イメージ画像

電気ウナギも発電すると疲れる!

 私は〝水棲生物大好き人間〟です。当然、水族館も大好きな人間です。以前は誰かと会うと「水族館に行こう!」と誘ってよく水族館に行っていました。あっちこっちの水族館に行くというよりは、同じ水族館に何回もいくなんていう状況の方が多いのですが、全然飽きることはありません。もちろん、旅行先なんかで水族館があると、いの一番に〝水族館へ行く!〟という行動を日程に組み込みます!以前、シンガポールに行った時、セントーサ島にある水族館を訪れたことがありました。その名も〝アンダー・ウォーター・ワールド〟。数千種にも及ぶ多種多様の熱帯の海洋生物が泳ぐ、シンガポール最大の水族館です。ただでさえ水族館好きな私ですから、あの水族館の素晴らしさには、ただただ感激するばかり!この水族館の一番の売りが、巨大な水槽の中にある全長83メートルのアクリルトンネル。そこを歩くと、さながら海中散歩でもしているかのように、サメやエイ、海ガメや熱帯魚なんかを眺める事ができるのです。その眺めはまさに圧巻の一言。正直、涙が出ました。

 先日久しぶりに訪れた水族館は、〝アンダー・ウォーター・ワールド〟のような大きな水族館ではなく、まあ並みの水族館でした。もちろん、水族館としては十分楽しめるもの。実は、その水族館、昔一度行ったことがあったのですが…昔よりも近代的というか、水棲生物を眺め易い構造になっていて、中々良かったです。他にも色々と改良された所はあったのですが…一つ気になったことがありました。それは電気ウナギの水槽。今回は食堂というか休憩室というか、そういう場所の壁に水槽が入っており、眺められるようになっていたのです。実は、私が以前この水族館に来た時、印象に残っているもののなかに、この電気ウナギがいたのです。というのも、以前は一般の魚と同じような場所に水槽があり眺めるようになっていたのですが…その水槽の上部には電球が数個仕込まれていたのです。で、電気ウナギが電気を発すると電球が「パッ、パッ」とついていく仕組みになっていたのです。電気を沢山発すれば、点灯する電球の数も増えていく仕組みでした。電球2つ、3つとつく度に、「おおっ!電気を出している!」と感激したものでした。

 で、当然のことながら、お客さん達、電球を沢山つけたいがために水槽を叩くは、驚かすわ…。その度に電気ウナギは、驚きのあまり激しく動いては電気を発するという具合でして…まあ、電気ウナギとしてはとっても迷惑なことだと思います。お客さんが来るたびに驚かされるんですから。水族館のお客さんなんて、そう途切れるものでもない訳ですから…電気ウナギの立場からすると途切れることなく脅かされる羽目になるのですから、これは堪らないでしょうね。〝平穏〟といった言葉からは程遠い日常を送ることになるのですから…。

 ちなみに電気ウナギ、筋肉を動かすのと同じように、神経から指令を出し、ATPを消費して発電しているそうです。そうATP。薬学の人間なら一度は聞いたことがある(というか知っておかなければならない)言葉ですね。〝生体のエネルギー通貨〟と呼ばれている物質です。生物は色々なエネルギーをいったんATPという形にします。で、エネルギーが必要な時に、このATPを分解してエネルギーを発生させ、それで筋肉を動かしたりなんかします。ちなみに、蛍はこのATPを使って、光っています。もちろん、前述のように電気ウナギも、このATPを使って発電するのですが…「ATPを分解してエネルギーを発生させる」ということは「ATPを消費する」ということ。当然、補充されずに使い続ければ減少していき〝疲労〟という状態になります。そのため、疲れたり年老いたりしている電気ウナギは、うまく発電できない場合もあるそうで。逆に言うと、疲労した状態は発電力は落ちているという訳ですから、比較的安全に捕獲できるということ。で、水面を棒などで叩いて電気ウナギを刺激して発電させ、疲労状態へと追い込み、発電できなくなったところを捕獲するという方法があるそうです。

 「電気ウナギが発電する」ということは、我々が「ジョギングする」とか「スポーツをする」とか、そういった状況といえるのです(ATP消費ですからね)。ジョギングだってスポーツだって、そりゃあ本人の意思無く途切れることなくやらされたらたまりませんよ。疲労困憊も甚だしい、という状況になってしまいます。電気ウナギだって絶え間なく発電していれば、同じ状況になってしまうのです。おそらく〝電気ウナギの発電コーナー〟が無くなったのは、そんな理由からでしょう。電気ウナギも食堂の壁の水槽でのんびりしていられるようになって、さぞ平穏な日々を堪能できていることと思います。

タグ

2011年8月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

花火考

 先日ブログで「私の住んでいる街で行われる花火大会は、それはそれは大きなもので、さらにウチのベランダから見られることもあって、毎年毎年楽しみにしているのです。それが今年は中止…」と書かせていただきました。実際中止で、私は今年は〝生花火(というのか?)〟を見ていません。まあ、テレビなんかではちらっと見ましたけどね…。やはり、花火は生で見なければいけません。それが私の信念です(笑)。テレビでの花火を見ては「良いなぁ」と嘆く日々…とまで書くと大げさかもしれませんが、やはり毎年見る花火が見られないのは悲しいことです。

 先日、テレビで花火のチョットした特集をやっていました。花火は花火でも「おもちゃ屋さんなんかで買ってきて、皆で楽しむ花火」の方です。何でも、我々がおもちゃ屋さんなんかで買ってくる花火は〝おもちゃ花火〟というのだそうで(色々な呼称があるみたいですが、日本煙火協会での表記では〝おもちゃ花火〟に統一されているそうです)。で、その番組、色々なおもちゃ花火を紹介していたのですが…中には自分が子供のころに楽しんだ花火もあって「おおっ!懐かしいなぁ…まだあるんだ、あの花火!」と感激しました。点火するとどんな具合になるかも、見せてくれたのですが、私が覚えている通りの有様で、さらに感激。もちろん、見たこともないような新しい花火もあって驚くこともしばしば。みんなさん知っていました?風船が膨らむ花火があるんですよ!火をつけると、普通の花火のようにキレイな火花が散るのですが…終わりの頃になるとプク~ッと風船が膨らむのです。これにはビックリでしたね。あと花火にピロピロ(笛がついていて、音を鳴らすと丸まっていた紙がカメレオンの下のように伸びるアレです)がついたやつもあるのです。点火すると最初に火花が噴上げ、噴出後、横方向にピロピロが伸びるのです。もちろん、外見のデザインはカメレオンです。

 なんでも日本では、おもちゃ花火(玩具煙火)は、「火薬類取締法」という法律で規格が定められているそうで、それによりおもちゃ花火26種類別に、商品1個当たりの火薬の量が決められているとのこと。ところが、中国では規制があるのかないのか、あっても緩いのか、とにかく中国で普通に売っている花火は、日本のおもちゃ花火なんぞとは比べ物にならないものだそうで。実際、映像で中国花火の映像を流していたのですが、花火というよりは「ロケットランチャーじゃないのか!?」と思わず口走ってしまうほどのシロモノ。それをロケット花火と同じように天に向かって打ち上げたのですが、夜空に咲いた大輪はどう見ても〝おもちゃ〟じゃない打ち上げ花火!「一般購入できるのかよ、そんなのが!」と、やはり思わず口走ってしまいました。本家本元とだけあって爆竹も半端なものではありませんでしたね。〝爆竹1000連発〟ですから(ちなみに日本で販売されているのは20連発です)。この映像も見たのですが〝爆竹〟というよりは〝爆破物〟ですねアレは(笑)。弾ける…というより〝爆破されてる〟って感じですから。1/3位は、弾けた後に自らに火がついて空中で爆発していましたね。音なんか完全に爆発音ですから(笑)。また1000連発だけに終わるまでの時間も長くて・・・。中国では、お祝いやお祭りのときに爆竹を鳴らすとの事ですが、最近は制限が設けられたりしているとの事・・・。まあ、あれほどの威力なら、それも分からないくはないですね・・・。

 そんな花火番組を見ながら思ったのです・・・「そういえば、オモチャ花火なんか最後にやったのはいつだろう?」と・・・。しばらくやってないですねぇ・・・。というか、最近は夜に花火をやっている風景を見たことがないのです。私が子供のころなんかは、夏と言えば「夜は花火」でしたね。そんなに安いものではないんで、毎日というわけにはいきませんでしたけど、それがまたイベント製を盛り上げてくれて・・・。花火を買った日は夜が待ち遠しかったものです。自分が花火をしていなくても、近所のどこかで花火をやっていることは日常茶飯事でした。遠めに見る花火も、それはそれはキレイなもので、夏を堪能させてくれるアイテムでもありました。でも、最近は近所で花火をしているところなんか見たことありません。夏の夜といえば、必ずいるのが〝真夜中の笛ロケット野郎〟。笛ロケット(ヘッドがプラスチックキャップで出来ていて「ピュ~ッ」と高音を発するだけのロケット花火)、必ず真夜中に上げるやつがいるんですよね。真夜中の笛ロケット音を聞くたびに「誰があげてるんだ?」と思うのも、夏の風物詩でしたから(笑)。そんな笛ロケットの音も、しばらく聞いていません。笛ロケットはともかくとしても、普通のオモチャ花火・・・そういえば買ってくれとねだっている子供も、しばらくは見たことがないような・・・。喜んで花火を買っている子供も見かけないような・・・。最近の子供は、オモチャ花火には興味がないんでしょうかね?それとも、夜に騒がしいとか、やれ煙がウチに入ってくるとか、火の始末がどうとか・・・〝揉め事になりそうな大人の事情を察知した大人達〟が、花火をやりたがらないんでしょうか?もしそうだとするなら、それはそれでなんか悲しい話のような気がします。結構、花火って近所同どうしで、楽しんでいたりしましたからね。これも〝和〟を保つための、日本人のイベントの一つになっていたのだと思います。こうなれば、自分で花火を買ってきてやるしかないのかな。まあ、本音を言えば、あまりに楽しい花火が多すぎたので、やってみたくなったんですけどね(笑)。でも、それでみんなが楽しんでくれれば一石二鳥っていうところでしょうかね。

タグ

2011年8月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

国試受験生は遊んではいけないのか?

 現6年生であろうが既卒者であろうが、97回薬剤師国家試験すなわち今度の国家試験を受験する人は、皆〝受験生〟という立場になります。もちろん、現6年生の方は卒業が決まらなければ、国家試験を受験することはできませんが、現時点では受験生と言えると思います。私は学生さんに良く言います。「みんな、受験生なんだぞ!それも国家試験の!」と。どうも、それを忘れている方が多いような…。確かに日本国語大辞典には、受験生とは「試験を受ける学生、生徒。特に入学試験を受ける学生、生徒」とありますから、現時点で大学やら予備校の学生さんではない方は、辞典的にはチョット〝受験生〟に当てはまらないかもしれませんが、私からすればそういう方も「国家試験を受験する立派な受験生」なのです。

 やはり受験生、試験を受けるのだから、当然勉強しなければなりません。勉強しない受験生などというものは、受験生とは呼べないと思っています。たとえどんなに成績がよかろうとも、試験勉強をするのが本来の受験生のあるべき姿だと思っています。長年講師をやっていると「出来るから」などといって勉強をしないで、国家試験で痛い目を見た人をたくさん知っています。では、受験生は勉強だけやっていればいいのでしょうか?昔、少しでも良い進路を得るため、とにかく学歴を身につけようとする風潮が日本に広まりました。その結果、大学受験競争が活発になった時代がありました。過熱した進学競争を〝受験戦争〟などと呼んだりもしました。その時の試験対策のあり方は「とにかく1秒でも良いから勉強すること」。睡眠時間を削っても、食事時間を削っても、もちろん遊ぶ時間は全て削って、勉強に注ぐことが重要とされていたのです。もちろん、健全な状況とは言えず、色々な社会問題が起こることとなったのですが…。

 まあ、すべてを犠牲にしてまで勉強に打ち込むことによる諸問題はさておき…本当に受験生は遊んではいけないのでしょうか?私は学生さんに「勉強しなさい」とは言いますが「遊んではいけません」とは一言も言ったことはありません。どっちかというと「遊んでもいいよ」とよく言います(もちろん時期にもよりますが…)。「エッ!?遊んでもいいんですか?」と思った人。良いんですよ、遊んでも。ただ「やることをやったなら」です。すなわち「勉強さえしっかりやっていれば、遊んでも構わないですよ」ということです。

 以前、ある先生から聞いた話なのですが…防衛医科大学校の学生さん達は思いっきり遊ぶそうです。やれレジャーやら飲み会やらで、良く遊ぶそうです。そして勉強もしっかりとするそうです。ご存じの方も多いと思いますが、防衛医科大学校の大学別の医師国家試験合格率順位は常に上位で、合格率100%のことも度々あります。もちろん、高合格率の理由には色々な要因があると思います。しかし、その要因の中には、この〝思いっきり遊ぶこと〟も含まれていると思います。メリハリというやつですね。勉強ばかりやっていたら頭が煮詰まってしまいますから…。時には頭を開放することも非常に重要なのです。「これだけ勉強したんだから、思いっきり遊ぶか!」なんていう、自分に対するご褒美というのもあると思いますよ。「遊びたいけど、それはこの勉強が終わってからだ」としっかり決めて取り組めば、「勉強したくないなぁ、遊びたいなぁ」なんて中途半端な状況の勉強にはなりませんから、集中もしやすいでしょうね。

 勉強をズーッとやっているよりも、やはり適度に遊んだほうが勉強の効率は良くなると思いますよ。これは色々な有識者の方もおっしゃっていますから。私自身も、試験勉強の時は所々に〝遊び〟を入れましたね。勉強していて大変な時は「これをやってしまえば、楽しめる」なんて自分を励ましながらやったものです。せっかくの夏なんですから、思いっきり遊んだほうが良いと思いますよ、たとえ受験生であっても。そのかわり、勉強もしっかりやらなければいけません。どっちに偏っても、あまり良い状況とはいえないのです。大学や予備校の先生方が「勉強さえしていれば、遊んでもいいよ」とあまり言わないのは、ほとんどの学生さんが「遊びの方ばかりを優先して、勉強をやらなくなってしまう」からなのです。どうも「勉強さえしていれば、遊んでもいいよ」と聞くと「なんだ遊んでいいのか」と前半部分(「勉強さえしていれば」)を省略してしまう場合が多いのです。だから「勉強しない危険性があるから、言うのはよしておこう」となってしまうのです。

 何度も言いますが「遊ぶこと」は悪いことではありません。「勉強もせずに遊ぶこと」が悪いことなのです。食事と一緒で、色々なモノをまんべんなく採ることが重要なのです。だから、思いっきり遊んで下さい!そのかわり思いっきり勉強して下さい。メリハリをつけることは、何を行うにしても重要なことなのです。私は毎年夏季休暇前に、学生さん達に〝メリハリのついた夏季学習計画〟を個人指導しています(冬季休暇前にも行いますよ)。もちろんその計画は「勉強一色」だけのものではありません。「勉強もして、遊びもする」これが、夏休み中の一番いい試験対策だと、私は思っています。

タグ

2011年8月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

第97回薬剤師国家試験は3月3日・4日!

 さる7月27日(水)に医道審議会薬剤師分科会があり、そこで審議された結果、第97回薬剤師国家試験は平成24年3月3日(土)・4日(日)に施行されることが決定しました(ちなみに合格発表は3月30日)。念には念をと、厚労省に電話して確認をしたところ間違いないとのこと。薬進塾としましては、色々な情報をもとに「おそらく3月3日、4日が試験日だろう」とカリキュラムを進めていたので、まずは一安心といったところです。しかし、一安心もつかの間。何といっても、この平成24年3月3日(土)・4日(日)に行われる試験は〝6年制対応新国家試験〟。カリキュラムはもちろんのこと、学習指導・生活指導におけるまで、従来のものを一新させたもので、今期は進めていかなければならないのです。昨年度からその内容を熟考しながら、従来の指導内容を改良していき、現在〝新・学習指導〟〝新・生活指導〟で各指導を展開していっております。指導もそうですが、もちろん講義の方も新国家試験に対応したものでなければなりません。薬進塾の講師一同、各自、長年の経験を活かし新ガイドラインに則した講義をと、日々獅子奮迅しているご様子。幾多の〝薬剤師国家試験変動〟を乗り越えてきた講師陣ですから、今回の新国家試験に対しても、今まで以上の講義展開を繰り広げてくれるだろうと楽しみにしています。と同時に、同じ講師としましては、それぞれの講師が織りなす〝新講義〟は、非常に興味あるモノ。各先生方ご自慢のオリジナルプリントに、いかに磨きをかけているのか?いかに改良され、今まで以上のものへと進化しているのか?プリントを目にすることを心待ちにしていると同時に、そのプリントから私も色々なことを学ばせていただきたいと思っております。

 「幾多の〝薬剤師国家試験変動〟を乗り越えてきた」と前述しましたが…過去に薬剤師国家試験には幾度かの変動がありました。以前は、薬剤師国家試験が春と秋の年2回あったことを知っている人は、今は少ないでしょうね。試験日も以前は4月2日、3日と決まっておりました。それが徐々に徐々に繰り上がっていき、ここ数年は3月の第一土曜日・日曜日が試験日として定着していました。「一ヵ月も早まったのか…」と驚いた人も多いことでしょう。しかし、大学や我々のような予備校サイドとしましては、驚くのを通り越しての一大事!カリキュラムの調整に四苦八苦する状況となるのです。実は四苦八苦するのは、単にカリキュラム関係だけではないのです。学習指導をする立場にある私から言わせてもらえば、この〝1ヵ月早まったこと〟は試験対策のハードルを随分とあげてしまう要因になるのです。

 今度の国家試験も、従来の国家試験と同じく3月の初めとなりました。何気に「3月か…」と思ってしまいますが、実質、年が明けてからは2ヶ月間で国家試験となってしまいます。ここが要注意なんですよね。どういう訳か「3月に試験」と聞くと「3ヵ月位はある」と感じる学生さんが多いようなのです。商品の価格が「¥10,000」よりも「¥9,800」の方がもの凄く安く感じるけど、実際は¥200円しか違わないというアレと原理的には同じようなものです。実際は年が明けたら2ヵ月で国家試験なのです。つまり、年が明けたら国家試験勉強は2ヵ月しかできないということなのです。年が明ける前は「国家試験は3月だから、まだ大丈夫だな…」なんて思ってしまうのですが、年が明けてしまえば国家試験まで2ヵ月しかない。年明けに、それに気がついて「うわっ、時間がない!」なんて大騒ぎする学生さんを何度見たことか!毎年、毎年、年が明ける前の学習指導で「年が明けたらあっという間だよ」を何度も何度も伝えるのですが、どうも「国家試験はまだまだ遠い先の話」と思っている学生さんは少なくないようなのです。もちろん指導で気づいてくれる学生さんも大勢いるのですが…そんな学生さん達でさえも「ホントにあっという間でした」といいますからね。

 年が明ける前にしてみれば、確かに年が明けたあとの3月の話なんて、遠い先の話のように感じてしまうのでしょうが…。間に〝大晦日〟と〝正月〟を挟むことにも、一因があると思います。日本人にとっては、一大イベントであるこの二日。この二日をはさんだ数日間は、ゆっくり過ごすということが許される日々であり、ゆっくり過ごしたくなる日々でもあるのです。まあ、最近の方にとっては大晦日も正月も、単なる「連休」でしかないようですが…。悪いことに〝連休〟となると、さらに〝遊んでもいい感〟が強まっちゃうんですよね…。いずれにしても、12月下旬あたりから「3月の国家試験は先の話だから、受験勉強は2の次」という状況に陥りやすくなってしまうのです。せっかく、このブログで「薬剤師国家試験は3月3日・4日」という情報を得た訳ですから、どうぞ皆さん「年が明けたら2ヵ月しかない」ということを、この際、しっかりと認識しておいて下さい!今度の国家試験を受ける人の立場は〝受験生〟なのですから。大学入試や高校入試の〝受験生〟にとっては、「試験3ヵ月前」といえば、最後のラストスパートをかける、とても大事な時期!テレビでもよくやっているように、大晦日も・正月も返上してねじり鉢巻きで受験勉強に取り組んでいます。なにも「皆あそこまでやれ」とは言いませんが(もちろんやるには構いませんよ。あくまでも個人の問題ですから)、少なくとも受験生であることを忘れず、計画的に早めに勉強を行うことを勧めたいと思います。そして12月になったら「試験まであと3ヵ月」と鉢巻きを締めなおして、一大イベントに流されずに計画的に勉強していくことをお勧めします。今回のブログを読んで「年が明けたら2ヵ月しか勉強できない!年が明けたらあっという間に国家試験!」ということが心に刻みつけられたなら、ブログを書いた私としましても、嬉しい限りです。

タグ

2011年8月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

このページの先頭へ