イメージ画像

落花生 奇談

先日、所用で久しぶりに従兄と会うこととなった。その従兄は北海道に住んでおり、現在、息子さんと娘さんがいるのだが、なんでも息子さんの方は今年から専門学校に通うらしい。で、その息子さんが卒業旅行も兼ねてか、今年に入ってから東京ディズニーランドに遊びに来たとのこと。ご存じのように東京ディズニーランドと銘打ってはいるものの、所在地は千葉県浦安市舞浜。そこで従兄は息子さんに「落花生を買ってきてくれ」と文書(メールか?)で伝えたのだそうだ。

ブログでも何度か書いたが、私は北海道で出身で現在は千葉県に住んでいる。何を隠そうウチの父親も北海道に長く居たが、出身は千葉県。ということもあってか、北海道にいる頃は千葉県から色々なものが送られてきた。やはり食べ物が多かったのだが、北海道ではあまり味わえない物がよく送られてきたものだ。そんな送られてきたものの中に落花生があった。落花生は千葉県の名産品である。県別の落花生生産量では、千葉県が突出しており、70%以上を千葉県で生産しているとのこと。私も千葉県に住むようになって、あらためて気がついたのだが、千葉には何気に〝落花生屋さん〟が多い。落花生屋さん…落花生をメインに売るお店…。そんなお店があるのか?いや、あるのだ、私も何度も目にしている。それも1店舗、2店舗ではない。落花生を売るだけで成り立つ店が、この世には存在するのだ(まあ、他のものも多少は売っているのだろうが…)。しかも、そんなお店を目にしたのは、現在私が知る限りにおいては、千葉県しかない…。花火大会や祭りの屋台で落花生を売っている状況なぞ、千葉県以外ではついぞ見たことが無い。それほど千葉県は、落花生にこだわっているのだ(断言してしまったが、あくまでも私的見解である)。

で、私が北海道在住の頃、千葉の叔父から落花生が送られてくることが何度かあった。従兄曰く、従兄が遊びに来た時、私の父がその落花生を振る舞ってくれたとのこと。で、その落花生の美味しさに偉く感激したのだそうだ。「落花生なんてピーナッツだろ(ちなみに、落花生は硬いサヤに包まれた状態のもので、ピーナッツはサヤをとって、うす皮をむいた豆のこと)?どれ食べても大した違いはないいんじゃないの?」と思った方。一度、千葉県産の落花生を食べてみることをお勧めする。何と言っても大粒!しかも、適度な硬さで、香ばしくまろやかな味わい!従兄が、感激するのも至極当然であろう。従兄は、子供のころに味わったその落花生の美味しさが忘れられず、我が息子が千葉に行くと聞いたときに、「あの落花生をもう一度食べたい」となり、前述の如く土産としてお願いしたということであった。

ところが、まずその息子さんからの第一報が…「(落花生の文字を見て)これ何て読むんだ?」だったそうで。「なんだ、最近の若いのは落花生も読めないのか?」と、苦笑いしつつも、読み方を教えたとのこと。すると「どこに売っているの?」との返答が来たので「千葉の名産だから。土産を売っている所に行けば、必ず売っているはずだよ」と教えたそうで。「わかった」との返事を聞いて安心した従兄。息子さんが帰ってくる日を〝落花生が食べられる日〟として、心待ちにしていること数日。帰ってきた息子さんに対し「落花生は?」と聞いたところ「売ってなかった」との返事が。「売ってなかった?」とさらに聞いてみると…。「土産を売っている所には必ず置いてあるっていうから…東京ディズニーランドの土産売り場に行ったけど売っていなかった」との返答。唖然とする従兄…。まあ、確かに東京ディズニーランドは千葉県にあるし、東京ディズニーランドの土産売り場も、広い意味では〝千葉県の土産売り場〟になるんだろうが…さすがに、東京ディズニーランドの土産売り場には、落花生は置いてないだろうなぁ…。人にものを頼むというのも、なかなか難しいものである…。

といったブログを書きながら「そういえば〝落花生〟と〝オットセイ〟って似てるな…」と全く関係ないことを考えている私であった(笑)。

タグ

2012年7月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

薬進塾 東京スカイツリー教室

 私は、あまりご時世モノに乗るのが好きではないようで…。「○○が流行っている」「今△△が大人気」などといったものには、ほとんど興味を示しません。イヤ「ほとんど興味を示さない」というよりは、どちらかと言うと、そういったものは避けるようにしている方で。生まれついての天邪鬼である私にとっては、どうも皆が騒ぎ立てるモノが好きにはなれない傾向があるようです。その天邪鬼がたたってか、流行る前に「オッ、これは良い!」と思って購入したり関わってみたモノが、後ほど大ブレイクしてしまい、皆がソレに夢中になっている最中、何となく自分がミーハーになってしまったような自己嫌悪に陥ってしまうことも良くあります。

  と、以前のブログの冒頭部で書かせていただいたことがあります。内容は〝東京スカイツリー〟の話。その時点では、まだスカイツリーは工事中(製作中か?)だったのですが、皆さんご存知のように今年の2月29日に竣工し、5月22日に展望台として開業しました。その以前のブログでは…

  実は薬進塾と東京スカイツリーはそう遠くない位置にあるのです。直線距離で言うならば2kmチョット。~中略~ さすがに薬進塾からは直接見ることはできません(ビルの陰になってしまいます)が、それでもチョット歩けばドンと真正面に見ることができます。

 といったことを書かせていただいたのですが、今やその見える場所からは、はっきりとスカイツリーを望むことができるようになりました。

 で、日本人というものは、何か話題になるようなことがあると、その関連グッズを出すのが好きなようでして。イヤ、出すのも好きですけど、買うのも好きな民族ですから、スカイツリーに関しても御多分に洩れず、様々な関連グッズが巷にあふれかえっているのが現状。模型、キーホルダー、携帯ストラップ等はもちろんのこと、何においても〝東京スカイツリー〟と銘を打っては、関連グッズとして販売している商魂は「さすが」というか「おいおい」というか…まあ、めでたい事と言えば、めでたいことなので、そんな商戦盛り上がりも悪くは無いと思うのですが…冒頭にもあるように、私はそういった〝流行ごと〟には、あまり関心を持たない方なので、チョット冷やかな目で見てしまうこともしばしばあるのです。「そこまで来たのか!」「そこまでやるのか!」と。まあ「冷やかな目で見る」というよりは、〝突っ込み的感覚〟で本人が楽しんでいるだけなんでしょうけどね(笑)。お笑いで言うところの「一人突っ込み・一人ぼけ」みたいな感じで(苦笑)

 製菓でおなじみのロッテさんは、4月に東京スカイツリーの形状をモチーフにした「東京スカイツリーアイスバー」という氷菓を全国で発売しました。私も目にしたことはあるのですが、私が大好きな〝スイカバー〟と同じ形状をしています(笑)。もちろん、色と味が異なる新しいアイスになっているんですけどね(まだ食べてはいないんですけど…)。これは一例ですが、今まであったものが、この〝スカイツリー特需〟でスカイツリーと銘を打っては生まれ変わったものは何気に多いようです。例えば、東武鉄道伊勢崎線の駅である業平橋駅は、東京スカイツリー開業を直前に控えた2012年3月17日に〝とうきょうスカイツリー駅〟に改称されています。実は、わが薬進塾がお世話になっている不動産屋さん(薬進塾と提携して、ウチの学生さんに物件の紹介をしてくれる不動産屋さんです)なんかも、以前は〝○○押上店(○○の中には皆さんご存知の有名な不動産屋さんの名前が入ります)〟だったのですが、今や〝○○スカイツリー押上店〟となっています。そこの社長さんとお会いして、まだ日が浅いとき「いやあ、スカイツリーがそばに出来たものだから。これ幸いと一気に〝スカイツリー〟でいこうかなと思って」なんて、笑顔で話していたのを覚えています。確かに、その不動産屋さんがあるのは、シャッター通りとなっている地区でした。スカイツリー樹立を契機に、再興を目指す地域の人達の熱意を感じた一場面であったことは確かです。地域再興ということに関して言わせていただければ、東京スカイツリーはその宿命も背負って誕生したのだということは、紛れも無い事実なのだと思っています。

 その不動産屋さんと接し始めた時、わが薬進塾も立ち上げとあって、不安なことばかりでした。そんな中で、シャッター街の熱意ある不動産屋さんに接することが出来たことは、励みの一つでもありました。わが薬進塾も3年目。そんな、熱き不動産屋さんの意志と、スカイツリー特需の景気の恩恵を受ける意味もこめて、「わが薬進塾も〝薬進塾 東京スカイツリー教室〟と銘を打ってみようかな」なんて思う今日この頃。まあ〝薬進塾 東京スカイツリー教室〟となったところで、別に他の教室があるわけでは無いんですけどね(笑)。

タグ

2012年7月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

もももちゃんに逢える日。

今回のブログは書こうか、書くまいかチョット悩んだ。というのも、基本的にこのブログでは個人を特定できるような内容は書かないことにしているからだ。まあ「ウチの学生の一人が…」とか「学生のKさんが…」位は書かせてもらうが、薬進塾の関係者以外はまず誰のことか分からないだろう。まあ薬進塾のブログだけに、やはり関係者にはある程度登場してもらってもいいのではないかと、勝手に思っている次第で。薬進塾とは全く関係のない知人について書く場合は、「私の知り合いの…」なんて具合にぼかして書くようにしている。やはり個人を特定しまうと、例えこちらが不快なことではないと判断した内容であっても、その当人にとってはあまり快い内容ではないということがありえるからだ。人の感じ方なぞ様々なのだ。だから、たとえ内容がどうであれ個人を特定できてしまう内容は書かないようにしているのである。

では、何故今回は書こうか、書くまいかチョット悩んだのかというと…ずばり〝名前の話〟だからである。名前の話といっても、一個人を指してその名前を使用するわけではない。名前そのものの話なのだ。だから、名前について書かせては頂くが、そのような名前の方には実際お逢いしたことはないし、どこのだれかも分からない。当然、一個人を指して云々という話ではない。そういうわけで、こちらに悪意があるわけでもないし、あからさまな誹謗中傷をするわけでもないのだから、書くことは許されるのではないか?と私なりに判断し、今回はブログを書かせてもらうことにした。

最近の子供の名前は、我々のころとは打って変わって、カッコよかったり、可愛らしい名前が多いそうだ。スバリ言わせてもらうならば、漫画にでも出てきそうな名前が多いとのこと。Beneseeの〝たまひよweb〟を参考にさせていただくと…男の子では陽向(ひなた)くん、颯真(そうま)くん、翼(つばさ)くん。女の子では陽菜(ひな)ちゃん、心春(こはる)ちゃん、美羽(みう)ちゃん、陽葵(ひまり)ちゃんがいらっしゃるそうだ。なるほど、私が子供の頃には見かけなかった、カッコいい名前、可愛らしい名前である。そういえば二十数年前、〝亜莉沙ちゃん〟という子の調剤を担当したことがある。処方箋を見た時に「なんてハイカラ名前だ!」と印象に残ったものだ。その時代では、亜莉沙ちゃんは印象に残る名前だったのだが、今の時代では一般的な名前になってしまったようだ。

ところが…何やら調べていくと、もっと印象的な名前があるらしい。テレビでやっていたのでご存じの方も多いと思うが、光宙(ぴかちゅう)くん、姫星(きてぃ)ちゃん、七音(どれみ)ちゃんという方がいらっしゃるらしい。他にも、大熊猫(パンダ)ちゃん、緑輝(さふぁいあ)ちゃん、月夢杏(るのあ)ちゃん、男(あだむ)くん、恋恋愛(れんれこ)ちゃん、火星(まあず)くん、姫凜(ぷりん)ちゃん、皇帝(しいざあ)くん、愛々(なでぃあ)ちゃん、礼(ぺこ)ちゃん、総和(しぐま)くん、紗愛來(しゃあら)ちゃん、聖姫(てぃあら)ちゃん…言わせていただくが「くん」「ちゃん」は私が勝手に判断したものであって、実際の性別は定かではない…まあ男(あだむ)くんは男の子であろうが…。

名付けた理由にもまして、読み方が難解だ…。言われてみれば「ああ、なるほど」と思わなくもないが、初見で読むことは難しいだろう。調べてみると、法律的には辞書にないような読み方でも構わないそうだ。読み方を定めるという法律がないとのこと。そういえば、私にも「えっ!?そう読むの?」という名前の友人がいた。読み方は自由だからこそ、「こういう名前がカッコイイ、可愛い」となって、後から漢字を選択したパターンが多いのではないか?何はともあれ、これからは氏名にはフリガナが必須の時代となることは間違いないようである。

さらに調べてみると…女の子の名前で「もももチャン」という名前があるそうだ(名前を分かりやすくするために、今回は「ちゃん」はカタカナで書かせていただきます)。漢字で書いてしまうと、個人を特定するみたいでイヤなので、あえてひらがなで書かせてもらったが、なんと違う漢字で何人もの「もももチャン」がいらっしゃるのだ。それだけではない。「るるるチャン」もいるし「のののチャン」もいる。「らららチャン」もいれば「みみみチャン」「なななチャン」もいらっしゃるし「こここチャン」もいらっしゃるようなのだ。私の子供時代では考えられない名前だが、前述の名前の例もあることだし、今の時代では十分ありえる名前なのだろう。違う漢字で何人もの「もももチャン」がいらっしゃる…といことは、娘に「もももチャン」と名づけた親が一人ではないということになる。何人かは不明だが、少なくとも「この娘のなまえは〝ももも〟にしよう!」と思った方が、一人ではないということだ。前述の〝読み方が難しい名前〟もさることながら、今回の名前のように〝同じ文字が3つ続く名前〟も、私の子供時代ではお目にかかることはなかった。いいところ、2文字。それでも思いつくのは〝ななチャン〟位のものだ。〝みみチャン〟でさえ、私が子供のころには目にしたことがない名前だ。それが、今や3文字!平成の時代、日本では色々な名前が出現しそうである。

平成の時代…そういえば私が調剤を担当した亜莉沙ちゃんも平成生まれの女の子であった。今や平成24年。最近は、平成生まれの学生さんを指導することも多々ある。いずれ〝平成生まれの薬進塾・塾生〟が、誕生する日も訪れるだろう。そうなると…〝もももちゃん〟や〝みみみちゃん〟〝のののちゃん〟といった学生も現れることになるのだろうか?おそらく、そうなるのであろう。いつか、学生としての〝もももちゃん〟に逢う日が来るのだ。そんな日が来るのを心待ちにしている自分がいることも確かだ。〝もももちゃん〟に逢えるその日が来るまで、薬進塾頑張らねば、と思っている次第である。

タグ

2012年7月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

このページの先頭へ