イメージ画像

花火、盆踊りがないのは悲しい…。

 私は夏が好きです。ついでに言うと、春も秋も冬も好きです。まあ一年中好きというよりも「その季節季節が好きと」いったところですかね。夏は確かに暑いですけど、何とも言えない開放感がありますよね。その〝夏だから許される開放感〟が好きなのです。逆に冬は「暖かい家の中でゆっくりと過ごす緩やかな時間の流れ」が好きです。まあ、冬は食べるものも必然的に温かいモノになりますからね。あまり早くは食べることはできません。ゆっくりと時間をかけて食べる訳ですから、やはり時間の流れは緩やかになるというもの。一方、夏は結構早く食べるものが多いような。そうめんや冷麦、ざる蕎麦なんかは「ズズ~ッ」と何気に早く食べるもの。アイスクリームやかき氷なんかは、時間をかけて食べていたら溶けちゃいますからね。冷やし中華やスイカなんかだと時間が経つと温くなっちゃいますしね。やはり夏の風物詩といえる食べ物は「短時間でスパッ」という感じのものが多いのです。味も酸味がかったモノが多いですし、あっさり味のものが多いですから、やはり「スパッとサッパリ」とした感じになるのだと思います。

 で、夏の風物詩の話が出ましたが…夏の風物詩といえば「花火」「盆踊り」「夏祭り」ですね、私的には!いずれも大好きです。何となくわくわくしますし、夏の開放感をさらに彩ってくれるような感じがしますから。「盆踊り」や「夏祭り」は、それ自体も好きですが、やはりセットで付いてくる〝屋台〟!これが何とも心躍らさせてくれるのです。あの屋台で作られ、売られている食べ物の数々!何故にああも美味しそうに見えるのでしょうか?イヤ、実際美味しいし!まあ、祭りや盆踊りのウキウキ状況ですから、美味しさも一入といった感じになるのでしょう。理由はどうあれ美味しいのは確か!あの夏の風物詩と言える〝屋台食(?)〟をつまみに、暑いさなか飲むビールに、何とも言えない贅沢さを、そして〝夏〟を感じてしまうのです!ちなみに花火を見る時には、わたしはアルコールは一切飲みません。トイレに行きたくなるからです。トイレに行って見られない花火があるのは、私としては許しがたいこと!1つの花火も見逃したくないのです。まあ、アルコールを飲まずとも、花火をゆっくり見ているだけで、私は十分満足なのです。

 で、今年もそろそろ「花火」「盆踊り」「夏祭り」季節だなと、楽しみにしていたんですが…。なんと花火大会が中止に…。私の住んでいる街で行われる花火大会は、それはそれは大きなもので、さらにウチのベランダから見られることもあって、毎年毎年楽しみにしているのです。それが今年は中止…。ガッカリしていると、近所の掲示板には「盆踊り大会中止」の文字が…。こうなるとガッカリを通り越してチョットした怒りが…。中止の理由は…花火大会の方は「被災地の被害状況が甚大なこと」。盆踊りの中止内容も似たようなものでした。言っていることは分からなくもないんですが…。確かに、東日本大震災の被害は甚大なものです。多くの行方不明者がいること、未だ避難地域で不便な生活を強いられている被災者の方々がいることは事実であり、由々しき問題であると思っています。1日も早い復興を望むとともに、前述のような悲しき事実は一刻も早く解決されるべきだとも思っています。でも、そのことと花火大会中止を結びつけるのは、あまりにも強引な気がします。東京都葛飾区は、東日本大震災の影響で自粛ムードが広がる中、地域活性化とチャリティーを目的にし、被災地へのエールにしたいと、今年も〝葛飾納涼花火大会〟を実施するそうです。他にも「確かに東日本大震災の被害は甚大だ。でも、被災地へのエールにしよう」として、多くのイベントが実施されています。「応援する」とはそういうことではないでしょうか?東京三大花火大会の一つである隅田川花火大会は、1732年に発生した大飢饉とコレラの死者を弔うため、両国の川開きに花火を催したのが始まりとされているそうです。花火をあげることによって亡くなった方を弔おうというのが始まりだったのです。盆踊りも元々は仏教行事で、精霊を迎える、亡くなった方を供養するための行事です。少なくとも、亡くなった方や悲しんでいる遺族そっちのけで、単に騒いでいる行事ではないのです。「亡くなられた方々の御冥福を心からお祈りする」。その思いを伝えるために、そして自らその思いを心に刻み込むために行っているのだと思います。被災者の方々のことを思う気持ちは、それはそれは大事なことだと思います。ただ単に〝中止する〟だけが「被災者の方々を思ってのこと」になるのでしょうか?今年で4回目を迎える、横浜のみなとみらい大盆踊りは、東日本大震災復興の思いを込め、売上の一部を義援金として寄付するということです。こういう活動の方が、よっぽど被災者の方々を思い、応援する行為だと思うのですが…。

 今回の東日本大震災でお亡くなりになられた方、深い悲しみに暮れている方、不安な毎日を送っている方、そういった方々には心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧・復興を心よりお祈りいたします。花火大会を行うことや、盆踊りを行うことは、そういう気持ちがないと見なされることなのでしょうか?むしろ葛飾納涼花火大会のように「被災地へのエールにしよう」とか、横浜のみなとみらい大盆踊りのように「売上の一部を義援金として寄付する」として、風物詩と呼ばれる行事を行うことの方が、とても意義あることのように思えます。「東日本大震災があったから、今まで行っていた行事を止めます」ではなく「東日本大震災があったから、今年は被災地へのエールとしてこの行事を行おう」とか「東日本大震災があったから、今年はこの行事を通して義援金を集めよう」とした方が良いと思います。それぞれの行事を通して、助け合いながら人と人との輪を強固なものにしていく。それが季節行事というものの本来の姿なのではないかと思うのです。

 

タグ

2011年7月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

残念だけど…熱いエールを送ります!

 今回のブログの内容は書こうか、書くまいか悩んだのです。「書かれた方が困惑されてしまうような状況に陥ったらどうしよう?」という思いがあったからです。もちろん陰口を書く訳ではありませんし、悪いことを書く訳でもなければ、社会的に問題があるようなことを書く訳でもありません。なんら疾しいことはないのです。そこで、一つの事実に対する〝私の正直な気持ち〟として書こうと思いました。

 先日、ある講師が薬剤師国家試験対策予備校を辞めました。ある講師といっても、薬進塾の講師ではありません。では、私が以前いた予備校の講師かというと、そうではありません。何かの機会で、どこかで一緒に教鞭を執ったことがある講師かというと、それも違います。私とは一度も同じ職場に勤めたことはなく、講習会等で一緒に教鞭を執ったこともありません。もちろん講義を受けたことも、見たこともありません。そんな講師の方から「辞めました」の電話を、先日頂いたのです。

 実はその講師の方は、私の教え子から紹介された講師なのです。「何故、紹介されたか?」に至る経緯を話すと長くなってしまいますので、省略いたしますが、とにかく教え子から「良い先生ですよ」と紹介されたのが、今回電話をかけてこられた講師の方だったのです。取り急ぎ、教え子を通して連絡し合い、その数日後に会うことになりました。とりあえず形式的な内容のことを話した後、どちらからともなく講義の話に(まあ、講師が二人集まれば大体は講義の話になりますよね)。講義の話、学生の指導に関する話、勉強の話、講師のあり方の話…熱心に話す彼につられて、私も熱く語っていました。彼の講師歴は、私よりも十年以上も短いのですが、熱く語る彼には講師歴以上のスピリッツがあることを感じました。「なるほど…良い講師だな」としみじみ感じたのを覚えています。私が共感することも一つや二つではなく…いや、ほとんどの部分で彼の考え方ややり方に対して、共感をえていました。どうやら彼の方でも、私の話す内容に共感してくれているようで、力強くうなずいては、相槌を打ってくれていました。私は彼の講義を見たことはありません。でも、彼が良い講義をするということはすぐに分かりました。講義なんか見なくても、その人間と接していれば、その人がどういう講義をするのかなんかは分かりますからね。彼と別れてから「色々な講師がいるものだなぁ。最近は良い講師が少なくなっていると聞いてはいるけど…まだまだ良い講師はいるんだなぁ」と感じたことを覚えています。

 そんな彼から「辞めました」と聞いた時、正直とても悲しい気持ちになりました。個人的な理由で退職された訳ですから、致し方がないといえば、それまでなのですが…。やはり良い講師が辞めることは悲しいことです。ましてや自分と同じ思いを持つ講師がいなくなるとなれば、悲しさも一入です。今、薬進塾で私と一緒に教鞭を執っている講師の方々は、本当に本当に優秀な講師の方ばかりです。こんな優秀な講師だからこそ、思う存分その手腕を発揮してもらって、多くの薬剤師育成に貢献していってもらわなければ、もったいないと思っています。まあ、わたしが心配せずとも、ウチの講師陣は講義も学生さんも大好きですから、自分たちの手腕を存分に発揮した熱い熱い講義をされていらっしゃいますが(笑)。今回辞めることになったその講師も「講師の仕事は好きなんですけどね」と言っていましたから、やはり熱い講義をしていたのでしょう。そんな講師であったからこそ、たとえ教える場は違えど、思う存分その手腕を発揮してもらわなければ、もったいないと思いました。前述のように個人的な理由で退職された訳ですから、わたしがあれやこれや言えることではありません。新たなる道を進むことになった彼には、心からのエールを送りたいと思います。そして、もし何かの機会で教鞭を執ることになったなら、同じ講座で、同じ学生を相手に一緒に教鞭を執って、お互い講義の話について熱く語り合ってみたいなと思っている次第です。

タグ

2011年7月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

○○指数で楽しく!

 福島原発の関係で〝節電〟が叫ばれてから、早数ヶ月。皆さん地道に節電に励んでおられるようで。と同時に、誰の胸中にも「夏までに何とかなるのかな…夏の節電はチョットやばいよな…まさか去年並みに暑かったら…」という思いがあったはず。そんな思いのせいかどうかはいざ知らず、今年の暑さは通年よりも一足早かったようで、6月1日から26日までに熱中症で救急搬送された人は3687人にものぼったそうです。昨年の6月の熱中症で救急搬送された2276人を大きく上回る数字…。7月になってからも暑い日は続き「こりゃあ夏本番の8月になったらどうなるんだい」と、誰もが不安を抱く日々を送っているような…。

 最近よく見かける言葉が〝電気予報(一部〝でんき予報〟としている所もあります)〟。日本の電力会社が提供している電力需要のデータシステムで、日ごとの予想最大電力と供給量が表示されて、需給状態の見通しを教えてくれるシステムです。例えば「本日のピーク時供給電力:5,390万kW」「本日の予想最大使用電力4,550万kW」などと出てくるのですが、見やすくするために供給電力を100%の棒グラフにして、現在電気の使用量は○%などとして表している場合が多いようです。で、その棒グラフを眺めては「オッ、今日は電力使ってるなぁ…大丈夫か?」などど気にかけている人は、私だけではないと思います(笑)。

 この電気予報、現在の状況が分かり易くて、実用性もあると思われるので、このまま定着してほしいなと思っているんですが…。この電気予報と同じようなものに〝○○指数〟というものがあります。〝指数〟と言っても「2の2乗」とかの指数ではありません(ちなみに8月に行う夏季ベーシック講座では、この指数の計算についても講義します:詳細は当HP、講座紹介のページをご参照下さい)。同じ〝指数〟でも〝洗濯指数〟とかの〝指数〟です。ちなみに、この洗濯指数、とくに定義というものはないそうで、各会社・機関が独自の基準で出しているそうです。気温、湿度、風速、日射量などによって、洗濯物の乾く度合いは変わってきますが、これらのデータと実際の洗濯物の乾き具合の関係について観察・検討して「これ位の気象条件のときは、これ位の乾き具合」というのを、数値にして表しているそうです。一例をあげますと…「指数100:非常によく乾く」「指数80-90:完全に乾く」「指数60-70:乾く」「指数40-50:乾ききらない」「指数40以下:乾かない」だそうです。もちろん、前述のように「各会社が独自の基準で出している」わけですから、洗濯指数の定義は、それぞれの機関・会社によって異なるものとなります。この洗濯指数も、電気予報と同様、分かり易くて、実用性もあると思われるのですが…。実は以前「?」と思われる指数を発見しまして。それは〝アイスクリーム指数〟。

 何でもこのアイスクリーム指数、その日の気温・湿度・天気によって決められているそうで、気温が高いほど、湿度が高いほど、日差しが強いほど指数は高くなるとのこと。「じゃあ暑きゃ、暑いほどアイスを食べたくなるから、暑いほど指数は高くなるのか!」と思いきや、30度を超えるとアイスクリームよりも、カキ氷やシャーベットを食べたくなるため、指数は下がるそうな。…なんか思いのほか複雑だ…。シャーベットもアイスクリームとしてくくるのではないのか?〝アイスクリーム〟というのは、いわゆる〝氷菓子〟というか「凍っていて冷たいお菓子」の一般名だと思っているのだが…。それほど繊細な指数なのだろうかアイスクリーム指数…。それに比べビール指数は簡単だ。酒飲みというものは、事あるごとに「酒を飲む理由」を探すものだ。「ビール指数が高いから、今日は飲むか!」となるから、飲兵衛には好都合な指数なのだ。「ビール指数が高いから、ビールを飲む」と言えば、何だかとっても利にかなったように聞こえるし、ビールを飲むのが至極当然のことのように思えてしまう。…そうか、指数は「高いんだから○○をしても当然」「高いんだから○○をしたら最高だろ」といった感覚を人様に与えてしまうアイテムなのだろう。アイスクリーム指数にしても「アイスクリーム指数が高いんだから、アイス食ったら美味いんだろうな」という感覚にさせてくれるのは確かだ。これは確かに便利かもしれない。与える方も「指数が高いんだから○○いかがです?」とやり易いだろうし、与えられる方も「指数が高いんだから○○したら最高だろ!」という気分になれる。まさに一挙両得、与える方も与えられる方も、この指数一つでハッピーになれるではないか!もちろん中には〝不快指数〟等という、心地よくないことを表す場合の指数も存在するが、せっかくハッピーになれそうな指数があるなら、そちらに目を向けた方が楽しいではないか!ざっと調べてみても〝服装指数〟や〝お出かけ指数〟〝星空指数〟に〝レジャー指数〟なんて、ちょっとわくわくするモノも少なくはない。〝紫外線指数〟や〝熱中症指数〟なんて指数にも注意を払いながら、わくわくする指数に目を向けて「じゃあ今日は○○しちゃおうか!」なんて、指数を利用して楽しく生きていくのも、この夏を楽しく過ごす一つの方法のような気がしないでもない。

タグ

2011年7月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

扇風機 riot!

 先週は出張に行っていた関係で、ブログの方はお休みさせていただきました。勝手にお休みしてしまい、申し訳なく思っている次第にあります。実は、出張以外にも立て込んでいたことがありまして…。一体何に立て込んでいたのかと申しますと…題名にもありますように〝扇風機〟に関してなのです。

 我が薬進塾もご時世に従い〝節電対策〟を実施しているのですが、やはり大変なのが教室の空調。人数がいればそれだけ暑くなるし、講師が動き回って声を張り上げ講義を行えば、なおのこと熱も発散されるというわけで、教室の温度はさらに上昇。エアコンは大きめの業務用ですので、ガンガンつけるのはやはり節電対策に水を差すようなもの。各報道機関や家電メーカーでは、さかんに「エアコン設定温度28度ぐらいに」と設定温度を推奨しているようで(まあ一部「28℃の根拠は?」といったご意見もあるようですが…)。こちらも28℃といきたいのですが、人数の関係もあったり、やはり勉強をする場ということもあり、とりあえず26℃以上に設定するということにしております(ただし、26℃は最後の手段で、通常は27℃にしてあります)。それでも、エアコンに慣れてしまっている我々には、少々高い温度。そこで、学生さんには「講義中、団扇OK!ただし、プリントや下敷きで扇ぐのは禁止!」という〝団扇承認令(?)〟を出している次第で。もっとも、学生さんはパタパタ扇いで涼しいのでしょうが、講義をやっているコチラとしては、まさか講義中にパタパタ団扇で扇ぐ訳にもいかず、汗を拭きつつ講義を行う日々を送っております。

 団扇承認令は出したものの、学生さんといえども、そう続けて団扇で扇いでいるわけにもいかず、汗を拭きつつの講義になることもしばしば。さすがにこれはどうしたものかと考えた結果、やはり行きつくところは〝扇風機〟。実は、教室には2台のサーキュレーターがあるのですが、ご存じのようにサーキュレーターは〝空気を循環させるためのもの〟。人に風を送って涼しむという役割では、いささか使い難いものです。そこで「ここは、やはり扇風機を購入しなければ!」という熱い思いへと至ったのであります!

 が、問題はその扇風機。思う所は皆同じなのか、どこへ行っても品薄状態!確かに、ちょっと前からマスコミが「今年は、扇風機の注文が増えている」と報じていたのは、何となくは知っていました。まあ、扇風機とはいえ所詮は一生活家電。売り切れるなんてことはないだろう…と高をくくっていたのですが…。電気屋さんに行ってビックリ!扇風機売場の空間だけ妙に、スカスカ。全く無いわけではないのですが、とりあえず、こちらが〝選べる状況〟ではなく、こちらが〝選ばされる状況〟。何故ならば、扇風機と呼べるものは、タワー型の扇風機2品、壁掛け扇風機2品のみ。あとはサーキュレーターだったり、パソコンのUSBにつなぐ小型マイ扇風機だったり、妙におしゃれな形はしているけど、ただ羽根が回って風を送る以外に機能がないインテリア的なモノだったり、とてもじゃないけど教室で使えるようなシロモノではない。タワー型も壁掛けタイプも、やはり教室使用となると怪しい。それでも他のお客さんは、携帯電話で家族や知人に状況を話しながら、あれやこれやと選んでいる様子。さすがに、こんな扇風機じゃダメだと、2、3日かけてあちらこちら電気屋さんを回ってはみたものの…。ほとんどの電気屋さんが、前述のような売場状況。ヒドイ所になると、扇風機売場に何もないなんて具合で。「こりゃあ、初めに行った店で買うしかないな…」と、2、3日前に行った電気屋さんに行くと…お察しの通り、もう品物は何もない状況に。これは困ったと、秋葉原の電気屋さんを渡り歩くこと数件、やっと望み通りの扇風機を見つけました。余談ではありますが、最近の秋葉原は電気屋さんが減りましたね。フィギュア屋さんや雑貨屋さん、ゲームソフト屋さんにパソコン屋さんは沢山あるのですが、家電を売っている純粋な電気屋さんは思いのほか見かけなくなりました。そんな少なくなった電気屋さんの中から、さらに少ない扇風機を見つけるのは至難の業。そんな状況でしたから、扇風機を見つけた時の嬉しさときたらたまりません!ましてや、こちらが望んでいた扇風機(据え置き型、リズム風がある、もちろん首振り機能もある)が購入できたとあれば嬉しさも一入!早速持ち帰り、教室に設置。学生さんに「どう?」と聞いたところ「涼しくていいです」の声に、こちらも一安心となる扇風機騒動でした。しかし…扇風機を買うのに、こんなに苦労するとは…夢にも思いませんでしたね(笑)。まあ、学生さんの汗を拭きつつ受講する姿を見なくなっただけでも、こちらとしては苦労したかいがあったなと思っている次第です。

タグ

2011年7月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

このページの先頭へ