イメージ画像

この時期には何をすればいいのか?

 この時期に多くなる相談が「ずっと勉強してきたのに、分からないことばかり!」といった内容。こういう相談を受けても、学習状況が特別悪い学生さんでない限り、私はそんなに困った顔はしません(もちろん本当に困った顔にしてくれる学生さんもいますが)。何故なら「ある程度知識がついてくると『覚えていること』よりも『覚えていないこと』が目につくようになる」からです。分かり易く説明しましょう。今、仮に国家試験内容の80%の知識が付いているとします。これほど知識が付くと〝覚えていない・分からない20%の部分〟にどうしても目が行ってしまうようになる、ということです。実はこれは一概に悪いことでもないのです。何故なら「できあがったところと対比して、できないところを探し出し、完成させていく」ということは、人間の防御本能の一つだからです(そうやって守りを固めて生き抜いてきたわけですから)。ですから、ある程度知識が付いてくると、覚えていないところや、分かっていないところが気になるのは当たり前のことなのです。裏を返せば「覚えていないところや、分かっていないところが気になり始めるのは、ある程度知識が付いてきている証拠」なのです。ですから、これをうまく利用して、学力の不十分な所を補足していくのが有効な勉強法ということになります。

 では、具体的にどうすればいいのかというと…前期の例でいうなら、たとえ20%といえども、分からないことを放っておくことは芳しいことではありませんし、この20%にもしっかりとした対応が必要であることは言うまでもありません。だから、せっかく見つけた〝分からない20%〟の、1つ1つに対処していけばいいのです。大騒ぎせずに、焦らずに…。目の前にある、やらなければならないことを、一つ一つやっていく…これが、今の時期にやらなければいけない、そして最も基本的な勉強方法なのです。覚えていないことがあったら、覚えて下さい。わからないことを見つけたら、調べたり質問したりして理解して下さい。一気にじゃなくていいです。20%の中の目についた一つ一つでいいんです。今、目の前にある一つ一つの課題を片付けていって下さい。これが〝今の時期に行う一番良い勉強方法〟なのです。一つ一つ確実に進むこと、これが合格へと近づく一番よい方法なのです。

 「一つ一つやっていったら、終わらないんじゃないかな」「一つ一つだなんて…終わるかどうか不安です」という方は沢山いると思います。終わらないことが不安…。では、質問しますが、国家試験対策において何が終わりなのですか?どういう状況になったら、国家試験対策終了となるのですか?「そんなの分からないですよ」。そう、それが正解!誰にも分かる訳がないんですよ、だって終わりなんてないんですから!試験対策に「ここまでやったら終わり」なんてものはないのです。国家試験でも大学の入試でも「ここまでやれば絶対合格する」なんてラインを聞いたことありますか?ないでしょう?そんなものあるわけないんです。それこそ後から後から、やらなければならないことなんか、無尽に出てきます。言い換えるならば、「今あなたの分っていない○%」は、その%を限りなく減らすことはできても、決して「ゼロ%になることのない○%」なのです。だからこそ、皆さんがやらなければならないことは「ここまでやれば大丈夫」とか「わからないことは0%」などという偽りの安心感を得ることではなく「より合格に近づくために、分からないことを一つ一つ潰していき、1点でも多く取ること」なのです。そうやって一歩一歩前に進み、1点1点確実に取っていっていくのです。「目の前にある取れるべき1点を取るために、出来る限りの事をする」これが試験対策における基本中の基本であり、そして試験が近くなるにつれて重きを増してくる勉強方法だということを肝に銘じておいて下さい。

 皆さんは薬剤師になることを夢見て薬学の道を選んだことと思います。その夢の実現まで、もう少しのところにいます。ゲーテは言っています。「目標に近づくほど、困難は増大する」と。そう、皆さんは今一番大変な時期なのです。あなただけが、きついのではありません。誰も彼もが例外なく、この時期はきついといいます。しかし、先輩薬剤師たちは、皆、これを乗り切ってきたのです。これを乗り切れば、夢はかないます。後もう少しです。がんばって下さい!

タグ

2012年2月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

医療人として悲しい事件

 先日神戸市の老人ホームで、元介護職員数名が、女性の入所者に暴行したとして逮捕されました。女性の入所者は、顔をたたかれるなどの虐待を受けていたそうで、施設の退所後の検査では、鎖骨とあばら骨も折れていたことが判明しました。この女性、昨年夏ごろから「助けて」と家族に訴えており、その頃から体にあざが目立つようになっていたそうです。女性は老人性うつ病を患っていたとのことで、初めのうち家族は「勘違いではないのか?」と思ったそうです。その後「ベッドから落とされた」と訴えたので診てもらったところ、腰の骨が折れていることが判明。そういった状況から不審に思った家族は、個室内にビデオカメラを設置して隠し撮りをしたところ、ビデオに映っていたのは…女性の歯を磨きながら顔を何度もたたき、「殺すぞ」と暴言を吐く元介護職員。脚が不自由な女性にベッドからはみ出た脚を自力で戻すよう強要し、できないと「ええと思ってるの。日本語わかる?」と罵声を浴びせる元介護職員。携帯を操作しながら片手で女性の服を荒っぽく脱がせていた元介護職員…。これにより虐待が判明し、県警に被害届を出すこととなり、事件が表面化しました。さらに、今回逮捕された元介護職員が、別の80歳代の女性入所者が車椅子から立ち上がろうとした際に、前輪を持ち上げて立たせないようにしていたことも発覚しました。

 私は今回の事件を知った時、もの凄く悲しい気持ちになると同時に、この一連の行為に憤怒しました。色々な考え方があるようですが、私は介護職員は医療人だと思っています(社会福祉士及び介護福祉士法の一部が改正され、痰の吸引や経管栄養の一部の医療行為が一定の条件のもとで、介護職員等でも実施できるようになります。平成24年4月1日から施行されます)。医療に携わる以上、医療人であり、医療人としての自覚を持たなければならないと思っています。それが出来ないようなら、医療の職につく資格はないとも思っています。目下捜査中とのことだそうですが、今回の事件は「(身体的・精神的に)弱き人を助けるのが医療人である」という、医療人の根本的存在意義を完全に破壊した事件だと思っています。「弱き人」には、色々な人がいます。病気の人、怪我をした人、精神的な苦しみを抱えている人、栄養不足の人、小さい子供、ご高齢の人…そういった人たちを助けるのが、医療人の根本的な役目ではないでしょうか?もちろん、「弱き人を助ける」ということは、人としての根本的使命であり、人だけが持つとされる、思いやりや慈しみの心の根源だと思っています。だからこそ、「人」の上に「医療」の二文字がついている「医療人」は、ことさら「弱き人を助ける」という仁の心を、肝に銘じておかなければならないはずです。ビデオに映っていたとされる元介護職員たちの行為は、医療人としてはもちろんのこと、人としてあってはならない行為だと思います。単なる弱い者いじめではありませんか?お年寄りや病気の人に対する暴力的行為など、人として許される行為ではないと思います。

 私の友人に介護職員をしている人がいます。我々が思っている以上に、とても大変な仕事のようです。介護する人は、おとなしい人ばかりではなく、暴れる人、暴力をふるってくる人、言うことを聞かない人など、ケアが大変な人も沢山いるそうです。その友人曰く、頭にくることなんかは日に何度もあったそうです。だからといって、暴力をふるったりはしないそうです。まあ、当たり前といえば当たり前の話ですが…。介護職員とは、暴れる人、暴力をふるってくる人、言うことを聞かない人なども含めてケアしていく仕事なのですから。その友人は日々の仕事の中で「これが日常なんだ」と思うようになり、ことさら頭にくることもなくなったそうです。どんな仕事であっても、必ず大変なことはあります。日々その仕事に従事しているうちに、その仕事が体に染みついていき、その大変さも「仕事の一環」として日常を過ごせるようになります。これは決して日常の中に埋没してしまっているとか、妥協して生きているということではありません。その仕事が染みついて、新しい自分へと成長したことにより手に入れた新しい日常なのです。人は、そうやって成長していくものなのです。

 今回のこの事件。元介護職員は「ストレスがたまっていて、やった」と説明しているそうです。ストレスがたまるのは分かります。前述のように、とても大変な仕事ですから。介護職員でもない私がこういうことを言うのもなんですが、でもそれが介護職員という仕事なのではないでしょうか?それが出来ないなら、自らそれ相応の道を考えなければならないのではないでしょうか?なぜ暴力的な行為を行う方向へと進むのでしょうか?「ストレスがたまっていて…」という気持ちは十分分かります。でも、それが弱きものたちへの暴力的行為へとつながることに関しては、私には全くもって理解することが出来ないのです。

タグ

2012年2月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

道を選ぶということは…

きみはかんちがいしてるんだ。

道を選ぶということは、必ずしも歩きやすい安全な道を選ぶってことじゃないんだぞ。

 

 まさに珠玉の名言!誰もが知っている、日本生まれの世界的有名人が発した言葉です。では、この珠玉の名言、発したのは誰かというと…ドラえもんなのです。香港、台湾、中国、韓国、ベトナム、マレーシア、シンガポール、タイ王国、インドネシア、キプロス、イタリア、スペイン、フランスで本が出版され、世界をまたにかけて活躍している日本生まれの有名人です。そんな大物(?)だけあって、発する言葉も大したものです。

 格言・名言と言われるものの特徴に「色々な意味合いに取ることが出来る」ということがあります。表現している内容は、文章的には単に一つの内容でしかありませんが、色々な解釈が出来るというものです。文章としての表現は、あくまでも表面的なものでしかありませんが、その言葉の意味合いとしては、もの凄い深みを持っている。それが格言・名言と言われるものの〝隠し味〟だと思います。では、このドラえもんの言葉、国家試験対策的に解釈をしてみますと…。

 この言葉の本筋の部分である「必ずしも、歩きやすい安全な道を選ぶってことじゃないんだぞ」。長いこと講師をやっていますが、国家試験対策において、何気に〝歩きやすい安全な道を選ぶ学生さん〟が多いのです。気のせいか、最近増えてきているような気もします。なにも、わざわざ「歩きにくい危険な道を歩け」とは言いません。でも、物事を習得するには、もちろんそれが学力の習得であっても、それ相応の労力を費やさなければならないのです。「歩きにくい険しい道を選ばなければならない場合もある」ということです。インスタント(本来の意味は「すぐにできること」「手間のかからないこと」)で手に入るものは、あくまでもインスタントで手に入るだけの価値しか持たないものなのです。労力を惜しむということは、裏を返せば「手を抜くこと」。それ相応の成果を得るためには、やはりそれ相応の労力を費やさねばなりません。もちろん「やり易いやり方」や「便利な方法」といったアイテムを利用することは悪いことではありません。しかし残念ながら、全てをそれで持っていくことが出来るかというと、そんなこと…出来なくはありません。出来なくはありませんが、非常に時間をかけなければならないものとなってしまいます。簡単なエネルギー効率で考えてみましょう。山を登る時、急斜面を登ると短時間で頂上に到達することは出来ますが、疲労は大きなものとなります。楽な緩斜面を登って行けば、時間がかかることになります。もしこれを「短時間で楽に登る方法はありませんか?」と聞かれれば、誰もが「そんな方法はないよ」と答えるのではないでしょうか?物事や学力を習得するのにも、これと同じことが言えるのです。

 ドラえもんのこの言葉には「その先には何が待ち構えているのか?」も、示唆されていると思います。「目標に到達するための方法を選ぶということにおいて、歩きやすい安全な道を選ぶということは、必ずしも正しい選択であるとは言えない」つまり「歩きやすい安全な道を選ぶことは、目標に到達出来ない場合が往々にしてある」ということを示唆しているようにも思えるのです。あくまでも、私なりの解釈ですが…。ドラえもんは四次元ポケットから、色々と便利な未来のアイテム(秘密道具といわれているヤツです)を出してくれます。色々なアクシデントに対応できる秘密道具を使って、一件落着を目論むのですが…一件落着するどころか、思いもよらぬ展開を招き、ドタバタの喜劇的結果になってしまうことが多いようです。やはり、どんなに便利な未来の道具があろうとも、物事を解決するためには、それ相応の労力を自分自身が費やさなければならないようですね。どうやら、ドラえもんが誕生した未来でも、人は労力を費やして何かを成し遂げていっているみたいです。今も昔も、そして未来も、これは変わらぬ事実のようです。アイテムはあくまでもアイテム。それを使う人の労力が伴って、初めてその効力を発揮するものなのです。これを読んでいる方の中には、国家試験対策で大変な方もいらっしゃると思いますが、合格のためにはその労力がどうしても必要だということを忘れずに、試験対策に励んで下さい。

タグ

2012年2月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

🎁 受講料 割引 ・ 奨学金制度 ・ 教育ローン

🌸 やり方を変えてみませんか? 🌸

あなたは〝少人数制〟なら、伸びる人かもしれません!


薬剤師国家試験対策 講座 割引特典 

◎ 様々な割引があります。

 誰にでも使える、色々なタイプの割引があります!是非、ご利用ください!

i

 1.特別割引

  ・ 2月まで割引

   コースが開講する年の2月末までに申し込むと、最大で56,000円割引になります。

   一年コース 2月まで割引適用 : 936,000円 → 880,000円

   半年コース 2月まで割引適用 : 837,000円 → 782,000円

 

  ・ 3月割引

   コースが開講する年の3月中に申し込むと、最大で46,000円割引になります。

    一年コース 3月割引適用 : 936,000円 → 890,000円

    半年コース 3月割引適用 : 837,000円 → 792,000円

 

  ・ 春割引

   コースが開講する年の4月14日までに申し込むと、春割引が適用されます。

 

  ・ サマー割引

   7月1日~8月10日に半年コースを申し込むと、割引受講料となります。

 

 2.在籍割引

  ・ 以前、薬進塾のコース・講座を受講されていた方は、割引受講料となります。

 

 3.企業紹介割引

  ・ 薬進塾と提携している企業様からご紹介された場合、割引受講料となります。

 

 4.先生紹介割引

  ・ 大学の先生からご紹介された場合、割引受講料となります。

 

 5.塾生紹介割引

  ・ 塾生さん(塾生・卒業生)から紹介された場合、割引受講料となります

 

  ◎ 他にも色々な割引があります。詳細、金額等は、お問い合せ下さい。 

dscn0282-2-300x2251

dscn0162-2DSCN0086 変更 (2)

 

 

 

 

i

◎ 薬進塾では、学校見学や入学前相談を常時受け付けております。もちろん、割引き特典に関してのご相談も受付けておりますので、気軽にご相談ください(相談は全て個別にて対応させて頂いております)。『 ちょっとご相談が… 』といった、ご父兄のからのお問い合わせにも、対応させて頂いておりますので、こちらも気軽にご相談ください。

 

国の教育ローン ご紹介

 薬進塾は、日本政策金融公庫(JFC)が行っている教育ローンを利用できる対象校となっています。当然、〝国の教育ローン(日本政策金融公庫による教育ローン)〟を、ご利用することができますので、『 ちょっとローンを… 』と考えている方は、お気軽にご相談ください。

 申し込みに関する資料等も揃えてありますので、興味のある方はその旨お伝えいただけましたら、パンフレト等の資料と一緒に送付させて頂きます。

i

☆ 奨学金制度を行っている薬局さんの紹介も行っています!

◎ 受講料の奨学金制度を行っている薬局さんがあります。『 予備校費用を全額負担。合否に関わらず返済義務はありません 』といった薬局さん等、他にも金銭面から予備校ライフをサポートしてくれる薬局さんが沢山あります。トピックスの〝☺ 予備校ライフを援助してくれる薬局さん紹介!〟のページに詳細が掲載されていますので、そちらもご参照ください。

◎ 104回対策の塾生さんも、現在2名、薬進塾が紹介した薬局さんからの奨学金制度を利用しています。2人と もコースが始まるまでの間、その薬局さんで働いて、今後の試験対策に備えるそうです。

◎ ご希望の方は、薬進塾までご連絡ください。一度、薬進塾に来ていただき、ご相談の上、薬局さんをご紹介させていただく形となります(電話、メール等のみの対応では、ご紹介出来ませんのでご了承ください)。

 

もちろん、就職先の紹介も行っています!

 『 就職先が… 』『 薬局を探しているんだけど… 』といった塾生さんも、当塾より紹介された薬局さんで、元気に働いています。もちろん、紹介料等は一切かかりませんし、就業年数の制約もありません!卒業後もサポートする。それが、少人数制の薬進塾です!

※ 薬進塾では就職紹介、薬剤師斡旋、求人案内掲示、塾生企業紹介等の〝塾生さんの就職に関する事項に関しましては、薬局・企業さんからは一切費用は頂きません。もちろん、就職後の塾生さんに、制約・ノルマ等を果たすことも一切しておりませんので、ご安心ください。

 

◎    定員(40名)になり次第、講座申し込みは終了させて頂きます。

あらかじめご了承下さい。

               

☆ 学校見学・個別相談 随時受付中 ☆

  フリーダイヤル 0120970894

          急(9)な(7)お(0)願い、薬進塾(894)

  〔 受付時間 〕 月 金曜日(祝祭日除く)  10:00 ~ 17:00

 お問い合わせ から、メールでの受け付けも行っております。

 

タグ

2012年2月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:薬進塾 トピックス

寒さ大雪も節分までか!?

気象庁によると…

 2月2日は北日本の上空約5000メートルに氷点下42度以下の寒気が流れ込み、全国的に強い冬型の気圧配置が続く見込みです。2日は北日本から西日本にかけての日本海側を中心とした大雪のピークとなる見込みで、大雪は3日にかけて続くでしょう。

 寒い日々が続いている、ここ数日。朝のニュースや天気予報で「今日は、この冬一番の寒さ!」なんていうのを聞く度に「また、この冬一番寒いんかい?この前も〝この冬一番の寒さ〟って言ってなかったか!?」とチョットむっとしてしまう日々。毎回、毎回「この冬一番の寒さ」ってなんなんだ?刑事コロンボ(TV番組)の最新作の宣伝で、毎回、毎回「シリーズ最高傑作!」と謳っているのと同じではないか?まあ、新作をつくる度に、それがシリーズ最高傑作なのであろうから、あながち問題ある内容ともいえないのだが…。そういう観点で言えば「一昨日よりも昨日が寒い」「昨日よりも今日が寒い」「今日よりも明日が寒い」という現状なのだから、毎日が「この冬一番の寒さ!」という結果になるのも致し方のないこと。確かに各地で最低気温が更新されているそうだから、刑事コロンボよろしく「(毎日毎日)シーズン最低気温!」という状況であり、とにかく寒い日が続いていることは確かのようだ。

 更新されているのは寒さだけではない。先日は、東京でやたら雪が降って大騒ぎとなったが、日本各地でも記録的な大雪となっているのはご存じのとおり。私も最近知ったのだが〝平成18年豪雪〟というものがあるらしい。気象庁が命名したらしいのだが、気象庁による豪雪の命名は、昭和38年1月豪雪(三八豪雪というらしい)以来43年ぶり2度目とのこと。2005年11月中旬頃から2006年2月までの豪雪を指すらしく、〝豪雪〟の名が示す通り大変な大雪だったそうで。除雪作業中の事故などで152人が死亡(人数は諸説あり)、秋田新幹線も雪崩に巻き込まれるなど、大変な惨事だったとのこと。で、今回の大雪は、この〝平成18年豪雪〟に迫る勢いの〝豪雪〟と報道されている。確かに、日本各地で悲しい雪の被害が出ていることは皆さんご存じのとおり。これ以上悲惨な事故が起きないことを心より祈る次第である。

 私は北海道の出身であるが、本当に雪というものは厄介なものである。降り続ける雪は、確実に人の生活を止めてしまうものとなるのだ。とにかく、自分の生活範囲から積雪を無くさなければ動くことが出来ない。家の周りはもちろんのこと、道路の雪も無くさなければ、確実に足止めを食らってしまう。車が通れないことはもちろんのこと、人でさえ歩くのが困難の状況に陥ってしまうのだ。除雪をしようにも…雪は次から次へと降ってくる。子供時代よく経験したのだが(北海道では、家の前の除雪は〝冬休み中の子供の仕事〟)、「やっと除雪が終わった」と思いきや、初めに除雪した部分には、もう雪が積もっているなんていうことが日常茶飯事。降りしきる雪の中での除雪というのは、いわば〝穴のあいたバケツに給水している〟様なものなのだ。だからと言って除雪しなければ、前述のように日常生活の行動が出来なくなってしまう。

 今回の大雪。何とも困ったことになったもんだと思っていたが…上空の強い寒気が抜けた影響で、日本列島では3日、日本海側を中心に続いていた大雪が峠を越えたとのこと。気象庁の3日の発表でも、日本付近は冬型の気圧配置が続いているが、上空の強い寒気が日本の東海上に抜け、広い範囲での大雪の峠は越えたとなっている(ただし、北日本日本海側と北陸地方では、4日にかけて断続的に雪が降り、北陸地方を中心に一時的に降雪の強まる所がある見込み、としているので注意!)。奇しくも2月3日は節分。節分とは「季節を分ける」ことを意味し、本来は立春・立夏・立秋・立冬の前日のことだが、狭義では立春の前日を指している。すなわち、節分を超えると季節は春。運勢的に言うところの〝新年〟いわゆる〝年明け〟も、節分があけてからとのこと。つまり「2012年のあなたの運勢は…」なんていう場合の〝2012年〟は2月4日から始まることになるそうだ。「〝新年〟は節分があけてから」と書いたが、諸説紛々あるそうで、節分すなわち3日から新年という意見もある。いずれにせよ、2月4日が〝運勢的に言うところの新しい年〟であることは間違いない。〝寒さに震え、大雪に困った運勢であった昨年〟が去り、〝暖かさで身も心も健やかとなる、幸せな運勢となる今年〟が、早く訪れて欲しいものである。

タグ

2012年2月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

このページの先頭へ