか?」と思えるほどの嫌味を連発。まあ、その場がいかに白けたものになったかは、ご想像にお任せするが…。

 件の元同僚はミョウガが嫌い。だから「あんな不味いもの食べるなんて信じられない」という発言をした。その元同僚は、とあるレースが好き。だから「あんな面白いもの興味が無いなんて信じられない」という発言をした。これって、どうなんだろう?確かに、自分の好きなものに対して興味を持たない人間に対し、「なんでだろうな?」と少なからず思うことは、誰にでもあることだと思う。だからといって、その人間を否定する態度を取ることはいかがなものだろうか?「なんでだろうな?」と疑問に思うことはあっても口には出さないのがマナーだろうし、ましてやその人間を否定するような言動をとるということなど、どう考えても常識を逸脱している行為としか思えないのである。私は、あまりそのような人間に遭遇したことが無い。ということは、ほとんどの人が、そういった行為が非常識な行為だと認識しているからではないのか?嫌いなものに対しても同じだ。自分の嫌いなものを好む人間に対し、「分からんな…」と思うことは誰にでもあることだろう。だからといって、その人間を否定するような言動をとる(「あんなもの食べる人間はおかしい」と言うことは、人間を否定するような言動だと思う)ということも、やはりいかがなものなのだろうか?「なんでだろうな?」と疑問に思うことはあっても口には出さないし、その人間を否定するような言動を取るということは、やはり芳しくないことだと思えるのだ。

 わたしはブログの中で、何回か次のようなことを書いてきた。

「 嫌いなモノがある人のことも、分かってあげることが大切 」

世の中には色々な人がいるのだ。自分が好きなものを嫌う人もいるだろうし、当然、自分が嫌うモノを好む人もいる。これも何度も書いてきたが、それは決して悪いことではない。〝色々な人がいる〟というのは、そういうことなのだ。もちろん、件の元同僚のような人も〝色々な人〟の中に入る訳だから、あえて否定するつもりはない。「そういう人間もいるんだな」と思うだけである。ただ言わせていただくなら、もう少し言動に配慮すべきではないかと思うのだ。否定するにしても、角の立たない否定のし方というモノがあると思う。「ええっ!興味ないんですか?面白いですよ~。私なんか大好きですから!」という言い方もできるし、「私はチョットダメですね。あの香りが苦手なんですよ…」なんていう方もできる。角の立たない否定のし方というのは、相手のことを思いやっていることなのだと思う。自分の意見はしっかり伝えるが、相手のことを思いやることも大切。これが人と人との付き合いの中での、相手を尊重するという行為だと思う。コレが無ければ…『自分が好きなものはいいもの=皆が好きなものでなければならない=嫌う人間はおかしい』『自分が嫌いなものは悪いもの=皆が嫌いなものでなければならない=好きな人間はおかしい』という、恐ろしい方程式が出来上がってしまうことになる。もっとも昨今の世の中を見ていると、この方程式が出来上がるどころか、徐々に定着していっているように思えなくないところが、ちょっと怖いのであるが…。

タグ

2012年10月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

短期コースの活用法…そんな方法があったのか!

 以前、私が受け持った学生さん(男)に、短期コースを9月から申し込んだ方がいました。現在の短期コースは1月から始まるのですが、その時の短期コースが始まるのは12月1日。「随分、早めに申し込む学生さんがいるんだなぁ」位に思っていたのですが…。そこには彼の綿密な計画があったのです。こう書くと、何やら怪しい、チョット後ろめたい計画のように思われるかもしれませんが…彼が立てた計画は真っ当も真っ当。怪しいどころか公明正大。後ろめたいどころか「おおっ!よくぞ、そんなことに気がついた!うまく利用してちょうだい!」と、こちらが笑顔になってしまうような計画だったのです。では、彼が立てた計画、そして実践した方法とは?

 以前もそうだったのですが、我が薬進塾でも申し込み完了と同時に、いくつかの無料特典を受けることが出来ます。一つは学習指導。コースに通うまでの間、私から「どうやって勉強していけばいいのか?」といった学習指導を受けることが出来るのです。で、件の彼、申し込みが完了すると早速電話をかけてきました。「卒業試験があるんですけど…卒試対策の学習指導をしてもらえませんか?」。つまり、コースに来るまでの間、卒業試験があるのでそれをサポートしてもらいたいとのこと。もちろん、コースに来るまでの学習指導は無料特典。卒試に合格してもらわないことには、国試に合格することもできない。学生さん(申し込み完了時点でウチの学生さんですから)に国家試験に合格してもらうのがウチらの仕事。ということで、彼から色々と状況を聞いて、学習スケジュールを立て「こうやって勉強していって下さい」と学習指導をしたのです。

 で、学習指導が終わると彼曰く「先生、学力診断をやってもらえますか?」とのこと。当ホームページの〝学習指導〟〝良くあるQ&A〟等でも紹介していますが、学力診断とは薬進塾オリジナルの学力判定システムのこと。簡単な設問に答えてもらう(国家試験等の問題を解く訳ではありません)だけで、その人の学力を診断していくシステムで、企業研修などにも取り入れられているものです。薬進塾の塾生さんは、入塾と同時に必ずこの学力診断をし、その結果から色々と指導を受けることになります。通常は、入塾式の時に行うものなのですが…もちろん早めに受けることもできます。早々にも彼がその学力診断を希望したので、受けてもらうことにしました。で、その結果を基に改めて私から学習指導を受けることになったのですが…実はその学力診断で、彼も気が付いていなかったウィークポイントを見つけることが出来たのです(もともと学力診断は、そういうためのシステムなのですが)。さらに私がそのウィークポイントに関する学習指導をしたことで、とても満足して帰っていったのを覚えています。

 しばらくすると、また彼から連絡が。「ウチの大学で模擬試験をやったんですけど、その結果が来たので、それを評価して指導してほしい」とのこと。たとえコースが始まっていないにせよ、立派にウチの学生。その学生に対して勉強の指導をすることは当然のこと。「じゃあ、模擬試験の結果を持ってきなよ。それで色々と学習指導するから」と言ったところ、すぐに模試結果を持ってきて私から指導を受けていました。「模擬試験というのは受けっぱなしが一番良くない。どこをどう間違えたか、そしてそれをどうフォローしていくかが大事なんだけど…それをちゃんと理解しているんだな」と私の指導を熱心に聞いている彼を見て思いました。試験結果を持ってくることが出来ない時は、試験結果をファックスで送ってきて、電話で私から指導を受ける位の兵(つわもの)でした(笑)。

 またまたしばらくすると「先生、チョット分からない問題があるんですけど…教えてもらっていいですか?」との連絡が。もちろん、前述のように彼はウチの学生ですから、質問に答えるのは当然のこと。早速、質問をメールしてもらい、担当の先生にお願いして解答解説を作ってもらって、彼へと返信することに。その後も、彼はわからない問題があると「教えてもらってもいいですか」と連絡を入れてきました。そして、その度に先生方に解答・解説を作ってもらっては、彼に渡していました。時には、質問に対して先生方が電話で直接教える、なんていうこともありました。

 そんなことを繰り返しているうちに…彼は卒業試験に一発で合格!その後、短期コースへと入ってきて勉強していたのですが…国家試験も一発で合格!合格の挨拶に来た彼に「うまい方法考えついたな」と言ったところ「いやぁ」と笑っていた彼でしたが、私としては嬉しい限りでした。

 「上手い方法」とは何でしょう?それは「卒業試験や国家試験に合格するために、利用できるものを最大限に利用した」ということです。彼が利用したのは、全てウチの塾の無料特典です。なんら問題ある行動を取った訳ではありません。それどころか、上手くウチを利用したのだと思っています。そして、私が一番彼を賞賛したいことは「卒業試験対策、国家試験対策というものを計画性を持って捉えていた」ということ。おそらく彼は、8月位に「そろそろ試験対策しなきゃなぁ…」と思ったのではないでしょうか?しかし、どうやって対策をしていけばいいのか分からない。じゃあ、どうしようと考えたところ…ウチを利用してその対策をやろうということを思いついたのだと思います。これは、間違いなく「計画性のある試験対策である」ということが出来ます。自分で勉強しようにも、どうやって勉強していけばいいのか分からない。模擬試験を受けても、その結果からどう対処して、どう勉強していけばいいのか?ましてや、勉強していく中で、分からないことが出てきたらどうしよう?彼は、そう考えたのでしょう。そして〝そう考えた〟ことも、立派な〝試験対策の計画〟の一部なのです。そして、その計画の延長線上に「無料特典を利用して試験対策に役立てよう」という、さらなる計画が生まれたのだと思います。計画を立て、それに必要なものを最大限に利用して対策にあたる。何を行うにしても、至極まっとうな方法といえます。そして、こういった行動を彼が取ったということは、やはり卒業試験や国家試験を真摯に受け止めていたからだと思います。「卒試は受からせてくれるだろう」とか「国試なんてチョット勉強すれば受かるんだろ」などと、試験を軽んじることはしなかったのでしょう。だからこそ「どうしよう」と真剣に考え、そのための手段として前述のような〝ウチを利用する〟方法を思うついたのだと思います。彼が卒業試験そして国家試験に一発で合格出来た理由は、もちろんウチを利用したこともあるとは思いますが、試験に対する計画性と、それに真摯に取り組む姿勢が大きな要因ではなかったのかと思っています。手前みそではありますが、我が薬進塾には、彼が利用したような沢山の無料特典が付いてきます。彼のように、その無料特典を大いに利用して、国家試験合格へと役立ててみて下さい。

注) 現在〝短期コース〟は〝要点集中コース〟と名前を変えています(内容は変わりません)。

タグ

2012年10月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

食べられるのか?食べられないのか?

 以前、落花生についてブログで書かせてもらったことがあるのだが…。先日、いつも行くスーパーで、落花生が思いのほか安く売っていた。「酒のつまみにちょうどいいな」と2袋ほど購入することとなった。で、酒を飲みつつ「落花生でも食べるか」となったのだが…買ってきたのは〝殻つき落花生〟。いわゆる〝殻を割って中のピーナツ(ピーナッツともいう)を取り出して食べるタイプ〟のものだった。ちなみに落花生の実がピーナツとのことで、そう考えると〝殻つき落花生〟はチョット表現におかしいところがあるのだが…まあこのブログでは「殻がついているのが落花生、中の実をピーナツ」としておこう。で、殻をむいてピーナツを食べることと相成ったのだが…気になるのはピーナツに付いている茶色の薄皮。これって食べたっけ?剥いたっけ?子供の頃、実家が飲食業をやっていた。ビール等の酒類を頼むお客さんのために、いくつかのお通しが用意されていたのだが、その中にピーナツも含まれていた。殻はとった状態であったのだが…茶色の薄皮は付いていたのを覚えている。ということは、食べられるということなのか?よく考えてみれば、一般的に食品として売られているのだ。薄皮に危険性のある物質が含まれているはずがない。ということは食べられるのだろうが…何か栄養的なものはあるのか?で、調べてみたところ…とんでもないことが分かった!食べられるどころの話ではない。大変な栄養価のあるものだったのだ。落花生の薄皮にはレスベラトロールというポリフェノールの一種が含まれているとのこと。

 ポリフェノール…下手な健康通や自然食マニアが、垂涎の的としていると言っても過言ではないほどの物質。しかも…ポリフェノールの名前を一躍有名にしたのが赤ワイン。「赤ワインの成分で肥満マウスが長生き」と大々的に報道された話題の抗酸化物質こそがポリフェノールなのだが…なんと、その赤ワインに含まれているポリフェノールこそがレスベラトロールなのである!そのレスベラトールが、あのピーナツの薄皮に含まれていたのでだ!ここは一応〝薬剤師国家試験対策予備校(薬剤師国家試験予備校でもいいが)〟のブログ。科学的に真偽のほどが定かでないことを載せる訳にはいかないので、とりいそぎレスベラトロールについて説明すると…。

 レスベラトロールは、ヒトと同じ哺乳類であるマウスの寿命を延長させるとの成果が発表され、種を超えた寿命延長作用として、大きな注目を集めた物質だそうな。マウスなどの実験動物を用いた研究では寿命延長、抗炎症、抗癌、認知症予防、放射線による障害の抑止(!)、血糖降下、脂肪の合成や蓄積に関わる酵素の抑制などの効果が報告されているとのこと。ヒトにおける試験では、血圧が高めの被験者において、血管拡張反応を改善し、動脈硬化を防ぐことや、脳の血流量を増加させることで認知症を予防する可能性が報告されているそうだ。以上の出典は〝ウィキペディア〟からであるが…たしかに〝ウィキペディア〟には「?」とされる情報がないわけでもない。しかし、今回のレスベラトロールについて色々調べてみる限り、前述のことはある程度確認されているらしいということで掲載させてもらうことにした。明確な真偽のほどは定かではないにせよ、とりあえずピーナツの薄皮には体にいいもの…あの赤ワインのポリフェノールと同じものが含まれていることが分かったのだ。ということは、少なくとも本ブログで問われていることは解消されたのではないか?すなわち「ピーナツの薄皮は食べられる・食べてもいい」ということが…。

 なるほど…「食べられるのか?食べられないのか?食べてもいいのか?」と悩む食品部分に、こんな重要なものが隠されていたとは…。しかし…何気に食べてはいるものの「食べられるのか?食べられないのか?食べてもいいのか?」と思うものは、結構多いのではないか?例えばスイカの種。もちろん1粒1粒出したいのだが、勢いあまって&面倒くさくて、結構食べてしまったりしていないか?マスカット等のブドウの種もそうだ。出したいのだが、出すのは面倒だし、やはり1粒豪快に食べたいもの。よく考えれば、種を一粒一粒出している人なんて見たことがないぞ?ミカンの房なんかは普通に食べたりしているが…房を食べない人も中にはいる。夏ミカンの房の皮なんかは食べない人のほうが多いような気がする。こう見ると…果物・野菜系で多いのだろうか「食べられるのか?食べられないのか?食べてもいいのか?」という疑問は?

 しかし、考えてみれば魚でもなくはない。例えば秋刀魚がいい例だ。外食で秋刀魚を食べるとき、ワタ(内臓)を除いて焼いてある場合と、除かず丸ごと焼いて出す店があったりする。丸ごと焼かれた秋刀魚が出てきた場合でも、ワタ(内臓)を食べる人と食べない人がいる。骨だってそうだ。以前一緒に働いていた講師のT君なんかは、秋刀魚は全て食べていた。つまり、秋刀魚の丸焼きが一本出ると、何も残さずに平らげてしまうのだ。いっておくが、彼は頭も丸ごと食べていた…。私も、メザシは頭から一本丸ごと食べる。しかし、秋刀魚ではチョット難しいであろう。もちろん、栄養価的には頭から一本食べた方が良いのだろうが…。

 なるほど、そこに集約されるのではないか?「食べられるのか?食べられないのか?食べてもいいのか?」ではないのだ。そもそも昔から人間が食しているものだ。「ここの部分は有毒である」といったものなら、それ相応に皆に伝わり、食す事をしないはずである。食べる人もいるが、食べない人もいる。こういう、ある種あいまいな食べ方が出来るということは、食してもなんら害がないことを、ある意味表しているのではないか?もちろん、食べることにより有益な部分が大きい場合もあるだろう。しかし、あえて無理強いするものでもないといったところか?それを選択するのは、あくまでも本人といったところなのだろう。ちなみにスイカの種もブドウの種も、もちろんみかんの房の皮も食べてしまって、さほど問題はないとの事。ブドウの種やミカンの房の皮なんかは、体にいい物質が入っていたりするし、中国ではスイカの種を塩でいって食べる文化があるそうな。何やかんや言っても、食せる部分には、それ相応に体にいいものが含まれているんだなぁ…としみじみ思う次第である。

 とりあえず、ピーナツの茶色の薄皮は、食べられないどころか、非常に有益なものが含まれていることが分かった。それが分かっただけでも、薄皮付きのピーナツをつまみに飲む酒が、一段と美味しくなるような気がするのは…はたして酒飲みの卑しさであろうか?

タグ

2012年10月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

日本人は猫飯が好きなのか?

 前もって言っておくが、キャットフードその他の〝猫の食品〟に関する話ではない。

 私の家族が言うには「日本人は猫飯が好きなんだ」とのこと。猫飯…「ウチの実家の方じゃ〝ねこまんま〟なんて言ったりしていたな」なんて思ったので、辞書で調べてみると…なんと、辞書に載っているではないか〝猫飯〟!猫飯なんていう言葉(別に差別しているわけでも、悪意を持っているわけでもない)は日常汎用語の一種であって、辞書に載るようなキチンと定義づけされた言葉だとは思っていなかったので、驚きも一入!れっきとした、日本語の一用語だったのだ…と改めて感銘を受けている次第で。で、辞書によると猫飯(〝ねこまんま〟で調べました)とは「猫に与える餌。また、米飯に鰹節と醤油、または味噌汁などをかけた人の食事。ねこめし(大辞泉より)」…う~ん、たかが猫飯と思っていたのだが、辞書風に改まって表現されると、何か大層なものに思えてしまうのは気のせいだろうか。しかも、今気づいたのだが、パソコンを打っていて「ねこまんま」と打って変換すると「猫飯」と変換されるぞ!ということは、少なくともWord(私が使用しているワープロソフト)では、「猫飯=ねこまんま=ねこめし(〝ねこめし〟でも〝猫飯〟に変換される!)」と変換が出来上がっているということになる。ワープロソフトで変換できるなんて、なんてすごい言葉なんだ〝猫飯〟!

 猫飯という単語が、すごいのはよく分かったので本題に入りたいのだが…その前に一言断っておきたい。このブログでいうところの〝猫飯〟は、「ご飯の上に何かをかけたモノ」という意味で捉えてほしい(前述の大辞泉の中に「米飯に鰹節と醤油、または味噌汁などをかけた人の食事」とあるように)。そして、これを一番理解しておいてほしいのだが、私は「ご飯の上に何かをかけた食べ物」を馬鹿にしているわけではない。大体、私は「ご飯の上に何かをかけた食べ物」は大好きなのだ。世間一般で言われている猫飯(ご飯の上に何かをかけた食べ物)を、卑下している訳ではない事を重々理解して、このブログを読んでほしい。

 で、なぜ「日本人は猫飯が好きなんだ」という話になったのかというと…。私のウチから駅に向かう途中に、何件かの中華料理屋がある。よくあるように店前には「本日のランチ」というものが紹介されていたりするのだが、そのランチというものが「ホイコーロー丼」だったり「エビチリ丼」だったりする。「エビチリ丼って…ご飯の上にエビチリ乗せただけじゃないのか?本来、中華料理のメニューにそんなのないだろ?」という話をしたところ、先ほどの言葉が返ってきたというわけで…。さらに「日本人は猫飯が好きなんだよ」といった後に「何でもご飯の上にかけて食べるのが好きなんだよ」という言葉が続く事となったのだが…。う~ん、確かにそうかも。かくいう私も中華丼やカツ丼、天丼なんかの丼物は好きだ。ただ中華丼やカツ丼は「ご飯に何かかかっている」というよりは「一つの料理」というイメージがする。ホイコーロー丼やエビチリ丼は「1つの料理をご飯にかけた」というイメージが強く、あまり〝丼物〟のイメージが無いのである。恐らく私の家族も、そのイメージが強いので「日本人は猫飯が好きなんだよ」という言葉を発したのだろう。丼物というよりは、ご飯の上におかずを載せただけ…。それを「○○丼」としているような「どんぶりもの」が、昨今やたら多いように思えるのだ。

 「から揚げ丼」や「チャーシュー丼」「焼き鳥丼」なんていうものもチラホラ見かけたりする。から揚げ丼…どう見ても、どんぶり飯の上に、から揚げを乗せただけにしか思えないのだが(もちろんそれ相応のタレはかかっているようようであるが)…。ご飯の上におかずを載せただけで、丼物といえるのだろうか?これまた辞書で調べてみると…「丼物(どんぶりもの):どんぶり飯の上に具をのせたもの(大辞泉より)」とある。なんだ、私がイメージしていた丼物の定義よりもやたらシンプルではないか?むしろ、この定義にあわせるなら、から揚げ丼のほうがしっくりしているように思えるのは気のせいであろうか?そんな辞書の定義のせいではないと思うが…昨今、ますます〝猫飯的○○丼〟が増えているような気がする。「モツ煮丼」「餃子丼」「焼きそば丼」「おでん丼」「ソーセージ丼」、etc…。う~ん、猫飯度がどんどん上がっているような気がする…。まあ、私的には美味しければ、何でも許せるのだが…(やはり最終的にはそこが大事である:笑)。

タグ

2012年10月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

このページの先頭へ