イメージ画像

2011年を表す漢字は「絆」

  毎年恒例、日本漢字能力検定協会が行う〝今年を表す漢字〟。2011年を表す漢字は「絆」でした。なんでも、全国から過去最多の49万6997通の応募があり、「絆」は最多の6万1453通(12.4%)だったそうで。2位は「災」、3位は「震」とのこと。私的には「おそらく絆になるんだろうな」と予感していました。やはり、こんな時世だからこそ明るく、元気になるような漢字が選ばれると思ったからです。確かに「絆」を再認識させられる年であったことは間違いありません。ただ、私的には今年を表す漢字は「震」ではないかと思っています。もちろん「絆」であることにケチをつける訳ではありません。自分なりに考えてみたところ「震」ではないかなと思ったのです。

 3月11日、まさに日本の大地が震えた〝東北地方太平洋沖地震〟。日本の歴史が変わったと言っていいほどの大震災を引き起こしました。私が今まで経験した地震の中で最も大きい地震でもありました(マグニチュード9.0は、日本国内において観測史上最大だそうですから、ほとんどの人が当てはまりますが…)。私は、薬進塾近くのディスカウントストアの7階で地震にあいましたが、地震の最中、横にしゃがんでいたお婆さんが「こんな大きい地震は、今まで生きてきて初めて」と震えながらつぶやいていたのを覚えています。地震は海をも震わせました。その津波の恐ろしさに、一体何人の人が身を震わせたことでしょう?そして、本当に多くの方が犠牲になりました。その悲しみに身を震わせた方も沢山、沢山いました。震災から9カ月。いまだ復旧対策が遅々として進んでいないことに対し、怒りに身を震わせる思いです。

 地震の結果、「福島第一原子力発電所事故」が起きることとなりましたが〝原子力発電所の危機〟〝放射性物質の恐怖〟に、多くの日本人が身を震わせることになりました。「原子力発電とは、そんなに危険なものだったのか?」と、改めてその危険性に身を震わせた方も多いのではないでしょうか?何ヵ月経っても終息が見えないこの事故。政府のやり方や、電力会社のあまりにも誠意のない対応…やはり怒りに身を震わせている方も多いことでしょう。

 そんな悲しい出来事の連鎖の中、ドイツで行われた2011 FIFA女子ワールドカップで、サッカー日本女子代表が初優勝!日本国中が、感激に身を震わせる出来事となりました。優勝が決まった瞬間、選手一同、そして佐々木監督もその嬉しさに身を震わせたことと思います。暗い、暗い事ばかりの日本。そんな日本にともった灯りの一つだと感じています。

 さらに、暗い事ばかりの日本にともった灯の一つに〝ブータン国王来日〟があると思います。その一挙一動から「この国王は、心の底から日本のことを心配してくれているんだなぁ」とういうことが、手に取るように分かりました。そして、日本のためにと国王がなされた数々のことに対し、ただただ感涙に身体を震わせるばかり。他国の被災地の鎮魂のために、わざわざ自分の国から僧侶を連れてきて、一緒に鎮魂の祈りを捧げるなんていう人が他にいるでしょうか?上に立つ人間、人から支持される人間とはこういうものなのだとつくづく感じました。日本のためにこのような献身的な振る舞いをなさった国王夫妻歓迎の宮中晩餐会を欠席した方がいました。そんな人が国の中枢である内閣に身を置いてるなんて、その恥ずかしさのあまり身を震わせる思いです。同じ「震える」でも、人が違うとこんなにも違う震え方になるものだと、つくづく感じる次第です。

 これ以外にも2011年の日本には「震」が沢山あったと思います。「震」とは「ふるえる」事ですが、震えるには次のような意味があります。

  1.細かく揺れ動く。震動する。

  2.寒さや激しい感情のために、からだが小刻みに動く。   「デジタル大辞泉」より

激しい感情のために、からだが小刻みに動く。確かに喜怒哀楽、どの感情でも震えることがあります。残念ながら2011年の日本では、怒哀で震えることは沢山あったものの、喜楽で身を震わせることは少なかったような気がします。そんな〝震えた年であった2011年〟も、残すところあと数日。頼むから、来年こそは喜びと、楽しみで身を震わせるような、素晴らしい年になってもらいたいものだと、心の底から願っている次第です。

 そして、これを読んでいる薬剤師国家試験受験者の皆さんが、合格の歓喜に身を震わせる年になってもらいたいと、これまた心の底から願っている次第であります。

タグ

2011年12月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

まだまだ間に合います!でも、そろそろ間に合わなくなります!でも、まだまだ諦めない事!

 この仕事を長く続けていますと、十人十色、様々な学生さんに出会います。何気に多いのが、何度も学習指導や個人面接で「毎日勉強するように」と指導しても、どこ吹く風で勉強しない学生さん。本当に困ってしまいます。「指導が出来ないから困るんですよね」と思われた方。確かにそれもありますが…1月、2月に泣きつかれるのが困ってしまうのです。「どうしましょう?」って。

 実は何人も見てきたんですよ、こういう学生さんを。6月や9月から講座が始まっているのに、更にその時点から学習の指導をしているのに、さっぱり勉強しない学生さんを!おそらく本人としては「まだまだ時間がある」と思っているのでしょう。でもですね…私が学習指導をするときに内外関係なく、口をすっぱくして言い続けけていることがあります。それは「自分にあった勉強のやり方を確立しなければならない」ということ。何事もそうであるように、勉強も「さっぱりやっていませんでした。ハイ、今から始めます」といっても、オイソレと始めることができるかというと、中々そういうわけにはいかないものなのです。自分にあった勉強のやり方(私は『自分の勉強方法』という言い方をしています)を確立するまでには、当然ながら時間がかかります(だから毎日勉強しなさいと指導しているのですが…)。そして、確立するまでの間は『やり難い勉強』を続けなければならないのです。

 「やり難い勉強を続けなければならないのですか?」という人。そうですよ。まだ自分のやり方をマスターしていない訳ですから、当然マスターするまでの間は、やり難いものとなってしまいます。メールを思いだして下さい。初めから、今のようにパパパと打つことが出来ましたか?初めはどこにどの文字があるのかも分からず、変換も上手くいかなく…と、ぎこちなく打っていませんでしたか?そんな〝打ち難い状況〟でもメールを打ち続けていくうちに、今のように〝自分流〟でパパパとメールが打てるようになったのではありませんか?勉強もコレと一緒なのです。〝自分のやり方:自分流の勉強〟を確立するまでは、やり難い状況を続けなければならないのです。慣れていないことをやっているんですから。でも、その『やり難い状況』を続けなければ『やり易い状況』にはたどり着けないのです。ここなんですよ、一番のポイントは!泣きつく学生さんのほとんどが、『やり難い勉強を続けている時』に泣きついてくるのです!1月くらいから勉強を始めても、当然ながらしばらくは『やり難い勉強』が続くことになります。もちろん『自分の勉強方法が確立されていない状況での勉強』ですので、すぐには成績にだって表れません。そうなると…焦るんですよ。周りの皆はバリバリと勉強している。自分は今一つ、イヤ今五つくらい進みが芳しくない。ましてや勉強していなかったから、分からないことばかり。成績も伸びない…。気は焦るものの、時間だけが過ぎていく…。こんな状況で国家試験に受かるのか?あと何ヶ月だ?で、我々のところに泣きながらやってきて「もうダメです」やら「受験は諦めます」となるんです。それも見越して、早め早めに言っているんですけどね「毎日勉強しなさい」って。「自分の勉強方法を確立するには時間がかかるよ」と…。

 もし、まだ勉強を始めていないという人がいましたら、悪いことは言いません。今すぐ始めてください。まだ、何とかなりますから。この時期に「もう間に合わないと思ったから、やめちゃいました」という内容を耳にすることもあるんですが…チョット早すぎるんじゃないでしょうかね?イヤイヤ、まだまだ諦めるのは早すぎますよ!試験対策、本腰を入れなければならないのは、これからなんですから!こんなところで絶対諦めてはいけません!試験対策というのは、試験終了の合図があるまで決して諦めてはいけないものなのです。今からでも遅くはありません。まだ試験勉強に本腰を入れていない方、計画をしっかりと立てて、試験勉強に一心不乱に取り組んでみてはいかがです?

タグ

2011年12月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

焦る気持ちも分かりますが…。

 年末になってくると「気ばかり焦って、なかなか集中して覚えることが出来ません」と、相談にくる学生さんが増えてきます。確かに試験も近づいてきて、気が焦る気持ちはわかります。国家試験対策の講師となって早ン十年。毎年毎年、年末が近づくとそういった学生さんが登場します。そして、そういった学生さんに、私は毎年毎年次のようなことを言います。「目の前にある、やるべきことをやりなさい」と。焦る気持ちはわかりますけど、焦っているだけでは何も解決しません。今、目の前にある〝覚えなきゃならないこと〟〝理解しなければならないこと〟を一つ一つ処理していくのです。残念ながら試験対策に一攫千金はありません。一つ一つ積み上げていかなければならないものなのです。それが、試験対策の一番の基本であり、確実な方法でもあるのです。焦ってばかりで、何もしないことは愚かなことです。目の前にあることを一つ一つ処理していってください。

 「問題を解いても、すぐに内容を忘れたりします」という相談も多いのですが…ただ問題を解いているだけでは頭に残りませんよ。何故ならば〝その場限り〟だからです。何故、問題を解いているのですか?理解するため、大事なことをチェックするためですよね?ならば、ただ解いて終わりではなく、そこから「覚えなければならないこと」「チェックしなければならない要点」を探し出し、あえて〝覚える〟という動作を行わなければなりません。「過去問題を解いて終わり」だけの勉強方法では、残念ながら学力はつきません。〝覚える〟ということも、時間をとって、しっかりと行わなければなりません。

 「いい訳かもしれませんが、勉強しようとは思うんですが、なんか他のことをしてしまって…でも、どうしても試験に合格したいんです」という意見もよく聞くのですが…本人も言っているように〝言い訳〟ですね。前述のように、国家試験予備校の講師を長くやってきましたが、それこそ色々な学生さんを見てきました。大きな会社の課長職を辞めて予備校に来た人。病気で普通の食事が取れない人。義眼の人や耳の不自由な人、車椅子の人。母子家庭の一人娘で試験前にお母さんが亡くなられた人。予備校に通っている最中に父親が無職になってしまった人。でも皆さん、それでも勉強して、それでも勉強を続けて合格していきましたよ。何故だと思います?そう、皆、合格したかったからです。免許が欲しかったからです。それだけが、その人達を動かしてきたといっても、決して過言ではないと思います。この人たちに「勉強しようとは思うんですが、なんか他のことをしてしまって…」なんて言ったら、何て言うでしょうね?これも実際にいた学生さんですが…昼休み後の講義はどうしても眠くなる。そこで、その学生さんは眠くなると腕をコンパスで刺していましたよ(ちなみに女の学生さんです)。講義中、その学生さんの腕は血だらけ。ですから、その学生さんの腕は、いつも傷だらけなんですよ。もちろん合格しましたけど。そんな危ないことをやれと言っているのではありませんよ(これは勧められる行為ではありませんから)。本当に合格したいなら、それくらいのことまでやってしまう。少なくとも「勉強しようとは思うんですが、なんか他のことをしてしまって…」なんてことは、あり得ないと言っているのです。

 確かに、試験勉強は大変ですよ。でも「合格して免許をとる」ことを選んだのは誰ですか?おそらく、皆さん「楽なことではない」という認識は、少しはあったと思います。それでも、試験を受けて免許を取ろうと志したのではありませんか?本人のやる気次第で、いくらでも勉強はできるはずです。「時間が無い」という意見も良く聞きますが…フランスのモラリストであったラ・ブリューエールは「時間の使い方の最も下手なものが、まずその短さについて苦情をいう」と言っています。時間は作るものです。もし本当に合格したいなら、時間を見出して、1つでも多くのことを勉強することです。皆そうやって勉強してきているのです。

 逆境や困難もなく、スムーズに物事を進める人などこの世には、ほんの稀にしかいません。皆、何らかの〝行く手を阻むもの〟を背負っているのです。それに屈するかどうかは、その人次第です。「小さくて届かないなら、高く飛ぶ」のです。「歩みが遅ければ、早くから歩み始める」のです。「荷物が重ければ、背負い方を変える」のです。「自分の剣が短くて届かないなら、一歩進んでみる」のです。「受かるためには、この困難をどう乗り切るか」を考えるのです。大丈夫、出来ますから。皆そうやって合格してきたのですから。

 いよいよ今年もあとわずか。国家試験試験勉強も本腰を入れなければならない時期となってきました。これからの期間をいかに過ごすかが、合否の分かれ目になってきす。時間を有効に利用して、勉強に専念してみてください。初めに書いたように、目の前にある〝覚えなきゃいけないこと〟〝理解しなければならないこと〟を一つ一つ処理していく。これが試験対策の一番の基本であり、確実な方法でもあるのです。これも前述にありますが「どうしよう、どうしよう」と焦ってばかりで、何もしないことは愚かなことです。目の前にあることを一つ一つ処理していってください。

タグ

2011年12月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

おせち料理は静かにするため!?

 この前、生まれて初めておせち料理を食べました。「えっ!?もう?」と思われた方も多いと思いますが…。理由は少々複雑になるので省かせていただきますが、所要によりおせち料理を食べることと相成ったのです。「もう食べることが出来るんですか?」とさらに思った方も多いことと思いますが…実は私もそれを思い「いまから注文して食べることが出来るんですか?」と、おせち料理を食べさせてくれた人に聞いたところ、「今からでも注文は可能だそうです」とのこと。文章からもお分かり頂けるように、私が食べたおせち料理は家庭で作ったおせち料理ではなく、通販で購入したおせち料理。前述のように、電話で早めに欲しいとその旨告げれば、今からでも送ってもらうことは可能だそうです。ちなみに、私がそのおせち料理を食べたのは11月下旬。その時期からでも、可能ということでした。私が食べたのは、某サイトの通販おせちランキング130週以上1位達成という、超人気おせち料理。そのためか、早めに注文をする人も多いとのこと。早めに注文…でも、おせち料理は新年に食べるのでは?早めに頼んでしまった場合、食材としてもつのだろうか?

 心配になって、さらに聞いてみたところ「このおせち料理、全部、冷凍で来るんですよ」とのこと。全部冷凍!自分が食べたのは3段重ねのおせち料理(15,000円だそうな:汗)。それが全部冷凍とな!〝数の子〟や〝スモークサーモンマリネ〟〝特製イカ明太和え〟なんていうのが冷凍なのは分かる。まあ〝かしくるみ〟や〝ココナツヨーグルト〟〝完熟梅甘露煮〟も分からなくない。しかし〝サンマ照焼〟や〝鯛潮焼〟〝鮭西京焼〟〝鶏照焼〟なんていう〝焼き物〟も冷凍なのか?そんなに何でもかんでも冷凍にしてしまえるのか?色々調べてみると、新型の急速冷凍機器を導入して、実験・味見を繰り返し今に至ったそうで、味は生おせちを販売していたときよりも向上しているとのこと。確かに、食べた後に〝冷凍〟と聞いたが、食べている間は何の違和感もなく、その美味しさに舌鼓を打っていた。作りたてを急速冷凍する事で、解凍後の劣化も非常に少なくする事が出来るのだそうだ。もちろん、冷凍なのでそのまま冷凍庫で保存することも可能で、その場合2週間はもつとのこと(解凍後の保存期間は1日間)。解凍方法は基本、低温解凍だそうで冷蔵庫の中や冷暗所でじっくり解凍していくというもの。おせちの種類やその解凍方法により、解凍時間が5~34時間位まであるようで、食べる時間を想定して、解凍を始めることになる。ん~…おせち料理といえど、中々近代的なものになった感じがするのは気のせいだろうか?おせち料理といえば、古式ゆかしい料理のような感じがしていたのだが…。

 文頭で「生まれて初めておせち料理を食べました」と書きましたが、この記述にある通り、実は私はその時までおせち料理を食べたことがなかったのです。私の出身地では、あまりおせち料理というものは普及していなかったように思います。さらに、私の実家がお店を経営していたこともあり、大晦日や正月も普通に営業していたため、おせち料理をつくる暇も、ノンビリ料理を食べる時間もありませんでした。よくドラマなんかで、おせち料理が出てきて皆で盛り上がるシーンを見ても、イメージがわかず「おせち料理というものは、そんなに特別で美味しい料理なのか」と思っていました。今回初めて食べてみたのですが「料理というより、これはオードブルだな」と思いましたね。まさに、酒がほしくなる一品(食べたのは45品の料理が入ったおせちでしたから、正しくは〝酒がほしくなる四十五品〟か?)でしたから。あの料理をつまみながら、一杯やって、正月をゆっくり過ごす…。何とも贅沢な正月の過ごし方ではないでしょうか?

 ゆっくり過ごす。外出を控え目にし、仕事からも少し離れる。それが、昔からある〝日本の正月の過ごし方〟だと思います。もともと、おせち料理は神様に捧げる食べ物だそうです。諸説紛々あるのですが、神様がお越しになる三ヶ日(もともと正月は、新しい年の神様である年神様が降りてこられる日)は、静かに、音を立てないために、家事を控えるのだそうです。そのため、三ヶ日は料理を控えるということで、大晦日のうちに料理を作っておき、三ヶ日はこれを食べて過ごす。それがおせち料理とのこと。「神様に捧げる」とか「神様を迎えている間は音を立てずに静かに過ごさなければならないから、大晦日のうちに作っておく」なんて、何とも日本らしい風習ではありませんか。まあ、今は前述のように通信販売でおせち料理を購入出来ますから、神様を迎えている間に物音をたてたり、騒がしくしたり、台所で煮炊きしなくてもいい状況になってますけどね。もっとも通信販売で購入しなくとも、昨今の日本は正月であろうともお店は営業しているのが現状。あえて家の中で物音を立てずとも、食べ物を得ることは出来ますし、もちろん食べに行くこともできるようになっています。家の中では、昔以上に「神様を迎えるので物音をたてたり、騒がしくしたりせず、家事も控えること」が出来ていると思いますが…前述のように、昨今は正月から色々なお店が賑やかに営業を始めているのが現状。正月三ヶ日の〝家の外〟は、昔に比べるとチョット騒がしくなっているのは確かなようです。正月からお店を利用できるのは、便利といえば便利なんでしょうけど…私的には昔のように、どの店もシャッターを下ろし、歩く人もまばらで静かな正月三ヶ日が好きなんですけどね。神様も「昔に比べ家の中は静かになったけど、外は随分と賑やかになったもんだ」なんて思っているんじゃないでしょうか(笑)?

タグ

2011年12月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

このページの先頭へ